« 2023年3月 | トップページ | 2023年5月 »

2023年4月の4件の記事

2023年4月14日 (金)

池波正太郎の「真田太平記」を読んだ

やっと池波正太郎「真田太平記」と「真田太平記読本」を読み終わった。
「やっと」という表現はあまり良くない。司馬遼太郎の小説は、だいたい2~3日で1冊読んでいたが、今回は4日ほどかかってしまった。読み始めたのが2月24日なので、一ヶ月半。原因は、NHKのドラマを見ながら・・・だったため。

司馬遼太郎の「街道をゆく」に惚れて順に読んでいたが、9巻の「信州佐久平みち」を読んでいたら上田が出て来た。上田と言えば、真田。
つい、買っておいた池波正太郎の「真田太平記」に寄り道をしようかと思い立ち、それを読み始めてしまった。ということ。
それに、2022/10/13 から2022/12/14まで45回にわたってBS4Kで再放送されたNHKのドラマ「真田太平記」を録画してあったので、それも見てしまおうと思ったから。
230414sanada このドラマは、1985年(昭和60年)4月3日から1986年(昭和61年)3月19日まで放送されたもの。
真田昌幸を丹波哲郎、真田幸村を草刈正雄、真田信之を渡瀬恒彦が演じたもので、実に見応えがあった。
スタートにあたって、カミさんに聞いた。「TVドラマを見てから小説を読むか、それとも小説を読んでからTVドラマを見るか?」「当然小説が先でしょう」というので、まず小説を読み、1冊読み終える毎に、TVドラマで追った。

このドラマは当時見た記憶が無いが、真田家が犬伏の陣で西軍と東軍に分かれるシーンは、何となく記憶にある。渡瀬恒彦が部屋を出て行く場面。
それ以外の場面は覚えていないので、やはり今回が初。

230414sanadatokuhon 小説は、言うまでも無く1974年(昭和49年)から1982年(昭和57年)にかけて『週刊朝日』に449回にわたって連載された。文庫本で12冊。
「真田父子が進む道を縦糸とすれば、真田忍び(草の者)と甲賀忍びとの戦いを横糸に織り上げた壮大な小説」だという。
実は、自分はあまり「忍び(忍者物)」は好きではない。しかし、仕方が無い・・・

TVドラマは、ほとんど小説を追っている。しかしたまに逸れる。小説と違う筋になると、やはりアレッと思う。特に樋口角兵衛の最期など・・・
この樋口角兵衛を演じた榎木孝明がなかなかの存在感。このキャラクターは決して好きでは無いが、その破滅的な性格を榎木孝明が良く演じていた。
逆に「お江」役の遥くららは、もう少し忍者としての“すごみ”が欲しかった。

この小説の舞台に、上田城と別所温泉が良く出てくる。前に行ったことがある。
メモを見ると2004年4月のはじめ、母と伯母、そして我々息子3人の夫婦の、計8人で行った。別所温泉の「七草の湯」という宿に泊まった。エレベーターにまで畳が敷いてある宿だった。夕食を採った一室での写真や、食後に部屋のコタツに集まって話をしたときの写真が懐かしい。
今見ると、お袋も伯母も実に良い顔をしている。
この温泉は、兄貴が予約した。自分は良く分からないで、とにかく行っただけ。宿に着いた日の夕方は雪が降ったが、頑張って近くの安楽寺や北向観音に行ったもの。この安楽寺も、物語によく出てくる。
翌日は、上田城に行った。ちょうど桜が満開だった。門前の真田石の前で写真も撮った。でも、残念ながら、当時はその背景もあまり知らなかった。

その記憶が残っているせいか、小説を読んでいても、何となくその場の風景が頭に浮かぶ。
やはり、現地の空気を一度吸っていたのと、行ったことがないのとでは、物語への入り込み方が違う。今さら、もう20年も前の話だが、行っておいて良かったと思う。

ともあれ、寄り道の「真田太平記」の12冊と「読本」、そしてNHKのドラマ45分×45回を見終わった。
さて、ではまた「街道をゆく」に戻るとするか・・・
本読みだけの、贅沢な毎日ではある。

| | コメント (3)

2023年4月11日 (火)

浴室にゲジゲジが出た~!!

何と10年ぶりに浴室にゲジゲジが出た~~!!!

夕方、インターホンからカミさんの声!「大変だ~!」
行ってみると、素っ裸のカミさんが、浴槽を差して「ムカデが浮いている!!」
見ると、4~5センチだろうか・・・ヤツが浮いている。足が長いのでムカデはなく、ゲジゲジだろう。
オレも逃げたいが、カミさんがハダカなので、仕方が無く、洗面器で浮いているゲジゲジをすくって、玄関から外に放り出した。

前に「我が家の浴室でのゲジゲジ対戦記」(ここ)という記事を書いたのが2010年の5月。
そして「浴槽の排水溝から上がってくる」が正解、と悟ってからは、必ず浴槽の排水口はフタを忘れないようにしている。
以来10年。ゲジゲジなどの虫の侵入は無かった。それが今日!!!!

改めてNetでググると、やはり、排水溝の穴/バスタブの中の排水溝/窓の隙間/換気扇の隙間、が原因らしい。しかしこれらは当時対策した。特に換気扇の外側に取り付けた網は、今でも健在。ただし、洗い場の排水口は、そのまま。でも、臭気止めの水とフタで、一応は、対策してあるはず・・・

Netでググると、バスタブの取付のスキマをコーキング材で埋めたら、出なくなったという記事もあった。しかし調べてみても、我が家のバスタブの周囲にスキマは見つからなかった。
さてどこから侵入してきたのか?後は、窓サッシのスキマくらいしか無い。でもこれを対策するのは難しい。
手詰まり・・・。しばらく様子を見るしか無いか・・・

ところで、今日の風呂。カミさんはサッサと入っていたが、自分は入るにあたって、何か気持ちが悪い。でもせっかく焚いた風呂なので、入りたい・・・
そうっと肩まで、そうっと入ってから飛び出た。

風呂を出てからカミさんに聞くと「私は今日は足湯にして、体は入らなかった!」だってよ。
裏切り者め~!!

そう言えば、ひと月ほど前、「「ムカデが出る」知事公舎 現在の建物を廃止へ 三重県」(ここ)というニュースを見た。

「たかがムカデ」では無いのである。虫が出る家は、人によってはお化け屋敷よりも怖いのである。
ムカデやゲジゲジとの戦いはいつまで続くのやら!!
10年ぶりの、ゲジゲジとの再戦ではある。

| | コメント (0)

2023年4月 8日 (土)

雑誌「レコード芸術」が2023年7月号で休刊へ

先日、クラシックレコードの専門誌「レコード芸術(レコ芸)」が2023年7月号をもって休刊するというニュースを聞いた。
とうとうお前もか・・・!と思った。

音楽之友社の「お知らせ」にはこうある。
「『レコード芸術』休刊のお知らせ
 クラシック・レコード評論の専門誌として1952年3月に創刊し、70年を超えてご愛顧いただきました『レコード芸術』ですが、近年の当該雑230408rekogei 誌を取り巻く大きな状況変化、用紙など原材料費の高騰等の要因により、誠に残念ではございますが2023年7月号(6月20日発売)をもちまして休刊にいたすこととなりました。長きにわたり支えてくださった読者の皆様、ご寄稿いただいた執筆者の皆様、レコード会社各社をはじめクライアントの皆様、制作にご協力いただいた関係者の方々に御礼申し上げるとともに、今後もご購読を予定されていた読者の皆様に心よりお詫び申し上げます。
 なお、現在定期購読されている購読料のご精算につきましては、お求めの販売店にお問い合わせください。
 バックナンバーは、引き続き販売を継続いたします。
 なお、『レコード芸術』として70余年にわたり培ってきた財産をどのようにして活用していくべきか、音楽之友社として鋭意研究してゆく所存です。」ここより)

現在は読んでいないものの、自分の人生にとっては思い出深い雑誌だ。読み出したのは高校生の時。特に大学の時はよく読んだ。カラヤン全盛の時代。ドイツグラモフォンの録音はあまり好きでは無かったが・・・
大学1年の時(1966年)の下宿の写真を見ると、トスカニーニやワルター、カラヤンの写真が壁に貼ってある。どれもレコ芸の切り抜きだ。
あれから60年。ずっと読んでいたわけでは無いが、発作的に数年間読んだりしていた。

230408rekogeifuroku 特に、1996年3月号から始まった付録のCDが気に入っていた。これは新発売のCDのサンプル。付録の各CDには30曲程度の新発売CDのサワリが入っており、CDを購入するときの助けになった。それも2017年5月号をもって終了し、そして今回2023年7月号をもって、本体も終了するという。

この全255枚のサンプルCDは、一時期凝ったときがあり、2012年、15年、19年の時に全255枚を集めた。それをどうするかって?
愛機HAP-Z1ESにリッピングし、知っている曲だけを残す。そして、たまにそれをランダムに聞いていて、これは!という音源に注目する。
これは作業が伴うので、2009年以降の盤はまだリッピングしていなかったが、続きのリッピングを今回また始めてしまった。

自分は右耳の難聴のため、特にクラシックは聴かなくなってしまったが、世の中もクラシックファンはもう少ないのかも知れない。先のサンプルCDも、廃止になる前は、同じ音源の繰り返しが多く、面白く無くなっていた。

ニュースによると、レコ芸の現在の発行部数は約10万部だという。そして一部の筆者による存続運動も始まったらしい。
しかし、先の週刊朝日の廃刊の時もそうだったが、このような経営判断をくつがえすのは無理だろう。
自分も決して優良な読者では無かったので、意見も無い。また、知人でもクラシックファンはほとんど知らない。唯一、同期のO君を思い出す。彼だけは、ずっとレコ芸を取っていた。
しかし、最近はとうとう止めたと言っていた。自分の気に入っていた付録のCDも、いつもそのまま捨てていたと・・・。読者は色々・・・

ともあれ、何でも寿命はある。雑誌も同じ。読者が減れば継続は出来ない。新聞もまた然り。
カミさんが言う。もし次に車を買うときはホンダだと。理由は、応援している俳優が、ホンダのCMに出ているから・・・
応援をするなら、行動をするしかない。経営判断が出る前に・・・

世の中がどんどん変わっていくのを実感させた、今回のレコ芸の休刊ニュースではある。

| | コメント (2)

2023年4月 2日 (日)

「赤外線リモコリピーター」が意外と便利

最近、すっかりTVを見なくなった自分だが、TV人間であることは違いない。今のTVが壊れたら、今度は有機ELのTVを買おうと思っている。
自分はREGZAのファンで、昨年 55X9900Lが発売されたとき、店頭で色々と試してみたことがある。結果的には買わなかったが、重要視したのがリモコンの操作性。
例えばチャンネル切り替えのボタンを押したときの切り替わるまでの時間や、リモコンの操作範囲。

前に弟の家に行ったとき、SONYだったかシャープだったか忘れたが、リモコンのボタンを押してから画面の変わるまでの時間の長いことにビックリした。慣れていると感じないのだろうが、切り替わりの早いREGZA使用者からすると、とても我慢出来ない。
それで新発売の有機ELのリモコンで色々試してみたが、そのTVでは、他社とあまり変わらなかった。まあ慣れるしか無いか・・・
それと、操作範囲。それが結構狭いのだ。リモコンをTVにちゃんと向けないと反応しない・・・。
当然、電波式(Bluetooth)だとリモコンの方向は関係無い。だが光式ではリモコンの方向を気にしないといけない。それが狭いのはストレスになる。

前にPanaの4Kのチャンネル録画(タイムシフト)レコーダーを買ったときに、置き場所に苦労した。リモコンの光がちゃんと届く場所にスペースが無いのだ。何台もレコーダーがあるので・・・

それを一挙に解決してくれる「赤外線リモコリピーター」なる製品が世にあることを知り、ここに書きたくなった。
きっかけは、先の有機ELの価格コムの記事(ここ)。
そこに「※ リモコンの赤外線問題ですが、USB端子を使用した拡張コード(呼び方がわかりません。受光部と送信部が1つになった便利なコード 500円くらい)を使用して、その受光部をテレビ台の縁に置くだけで電波式と同等とまではいきませんが、有効操作角が格段に広がりリモコン操作が圧倒的にし易くなりました。」という記事があり、それが「赤外線リモコリピーター(リモコン中継器)」なる製品であることが分かった。
Amazonで検索すると色々な製品がある(ここ)。値段は何と200円台からある。原理はいたって簡単。受光した信号を単に増幅して出力端子から光を出すだけ。USB端子は5Vの電源供給用で、つなぐ所は、TVでもレコーダーでも何でも良い。
230402hikari 今回は、1受信4発信の製品を買ってみた(ここ)。この製品は、ひとつの受信器に光を当てれば、4つの機器を操作できる。自分は、TV、レコーダー、BOSEのTV用アンプの3つに取り付けてみた。
あまり比較はしていないが、確かに受光範囲は広がった。特にBOSEのリモコンは、出力が大きいせいか、部屋のどの方向でも応答した。

世の中には色々な便利な製品がある。その存在を知ると、たくさんの製品が見つかる。しかし、自分の抱えているその不便さを解決できる製品が世にあることを知らない。
それを知るきっかけは、新聞やTVもあるが、もう死語となっている「ネットサーフィン」もまた捨てがたい。

| | コメント (0)

« 2023年3月 | トップページ | 2023年5月 »