« 「日本の組織委員会は嘘をついた」猛暑下での五輪開催を米メディアが厳しく糾弾! | トップページ | 菅首相のドキュメンタリー映画「パンケーキを毒見する」を観た »

2021年7月29日 (木)

ホンダが海岸清掃

先日、こんな記事があった。

ホンダ特許技術、砂浜きれいに ゴミかき集め、農機具ヒントに開発

 ホンダが自社技術をいかした海岸清掃を続けている。バギーカーの走行実験を通じ、砂浜のゴミの多さに気づいたのがきっかけ。世界の環境技術を集めるプラットフォームにも登録し、素足で歩ける砂浜を残す活動の広がりも目指す。

210729honnda  ホンダの「ビーチクリーナー」は、ごみを集める器具や、牽引(けんいん)するバギー形の乗り物などを指す。2006年から使い始め、これまでに全国約200の砂浜で400回近い活動を展開。490トンのゴミを回収した。販売はせず、自社の環境保護活動で使っている。

 発端は99年から始めた全地形対応車の市場性を探る走行実験だ。バギーカーを走らせる砂浜でゴミの多さに気づき、試作部門も巻き込んで開発が動き出した。

 砂の中からゴミをかき出そうとした最初の試作機は、砂の抵抗で1メートルも動かせなかった。農機具にもヒントを得て改良し、熊手のようにゴミを集めながら引っ張れる器具を開発した。責任者の井上雅洋さんによると、技術者が分け隔てなく意見を出し合うホンダの文化が生きたという。

 ホンダは6月、ビーチクリーナー関連の28の特許技術について、国連の世界知的所有権機関(WIPO)のプラットフォームに登録した。環境関連の技術を結びつける「WIPOグリーン」と呼ばれるしくみだ。

 日本からは、パナソニックが薬を使わずに電気の力で水質を改善する技術を登録している。中国電力も、特定の波長の光を使い、発電所で海水を引き込む管に貝などがつかないようにする技術を登録。従来の手法である薬剤の使用を減らし海への負担を抑えられる。

 WIPOグリーンは日本知的財産協会の提案で、13年に生まれた。発案者の久慈直登専務理事は「特許を独占のためではなく、皆で使うツールとして活用してもらいたい」と話す。(神沢和敬)」(2021/07/27付「朝日新聞」p6より)

通常、企業は、生み出した技術から利益を創出し、次の技術開発に充てる。その回転で生き長らえる。しかしこの記事は、自社技術を自社のためにでは無く、広く社会の利益のために使っている。余裕の無い企業では、到底マネの出来ない活動である。

ホンダの「ビーチクリーナー」は、販売はせず、自社の環境保護活動で使っているという。販売している車を社会貢献に使うのは分かるが、開発した車を、売らずに社会のためだけに使う。ホンダという企業風土だから出来るのだろう。

海岸の清掃といえば、ハワイのワイキキビーチで、毎朝行っていた。ハワイに行ったとき、朝早くホテルのベランダから見下ろすと、特殊な車を使って、砂浜を掘り返し、ゴミを集めていた。
毎朝これをしないと、ハワイのきれいな砂浜が維持できないのだな、と感心した。

先日(2021/07/24)、NHKラジオ深夜便で、ホンダのF1のレーシングドライバーを務めていた中嶋悟さんの話を聞いた。メーカーは、趣味の世界のようなレーシングカーの開発により、新技術を開発して、実際の販売用の車に応用する。
しかし、時代は脱ガソリン車の時代。ホンダも、「将来のカーボンニュートラル実現に集中し取り組んでいくために、今回、F1への参戦を終了するという判断をしました。」として21年を最後にF1から撤退するという。
これは自然な動き。いつまでもガソリン車の開発にこだわってはいられない。

企業風土といえば、最近は三菱電機の不正検査問題が話題に挙がっている。数年前は東芝がやり玉に・・・
良くも悪くも企業風土は、簡単には変わらない。社会にマッチした企業風土なら、上の記事のような良い面も出るが、三菱電機や東芝の例は、100年を超える社歴が、逆の方向に行ってしまったらしい。
何でもそうだが、信頼を失うのは早いが、得るのは時間が掛かる。この両社の転落は、その会社を知っている者ならたぶん誰でも、「なるほどな」と納得してしまう。
つまりは、いつも臭っていた、ということ!?

永い目で見て、生き残る会社は、やはりホンダのような企業風土の会社だけだと良い??
ちょうど逆の例が、米巨大IT企業。
コロナ渦で、米巨大IT企業は最高の利益を挙げているという。合法的な方法で税金逃れをしているというGAFA。生み出した利益は6兆円。

それと比較すると、ホンダの海岸清掃は何とも可愛らしい!?
人間は生身。働きがいのあるのは、どんな企業風土の会社か?
もし孫たちが会社選びをする時が来たら、企業風土をよく調べるように、とアドバイスをしたいものである。

|

« 「日本の組織委員会は嘘をついた」猛暑下での五輪開催を米メディアが厳しく糾弾! | トップページ | 菅首相のドキュメンタリー映画「パンケーキを毒見する」を観た »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「日本の組織委員会は嘘をついた」猛暑下での五輪開催を米メディアが厳しく糾弾! | トップページ | 菅首相のドキュメンタリー映画「パンケーキを毒見する」を観た »