« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »

2021年10月の4件の記事

2021年10月29日 (金)

落語家・柳家小三治さんの話~奥深い人生

先日、NHKラジオ深夜便で「【柳家小三治さんをしのんで】言葉より、心ありき 落語家 柳家小三治(2009.6.1)」(2021/10/21放送)を聞いた。
小三治さんは、今月7日に、心不全のために81歳で亡くなったという。この放送は、12年前の69歳の時のお話である。

<NHKラジオ深夜便 落語家・柳家小三治さんの話>

このお話では、父親や家族との葛藤が興味深かった。氏の経歴について、wikiにはこうある。
「教師・教育者(小学校校長)の5人の子のうち唯一の男子として厳格に育てられる。テストでは常に満点を求められ、100点満点中95点を取る211029kosanji ことすら許されなかった。その反発として遊芸、それも落語に熱中する。東京都立青山高等学校に進学。高校時代にラジオ東京の『しろうと寄席』で15回連続合格を果たす。この頃から語り口は流麗で、かなりのネタ数を誇った。卒業後、教員育成大学である東京学芸大学への入試に失敗し、学業を断念。落語家を志し、5代目柳家小さんに入門した。」

学校の先生の家系で、父親の影響で姉妹も教師だという。父親は、自分が田舎の代用教員をして、こんなことで終わりたくないと上京し、こつこつと勉強して師範学校を出た、たたき上げの人生だったこともあり、小三治さんに「東大以外は大学ではない」という考え方だったという。そして、母親と子どもたちとの不和・・・。
この話を聞いて、改めて家族というものについて、そして家族が子供に与える影響について考えてしまった。

自分の思い出話をすると、自分の父親も大学を出なかった。昔の巣鴨高商(その後発展して、千葉商科大学)。自分が会社で学歴のため苦労したので、息子の大学進学は当然だった。
親父は経理屋だったが、学歴のハンディを挽回するためか、税理士の資格を持っていた。そして公認会計士に挑み、果たせなかった。
うろ覚えだが、何科目かの試験があり、いくつかは合格したものの、資格取得までには至らなかった。しかし晩年も、持っていた税理士の資格で、自宅に「**税理会計事務所」の看板を掲げ、市内の商店の申告書などを作っていたようだ。たまに帰省すると、車でそれらのお得意さんに親父を連れて行ったもの。葬儀の時も、市内のたくさんの税理士仲間が来てくれた。
そう言えば、自分が確定申告するようになったのも、長男が生まれたとき、医療費控除があるので、確定申告しろと親父に言われたのがきっかけ。当時、そんな言葉も知らなかったが、税理士から見れば当然の動き。

話は変わるが、このお話の中で、宇田川清江アナが「落語 青菜」を絶賛していた。それでつい、夜中だったがYoutubeで小三治さんの「青菜」(ここ)を聞いてしまった。

宇田川アナが言っていたのが、夫婦の何気ない夫婦愛と心遣い。それに対し、小三治さん家族の母親との葛藤・・・

落語といえば、昔、兄貴にホンモノの落語を聞きに、寄席に連れて行ってもらった事がある。周囲は笑う。しかし自分はどうしてもその話の世界に入り込むことが出来ず、まったく面白くなかった。子どもの頃、落語に凝ったこともあったのに・・・
それは自分が小学校5~6年生のころ。鉱石ラジオを作って、ひとり自分の机で、イヤホンで聞いていた。その時に凝ったのが落語だった。でも今はほとんど聞かない。

話があっちこっちに行ったが、家族というものを考えさせられた小三治さんのお話であった。

| | コメント (0)

2021年10月22日 (金)

NHK「偉人たちの健康診断『ベートーべンの難聴』」に思う

この頃、むずむずしてきた。有機ELテレビに買い換えたいな~~
でも今の液晶TV(REGZA 50Z810X)はまだ4年。当時7年保証に入ったので、保証もまだ3年も残っている。買い換えるとしても、タイムシフト機能のため、次もREGZAだが、次モデルのスペックを見てから考えるか・・・
それに、買い換えると録画HDDのデータは消えるな~と思い、TVの録画HDDの番組をチェックして、見た番組は消去しておくこととした。それで、見付けたのが、まだ見ていなかったNHK「偉人たちの健康診断「ベートーべン 第九誕生!難聴との闘い」」(2019/12/19放送)(ここ)だった。

ベートーベンの難聴は有名だが、「難聴になった原因について耳小骨が正しく動かなくなる病気「耳硬化症」と考えられていた。しかし近年この病の可能性を疑う文書が見つかった。ベートーベンの解剖を行ったワーグナー医師の文書には耳小骨について「耳管の粘膜は盛り上がり耳小骨に向かって多少狭くなっている」と記載。解剖医であれば「耳硬化症」はすぐ分かるが記載されていないという事は可能性が低いという。」

「ベートーベンの難聴の謎について番組ではヴェーゲラーへの手紙に書かれていた「話し声は聞こえるのに意味がさっぱり分からない」という症状に注目し国際医療福祉大学三田病院の岩崎教授に話を聞くと高音が聞こえづらくなることから内耳の病気の特徴で「若年発症型両側性感音難聴」ではないと推測した。この病気は40歳御南で発症する難聴で厚生労働省が難病にしている病で日本国内では約4000人の患者がいるとされる。一般的には年を取り内耳にダメージを負う「加齢性難聴」が一般的であるが40歳で発症するのは内耳が壊れる遺伝子を先天的に持っていたと考えられていて、1970年代に人工内耳が開発されるまで有効な治療法はなく聴力の回復は見込まれなかった。」
と番組では紹介していた。

自分が改めてこの事に興味を持ったのは、先日、怖ろしい出来事があったから・・・。
自分の右耳の突発性難聴が発症してから23年が経った。そして、1年半前に更に悪化してから、ほぼ完全にNG(ここ)。
それはあきらめていたのだが、先日(2021/10/16)、昼寝から起きたら良い方の左耳の耳鳴り。TVの音も聞きづらい。REGZAの音量で22位で聞いていたのが、26位に上げないとダメ。“耳鳴り=難聴”のことを思い出して、スマホの聴力検査アプリで調べてみたら、何と中間域が下がっている。500Hzが25dBから40dBに、1KHzが20dBから30dBに!!
人間の聞こえの周波数特性は、日常でそんなに変化はしないはず。ヤバイ!両耳が難聴になると、日常生活にも支障が・・・!!
カミさんに言うと「私との会話に支障が無ければ良いじゃないの・・・」

確かに、自分もそろそろ後期高齢者。色々な部品の劣化も仕方が無いのかも知れない。しかしこれで自分の音楽人生も終了!?
難聴友だちのT君にLINEすると「直ぐに病院に行きましょう!」。
彼は、メニエール病で片耳NGだったが、数年前に良い方の耳もNG。でも歯の治療から?復活して、今は日常生活には支障ないらしい。
難聴に詳しい自分も、今回は中間の500~1KHzでの低下なので、病院に行ってもダメだろと思いつつ、ダメ元で行ってみるかと思った次第。
それが、翌朝戻ったのである。ほぼ元の聴力に。500Hzで25dB、1KHzで20dBに。
それから1週間、変化は無い。

そんなことが最近あったものだから、ベートーベンの難聴の話も、真剣に聞いた。
目も耳も、それがダメになることは怖ろしい。暗黒の世界に入ってしまうような怖ろしさを感じる。
原因の一部が遺伝とすれば、それは必ず自分にもやってくる気がする。92歳で亡くなったお袋も、難聴でTVの音がいつもガンガンしていたし、目も白内障の手術をした。74歳で亡くなった兄貴も、難聴が片耳から始まって両耳に達し、同じく白内障の手術をした。
80歳で亡くなった親父は、何も聞いていない。
遺伝がどう伝わるか分からないが、兄貴や自分の耳が弱いのは、お袋ゆずりなのだろう。弟は、68歳になるがOKとのこと。こちらは親父の系統??

人間、無意識にに、明日もあると思っている。同じ状態で。しかし現実は何が起こるか分からない。何が起こっても不思議は無い。
先日、新しい健康保険証が来たが、有効期限が来年まで。いやに短いな、と思っていたら、来年から後期高齢者の保険になるからだと分かった。
あれよあれよと言う間に、老化が進む。

一方、人間の記憶はこれまた不思議。
片耳しか聞こえないが、愛機HAP-Z1ESで、収録曲(16200曲)をベッドに入ってから順番に聞いている。今は最後のクラシックのジャンルを聞いているが、数十年ぶりに聞く楽曲も多い。
不思議なのは、何十年ぶりに聞く曲も、全て覚えている、ということ。
前にサンドウィッチマンの「病院ラジオ(リハビリ病院編)」で、事故で脳の高機能障害を負ったバイオリニストが、日常生活では直ぐに忘れてしまう障害を負っていても、昔覚えた曲は、ちゃんと演奏出来ることを示していた。脳の構造は分からないが、壊れていない部分はちゃんと機能する・・・。

ともあれ、自分も後期高齢者まぢか。今日とおなじ明日が来ることは奇蹟。と思いつつ、惰性の毎日を反省する?この頃である。

| | コメント (1)

2021年10月 7日 (木)

ザ・ピーナッツと岩崎宏美の「恋のフーガ」

今日(2021/10/07)、作曲家・すぎやまこういち氏が亡くなったというニュースが流れた。(自分の知っている人の訃報を聞くと、ついここに書きたくなる・・・)

作曲家・すぎやまこういち氏死去 ドラゴンクエストや学生街の喫茶店

 今年の東京五輪の開会式でも使用されたゲームソフト「ドラゴンクエスト」の音楽や、「恋のフーガ」「花の首飾り」などのヒット曲を手がけたことで知られる作曲家すぎやまこういち(本名椙山浩一〈すぎやま・こういち〉)さんが9月30日、敗血症性ショックのため死去した。90歳だった。葬儀は近親者のみでおこなった。
 東京都出身。東京大学卒業後、文化放送を経てフジテレビに入社。ディレクターとしてクレージーキャッツのレギュラー番組「おとなの漫画」や、自身がテーマ曲も手がけた音楽チャート番組「ザ・ヒットパレード」や「新春かくし芸大会」を担当した。
 フジテレビを退社後はフリーの作家として活動。ザ・ピーナッツの「恋のフーガ」がヒットしたほか、自身が命名したザ・タイガースの「花の首飾り」やヴィレッジ・シンガーズ「亜麻色の髪の乙女」などでグループサウンズ(GS)ブームをもり立てた。ガロの「学生街の喫茶店」も作曲した。
 1970年代中頃からはCMやアニメ音楽にも積極的に関わった。ゲーム好きとしても知られ、86年に第一作が発売され、その後シリーズ化された人気ゲームソフト「ドラゴンクエスト」シリーズの音楽を担当。クラシックとゲーム音楽との組み合わせで、ゲームファンを楽しませ、ゲーム作曲家のイメージも定着した。東京・中山競馬場の発走のファンファーレも手がけた。
 2016年には、「世界最高齢でゲーム音楽を作曲した作曲家」として、ギネス記録に認定された。
 今年の東京五輪の開会式では、すぎやまさんが作曲した「ドラゴンクエスト」の「ロトのテーマ」が使用された。
 右派の論客としても知られ、意見広告などのキャンペーン活動も積極的におこなった。」(2021/10/07付「朝日新聞」より)

自分が「すぎやまこういち」という名を知っているのは、「ドラゴンクエスト」ではなく、1960~1970年代のグループサウンドや歌謡曲によって。
氏の「花の首飾り」や「モナリザの微笑」は、ブルーコメッツ一辺倒だった自分が、ザ・タイガースを聞いた数少ない歌。それよりも、ザ・ピーナッツの歌はたくさん聞いた。
当サイトにも色々挙げているが、「恋のフーガ」をあげるのを忘れていた。

<ザ・ピーナッツの「恋のフーガ」>

「恋のフーガ」
 作詞:なかにし礼
 作曲:すぎやまこういち

追いかけて 追いかけて
すがりつきたいの
あの人が 消えてゆく 雨の曲がり角

幸せも 想い出も 水に流したの
小窓打つ雨の音 ほほぬらす涙

初めから 結ばれない
約束の あなたと私

つかのまの たわむれと
みんなあきらめて
泣きながら はずしたの
真珠の指輪を

初めから 結ばれない
約束の あなたと私

帰らない 面影を 胸に抱きしめて
くちづけを してみたの
雨のガラス窓

氏の作曲リストを眺めてみると、自分の知っている昔の歌謡曲はそれほど多くは無い。ゲームやアニメなどの分野でご活躍されたらしい。

先日、岩崎宏美と岩崎良美が歌った同じく「恋のフーガ」を聞いた。双子では無いが、姉妹なので声が良く似ている。

<岩崎宏美と岩崎良美の「恋のフーガ」>


いつも書いている事だが、本人はこの世を去っても、作品は永遠に生き続ける。
それにしても、80歳台でゲームの音楽を作曲するとは、恐れ入る。
70代で引退している自分など、恥ずかしい!?

| | コメント (1)

2021年10月 3日 (日)

素晴らしい画質のTBS「世界遺産」

今、集中的に、録り溜めたTBSの「世界遺産」(ここ)という番組を見ている。
ブルーレイレコーダーに録り溜めた番組は、今日現在171。見ると、レコーダーを初めて買った当時の、2017年9月3日が最も古い録画。それ以来、毎週録っている。
211003sekaiisan それをなかなか見る機会が無かったが(録るだけで見ていない)、フト思い立って、古いものから毎日3~4番組ずつ見ている。1番組、正味24分。
言うまでも無いが、それが素晴らしい画質。まさにハイビジョンの真価発揮というところ。

この番組は、wiki(ここ)によると、スタートは1996年(平成8年)4月15日だという。
2008年までは毎週日曜日の23:30 ~0:00に、それ以降は毎週日曜日18:00 ~18:30の放送。

自分のこの番組の録画の歴史は古い。VHSでの最初の録画が1998年05月31日。つまり放送が始まってから2年後から録画していた。リストを見ると、VHSでの録画は2002年08月25日までの315。それからD-VHSに移って、2004年03月18日までの通算393。
それから13年のブランクの後、ブルーレイレコーダーの導入に合わせ、2007年からまた録っていた。
当初の提供はSONYだった。それが2015年からキャノンに替わった。wikiによるとハイビジョン撮影は1999年秋からだという。

それにしても、ハイビジョン撮影での画質はさすが。どれも実に素晴らしい画質。SONYやキャノンが、その技術の粋を集めて録っているのだろう。でも、今録っている機材は、EOSの一眼レフカメラらしい。昔のテレビカメラと違い、大きなセンサーで、精細なシーンが撮れる。

昔、VHSで録っていたとき、現役でとても録り溜めた番組を見る時間が無かった。そのうち、引退したら見るさ・・・と録画だけしていた。そして今!、引退した今!、それらを見なくていつ見る!?それで、改めて見始めたというわけ。
しかし、現在のハイビジョンの画質を見ると、もうとても昔のVHSを見る気がしない。
まあそれも仕方が無いか!?

いつも思うのだが、人間の底力・・・。世界遺産に登録されている昔の人が作った建造物の巨大さに、いつも感心する。あんな小さな存在の人間が、ピラミッドに代表されるような巨大な建造物を、よくもまあ作ったもの。クレーンも無い時代に・・・

今回の171番組を順に見ていくと、約2ヶ月かかる。まあこれも年金生活者の楽しみ!?
これ以外にも、録り溜めた膨大な番組がある。
今見なくて、いつ見る!?と思いつつ、残された時間?を思うこの頃である。

| | コメント (0)

« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »