« 2021年8月 | トップページ | 2021年10月 »

2021年9月の5件の記事

2021年9月24日 (金)

消えゆく「戦災孤児の話」~子どもたちに今、教えたいこと

NHKラジオ深夜便で「戦災孤児、そして、「駅の子」に 鈴木賀子」(2021/09/17放送)を聞いた。
あまりに生々しく、その悲惨さに言葉を失う。

<「戦災孤児、そして、「駅の子」に」鈴木賀子>

もはや戦災孤児をいう言葉自体が、死語になっている。我々シニア世代を除くと、その言葉の意味さえも分からなくなっているのかも知れない。
しかし、この話を聞くと、当時、誰もが「戦災孤児」になる可能性があったことが分かる。それはまさに紙一重の運。
そして、放り出された子どもたちは、ただただ毎日、食べる物をあさるだけの生活。口に入れることが出来た子どもは生き延び、それに負けた子どもたちは死んでいった。

人間に限らず、世の動物たちも、毎日食べる物を探し続け、食べることで命を保っている。そんな当たり前のことを、この話で改めて実感させられる。

コロナ渦の引き籠もり生活。直ぐに食事の時間が来て、「もう食事の時間か」とウンザリ?する。一日の生活の中で、何と食事のウェイトが高いことか。
あっと言う間に、次の食事の時間が来る。一日に3回もだ。家族の食事の準備に追われる世の主婦たちの苦労はいかばかりか・・・。
「食事だよ!」と呼ばれ、面倒くさそうに「分かった」と言ってただ食べるだけの亭主ども。食事に追われる生活に辟易しても、でも腹は減る。動物としてのこの反応に嫌気が差しても・・・。

ふと、野坂昭如の「火垂るの墓」を思い出した。
戦災孤児たちの「腹が減る」は、まさに命に関わる。
そんな話を、今の子どもたちが聞いたら、どんな反応を示すのだろう?
今の子どもたちは、食べることが仕事!?
食べることは当たり前の世の中。(もちろん育児放棄の家庭は確かにあるが・・・)
“食べられることが当たり前”ではないことを、この話を通して今の子どもたちに教えたいものだ。
そして、戦争の悲惨さと、戦争が決して過去の話では無く、今でも世界では戦争孤児が大量に作られていることを子どもたちに認識してもらいたいものだ。
それで、これからの人生をどう生きて行くか・・・。

| | コメント (0)

2021年9月22日 (水)

iPhoneで、あやうく初期化されそうになった話

いやはや、神に祈ったね。「スマホが元に戻りますように!」って。

自分が使っているスマホは、iPhone SE2。
今朝、カミさんのiPhoneを、たまにはバックアップを取っておこうかとiTunesにつないだら、「iOS15にアップデートしますか?」という表示。それで、バックアップを取る前に、アップデートしておこうかと思い実行した。
意外と時間が掛かったが、無事終了。

同じく、自分のスマホもバックアップを取っておこうかと、スマホでiOSのアップデートを確認したら、「最新」になっていた。SEは、iOS
15は関係無いのかな?と思って、iTunesにつないだら、やはり「iOS15にアップデートしますか?」
同様に、iOS15にしてからPCにバックアップを取ろうとしたのが、今日の事件の発端!

時間が掛かるので、iTunesでiOS15へのアップデートをセットしてから昼食に向かい、昼食後にPCを見たら、エラーの表示。エラーコード4005。
再度アップデートを試すか、購入時の状態に戻すかの2択。アップデートを試すが、やはりエラー。
焦って、AppleCareに電話して、アドバイスを求めた。状況を説明すると、「お近くのapple storeに予約を取って行くことは出来ますか?」と来た。そんなバカな!!
画面を共有しながら、一緒にチェック。「ケーブルは純正ですか?」「PCにはダイレクトにつないでいますか?」。
ケーブルは純正だが、PCにはハブ経由でつないでいたので、直接PCのUSBにつないだ。
一緒に見てホットしたのは、PCから復元できるかを見た時。iTunesで「編集」「一般環境設定」「デバイス」を見たら、「デバイスのバックアップ」に、今日の日付のバックアップがあった。
iOSのアップデートは、自動的にバックアップを取ってから実行するようになっているらしい。それで、助かった。
いったん、回復で、買ったときの状態に戻し、iTunesで復元した。Apple IDや2つのパスワードは求められたが、何とか元に戻った。
途中は、まさに「神さま、助けて!」という心境。
このバックアップが無かったら、買った時の状態に初期化されてオシマイ!
電話帳からLINEや、愛用しているYahoo!カレンダーなど、全ての設定がやり直しとなったら、それこそヤバイ!
何より、スマホがウンともスンとも言わなくなったときは恐怖。

原因は不明だが、4005というエラーコードは、「接続が途切れたり、コンピュータでデバイスを復元できなかった」ときに出るコードらしい。
復旧後、改めて2台のPCにバックアップを取った。

以下、再発防止策。
・PCとつなぐ時、ケーブルは純正を使う。
・PCにつなぐときは、ハブ経由ではなく、直接PCのUSBに。
・iTunesでiOSのアップデートはしない。スマホのwifiで!
・こまめにiTunesでバックアップを取っておく。出来れば複数のPCに!

愛用のYahoo!カレンダーに、毎月1日にPCにバックアップを取るよう、予定を入れた。
これで何があっても、少なくとも1ヶ月前の状態には戻る。
世界で何億台も動いているiPhone。ちょっとしたPCの状態やケーブルの接続で、まったく動かなくなってしまったら、それこそ暴動!

それにしても、今日は、焦りまくった。
機械モノは壊れる!ことを前提に、壊れた時の手段(バックアップ)を講じておくことの重要性を再認識した。

| | コメント (0)

2021年9月18日 (土)

(今こそ!聴きたい)小椋佳~「シクラメンのかほり」

今朝(2021/09/18)の朝日新聞にこんな記事があった。どうも小椋佳と聞くと、録っておきたくなる・・・

(今こそ!聴きたい)小椋佳 よみがえる憂愁や胸の痛み
 シンガー・ソングライターの草分けで、数多くの名曲を生み出した小椋佳さん(77)はデビュー50周年の今年、引退を宣言しました。かつては大手銀行マンとの「二足のわらじ」でも知られた異才のアーティスト。その作風は非常に多彩で、今も幅広い年代に愛され、歌い継がれています。
210918ogurakei  1位に輝いたのは、布施明さんに提供された「シクラメンのかほり」。1975年春に発売されたレコードはミリオンセラーを記録し、その年の日本レコード大賞など数々の賞を総なめにした。
 「♪真綿色した」という歌い出しは控えめながら耳に残り、「鉢植えが店先に並ぶ季節になると、音痴な私の口から自然に出てくる」という兵庫の女性(70)や、カラオケの持ち歌という声も多かった。
 恋の終わりを予感させる、ロマンチックで切なげな内容。群馬の男性(66)は「青春のころ、同じような恋をした。歌詞が素晴らしく、詩を読んでいるような気持ちになる。私は耳が聞こえないが、今もテレビで歌う姿を見ると胸がジーンとする」。福岡の女性(77)も「どうにもならない思いを抱えていた若い日、心に忍び込むように聞こえてきた。シクラメンなど興味もなかったのに、きれいな歌で心にしみた。自分のかたくなさ、清廉さが懐かしい」。
 2位の「愛燦燦(さんさん)」は、美空ひばりさんの晩年の代表曲。調味料「味の素」のCM用に作られ、テレビでは強い日差しが注ぐハワイの畑で、大家族が働いている映像が流れた。86年の発表後は「ひばりファン」以外にもじわじわと人気が広まり、89年に52歳で永眠しても歌い継がれた。
 「認知症の母が口ずさみ『ひばりが病気になる前に歌った』と記憶にも鮮明に残っていて感激」(東京、59歳女性)。「老人ホームでのギターの弾き語りボランティアで毎回リクエストされ、涙を誘う時も」(神奈川、72歳男性)。そんな記述からも、人々の心の奥に浸透した名曲だったことがわかる。
 3位は小椋さん本人が歌った「さらば青春」。71年1月発売のデビューシングルB面で、A面は9位「しおさいの詩」だ。イントロからギターをかき鳴らし、全体的にアップテンポで明るい。その一方で、歌詞は「僕は呼びかけはしない 遠くすぎ去るものに」「うつろな輝きだ」などとシニカルだ。実は、政治の季節に熱狂する若者へ、声高なプロパガンダに流されるな、という思いを込めていた。
 「よく聴いたのは、学生運動が終息して大学に静けさが戻ってきたころ。いよいよ社会に出ていく自分の未来と、青春を謳歌(おうか)した過去との違いに、胸が痛んだ」(北海道、68歳男性)、「ニキビ面の高校生で寮生活中に初めて聴いた。『黒い犬がえものさがして』は、頭をたたき割られるような衝撃。生きるって大変なんだと思わされた」(東京、68歳男性)。
 「レコードが擦り切れるほど」「カセットテープが切れるほど」繰り返し聴いたという記述に、当時の若者たちの心酔ぶりがうかがえる。75年にNHK「みんなのうた」で採用されると、教育現場でも歌われるように。大阪の女性(58)は「中学時代に合唱コンクールの曲選びで難航した際、担任が強引に決めた。アイドルしか知らない私が初めて小椋さんに触れた」。

 ■若き日の苦悩、土台に
 喜寿の小椋さんが作った作品は膨大だ。デビューした27歳時点で日本勧業銀行(現・みずほフィナンシャルグループ)に勤め、49歳で退職するまで海外勤務や地方転勤もあった。テレビ出演やコンサートなど人前に姿を見せる機会は極めてまれ。今回の10位中6曲は、他の歌手のために書いた作品だった。
 多忙なエリートサラリーマン生活と創作活動、どう両立させたのか。小椋さんに聞いた。
 「シクラメン~」を作ったのは30歳ごろで、東京・赤坂支店の開設準備に奔走していた。「営業先のオランダ航空に鉢植えがあって、花の名前を教わった。ちょうど北原白秋全集を読んでいて『すがしい』『暮れ惑う』などはそこから拾い上げた」。半年後、歌手のための新曲2曲を頼まれ、うち1曲がこの“作り置き”だった。想定外の大ヒットは、出向中の米国の金融機関で知らされた。
 天賦の才能を思わせる逸話の後、小椋さんが続けた。「実は高2から神経がおかしくなって、自殺もよぎった」。人間が生きることにどんな意味があるのか。「底なし沼に入り込んだ」ような自問に、東大法学部に進んでからも縛られた。就職前に出た答えが「創造」的に生きること。生計を立てる仕事とは別の、歌作りにつながった。
 そうして表現した「詞」が聴き手の心をわしづかみにした。4位「俺たちの旅」は75~76年放送の中村雅俊さんが主演した同名ドラマの主題歌。「歌詞に引き込まれ、憧れ、早く大人になりたいと思った。高村光太郎やリルケの詩集を読んでいる気分だった」(京都、57歳女性)
 11位の「白い一日」は出だしの「♪真っ白な陶磁器を」が印象的で、71年のデビューアルバムに収録された。「学業に身が入らず下宿の4畳半でぼんやり過ごしていた学生時代、歌詞に影響されて白い小さな灰皿を買った」(群馬、67歳男性)
 小椋さんは「僕の作品が評価されているとしたら、それはうんと苦しかった青春時代の『言葉との格闘』のおかげです」。
     *
 その一方、全くイメージの違う曲も数多い。「うなぎのじゅもん」は、浜松銘菓「うなぎパイ」のCMソング。40代後半に第一勧業銀行浜松支店長に就任し、メーカーとの縁が生まれた。2005年、老若男女が楽しげに踊るCMが地元ローカル局で放送され、今も流れる。
 「あびこ市民の歌」もある。40年前、千葉県我孫子市が公募した歌詞に小椋さんが曲をつけた。長く市民に親しまれ、最近、地元高校生の署名活動が実を結び、JR我孫子駅の発車メロディーに採用された。
 今回の選択肢にはなかったが、テレビの子ども番組で人気を博した「オナカの大きな王子様」を挙げたのは群馬の女性(66)だ。「遊び疲れた孫を抱き背中をなでながらつい口ずさんでいます」。1987年から20年近く小中学生によるミュージカルをプロデュース。俳優の山崎育三郎さんも子役として出演した。
 魔術師のようなシンガー・ソングライター、小椋佳さん。コロナ禍で延期されたファイナル・コンサート・ツアーが11月から来年にかけて開催予定だ。(高橋美佐子)

 <調査の方法> 編集部作成のリスト35作品で8月下旬に実施。1463人が複数回答。以下、(11)白い一日(12)ただお前がいい(13)めまい(14)山河(15)木戸をあけて(16)六月の雨(17)大いなる旅路(18)逢うたびに君は(19)想い出して下さい(20)時。」(2021/09/18付「朝日新聞」b2より)

改めて、この記事によるベスト20は、このようだ。
①シクラメンのかほり(布施明)
②愛燦燦(美空ひばり)
③さらば青春*
④俺たちの旅(中村雅俊)
⑤夢芝居(梅沢富美男)
⑥揺れるまなざし
⑦愛しき日々(堀内孝雄)
⑧少しは私に愛を下さい(ここ)*
⑨しおさいの詩(ここ)*
⑩泣かせて(研ナオコ)
⑪白い一日(ここ
⑫ただお前がいい(中村雅俊)
⑬めまい
⑭山河(五木ひろし)(ここ
⑮木戸をあけて(ここ)*
⑯六月の雨(ここ)*
⑰大いなる旅路
⑱逢うたびに君は
⑲想い出して下さい
⑳時

上のベスト20は、編集部がリストアップした35曲から選んだらしいので、かなり限定的。しかし、気が付くのは、初めてのベストアルバム「彷徨」(ここ)から、5曲が選ばれているということ。(上記の*印)
「彷徨」という初期のアルバムが如何にモンスターだったか・・・

210918ogurahoukou wikiによると「彷徨」というアルバムは、「232週間にわたってBEST100入りし、ビートルズの『レット・イット・ビー』、『アビイ・ロード』に次ぐオリコンLPチャート史上歴代3位のロング・セラーとなった。発売元のポリドール発表によると、発売から5年間で100万枚を超える大ヒットとなっている。
本作は、黒版(黒レコード)の生産総合計第2位である(第1位は井上陽水の『氷の世界』)。どちらも多賀英典プロデューサーによる。」とある。

おっと話がそれた。代表作である「シクラメンのかほり」を挙げていないことに気付いた。
それで今日は改めて、布施明の「シクラメンのかほり」を!

<布施明の「シクラメンのかほり」>

「シクラメンのかほり」
  作詞・作曲:小椋 佳

真綿色した シクラメンほど
清しいものはない
出逢いの時の 君のようです
ためらいがちに かけた言葉に
驚いたように ふりむく君に
季節が頬をそめて 過ぎてゆきました

うす紅色の シクラメンほど
まぶしいものはない
恋する時の 君のようです
木もれ陽あびた 君を抱けば
淋しささえも おきざりにして
愛がいつのまにか 歩き始めました

疲れを知らない 子供のように
時が二人を 追い越してゆく
呼び戻すことが できるなら
僕は何を惜しむだろう

うす紫の シクラメンほど
淋しいものはない
後ろ姿の 君のようです
暮れ惑う街の 別れ道には
シクラメンのかほり むなしくゆれて
季節が知らん顔して 過ぎてゆきました

疲れを知らない 子供のように
時が二人を 追い越してゆく
呼び戻すことが できるなら
僕は何を惜しむだろう

上の記事で「営業先のオランダ航空に鉢植えがあって、花の名前を教わった。ちょうど北原白秋全集を読んでいて『すがしい』『暮れ惑う』などはそこから拾い上げた」というエピソードが面白い。

布施明は当時、この歌はストーリーがあるので、歌う場合は必ず全曲歌わせてくれ。と言っていたのを思い出したが、改めて歌詞を読むと、なるほど・・・と思う。(そもそも自分は、歌詞を理解しないで歌を聴くクセがあるので・・・)

作者の小椋佳の歌も聞いてみよう。

<小椋佳の「シクラメンのかほり」>


ソプラノ歌手が歌うとこうなる!!

<蒲原史子の「シクラメンのかほり」>


どうも抜け出せない、小椋佳の世界ではある。

*私事だが、先週からパソコンのキーボードとの相性が悪くて、右手が腱鞘炎になってしまった。(今日は何とか打てた!)
WIN10を使い始めるに当たり、使い慣れたdynabookの古いノートPCから、SYCOMのデスクトップに変えたのだが(ここ)、これに採用したキーボードが、やはり自分には合っていなかったようだ。
仕方なく、キーボードを打つ時は昔のdynabookを使う事にした。トホホ・・・

●メモ:カウント~1350万

| | コメント (0)

2021年9月 7日 (火)

家電品の「物損延長保証」で、送った製品が没収される!?

いやはや、延長保証でこんなルールがあるとは・・・。知らぬが仏とは言え、知らなかった!!

先日、SONYのウォークマンが故障した。SDカードの接触不良である。SDカードを抜き差しすると直るのだが、5年保証に入っている事を思い出し、修理に出すことにした。

そして、修理品を送ってから1週間。保証会社から電話がかかってきてこう言う。
・SONYに修理に出した所、液体混入による腐食があり、『修理不能』の判定だった。
・自然故障ではなく物損故障。よって限度額は4年目なので5950円。そこから免責金額を3000円引いて、残りが3000円未満なので支払額はゼロ。
・預かった製品は、当社で処分します。

つまり、動いてはいるので、接触不良だけ直して貰おうと製品を送ったら、直らないだけで無く、送った製品も“没収”されて「オシマイ」とのこと。
ン??

保証会社は「アルファバリュー」という会社(ここ)。規程に、こんなルールがあり、上の処理になるという。それで改めてHPや規程を見た。

入っていたのは「家電5年物損付延長保証」。HP(ここ)にはこうある。
家電5年物損付延長保証
家電5年物損付延長保証は、自然故障の保証に加え、偶然の落下・破損・水濡れ等の物理的故障にも対応した保証サービスです。

※自然故障:対象商品の取扱説明書および本体貼り付けラベル等の注意書きに従った正常な使用状態での故障
※物損故障:破損、落下、水濡れ、火災、落雷、雪災、風災等の事故による故障」

今回の故障は物損。
【物損について】
物損故障の場合、保証上限金額が経年にて上図のように低減していきます。
1回の修理費用が保証上限金額を超過する場合、もしくは修理不可と判断した場合は全損扱いとなり、補償金の支払をもって、修理に代えるものとします。ただし、1年目のみ、同品(新品)提供とさせていただく場合があります。補償金が支払われた場合や同品提供が行われた場合、本保証は終了となります。

【免責について】
自然故障において、無償修理や代替品提供が行われた場合の免責はございません。
物損故障において、全損扱いとされた場合は免責金3,000円(税込)を補償金より差し引いてお支払いたします。」

残りの2900円なにがしは、支払われるのかと思ったら、3000円未満なので支払わないという。根拠をたずねると、規程に書いてあるとのこと。

「第5条 (代替品)
・・・
3. 物損において、前項の代替品提供が困難な場合、又は、本サービスによる 1 回の修理見積価格が物損基本保証限度額または物損保証限度額を超過する場合や、修理が不可能な場合(メーカーによる部品供給不可等の理由を含むがこれに限りません。)は修理不能の損失保証として、加入者に対し所定の方法により補償金(以下「補償金」という。)が支払われるものとし、これをもって修理に代えるものとします。なお、補償金額は、4 条 2 項に定める保証限度額から免責として 3,000 円を差し引いた金額とし、補償金額が 3,000 円未満の場合、補償金の支払は行われません。ここ

なるほど、確かに3000円未満は支払わないと書いてある。しかし、HPにはそんな事は書いていない。(まあ都合の悪いことはHPに載せないのは通例だが・・・)

それでは、何で送った製品が戻らない??
これも規程に書いてあるとのこと。

「第7条 (サービスの依頼)
・・・
7. 保証修理を行う際に交換した部品および、第 5 条が適用され場合の修理依頼品の所有権は当社に移転するものとし、所有権の移転後は理由の如何にかかわらず、本サービス加入機器の返却義務を一切負わず、これを当社が任意に処分する事について、加入者は事前に同意するものとします。」だって。

210907alphavalue 修理を依頼したときに送られてきた「修理受付票 兼 同意書」にも、良く読んでみると書いてある。
「どちらの場合も、故障品(お預かりの付属品を含む)のご返却は行いません。同意いただけない場合は修理ができません。」だって・・・。

これもHPには書いていない。電話で修理依頼をしたときにも、話は出なかった。これも都合の悪いことは表に書かない、いつもの例。

まあウォークマンは小さいが、大きな製品となると、返却しても動作しないのなら不要。というユーザーも居るのだろうが、一律に「返却しない」というのは乱暴では?

改めて費用について勉強してみた。
SONYに直接修理を頼んだ場合、ウォークマンの修理費は、
「修理目安料金 14,300円(税込)以上
 ※製品拝見後、修理料金が上記金額を上回る場合は、お見積もりをご案内いたします」
とある。

アルファバリューに聞くと、SONYへの修理依頼は、特に前提条件なしに、修理依頼をしているとのこと。そして、自然故障の場合は、購入金額以下なのでOKだが、物損の場合は、4年目なので保証上限金額は購入の30%(約5,900円強)。
1年未満は100%保証なので修理が出来るが、1 年以上 2 年未満は50%(保証上限金額は約1万円<修理費14,300円以上)なので、1年を超えると保証上限金額を超えてしまう事が分かった。つまり2年以上の物損は全損扱い。
よって、今回の物損の5年保証は意味が無いことが分かった。

それにしても、SONYの対応も良く分からない。幾ら液体混入としても、部品を交換すれば直るはず。例え全部品交換としても・・・
でも判定は「修理不能」という門前払い。
「修理に**円かかるが、修理しますか?」という返答なら分かるが、不親切!?

たまたま今回は「接触不良があるが、まだ動いている製品を、付属品のSDカードを含め“没収”されるのはおかしい」と言って、製品だけは戻して貰うことにしたが、今後は物損の保証は付けないことにしよう。(電話をしてきた女性の対応は親切で良かったが・・・)
どうも原因は雨水の浸入のようだが、物損保証について、長期保証が意味の無いことがあり得ることと、直らない場合は送った修理品が戻らないことが分かり、良い勉強になった。

| | コメント (2)

2021年9月 5日 (日)

「わが心の人 半藤一利」~半藤末利子さんの話

先日、NHKラジオ深夜便で「【わが心の人 半藤一利】随筆家 半藤末利子」(2021/08/30放送)を聞いた。
半藤さんは、2021年1月12日に亡くなった。その妻、末利子さんの夫・半藤一利さんについての話である。

<わが心の人「半藤一利」~随筆家・半藤末利子>

90歳で亡くなった半藤さん。時に奥さまは85歳だったという。半藤さんとの、なれそめから旅立ちまでのお話。奥さまは漱石の孫として有名だが、出会いは、お互い疎開していた長岡で、兄の友人として出会ったとのこと。
その後、年ごろになって東京で再会したときに、半藤さんが一目惚れして、結婚に至ったとか。よって、いわゆる恋女房だったので、一生大事にして貰ったという。
家で死にたいと言っていた半藤さん。足を骨折してから弱くなり、下の世話は4日間だったとか。もしそれが続いたら、とても世話は出来なかったという。50代の時に母親を介護したときに比べると、85歳ではとても半藤さんを家で介護する体力は無くなっていたという。だから?亡くなっても泣かなかったという。
遺言は「『墨子』を読みなさい。2500年前の思想家だけど、あの時代に戦争をしてはいけない、と言ってるんだよ。偉いだろう」。(ここ

210905handou ちょうど、昨日(2021/09/04)の朝日新聞の朝刊に、半藤末利子さんの本の広告が載っていたことを思い出し、見返してみた。「硝子戸のうちそと」という本。2021年4月28日発行の本だという。半藤さんを見送った最期の515日の記録だという。ちょっと読んでみる気になり、通販でググったら、何と!どこも売り切れ。図書館でも、50人以上が予約している。

ふと、半藤さんの講演に行った時のことを思い出した(ここ)。思い出すと、それは2010年5月15日だった。当時、半藤さんは80歳。白内障の手術をして、片目に眼帯をされていた。

もう、あれから11年。でも、肉声を聞いた半藤さんの印象は大きい。
何とか近いうちに「硝子戸のうちそと」を手に入れて、半藤さんを偲ぼうと思った。

210905garasudo1 210905garasudo2

(関連記事)
半藤一利氏の講演会「憲法の二〇〇日」を聞く 

| | コメント (0)

« 2021年8月 | トップページ | 2021年10月 »