« 愛犬・メイ子の遺骨を庭に埋めた話 | トップページ | 小椋佳の「白い一日」~NHK 4K「もういいかい 小椋佳ファイナル」を見て »

2021年3月13日 (土)

夫婦の会話について

今朝(2021/03/13)の朝日新聞に、こんな記事があった。
「(サザエさんをさがして)夫婦の会話 「以心伝心」より「量」が肝心
 夫婦の会話って難しい。余計なことをいうと、けんかになるし、「うん、うん」だけだと「聞いているの?」となってしまう。マンガのように「なに」とか「あれ」だけで成り立つのは、ある意味理想なのかもしれない。

210313sazaesan   というわけで、まず、このマンガ、専門家に見てもらおう。夫婦円満法について、妻の朋子さん(52)と一緒に講演活動をする著述家の山口拓朗さん(48)に聞いた。開口一番、「この場面ではたまたま伝わりましたが、基本的に夫婦に(このマンガのような)以心伝心はありません。夫婦は他人、言葉にしないとわかりません」とクギを刺されてしまった。
     *
 夫婦円満の秘訣(ひけつ)は「とにかく雑談を多くして、会話量を増やすこと」だという。特に夫の側が、雑談は「くだらない」と思いがちだが、心の距離を縮め、互いの本音を知るのに効果があるそうだ。

 ただ、夫婦の年数がたつと、会話を続けるのが難しい面もある。何かコツはあるのか?

 「クイズ形式にしては、どうでしょうか? 例えば『今日は、ランチに何を食べたと思う?』とか、何でもいいんです」。すると、例えば「カレー?」「おそば?」と続き、正解だったら「おいしかったから、今度一緒に行こう」などと話が広がっていく。

 山口さん夫妻は、携帯電話を使った「スマホ雑談」も多用する。チャットやメッセンジャーなどで「焼きそば食べ中」「出張中のホテルはこんな感じ」など、写メで送るなどしているという。

 結婚24年目、離婚の危機を2度乗り越えたという山口さん夫妻だからこそ、言葉に説得力がある。「今でも話していると、新しい発見がありますよ」と笑う。

 夫婦の会話についての調査があった。江崎グリコが2019年に「いい夫婦の日」(11月22日)に合わせ実施したものだ。20~60代の既婚の千人(男女500人ずつ)にインターネットで尋ねた。

 その結果、97%が「夫婦円満のために会話が必要」と答えた。これは予想通りだが、夫婦の会話量と満足度の調査が面白い。まず会話量は1日平均62・7分で、「必要」と考える時間に18分足りていなかった。また、会話量が「足りている」と回答した人は84・4%が2人の時間に満足しているのに対し、「足りていない」と答えた人は、51・6%しか満足していなかった。やはり会話量が、夫婦の満足度に影響を与えていることがわかる。この調査によると、波平とフネの「なに」だけでは、夫婦の満足度は上がらないようだ。
     *
 夫婦の悩み相談を約20年受けてきた「東京メンタルヘルス」カウンセラーの国広多美さん(59)にも、話を聞いてみた。「夫婦円満にとらわれ過ぎてもいけないのでは。けんかして、仲直りできるのがいい夫婦。言いたいことを言わずに、表面を取り繕っている夫婦は、意外と危ない」と話す。

 山口さんも同じことを言っていた。「小さいケンカはどんどんした方がいい。考え方って、1日1日変わるんですよ。1日1ミリのずれを放っておくと、それがいつのまにか何センチ、何メートルになってしまいますから」

 わが家の夫婦の会話は、だいたい1日1時間ぐらいか。会話の「質」も大事にしつつ、まずは「量」を増やしていこう。気がついたら、ズレが10メートルだったということがないように。(佐藤陽)」(2021/03/13付「朝日新聞」b3より)

今日は雨。どんよりした空。カミさんが言う。もし一人になってしまって、こんな日に家に一人だったら、死にたくなる・・・。まあそれは極端だとしても、ひとりぽっちの家で心が暗くなるのは仕方が無いのかも。
自分の場合は、ひとりぽっちで声を出さないと、声がそもそも出なくなる。声が枯れて・・・

そんなわけで、家庭内での夫婦の会話はやはり大切だと思う。前にも書いたが、現役時代、部下の結婚式に呼ばれて、仲人や主賓を何度かやらされたが、いつも同じ事を言っていた。「夫婦間の会話が多い家庭をぜひ作って下さい」と。
それは今も同じだ。雑談は家庭内での最大のコミュニケーション。夫婦間だけで無く、家族全体での話だ。
でも「何時間話している?」と聞かれると、返事に窮する。時間をあまり意識していないから。
我が家の雑談は、最近はコロナや政局の話が多い。TVのニュースを見ては「ダメだこりゃ」の連続。ちょっと居間に降りて話を始めると、直ぐに1時間位は経ってしまう。我が家では、この雑談を「ミーティング」と称していることは前にも書いた。

話は飛ぶが、先日、3.11の大震災の番組で、あるお父さんが、朝奥さんとケンカし、泣いている赤ん坊と奥さんの二人をそのまま家に置いて出勤したところ、津波で二人とも流され、未だに見つからない、と言っていた。最後がケンカの言葉だったのが悔やまれる。もう取り返しが付かないと嘆いていた。
そう。もう我々も歳。いつどんな別れがあってもおかしくない。どんな会話が生き別れの言葉にならないとも限らない。

夫婦間の会話について、少し考えさせられた記事ではあった。

|

« 愛犬・メイ子の遺骨を庭に埋めた話 | トップページ | 小椋佳の「白い一日」~NHK 4K「もういいかい 小椋佳ファイナル」を見て »

コメント

こんちは!、この記事読みましたよ~。
「夫婦円満は夫婦の会話から・・・・」
一般的にはそうでしょうね。ただ、小生の
友人が別れたのも「夫婦の会話から」と言う
皮肉なことがあるのも事実です。
「口を滑らし隠し事をバラしてしまったり」
「昔のキズをほじくりだしたり・・・・」
会話が多くなると、いらん話も口に出ます。

エムズさんちの1時間程度がよろしいんじゃ
ないかと?
小生宅は、私が難聴なので、大声で喋る家内
が根負けして、必要最小限の会話しかしません。
第一、1階と2階に別れてプライベートな時間を過ごす毎日ですので益々会話時間は少ないですね・・・これも夫婦円満の秘訣かと?
故野村克也氏も言いました。「夫婦円満の秘訣は一緒に居ないこと」だと・・・・。

【エムズの片割れより】
最近、コロナ渦もあり、我が家の生活パターンは決まってきました。
一日置きに午前中に買い物。買い物の無い日は、1F/2Fに分かれて、自分は2Fの自室で新聞。
昼食の後は、お互いの部屋で1時間ほど昼寝。
それが終わると、2~3時から韓ドラ(現在はミセン全20回を毎日1回ずつ)。
それが終わると、分かれて6時頃から夕食。
少しのミーティングの後、8時過ぎには自分は自室に。
夫婦の会話、と言っても、政府の悪口が大半。
ニュースを見ると、不愉快な話ばかりなので・・・
考えてみると、あまり健全な夫婦の会話とは言えませんね(^o^)。

投稿: 杉ちゃん | 2021年3月20日 (土) 15:57

「城山かたくりの里」に行ってきました。花、山野草の好きな方なら、きっと満足されると思います。個人の山のため、3~4月の期間限定でオープン。あと1週間ぐらいが、最高の時期だと思います。一番高いところまで登ってください。興味のある方、ご夫婦には、今がお勧めです。

投稿: かうかう | 2021年3月26日 (金) 14:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 愛犬・メイ子の遺骨を庭に埋めた話 | トップページ | 小椋佳の「白い一日」~NHK 4K「もういいかい 小椋佳ファイナル」を見て »