« 小澤征爾さん死去~1972年の日フィルとの「復活」 | トップページ | 森山良子の「Ale Ale Ale」 »

2024年2月19日 (月)

倍賞千恵子の「私の履歴書」

最近は、司馬遼太郎を休んで、松本清張と、何と!映画「男はつらいよ」に凝っている。
きっかけは、KeiichiKodaさんからのコメント(ここ)。
そこに「男はつらいよ」シリーズはたぶん全部見ているという話があり、その“全部”というキーワードにまたまた反応してしまった。

「男はつらいよ」は、映画の展開がほとんど同じであり、まあそれが安心感を生んで、50年で50作品を生んでいる原動力になったのかも知れない。
よって、たまにTVで見ても、展開が同じなので、つい飛ばし見をしていた。
それが、さっきの話を機に、BSテレ東4Kで毎週土曜日に4Kで放送をしているのに気づき、録画したおいた。そして見たのが第41作の「男はつらいよ 寅次郎心の旅路」、そして第42作「男はつらいよ ぼくの伯父さん」。
さくらの息子役・吉岡秀隆の恋人役の後藤久美子(当時15歳)の可愛いこと!録画を消すのがもったいない??

「男はつらいよ」は、BSテレ東4Kで毎週やっていたので、もっと早く気が付けば良かった!と思っても時すでに遅く・・・
しかし今が時代が違う。Netでの配信で見られるのだ。
それで、つい配信で順番に見始めてしまった。10作目まではほとんど見ていたので、それ以降の作品を順に見ている。

それにしても、さくらの倍賞千恵子が毎回美しい。
第1作が1969年というから1941年生まれの倍賞千恵子は、当時28歳。

話は変わるが、先のKeiichiKodaさんからのコメントに、日経の「私の履歴書」に倍賞千恵子が登場したという話があった。
これは読んでみたい・・・。

★日本経済新聞/倍賞千恵子の「私の履歴書」(2023年12月掲載)のPDFは(ここ

82歳になる倍賞千恵子の人生の振り返り。
考えてみると、若いときから自分は倍賞千恵子のファンだったのだ。当サイトでも倍賞千恵子版の歌は11曲も挙げている。
特に抒情歌が素晴らしい。前に何度か書いたが、30年近く前に亡くなった親父が、やはり抒情歌が好きで、倍賞千恵子のLPをたくさん持っていた。

日経の「私の履歴書」を読んでいくと、「下町の太陽」から始まった歌手としての活動と同時に、映画での活躍の話が面白い。
第15回にこんな文字がある。
「・・・「遙かなる山の呼び声」では一人息子(吉岡秀隆君)を抱えて女手一つで酪農業に励む。ともに「働く」女性だ。
・・・
「本物の親子になるのよ」 照れて嫌がる息子役の吉岡君と一緒に無理やり入浴し、背中を流したこともある。
 その人になりきる-。
「民子3部作」を通じて私は演技する土台を学んだ。」

ヘエー。かの吉岡秀隆が倍賞千恵子と一緒に風呂に入ったんだって!!
年齢を計算してみると、当時吉岡秀隆くん9歳。やはり「親子」だった。

もちろん「男はつらいよ」でも二人は親子。
第28回にこんな話が載っている。
「そこによく顔を出してくれるのが「男はつらいよ」「遙かなる山の呼び声」で息子役を演じた吉岡秀隆君。私には子どもがいないのでまるで息子みたいに接してしまう。
 吉岡君も中標津には特別の愛着があるらしい。私たちが別荘を建てた後、彼も自分の別荘を建て、骨休めに来るようになった。たまにはウチの別荘にも遊びに来て肩や腰をマッサージしてくれる。とても“孝行な息子”なのだ。
 私は自分が出演した作品を見返すことはあまりない。でも吉岡君が家に来た時、珍しく「遙かなる山の呼び声」を一緒に鑑賞したことがある。
「ヒデ、私たち素晴らしい映画に出てたんだね」「本当ですね……」
 作品に恵まれた幸運に2人で感謝した。
 吉岡君は53歳。“親バカ”と笑われそうだが「幼かったあの子が年齢を重ね、心で演技できる良い役者になったな」と嬉しく思う。・・・」

「下町の太陽」と「故郷」は多分まだ見ていないので、配信で見てみようかな・・・
ひょんな事で、倍賞千恵子を「勉強」してしまったこの頃である。

|

« 小澤征爾さん死去~1972年の日フィルとの「復活」 | トップページ | 森山良子の「Ale Ale Ale」 »

コメント

三寒四温と言うか寒さ・暑さが交互に
来るので身体の調子が悪いです。
「エムズさんは如何ですか?」
家内(老妻)とカラオケとなるもの
を初めて行きましたわ。
家内は倍賞千恵子のファンでして、
そのとき歌った曲が「アザミの歌」
抒情歌ですね胸に染みました。続いて
「学生時代」ぺギー葉山さんの持ち歌
ですが、倍賞さんの歌も良いですね。
歌って踊れて美人まさしく和製ジュリー
アンドリュスです。

【エムズの片割れより】
幾多の有名人が顔の整形をして、能面のような顔になっていくのに比べ、倍賞さんはオードリー・ヘプバーンのように、自然の姿のまま、が良いですね。
ここにも書きましたが、倍賞さんが主演した映画「PLAN75」が思い出されます。

ウチのカミさんは、年末から持病の膝関節症で大騒ぎ。
10年ほど前から左膝が発症していましたが、それをかばったせいか、今回は右膝。
70代の女性は、7割が膝関節症を発症するとか。
加齢はイヤですが、避けようがありませんね。

投稿: 杉ちゃん | 2024年2月23日 (金) 09:44

エムズさんがここで言及されている「男はつらいよ寅次郎心の旅路」はわたしも録画してあり、1度ならず見ています。確か、これは「男はつらいよ」シリーズでは唯一の海外ロケ版(ウィーン・ロケ)で、この映画のリリースは1989年。私もこの映画から28年後にはウィーン旅行しているので(2017年と2018年)、映画に出てくるモーツアルト像がある公園のあたり(リンクスと呼ばれる一帯)はよく知っています。今から35年前の映画ですから当然ですが、マドンナ役の竹下景子、ウィーン旅行の相棒役の柄本明も若かったなあ、と思います。3月のNHKBSのBSシネマでは「男はつらいよ」シリーズから1970年代の4作が放映されます。1976年の第17作(太地喜和子)、1978年の第22作(大原麗子)、1972年の第9作(吉永小百合)、1971年の第7作(榊原るみ)の4作です。カッコ内はマドンナ役の女優名です。私もこれを機会にこれらをもう一度見てみようかと考えています。

【エムズの片割れより】
当方がウィーンに行ったのは2006年8月。当時はまだまだ元気でした(^o^)
色々な思い出がありますが、ふと思い出すのは馬車が垂れ流す馬の糞が道端にゴロゴロ。
その印象は最悪。
ホテルが市立公園のそばでしたので、シュトラウスの像やベートーヴェンの有名な像など、何度も行きました。

「男はつらいよ」は復習も含め、順番に見ています。
今日(2024/02/25)現在、19作目まで来ましたが、うなったのは第15作「寅次郎相合い傘」。
この作品はやはり評価が高いようです。
頑張って「全部」見てみます。

投稿: KeiichiKoda | 2024年2月25日 (日) 10:03

倍賞千恵子さんの歌声と演技力が好きで
ファンを自認してますが
近年はTVも新聞もない生活をしてました
(ネット情報で不自由ないので)

なので日経に、そのような連載があった
という情報を教えて頂きうれしかったです

倍賞さんの
素晴らしい記憶力と文章のうまさに
ワクワクと過ごす時間が持てました
ありがとうございました

【エムズの片割れより】
自分も、当掲載があったことを、教えて貰うまで知りませんでした。
Netの時代、口コミが一番?

投稿: Fさん | 2024年3月19日 (火) 10:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小澤征爾さん死去~1972年の日フィルとの「復活」 | トップページ | 森山良子の「Ale Ale Ale」 »