« カルチャーラジオ「老化を防ぐ最新医学」 | トップページ | 黒澤明監督の作品を全部見た~「七人の侍」と「用心棒」のテーマ »

2021年6月14日 (月)

小林亜星氏が亡くなった~「北の宿から」と「恋待草」

今日(2021/06/14)の夕方、「小林亜星さん死去」というニュースが流れた。

小林亜星さん死去 「北の宿から」「この木なんの木」
 「北の宿から」などの歌謡曲や「この木なんの木」「ガッチャマンの歌」といったCMソングや子供番組の主題歌など数々の音楽を手がけた作詞・作曲家で、「寺内貫太郎一家」など俳優としても知られる小林亜星(こばやし・あせい)さんが5月30日、心不全で死去した。88歳だった。通夜・葬儀は近親者で営んだ。

210614kobayashiasei  東京出身。慶応大学医学部から経済学部に転部して卒業。作曲家の服部正に師事し、テレビの成長期だった1961年、レナウンのCM「ワンサカ娘」を作曲して注目された。その後、日立製作所「日立の樹(この木なんの木)」やサントリー「人間みな兄弟~夜がくる」など、茶の間で親しまれたCMソングを数え切れないほど作曲した。

 また「狼(おおかみ)少年ケン」に始まり、「魔法使いサリー」「ひみつのアッコちゃん」「科学忍者隊ガッチャマン」などアニメの主題歌も数多く作曲。72年には「ピンポンパン体操」が200万枚を超えるヒットを記録した。76年には都はるみさんが歌った「北の宿から」で日本レコード大賞を獲得した。近年は、バイオリニストの天満敦子さんのために新作「旅人の詩(うた)」を書き下ろした。

 また、丸々と太った個性的な容姿を生かし、74年、向田邦子作のテレビドラマ「寺内貫太郎一家」で頑固一徹の父親を演じて人気を博した。2002年放送のNHK連続テレビ小説「さくら」ではヒロインの祖父役を務めた。「象印クイズ ヒントでピント」の男性軍キャプテンや「パッ!とさいでりあ」のCMなどテレビタレントとしても重宝された。

 98年には、自作のブリヂストンのCMソング「どこまでも行こう」に酷似した音楽を発表したとして、作曲家の服部克久さんを著作権侵害で提訴。03年に勝訴が確定した。」(2021/06/14付「朝日新聞」ここより)

超有名曲の「北の宿から」を当サイトに挙げたのが2011年11月16日(ここ)だった。
婚約時代にちょうどこの歌が流行っており、婚約者(カミさんのこと)がレコードを持っていて、お互い“理解し合えた!?”と思った事は前に書いた。(それが、とんだ勘違いだったことが、後で分かるが・・・) 

改めて、wikiで見ると、小林亜星は、CMやアニメソングの作品は非常に多いが、自分の好きな歌謡曲分野では、あまり作品が無いことに、改めて気付いた。
前にも挙げたが、改めて名曲「北の宿から」と、岩崎宏美の「恋待草」をwavで聞いてみよう。

<都はるみの「北の宿から」>

「北の宿から」
  作詞:阿久 悠  
  作曲:小林亜星
あなた変りはないですか
日毎寒さがつのります
着てはもらえぬセーターを
寒さこらえて編んでます
女ごころの未練でしょう
あなた恋しい北の宿

吹雪まじりに汽車の音
すすり泣くよにきこえます
お酒ならべてただひとり
涙唄など歌います
女ごころの未練でしょう
あなた恋しい北の宿

あなた死んでもいいですか
胸がしんしん泣いてます
窓にうつして寝化粧を
しても心は晴れません
女ごころの未練でしょう
あなた恋しい北の宿

 

<岩崎宏美の「恋待草」>

「恋待草」
 作詞:伊達 歩
 作曲:小林亜星

もしも私が 紫の
 春行く風に なれるなら
旅に迷うと 書き留めた
 あなたの胸に 忍びたい
もしもあたなが 月になり
 私の窓を 叩くなら
今宵紅(べに)さし 髪を解き
 この黒髪を 乱したい
あふれるほどの優しさで
 白き乳房を真紅(くれない)に
あふれるほどの恋(いと)しさで
 逢えますか 逢えますか
春は紫 恋は真紅(べに)

できるものなら 花になり
 草を枕の 旅人へ
紫草のひとしずく
 口に吸われて しまいたい
肩にこぼれた 黒髪を
 逢えれば束ね その腕に
二度と別離(わかれ)が ないように
 強くからめて つなぎたい
あふれるほどの優しさで
 白き乳房を真紅に
あふれるほどの恋しさで
 できますか できますか
春は紫 恋は真紅

ところで、小林亜星さんは、その風貌からか、ドラマにも良く出ていた。一方の肩書きが俳優なのだ。先日も、黒澤明の映画「まあだだよ」に出ていたのでビックリ。重厚な雰囲気の黒澤作品に、コミカルな亜星さんが・・・

それにしても、死因が心不全とは、あまりに良く聞く。倒れている所を発見されると、ほとんどが心不全で処理されるようだ。心臓が止まって倒れていれば、昔で言うポックリ病?
氏にどんな持病があったかは知らないが、心臓死は本人にとっては苦しむ時間が少なく、良かったのかも・・・
それにしても、先日亡くなった元の会社のFさんが亡くなったと、同じ日・・・。
またひとり、巨星墜つ。

(関連記事)
都はるみの「北の宿から」 
岩崎宏美の「恋待草」 

|

« カルチャーラジオ「老化を防ぐ最新医学」 | トップページ | 黒澤明監督の作品を全部見た~「七人の侍」と「用心棒」のテーマ »

コメント

向田邦子さんの正月ドラマが好きで、再放送を時々見ています。これらドラマのテーマ曲、BGMともいえる 亜星さん作曲の「過ぎ去りし日々」を今、2人を偲んでネットで聞いては昭和・戦後時代を思い出しています。

投稿: かうかう | 2021年6月16日 (水) 10:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カルチャーラジオ「老化を防ぐ最新医学」 | トップページ | 黒澤明監督の作品を全部見た~「七人の侍」と「用心棒」のテーマ »