« 2024年5月 | トップページ | 2024年7月 »

2024年6月の3件の記事

2024年6月27日 (木)

ゴキブリを1人で成敗した話

大のオトナを、一匹のちっぽけな虫が右往左往させる。ゴキブリとは何と偉大な存在か!?
昨夜は自室に出現した一匹のゴキブリで大騒ぎをしてしまった。
そしてそれを退治した。この充実感は何事にも代えがたい!?

毎晩、一人静かに眠気と戦いながら小説を読むのが習慣。昨夜の10時頃だった。その静かな部屋で、何か動く。
ハッと気が付くと、座っている右手に置いてあるiPad に、何か動く物。何とゴ・キ・ブ・リ!!
頭は動き出す。どう行動すべきか?カミさんが起きていれば「大変だ~!ゴキブリだ~!」と逃げてカミさんに退治を頼むのだが、カミさんはもう寐ている。
睡眠中のカミさんを起こしたら、ゴキブリ退治よりも大ごとになるので、それは出来ない。

まず備え付けのハエたたきを手に持つ。しかしこれでの成功はおぼつかない。
前に、壁に止まっているゴキブリを掃除機で吸い取って退治した成功例がある。
それでそうっと、掃除機を取りに行く。
そうっと見ると、iPad の裏にいた!
掃除機のスイッチを入れるが、先が太くて近付けない。それでiPadを動かした途端に、逃げられた。

61yrdrv3bl_ac_sl1500_ さてこれからが大変。ふと、玄関に、前に玄関から侵入されたことがあり、その備えに、ゴキブリ退治のスプレーがあったのを思い出し、持ってきた。見ると「ゴキジェットプロ [300ml] ゴキブリ用 殺虫スプレー 秒速ノックダウン 速効退治 (アース製薬)」というもの。
使用方法に「噴射レバーを引き、小型のゴキブリには約1~2秒、大型のゴキブリには約6~8秒直接噴射してください。また、ゴキブリの逃げ込んだすき間には約1~2秒噴射してください。すき間より出てきたゴキブリには更に上記の量を再度直接噴射してください。」とある。
これを使うしかないな、と判断して、逃げ込んだ棚のすき間や裏のあちこちに噴射。
しばらくすると、ガラス戸の下にゴキブリの走る姿。さっきのスプレーでやっつけようと、スプレーに目を移して手に持ち、ガラス戸を見ると“居ない”。
なぜ消えた?目を離す前に、確かにガラス戸のスミでうごめいていた。良く見るとガラス戸のスミに1ミリほどのすき間。ここから外に逃げた?

改めてNetでググると、ゴキブリは1~2ミリのすき間からでも入ってくるという。
今までの騒動で、ゴキブリに入られないよう、色々手は打ってある。それでも入ってくる。とするともう手が無い。
見付けたときに退治するしか無い?そう考え、そうだもう逃げて居ないんだ。と思った。
そう思わないと今晩眠れない。
前は、次の日にバルサンを焚かないと部屋で眠れなかった。その夜は別室で寝たものだ。
しかし今回は、もう逃げて居ない。と思うことにして夜は寝た。

240627goki 今朝になって、ベランダから棚の裏側をチェック。すると、何とゴキブリの死体がある。逃げたと思ったが、まだ部屋にいて、あのスプレーで成敗できたことが判明。
何という充実感!!カミさんに頼らず、一人で成敗したのだ!!

死体が見付かったので、改めてバルサンを焚くことは中止。もし姿が見えなかったら、安心のため、バルサンを焚こうと思っていたが・・・
そして、念のため、アンテナケーブルの引き入れ口の外側も、配管穴埋めパテで埋めることにした。
そして今回お世話になったスプレー缶も、残量が少なくなったので、予備を一缶買い足すことにした。

それにしても、分からない。どこから侵入されたのか?

ま、こんなことが事件なので、この平和を感謝するしかないかね。

(追:2024/06/28)
再発防止策として、部屋のアンテナケーブルの孔を完全にふさいだ。
前に、ケーブル孔の室内側はパテでふさいだつもりだったが、外側はやっていなかった。
今回、改めてAmazonで配管穴埋めパテを買い、外側を埋めた。
1Kg449円。実際に使ったのは200g。
これで完璧??
240627mae 240627ato

(関連記事)
大山鳴動してゴキブリ一匹!?(2011年7月 9日) 
「ゴキブリが出たぞ~~~~!」(2016年8月12日) 

| | コメント (0)

2024年6月11日 (火)

船橋聖一の「絵島生島」を読む~手仕事屋きち兵衛の「風の桜衣」

船橋聖一の「絵島生島」を読んでしまった。
言うまでも無く、江戸時代の「絵島生島事件」を扱った歴史小説。
自分がこの話に興味を持ったのは、手仕事屋きち兵衛さんの「風の桜衣」という歌を聞いてから。
改めてWAVで聞いてみよう。

<手仕事屋きち兵衛の「風の桜衣(はなごろも)」>

「風の桜衣(はなごろも)」
   作詞/作曲:手仕事屋きち兵衛

山里を染めて咲く 小彼岸桜(こひがんざくら)
風を呼び 風に乗り 空に流れ行く
かなしい程に 澄んだ青空の中
はじけ散る 桜吹雪(はなふぶき) 春景色
いつ誰が名付けたか 高遠桜嵐(たかとうはなあらし)

山里の人は言う あれはあの女(ひと)の
切なさと哀しみが 染め上げたのだと
道理(みち)を忘れた 恋におぼれた罪と
裁かれて落とされて 流された
あの女(ひと)のはかなさを 飾る桜衣(はなごろも)

山里に流された その女(ひと)は絵島
美しい女(ひと)ゆえの 恋の濡れ衣
女盛りの花を 散らした絵島
泣き濡れて あきらめて手を合わす
山里の赤い桜(はな) 絵島の物語り
山里の赤い桜(はな) 絵島の物語り

この歌にある「美しい女(ひと)ゆえの 恋の濡れ衣」という歌詞。
この「濡れ衣」という言葉から、この事件に興味を持った。

先日、松本清張の「大奥婦女記」という本を読んでいたら「絵島・生島」という短編があった。それを読んでから、またこの事件の興味に火が240611esimaikusima 点いた。しかしwikiを見ても、この事件を扱った小説が少ない。唯一見付かったのが船橋聖一の「絵島生島」という小説。
この小説は1953年9月1日から1954年11月17日まで、東京新聞に連載されたという。1953年というと昭和28年。
確かに古い。だから今ではなかなか手に入らない。平成19年に新潮文庫で復刊されたが、中古本もなかなか無いようだ。
しかし読んでみると、歴史小説だけあって、古さは感じない。
内容的には、清張の小説はこの船橋聖一の小説のエキスを書いた感じ。

それにしてもこの小説、月光院(家継の生母)と側用人・間部詮房、そして絵島と生島のドロドロした愛欲場面が多い。そして宮路というスパイの暗躍。あまり天英院(家宣の正室)の陰謀の場面は少ない。
宮路の絵島を陥れるシーンは、どうもキライなので読み飛ばした。(昔は良く見た韓ドラも、イジワルの場面がきらいになって、今は全く見なくなった)
この事件で捕まった大奥は百数十名というから凄まじい。wikiによると関係者1400名が処罰されたというから、まさに粛正事件。

この小説で、船橋聖一は各所で昔の史料を引用している。さすがに、よく調べて書いたのだと思う。
もちろん歴史上の事件は、人により解釈が異なる。陰謀論と色々な史料・・・

船橋聖一の解釈として?この事件に関し、こう書いている。
「 世の中にかかる習ひはあるものと
  ゆるす心の果てぞかなしき

世の中の人のすることを、自分もしてみただけのことで、このようなひどい目にあったのも、もともと心の油断であろうがと詠んだ絵島が一首の歌には、よく端的に、その心情がうつされているように思われる。
奥女中の芝居見物が御法度であることは、誰知らぬものはなかったにせよ、当時宿下りの御守殿が、たとえ表人風に身をやつすとは云え、誰の目にもそれとあらわにわかるような態度で、半ば公然と芝居小屋に出入することは、一種の慣習として元緑正徳の一般的な風俗図絵でもあった。偶々、絵島もそのヒソミに倣い、しかも深入りして、生島新五郎と夫婦の契りを結んだのではあるが、彼女にすれば、当時流行の色子買いでも、おやま狂いでもなく、奥女中大年寄の地位をかなぐり捨てても、恋しい男の胸に飛びこんで行こうと云う一筋の熱情だったのである。それが今、大奥からの追放となり、縄目の恥にさらされ、危く死一等をまねかれたとは云え、すんでのことにこの首が飛ぼうとさえしたのだ、と思うと、絵島はこんな理不尽な御政道に心から服する気になれなかった。やはり、世人の噂ずる如く、間部詮房による側用人政治が、腐敗の極に達していて、これを粛正するための前提に、自分らが槍玉に上がったと考えて、あやまりはないだろう。」(新潮文庫「絵島生島(下)p400より)

権力者どおしの陰謀。
さてさて、次の首相は誰になるのだろう?

(関連記事)
手仕事屋きち兵衛の「風の桜衣(はなごろも)」 
手仕事屋きち兵衛さんの「車座コンサート」に行く~ホテル玉之湯 
手仕事屋きち兵衛の「わすれ雪」 

| | コメント (0)

2024年6月 7日 (金)

門倉有希の「ノラ」~50歳で逝去

さっき、Yahoo!ニュースを覗いていたら、歌手の門倉有希さんが亡くなったという記事がありビックリ。

門倉有希さん死去 デビュー30周年で先月アルバム発売したばかりだった

 歌手の門倉有希(かどくら・ゆき)さんが今月6日に乳がんのため死去したことが分かった。50歳。福島県出身。7日に公式サイトを通じ、ファンへ伝えた。
 門倉さんは19年、自身のブログで乳がんを公表。闘病しながら歌手活動を続け、デビュー30周年の今年5月22日にアルバムを発売したばかりだった。

 門倉さんは1994年、「鴎…カモメ」でデビュー。96年、NHK新人歌謡コンテストで「女の漁歌」を歌い、グランプリを受賞。その年に「第47回NHK紅白歌合戦」に初出場した。98年にリリースした「ノラ」は現在もカラオケランキングの上位をキープ、ロングヒットとなっている。

240607kadokurayuki ▽発表全文は以下の通り。
弊社所属の歌手、門倉有希が2024年6月6日 午前5時30分、乳癌の為永眠致しました。
これまで応援してくださったファンの皆様、関係各社の皆様の生前のご厚誼に深謝いたしますとともに謹んでお知らせ申し上げます。

昭和48年12月1日生まれ 享年50歳

2019年2月に乳癌が発覚し5年4ヶ月間、闘病生活を続けながらステージに立ち続けてきましたが一昨年12月から体調不良でお休みを頂戴し、今年はデビュー30周年、もう一度ステージに立つ為、治療に専念してまいりましたが6月6日に永眠いたしました。

1994年2月23日『鴎…カモメ』でデビューしてから支えて頂いた関係者の皆様 暖かいご声援を頂いたファンの皆様、そしてここまで門倉有希の治療をサポートして頂いた医療従事者の皆様にこの場をお借りして心よりお礼申し上げます。

30年間、門倉有希を応援、支えて頂いた皆様 本当にありがとうございました。

株式会社門倉有希音楽事務所
代表取締役 金田 大」ここより)

哀悼の意を込めて、代表曲の「ノラ」を聞いてみよう。

<門倉有希の「ノラ」>

「ノラ」
  作詞:ちあき哲也
  作曲:徳久広司

やめて…下手な嘘 抱いて…今はただ
雨にぬれたノラ 帰りついたあんた…
いい女なら 割りきってあげるわ
誰となく 惚れてないと
駄目な 駄目な ひとなの
…好きよ…好きよ…好き
愛はひとり芝居

だって…2つ上 あたし…損な年
どうせ明日もノラ 街で悪戯(わるさ)するの…
泣きおとしには もう懲りていたのに
しおらしい 顔を見れば
ばかね ばかね からだが
…好きよ…好きよ…好き
愛はひとり芝居

そう 棄てたもの 夢なんか きっぱり
癪だけど もしかしたら
これが これが しあわせ
…好きよ…好きよ…好き
愛はひとり芝居
愛はひとり芝居

何度も言うように、自分の趣味は「良い音で歌謡曲を聞くこと」。つまり門倉有希の歌謡曲も良く聞いたもの。

乳がんだという。
乳がんは非常に多い病気だが、予後はそれほど悪くないと聞いている。自分の周囲でも、奥さまが乳がんを手術したという話は良く聞く。
しかしガンである以上、亡くなる病気ではある。手術をしたある友人の奥さんも、年に一回の定期健診で転移無しの結果が出ると、「ああ、また1年生きられる」と思うそうだ。このストレスは大変なもの・・・。

自分の叔母も20年ほど前に71歳で乳がんのため亡くなった。その叔母は、自分の母親の乳がんで、当時病院と色々あったらしく、それ以来病院をまったく信用せず、一切病院に行かないで手遅れになった。
乳がんはどうも遺伝もあるらしいので怖い。

話は変わるが、先日腹部の造影CTをやった。実は3年ほど前、腹部のCTで、腹部大動脈に乖離が見られる事が分かり、今回はその定期検査。結果は、変化無しで様子見。
今回も頼んで「CT検査報告書」を貰ったのだが、その詳細な記載にビックリ。
報告書には、専門の放射線医師がCT画像をしっかりと診断して、肺、肝、胆、膵、脾、腎、肺水、腹水、リンパ節などのそれぞれに、コメントがある。
結果、今のところ自分にはガンは無いことが分かる。消化器官は記載が無いので、こちらはやはり内視鏡か?

でも、ほぼ2年毎のCTで、目的の動脈乖離と一緒に、内臓のガンがあるかどうかを一緒に見て貰えるのは安心だ。
そろそろ自分も喜寿。何があっても不思議では無い。

それにしても、門倉有希の50歳は若すぎる。
せめて遺伝の要素だけでも排除するため、近親者に乳がんの人がいる人は、定期健診だけでも受けて欲しいものだ。

| | コメント (0)

« 2024年5月 | トップページ | 2024年7月 »