« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »

2021年4月の8件の記事

2021年4月28日 (水)

中島みゆきの「春なのに」と「すずめ」

コロナ渦が一向に終息に向かっていない。今朝(2021/04/28)のTV朝日「グッド!モーニング」で、面白い紹介があった。
東京都では、午後8時以降消灯要請中で、東京駅も真っ暗だが、東京駅前のオリンピックのカウントダウンを示すモニュメントだけは、煌々と輝いて暗闇に浮き上がっているという。
国民の命と運動会。まったく日本は世界でも最低の国になってしまった・・・。

210428syoutou1 210428syoutou2 210428syoutou3

さて、本題。コロナの“春(終息)”はまだ来ないが・・・
中島みゆきは、たくさんの歌手に曲を提供しているが、研ナオコは別格として、柏原芳恵に提供された「春なのに」と、増田惠子に提供された「すずめ」の2曲が気になる。もちろん、提供された歌手の方が定番だが、作曲者自身による歌も、なかなか味がある。
先ずは定番の柏原芳恵盤から。

<柏原芳恵の「春なのに」>

この歌を作曲者・中島みゆきが歌うとこうなる。

<中島みゆきの「春なのに」>

「春なのに」
  作詞・作曲:中島みゆき

卒業だけが 理由でしょうか
会えなくなるねと 右手を出して
さみしくなるよ それだけですか
むこうで友だち 呼んでますね
流れる季節たちを 微笑みで
送りたいけれど
春なのに お別れですか
春なのに 涙がこぼれます
春なのに 春なのに
ため息 またひとつ

卒業しても 白い喫茶店
今までどおりに 会えますねと
君の話はなんだったのと
きかれるまでは 言う気でした
記念にください ボタンをひとつ
青い空に 捨てます
春なのに お別れですか
春なのに 涙がこぼれます
春なのに 春なのに
ため息 またひとつ

記念にください ボタンをひとつ
青い空に 捨てます
春なのに お別れですか
春なのに 涙がこぼれます
春なのに 春なのに
ため息 またひとつ

これも自分が好きな歌だが、中島みゆきの作品とは後で知った。増田惠子の歌った「すずめ」である。先ずは元歌の増田惠子盤から。

<増田惠子の「すずめ」>

同じく、作曲者・中島みゆきが歌うとこうなる。

<中島みゆきの「すずめ」>


「すずめ」
  作詞・作曲:中島みゆき

別れの話は 陽のあたる
テラスで紅茶を 飲みながら
あなたと私の 一日の
一頁を 読むように
別れの話を する時は
雨降る夜更けに 呼ばないで
あなたと私の 一生が
終わるように 響くから

時計の中に だれかがいるの
旅立つ支度の あなた
今なら汽車に 間に合うかしら
車を さがしてくるわ
雀 雀 私の心
あなたのそばを 離れたくない
なのに なのに ふざけるばかり
雀のように はしゃいでるばかり


あなたにもらった パステルの
私の似顔を 捨てたいわ
焼くのはあまりに つらいから
夜の海に 捨てたいわ

いつものように 手を振りながら
あなたの車が消える
ついでのように 見送りながら
私 いつか走りだす
雀 雀 私の心
あなたのそばを 離れられない
呼んで 呼んで 雀のように
あなたのあとを 追いかけてゆくの

雀 雀 私の心
あなたのそばを 離れられない
呼んで 呼んで 雀のように
あなたのあとを 追いかけてゆくの


ついでに、増田惠子の「すずめ~アコースティック・バージョン」も聞いてみようか。
<増田惠子の「すずめ~アコースティック・バージョン」>

編曲の違いだろうか、はてまた歌手の違いからか、だいぶん違って聞こえる。
でも、比較して楽しむのも一興!?

| | コメント (1)

2021年4月23日 (金)

「交通違反の反則金、振り込み可に」~多い一時停止違反

先日、こんな記事が目に止まった。

交通違反の反則金、振り込み可に 6月から秋田・島根で
 交通違反をした人が納める反則金について、警察庁は、ATMやネットバンキングによる振り込みでも納付できるようにする方針を決めた。現在は金融機関の窓口に出向いて現金で納めなければならず、利便性を高める狙いがある。

 警察庁は関係の道路交通法施行令などの改正案について24日から一般の意見を募ったあと、6月28日から秋田、島根両県警で先行的に実施する予定で、その後、他の地域への拡大を検討する。数年以内に、クレジットカードやコンビニ払いなどの導入をめざすという。

 比較的軽微な交通違反の場合、反則切符(青切符)を受け、国庫に入る反則金を納めれば刑事処分を科されない制度がある。警察庁の集計では、車両による違反の取り締まり件数は2019年に約571万件あり、96%の約549万件を反則制度で処理。一時停止や最高速度、携帯電話使用、通行禁止、信号無視などの違反が多い。納付率は毎年98%前後に達し、納付額は19年度で約502億円に上る。

 違反者は取り締まりを受けた際、警察官から青切符とともに納付書を渡される。これを日銀の歳入代理店である金融機関に持参し、現金で納めるのが今の仕組みだ。納付期限は最初の仮納付で違反の翌日から7日以内と短く、金融機関の窓口が開いている平日の日中しか対応できないため、不便との声もあるという。

 新たに始まる方法では納付書は使わず、ATMやネットによる振り込みの手続きの際、名前とともに、納付書に記載されている切符番号を入力し、県警の専用口座へ送る。取り締まりの際に警察官が、振込先の口座番号や注意点を記した紙を違反者に渡すという。

 現在は納付手数料はかからないが、振り込みで生じる手数料は納付者に負担してもらう。

 今回の取り組みは、政府が進める行政手続きのデジタル化の一環。警察庁は今後、電子収納サービス「ペイジー」やクレジットカード、コンビニの窓口での納付を検討していく。こうした方法の導入には、納付記録と違反記録を照合するためのシステムなどを整備する必要があるという。

 反則金とは別に、駐車違反をした車の所有者に科す放置違反金では、一部の都府県でコンビニやペイジーによる納付ができるようになっている。(編集委員・吉田伸八)」(2021/04/23付「朝日新聞」ここより)

この記事で気になったのが、
「車両による違反の取り締まり件数は2019年に約571万件あり、96%の約549万件を反則制度で処理。・・・納付率は毎年98%前後に達し、納付額は19年度で約502億円に上る。」
という所。

交通違反の摘発数は、年間500万件規模。そして違反金の納付率は98%で、納付額は502億円だという。平均1万円!?
日本にあるクルマの台数は 7,662万台だというから、年に7.5%の車が違反し、7.2%の車が反則切符を切られていることになる。 

自分も20年ほど前にスピード違反で、10数程前に右折禁止で切符を切られたことがある。
でも、一番身近なのは一時停止違反。まあ速度違反が日常として・・・
これも10年以上前にカミさんが捕まった。小さな駅前の横断歩道の前の一時停止。それを遠くから白バイが見ていて、ちゃんと止まっていない車があると、駆け付けてくる。
それ以来、そこを通る度に、イヤミでちゃんと止まり、白バイを止めてこっちを見ているかどうかを“監視”している。最近は白バイをあまり見掛けないが、キチンと止まっている車が多い。つまり、たぶん他も車もここで捕まったのだろう!?

この一時停止のルールが気にくわない。白線の所で止まっても、左右が見えない。ルールでは、左右が見えなくても白線の前で止まって、それから左右が見える所までソロソロと進んで、左右を確認して進むのだそうだ。

Netでググると、こんな記事があった。

一時停止とは?正しい知識と違反したときの罰則について解説!
   最高速度違反に次いで違反数が多い「一時不停止」

210423koutuuihan 一時停止の道路標識や路面標示は、事故が発生しやすい信号機のない交差点や見通しの悪い路地や合流に設置されています。運転していると見逃してしまうこともありますが、一時不停止は大きな事故につながる可能性があります。上のグラフは、平成30年警察白書の「違反種別ごとの交通違反取締り状況(平成28年及び29年)」を元にしたもので、一時不停止の取締件数は平成28年が1,330,089件、平成29年が1,327,461件と、最高速度違反に次いで2番目に多いことがわります。

さらに警察庁交通局が発表している「平成30年中の交通事故の発生状況」の「法令違反別の状況 原付以上運転者(第1当事者)の法令違反別交通事故件数の推移」の統計データによれば、平成29年に一時不停止が原因で起きた事故は17,990件にのぼります。ちなみに平成30年は16,400件です。この数値は、信号無視(平成29年13,590件/平成30年12,495件)や通行区分(平成29年3,509件/平成30年3,163)、最高速度(平成29年547年/平成30年400件)など、ほかの交通違反と比べても非常に多くなっています。このように一時不停止は、重大事故につながる可能性が高く、摘発件数も多くなっています。

一時停止の定義
道路交通法 第四十三条
(指定場所における一時停止)
車両等は、交通整理が行なわれていない交差点又はその手前の直近において、道路標識等により一時停止すべきことが指定されているときは、道路標識等による停止線の直前(道路標識等による停止線が設けられていない場合にあっては、交差点の直前)で一時停止しなければならない。この場合において、当該車両等は、第三十六条第二項の規定に該当する場合のほか、交差道路を通行する車両等の進行妨害をしてはならない。』

一時停止する位置
一時停止の位置は、「道路標識等による停止線がある場合はその直前、道路標識等による停止線が設けられていない場合にあっては、交差点の直前」になります。停止線を超えてしまったり、タイヤで踏んでしまったりした場合は、一時停止と認められません。また、ゆっくり進み、完全に停止していない場合も一時停止にならないので注意してください。このような場合は、取締りの対象になります。

停止時間
停止時間については厳密な決まりはありませんが、安全確認のために一時停止するので1秒未満では短すぎます。完全に停止して、左右と前方の安全確認をしてから発進するには、数秒間は必要だと思われます。」(抜粋ここより)

やはり一時停止違反は多かった。
しかし、例えば高速道路から降りて一般道に入るときなどは、一旦停止の表示が無い所がある。しかしそれが一般道の場合は、まず一時停止表示がある。
同じだと思うが、一旦停止をしないといけない。

前は、止まった。止まっていない。と警官との間で論争した猛者も居たと聞くが、今はドライブレコーダーの時代。それは無いのだろう。
ともあれ、ドライブ旅行先での交通違反は、ドッチラケの冴えたる物。
しかし、それも遠い思い出。コロナが何とも制御出来ていない。

日刊ゲンダイにこんな記事があった。
無為無策で場当たり的コロナ対策に芸能界から怒りの大合唱
・・・
■麻木久仁子「必死さがまるで無い」
 一方、タレントの麻木久仁子(58)は、五輪組織委員会の橋本聖子会長らの「(五輪参加選手に対して)原則的には毎日検査をしていく方向になろうかと思います」という発言に「ではなぜ、国民の安全を守るために同じことをしないのか」とツイッターに投稿。「コロナを封じ込め選手の安全を守る。その意味で橋本会長は正しい。ではなぜ、国民の安全を守るために同じことをしないのか。政府は説明するべきです。何をすべきかわかってるのに、それを国民に対してはやらないってことですから。怒りを禁じ得ない」と猛批判した。
 別の投稿では、「まともな検査体制も治療体制もワクチン接種体制も、未だに無い。五輪主催は一義的に東京都です。主催都市なのに、必死さがまるで無い」「政府に責任押し付ければいいと、都知事は思ってるんだろうか」と都の対応にも怒りを爆発させている。」(2021/04/23付「日刊ゲンダイ」ここより)

おっと、話がそれた。

早く「一旦停止で捕まっちゃったよ」ナンテ言う話をしたいものである。(もちろん自分は聞く方だが!!)

| | コメント (0)

2021年4月21日 (水)

中島みゆきの「地上の星」と「ヘッドライト・テールライト」

NHK BSプレミアムと、BS4Kで、「プロジェクトX」の“4Kリストア版”での再放送が始まっている(ここ)。

この「プロジェクトX」のオープニングに流れる曲が、中島みゆきの「地上の星」である。

<中島みゆきの「地上の星」>

「地上の星」
  作詞・作曲:中島みゆき

風の中のすばる
砂の中の銀河
みんな何処へ行った 見送られることもなく
草原のペガサス
街角のヴィーナス
みんな何処へ行った 見守られることもなく

地上にある星を誰も覚えていない
人は空ばかり見てる

つばめよ高い空から教えてよ 地上の星を
つばめよ地上の星は今 何処にあるのだろう

崖の上のジュピター
水底のシリウス
みんな何処へ行った 見守られることもなく

名立たるものを追って 輝くものを追って
人は氷ばかり掴む

つばめよ高い空から教えてよ 地上の星を
つばめよ地上の星は今 何処にあるのだろう

名立たるものを追って 輝くものを追って
人は氷ばかり掴む

風の中のすばる
砂の中の銀河
みんな何処へ行った 見送られることもなく

つばめよ高い空から教えてよ 地上の星を
つばめよ地上の星は今 何処にあるのだろう

この歌は、2002年の紅白歌合戦で、黒部川第四発電所地下道からの生中継が印象的だった。2番の歌詞を間違えながらの熱唱。トンネルという悪環境で、よくあれだけの高音質で録れたものだと感心した。

<中島みゆきの「地上の星」~2002年紅白歌合戦より>

210421projectx 言うまでも無く「プロジェクトX~挑戦者たち~」は、NHK総合テレビで2000年3月28日から2005年12月28日まで放映されたドキュメンタリー番組。全放送作品は191本だという。

今回の再放送は、2021/03/30の「巨大台風から日本を守れ」から「友の死を越えて~青函トンネル24年の大工事~」「東京タワー・恋人たちの戦い」「執念が生んだ新幹線」「えりも岬に春を呼べ」の順。

実は、この番組は、自分は当時ほとんど見ていない。もちろん番組は知っていて、何度か見たが、止めてしまった。理由は“臭い”。
「東京タワー・恋人たちの戦い」のように、職人の恋・結婚にわざわざ結び付け、見ていて、感動どころか、イヤミ、くさみを感じ、ヤラセのような気がして見ていられなかった。特にナレーターがわざとらしく大袈裟で、自分にはフィットしなかった。

「AV Watchi」には、こんな記事があった。
NHK「プロジェクトX 挑戦者たち」4Kで復活。4月より毎週火曜放送
NHKは、2000年から2005年まで放送され大きな反響を呼んだ「プロジェクトX 挑戦者たち」の4Kリストア版を4月から放送する。毎週火曜夜9時から、BSプレミアムとBS4Kの同時放送。
10日に行なわれた、放送総局長定例記者会見、および2021年度の国内放送番組編成計画で発表されたもの。
同計画では、新時代へのチャレンジとして、波中心の編成からジャンル別にコンテンツを管理し、重複する番組の整理・削減を実施することを明記。高品質なコンテンツを合理的なコストで届け、放送・サービスの価値を最大化させる、としている。なお、BS4KとBSプレミアムは番組編成の一体化を進め、同時放送枠の拡充に取り組むという。」(2021/2/12付「AV Watchi」ここより)

一方でNHK特集の再放送も始まった(毎(火)18:20~)。しかしこちらは4Kリストア版とは記されていない。4Kリストア版の「プロジェクトX」と比べてみると、明らかに画質が違う。過去のNHK特集の再放送も、ぜひ高画質で再現してほしいもの。そしてぜひ長く続けてほしいものだ。自分は、NHK特集が大好きだったので・・・

最後に同じく「プロジェクトX」のエンディングテーマである、中島みゆきの「ヘッドライト・テールライト」も聞いてみよう。この歌も、しみじみとした良い曲である。

<中島みゆきの「ヘッドライト・テールライト」>

「ヘッドライト・テールライト」
  作詞・作曲:中島みゆき

語り継ぐ 人もなく ふきすさぶ風の中へ
紛れ散らばる 星の名は 忘れられても
ヘッドライト テールライト 旅はまだ終わらない
ヘッドライト テールライト 旅はまだ終わらない

足跡は 降る雨と 降る時の中へ消えて
称える歌は 英雄のために過ぎても
ヘッドライト テールライト 旅はまだ終わらない
ヘッドライト テールライト 旅はまだ終わらない

行く先を 照らすのは まだ咲かぬ 見果てぬ夢
はるか後ろを照らすのは あどけない夢
ヘッドライト テールライト 旅はまだ終わらない
ヘッドライト テールライト 旅はまだ終わらない

ヘッドライト テールライト 旅はまだ終わらない
ヘッドライト テールライト 旅はまだ終わらない

(関連記事)
中島みゆきの「時代」 

| | コメント (0)

2021年4月17日 (土)

立川GREEN SPRINGS(グリーンスプリングス)に行く

昨日、立川で「みみをすますように 酒井駒子」展(ここ)が開催中だというので、昨日行ってみた。会場は、PLAY! MUSEUM。

PLAY! MUSEUMは、GREEN SPRINGS(グリーンスプリングス)(ここ)の中にあった。
行ってみると、昭和記念公園の東側、IKEAの側に位置していた。駐車場は180台。これが何とも不思議な建物で、1Fが駐車場と東側がレストラン街。2階が緑の公園とレストラン等の店、そして2400人収容のホールと、ホテルがあるという。
いわゆる箱形のショッピングモールとは、ちょっと違う趣(おもむき)。この地域で工事をしていたのは、以前IKEAからモノレールの線路に沿って歩いたときに知っていたが、ちょうど1年前の2020年4月10日に開業したとのこと。知らなかった。

21041701 21041703 21041704

21041702 展覧会は10時開館だが、結構人は入っていた。(自分はあまり興味が無いので入らなかったが・・・)平日なので、もちろん客は女性ばかり。カミさんに言わせると、最も好きな絵本作家だそうだ。
2階の広い緑のスペースには、地上の各方向からエスカレーターでつないでいる。その緑の公園がなかなか凝っている。池には魚。東屋にはソファー!? おばさんが2人で雑談に興じている。散歩しているのはヤンママが乳母車で。

ホテルの最上階には、60mの立川市街を見渡せるインフィニティプールがあるという。そしてホールに続く大きな階段の横には、階段状の瀧。なかなか凝っている。

インフォメーションで貰った地図を見ると、店はまだ半分ほどしか入っていないようだ。
駐車場代が少々高い。2000円以上で1時間、5千円以上で2時間無料だそうだ。
たまに行く、ららぽーと立川は、平日は駐車料金は無料なので、ちょっと行きづらい。

21041705 21041706 21041707

ともあれ、立川は、駅の北側の開発が盛ん。でもそろそろ一段落かな・・・
最近、デパートなど、立川に行く機会が多いので、にぎやかになるのは結構なこと。
我が家周辺と違って、羨ましい立川の開発である。

| | コメント (2)

2021年4月14日 (水)

水村美苗の「続 明暗」を読む

先日、「夏目漱石の長編を全部読んだ」(ここ)という記事を書いた。
210414zokumeian0 そこで、KeiichiKodaさんからのコメントで、水村美苗の「続 明暗」という続編が存在する事を知った。今日はその感想である。

ひと言で言って、漱石の「明暗」よりも水村版の「続 明暗」の方がよっぽど面白かった。それは筆者が「あとがき」で書いている事からも、“面白さ”は筆者の意志だったことが分かる。「あとがき」にこうある。

「『続明暗』を読むうちに、それが漱石であるうとなかろうとどうでもよくなってしまう――そこまで読者をもって行くこと、それがこの小説を書くうえにおいての至上命令であった。その時は『明暗』を書いたのが漱石であること自体、どうでもよくなってしまう時でもある。だが漱石の小説を続ける私は漱石ではない。漱石ではないどころか何者でもない。『続明暗』を手にした読者は皆それを知っている。興味と不信感と反発の中で『続明暗』を読み始めるその読者を、作者が漱石であろうとなかろうとどうでもよくなるところまでもって行くには。よほど面白くなければならない。私は『続明暗』が『明暗』に比べてより「面白い読み物」になるように試みたのである。
 ゆえに漱石と意図的にたがえたことがいくつかある。まず『続明暗』では漱石のふつうの小説より筋の展開というものを劇的にしようとした。筋の展開というものは読者をひっぱる力を一番もつ。次に段落を多くした。これは現代の読者の好みに合わせたものである。さらに心理描写を少なくした。これは私自身『明暗』を読んで少し煩雑すぎると思ったことによる。語り手が物語の流れからそれ、文明や人生について諧謔をまじえて考察するという、漱石特有の小説法も差し控えた。これは私の力では上手く入れられそうにもなかったからである。もちろん漱石の小説を特徴づける、大団円にいたっての物語の破綻は真似しようとは思わなかった。漱石の破綻は書き手が漱石だから意味をもつのであり、私の破綻には意味がない。反対に私は、漱石の資質からいっても体力からいっても不可能だったかもしれない、破綻のない結末を与えようとした。」(ちくま文庫「続明暗」p413より)

これを読むと、筆者の漱石評と自分とは、そう違っていないように思う。前にも書いたが、漱石の小説は決して面白くないのである。どうでもよい遊びが多い。それでも新聞小説! 次を読みたいと読者をワクワクさせたかどうか、自分には疑問である。

この「続明暗」を読み始めて、自分がその世界に入ってしまったことは筆者の思惑通り。
やはり、テーマは、結婚するはずの女に逃げられてしまった男の「何故だろう?」。でも、そもそも男がそれを理解出来たら、決して逃げられる事は無かっただろう。それは現在でも同じこと。

同じく「あとがき」を読むと、この小説は、1988年6月から1990年4月まで『季刊思潮』(思潮社)に掲載され,1990年9月に筑摩書房から単行本として出版されたという。

氏にとって、この小説は最初の作品だというから驚く。
氏は“続明暗を書きたいと言っただけで興味を持ってくれ、書き始めたとたんに「季刊思潮」という連載の場を提供してくれた”と言っている。
そして「今思えば、私は連載という形をとらせてもらえなければ、「続明暗」を書き終えるのはもちろんのこと、作家にもなれなかった。」と書いている。
幾らプロとは言え、筑摩書房の“人を見る目の確かさ”に脱帽である。

ネットで「続明暗」をググっていたら、出版当時であろう新聞記事が見つかった。(ここ)から拝借して挙げておく。出版当時の評として貴重である。1990年10月30日付け「長崎新聞」と2014年8月朝日新聞夕刊「人生の贈りもの」の記事との事である。
このblogの高度な論に敬意を表する。

210414zokumeian1 210414zokumeian2

ともあれ、この本を教えてくれたKeiichiKodaさんに感謝。

| | コメント (0)

2021年4月11日 (日)

中島みゆきの「時代」

先週の朝日新聞に中島みゆきの記事があった。

(今こそ!聴きたい)中島みゆき 「時代」を歌って時代を超えた
 「時代はまわる」「時代はめぐる」。46年前にこう歌ったときから、この人が「時代」を超えて活躍することは決定づけられていたのかも知れません。この歌から「宙船(そらふね)」まで上位10曲を見ても、発表年時はバラバラ。“シンガー・ソングライター中島みゆき”の息の長さに感服する結果となりました。

210411nakajimamiyuki  「時代」が披露されたのは、1975年10月、静岡県掛川市で開催された第10回ポピュラーソングコンテスト(ポプコン)つま恋本選会の舞台。すでに「アザミ嬢のララバイ」でレコードデビューしていた中島みゆきさんの勝負曲だった。

 この大会と続く第6回世界歌謡祭でグランプリを受賞し、12月にはセカンドシングルとして発売された。当時、中高生だった「アラ還」世代の記憶にも、その衝撃は刻み込まれている。

 「中3の時に聴いて感動。洋楽ばかり聴いていたが、まさに日本人の歌と感じた」(広島、60歳男性)、「初めて聴いた時の感動は忘れられない。スケール感と世界観はそれまでの女性シンガーにないものだった」(東京、60歳女性)。

 涙もかれ果てるほどの悲しい経験を積み重ねると、歌のメッセージはより切実に響く。

 「中学生の時は歌詞の意味がよくわかっていなかったが、大病をした3年前から口ずさむように。再発しても治療し、前向きに生きていこうと背中をドンと押してくれる」(愛知、58歳女性)、「病気がちだった母がこれを聴き、『あんな時代もあったね』と言える時が来たらいいねと口にしたことが忘れられない。あまり幸多い人生ではなかったかもしれない母を励ましてくれた歌だった」(東京、59歳男性)、「母の介護をしている時期に父を突然亡くし、涙にくれていた私を支えてくれた」(神奈川、67歳女性)。

 卒業式の定番曲にもなっているだけに、若い世代にも届く。

 「中学時代に合唱をした。いい曲はどういう形で表現してもいいものです」(千葉、45歳男性)、「『今日は別れた恋人たちも生まれ変わってめぐりあうよ』という歌詞が特に好き。単に別れはつらいけど前を向こうと言われるより、あたたかさを感じる」(京都、25歳女性)。
     *
 東日本大震災の被災者に聴きたい曲を募ると必ず挙がる一曲に数えられるなど、困難なときほど聴きたくなる曲とも言えそうだ。だとすれば――。

 「コロナ禍の今聴いても胸にしみる。いつか、今の世の中を穏やかな気持ちで振り返ることのできる日が来るだろうか」(神奈川、56歳女性)

 中島さんは、77年「わかれうた」(アンケート7位)、81年「悪女」(5位)、94年「空と君のあいだに」(6位)など、四つの年代でヒットチャート1位を獲得した唯一のソロ・アーティストとして知られる。読者アンケート2位は、2003年に頂点に立った「地上の星」だ。名もなき企業戦士らに光をあてたNHK「プロジェクトX 挑戦者たち」の主題歌として、70代以上にも支持された。

 「現役時代、『プロジェクトX』を欠かさず見ていたので、テーマ曲も心に焼き付いた。それ以来、彼女の歌声が好きになった」(大阪、82歳男性)、「紅白歌合戦で黒部ダムから中継で歌ったシーンは忘れがたい」(宮城、82歳男性)、「『『三百六十五歩のマーチ』と同じように元気になる」(山形、71歳男性)。

 3位「糸」は元々、1992年のアルバム収録曲だ。98年にドラマ主題歌としてシングルカットされ、21世紀になって複数の企業がCMに起用し、他の歌手にカバーされて浸透した。

 「『糸』はここ3、4年の曲だと思っていた。この歌がかかると聴き入ってしまう」(長野、57歳女性)、「いろんな人に歌われているのはうれしいが、やっぱりみゆきさんの歌声が一番」(鳥取、56歳女性)。

 最近は結婚式やカラオケの定番ソングとしておなじみだ。

 「娘が自分の結婚式でピアノで弾き語りをした。涙が止まらなかった」(埼玉、65歳男性)、「結婚式で新婦の父の歌によって曲を知った。コロナ前、最後にカラオケで歌った曲になった」(香川、52歳男性)。

 中島さんは他のアーティストへの提供曲もヒットさせてきた。アンケートでも、9~11位などに選ばれている。

 「柏原芳恵さんが歌った『春なのに』を聴くと、今でも涙がこぼれます。あの時、この歌のように別れた彼と、もうじき再婚します。40年近い時を経て……」(福岡、56歳女性)

 ■「倒れた旅人」にエール
 「時代」が発売された1975年12月、もう1人の女性シンガー・ソングライターの人気が沸騰していた。「荒井由実」だったユーミンの「あの日にかえりたい」が、ヒットチャートで1位を獲得したのだ。

 フォークソングやニューミュージックのアーティストについての著書も多い音楽評論家田家(たけ)秀樹さん(74)が振り返る。

 「75年といえば、国連が初めて国際婦人年を宣言した年です。本人たちは意識していないでしょうが、僕の中では女性シンガー2人が脚光を浴びたこととシンクロしている」

 誰も歌にしてこなかった「少女の感受性」を歌ったユーミンに対し、中島さんはデビュー曲「アザミ嬢のララバイ」で観音菩薩(ぼさつ)に近いような母性を感じさせた。どちらも、女性でしか歌い得ない歌だった。そして「時代」。「女性の時代に女性が『時代』という大きなテーマを正面切って歌うようになったと感慨深かった」と田家さん。

 「時代」のテーマは「倒れた旅人たちと、別れた恋人たちの救済と転生」。その後に発表された全ての作品を予告するテーマでもあったと、田家さんはみる。あえていえば、初期の「わかれうた」「悪女」は「別れた恋人」に寄り添い、90年代以降の「空と君のあいだに」や「地上の星」は「旅人」にエールを送る作品かもしれない。
     *
 デビューから46年。昨年は「ラスト」と銘打って1月に始まった全国ツアーが新型コロナの影響で中止となり、引退の懸念が一部で報道された。だが、ツアーにライターとして同行した田家さんは首を横に振る。「表現したいことが山ほどある人。ツアーは難しくても歌い続けるはずですよ」(坂本哲史)

 <調査の方法> 2月下旬に実施、1592人が複数回答した。」(2021/04/03付「朝日新聞」b2より)

<読者のランキング~中島みゆきベスト20>
①時代(1975年)
②地上の星(2000年)
③糸(1992年)
④ファイト!(1983年)
⑤悪女(1981年)
⑥空と君のあいだに(1994年)
⑦わかれうた(1977年)
⑧ヘッドライト・テールライト(2000年)
⑨かもめはかもめ(研ナオコ、1978年)
⑩宙船(TOKIO、2006年)
⑪春なのに
⑫ひとり上手
⑬この空を飛べたら
⑭銀の龍の背に乗って
⑭麦の唄
⑯あばよ
⑰アザミ嬢のララバイ
⑱しあわせ芝居
⑲化粧
⑳世情

自分も中島みゆきは好きで、当サイトにも10曲ほど挙げているが、何とこの読者のベスト20には一曲も入っていない。つまりは、それほど中島みゆきの世界が広いということだろう。
今日は、読者の選んだベスト1に敬意を表して「時代」を挙げる。

wikiには「時代」についてこうある。
「1975年10月の「第10回ポピュラーソング・コンテスト」に「傷ついた翼」から急遽差し替えた「時代」によってグランプリを受賞し、11月の第6回世界歌謡祭でもグランプリを受賞した。「時代」は12月に2作目のシングルとして発売。」

先ずは1975年12月21日発売のシングル録音から。

<中島みゆきの「時代」~シングル>

自身の演奏によるギターバージョンもある。アルバム「私の声が聞こえますか」に収録。
<中島みゆきの「時代」~ギターバージョン>

そして、アルバム「時代-Time goes around-」などに収録されている「第6回世界歌謡祭」のライブ音源が冒頭にあるもの。wikiによると「司会(曲紹介)は坂本九とジュディ・オング。「Time goes around」は「時代」を英訳したタイトルでジュディ・オングがつけたものと、中島みゆきは深夜ラジオの中で話している。」とのこと。なお、ライブ音源の後の曲は、「大吟醸」などに収録されている音源である。

<中島みゆきの「時代」~アルバム「時代」>


「時代」
作詞・作曲:中島みゆき

今はこんなに悲しくて 涙も枯れ果てて
もう二度と笑顔にはなれそうもないけど

そんな時代もあったねと
いつか話せる日が来るわ
あんな時代もあったねと
きっと笑って話せるわ
だから今日はくよくよしないで
今日の風に吹かれましょう

まわるまわるよ時代は回る
喜び悲しみくり返し
今日は別れた恋人たちも
生まれ変わってめぐり逢うよ

旅を続ける人々は
いつか故郷に出逢う日を
たとえ今夜は倒れても
きっと信じてドアを出る
たとえ今日は果てしもなく
冷たい雨が降っていても

めぐるめぐるよ時代は巡る
別れと出逢いをくり返し
今日は倒れた旅人たちも
生まれ変わって歩きだすよ

まわるまわるよ時代は回る
別れと出逢いをくり返し
今日は倒れた旅人たちも
生まれ変わって歩きだすよ

今日は倒れた旅人たちも
生まれ変わって歩きだすよ

3位の「糸」。これがどうも自分にはフィットしない。
数年前、ある友人宅に遊びに行ったとき、「糸」というCDをかけて聞かされた。「どうだ良いだろう!」と。でも・・・

まあ世の中でどう評価されようと、自分の感性(特に旋律)にフィットしない曲は仕方が無い。
そうは言っても中島みゆきも69歳になるという。まだまだ活躍してほしいアーチストである。

| | コメント (1)

2021年4月 5日 (月)

ワクチン接種の予約に討ち死にした日

今日から、当八王子市で始まった4月の新型コロナワクチン接種の予約。やはり甘くなかった。見事に敗退してしまったのだ。
210405vaccine1 先日「新型コロナのワクチン接種クーポン券が来た」(ここ)という記事を書いた。4月5日の9時から予約開始だという。
この日を手ぐすね引いて待っていた。最初に夫婦で打つぞ!!!と。

そして4月5日の今日、スマホ2台とPC1台で、チャレンジ。スマホの再読み込みをしながら9時を待った。9時2分前頃になると、リロードの時間が遅くなった。そして、9時になると同時にエラー表示。サイトにつながらない。
PCもスマホもリロードを繰り返す。やっと画面が出た。通知されてきた個人の予約受付番号と生年月日を記入して「ログオン」。この先がまたつながらない。何度も何度もリロードして、うまくすると、次の画面が出る、会場と日時を指定する画面。今回は会場は決まっているので、日時の画面をクリック。そしてまたエラー。これも何度も繰り返して、うまくすると次の月別のカレンダーが表示される。計8日だが19日と26日が×になっていない。19日を選んで、クリック。またつながらずエラー。そのうち、また最初のログインの画面に戻ってしまう。仕方なく、また番号を入れてログイン。

一番先まで行ったのは、日にちを選んで、時間を指定する所まで。時間を指定してクリックしても、またつながらずエラー。
次に出て来た別のスマホでは19日は埋まっていた。それで26日のまだ〇の時間を指定したが、何度かリロードした後に出て来た画面では、時間を選べという画面なのに、時間が全て×。もちろんカレンダーの日にちも全て×。

210405vaccine2 戦闘すること20分。9時20分には終わってしまった。八王子の1900人、12%の人は予約出来たわけだが、希望者ははるかに多かったということ。

カミさんに、友人からメールが来た。その友人も、PC、スマホ、それに電話も総動員してチャレンジしたが、もちろん電話も全くつながらず、「骨折り損のくたびれ儲け」だったと書いていた。

ふと、人気歌手のチケットを思い出した。Web予約も電話予約も、発売と同時にわっと押し寄せて、本当に運の良い人だけチケットを買える。それと同じ。運の良い人だけしか取れない。それで代行業者の存在がある。数千円から数万円の手数料を取って、チケット予約の代行をする。その方法が各業者のノウハウなのだろう。
ことによると、コロナワクチンの予約も、そんな方法でしか取れないのかも・・・

数日前にカミさんの友人の、ある市立病院の医者をしている娘さんの話として、ワクチン接種の話は一切無い。それよりも、業績悪化でクビを切られる可能性の心配をしていたという。
接種の優先順位は、「医療従事者」→「高齢者」→「基礎疾患を有する人」・・・の順だという。しかし、医者の世界でも、まだ何の話も無いという。これが現状。

210406asahi 八王子の場合、先日のチケットの手紙に、5月以降も日にちと接種場所の予定表が付いていた。この実施も危ない。
政府は、たった1%の接種で「始めました!」感をPRし、その後の保証は無い。(左の写真は、2021年4月6日付「朝日新聞」p23多摩版より)

イスラエルや台湾など、政府の率先的な対応に対して、あまりに無能な日本の政府。
本当に日本は、世界から取り残されて崩壊するのではないかと、真に心配である。
お疲れさまでした・・・

(2021/04/10追)
2021/04/10のフジTV「めざましどようび」によると、先行接種予定の医療従事者への接種率は、全国では2021/04/09時点で23%、東京都では2021/04/08時点で16%だという。これでは、高齢者まで回ってくるはずが無い。政府は、”やっている感”のPRが重要なのだろう。
210410vaccine1 210410vaccine2

(2021/04/12追)19時のNHKニュースより
210412corona1 210412corona2

ネットでつながるわけ無いか・・・!!

| | コメント (5)

2021年4月 1日 (木)

とうとうSycomのPCを買ってしまった

とうとうPCを買ってしまった。今日はその備忘録である。
ここ十数年、自分が使うPCは、買っては人にやり、また買っては人にあげて、失敗続きだった。それが、この頃、Netサーフィンが遅くなった気がしたのと、モバイルディスプレイという存在を知ったことで、ちょっとやる気になった。交換の・・・

何度も書いているが、自分のPCへのこだわりは半端ではない。現役の時に会社で使っていたDynabook Satellite K11 という2006年のノートPC。このキーボードが柔らかく、強く叩いても少し沈む。配置も含めて完全にこれに慣れてしまった。天下りが終わって、3社目の会社に移った時も、このPCを持参した。WIN XPからWIN7に替わり、そしてWIN10。当然自宅でも使うので、予備用として買った中古品が、K11が5台。そして、より高性能を求めて上位機種のK16が4台。HDDをSSDに換装しながら使ってきたが、丈夫そのもの。現在でも9台全てが動いている。その丈夫さは、さすがプロ用仕様。

さて、高性能のK16・SSD化のPCだが、ファンの音がうるさい。K11は低性能なので、CPUからの熱が少ないのだろう。少しは静か。それに、画面は美しくない。法人用なので仕方が無い。
カミさん使っている2年前に買った居間のDELLのデスクトップは、早いし画面もキレイ。
なぜDELLか?それは、アプリが付いていないから。つまり、今まで使っていたアプリを変えたくないから。バージョンアップして新しい機能を覚えるのが面倒だから・・・。(OFFICEなど、相変わらず2003(^o^))

でも、そろそろハードの限界。
先日、フト立ち寄った修理も含むパソコン専門店。そこで自分で組み立てるPCの部品が色々と売っていた。そうか、何もDELLで買う必要も無いのだ。
そこで、Netで色々と見ていたら、静音性を優先した組立メーカーがあることを知り、少し興味を持った。どうせ買うなら高性能。値段は気にしない!?
そこで、静音性を売り物にしているというSycomという会社(埼玉にある日本の会社)に電話で色々教えて貰った。静音PCは、コンピュータで音楽を扱っている人とか、トレーダーなどのプロが買っているという。PC本体の置き場所が1mも離れているなら、普通型で良いのでは?とのこと。それで、静音PCと同じ性能のスタンダード型を頼んだ。ビックリしたのは、CPUはてっきりインテルの世界だと思っていたが、今はAMDが席巻しているとのこと。勧められて自分の頼んだのもAMDのCPU製品。

それともう一つのきっかけは、モバイルディスプレイという存在を知ったこと。
実は、自分の机(コタツ)の向こうにTVが置いてある。ノートPCなら扉をたためば済む。しかし、ノート以外で考えるとすると、ディスプレイの扱いがやっかい。しかしモバイルディスプレイなら、パタンと倒せば済む。まあ15.6インチと小さいが、I-O DATAのEX-LDC161DBMというのを頼んでしまった。

さてキーボード。さんざんNetで探して、今のノートPCとほとんどキー配列が同じのを見付け、それをしばらく使ってみることにした。何せ、指が覚えてしまっているので、キーの配列と位置は最重要。結局選んだのはエレコムのSKB-SL18BKNという製品。あまりに安いのが気にくわないが・・・

さて1週間後に届いたSycomの約10万円のVX2800B550Aという製品(ここ)。筐体はデカイが、TVの下にすっぽり収まるし、Sycomが言うには、もっと小さい省スペース型より、無理をしていないだけ、熱対策上、静かだという。

さて、持っているアプリを入れていく。OFFICEも認証が通った。問題だったのは、プリンター。これも2005年に買って以来、インクの経済性からずっと買い換えて使っている。(ここ)の記事からもWIN10でも使えていた。

それが何と、今回のSycomにつないだら、ドライバーのインストールは出来たらしいが、PCが認識しない。あまりにCPUなどの機器が新たらし過ぎた?? これには焦った。もちろんプリンター付属のCDもXP以外のPCでは受け付けない。
苦労して何となつながったが、やったのが、メディアによるドライバーのインストール。メディアは付属CD。CDのどのフォルダーに560iのドライバーがあるか分からず、試行錯誤。
でも何とかPCが認識した。しかし今度は印刷が出来ない。これもNetを探りながら、UBS何とかというポートに変えたら、つながって印刷が出来るようになった。どうやったか?やみくもにやったので、今となっては再現不可能。しかし、今度はCDなどのレーベル印刷が出来ない。愛用の「らくちんCDダイレクトプリント」がプリンターを認識してくれない。まあこれも、結果的には特殊な方法で出来るようにはなった。原因や理由は分からないが、出来りゃ良いや。という考え。

やれやれ終わった。と思いきや、頭をもたげてきたのが、ノートPCのキーボードで新しいPCを動かせないか?ということ。Netで見ると(ここ)のように同じことを考えている人が、他にも居ることが分かった。

なかなか難しそうだが、ネットを眺めていたら、「Microsoft Garage Mouse without Borders」(ここ)なる無料ソフトを見付けた。そしてチャレンジしてみた。それぞれ、古いノートPCと新しいSycomのPCにインストールしてマッチングを取る。すると、まさに自分が望んでいた通りの動作になる。
210401sycom1 ノートPCのキーボードとマウスの動作が、Sycomの画面上で動く。これはスゴイ。写真のように、ノートPCのディスプレイの上に新しいモバイルディスプレイを重ねれば、今まで同様の動きが出来る!

それを見付けたのが昨日。しかし今日は、せっかくのそのソフトをアンインストールしてしまった。つまり、「微妙な遅延や設置場所の問題等、勝手が劣る部分もあり、気に入ったキーボードを見つけていただくことが最良」とのSycomのアドバイスの通りであった。1台がスリープすると連携が切れてしまったり、ワケが分からなくなって、決して使い易いとは言えなかった。夜中にラジオの録音のために1台が立ち上がると、自動的にSycomがスリープがら立ち上がってしまったり・・・
210401sycom2 もちろん対策方法はあるのだろう。しかし全ては英語。使いこなすのが面倒になってきた。
愛用のWIN10では使えないことが分かっていた「Microsoft Picture It! デジカメ スタジオ 2003」のこともあるため、WIN7のPCは手放せない。
結局は、blogなどは今まで通りのWIN7のノートPCで、そしてそれ以外の、あまり文章を打たなくて済む事は新しいPCで、という棲み分けになりそう。

でも、さすがに新しいPCは素晴らしい。速度も800Mbps出るし、絵もキレイ。ディスプレイを倒せばTVに邪魔にならない。まあ当分はこれで行くか・・・

210401sycom3 210401sycom4

自分のクセだが、何かに熱中すると、その事ばかり考えてしまい、本人は楽しい。しかしカミさんはあきれている。そんな1週間ではあった。
他社のように、「Windowsについては当社ではお答えできません」ということも無く、何を聞いても素人に色々丁寧に教えてくれたSycomさんに感謝!!
次は、余っているHDD、SSDを増設してみようかな・・・

(追:2021/05/05)
当初より、数日毎に、スリープから勝手に起動するので困っていた。
Netをググって、あらゆる処置もしたが、どうしても再発する。
それが、Sycomさんのアドバイスで直ったようだ。それは・・・・

「電源投入後、DELキーを連打いただきUEFI設定画面を表示します。
そちらの画面では、F7キーを押していただくごとに、Easy ModeとAdvanced Modeが切り替わりますので、Advanced Modeに切り替えてください。

Advanced -> APM Configuration -> Erp Ready 
とメニューをたどり、こちらの設定を「Enabled(S4+S5)」としてください。
設定後、F10キーを押していただくことで設定保存の上、再起動の流れになります。

こちらの設定をいただくことで、スリープ中、USBポートへの電力供給が断たれる形になります。
確認の間、スリープからの復帰は、電源ボタンを押下し行ってください。」

この処置により、マウスからの起動が出来なくなると思ったが、ほとんど出来ている。
たまに反応しないときがあるので、その時だけ本体の電源SWをONにしている。
結果「キーボード、マウスを含めいずれかのUSB機器が原因であった可能性が高いと思われます。」とのこと。

| | コメント (2)

« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »