« 花王の「ビオレ 冷タオル」が最高! & 老犬のオムツ「マナーウェア」が最高 | トップページ | 「スマートウォッチ」を買ってしまった話 »

2020年9月16日 (水)

前川喜平氏「日本国民は蒙昧の民か」「愚かな国民は愚かな政府しか持てない」

前川喜平氏(現代教育行政研究会代表)による、2020年9月13日付東京新聞の「本音のコラム」が、非常に的確な指摘をされていて、納得した。

日本国民は蒙昧の民か
  前川喜平(現代教育行政研究会代表)
安倍晋三首相の辞任表明と菅義偉氏の自民党総裁選出馬表明の前後に行われた世論調査の結果には、暗澹(あんたん)たる気持ちになった。
200916maekawa  辞任表明前の8月22日~23日に共同通信が行った世論調査で36.0%まで落ちていた内閣支持率は、辞任表明直後の29~30日の調査では56.9%に跳ね上がった。同じ29~30日の調査で、次期首相にふさわしい人のトップは石破茂氏で34.3%、菅義偉氏は14.3%だったが、有力派閥がこぞって菅氏を推し、菅氏の勝利が確実になった9月8~9日の調査では、菅氏が50.2%でトップになった。
「病気で辞める人はねぎらってあげるものだ」とか「自民党の偉い人たちが応援する人は立派な人に違いない」とか思ったのかもしれないが、1週間や10日でここまで極端に意見を変える国民が民主国家の主権者たり得るだろうか。
僕は魯迅の「阿Q正伝」を思い出した。100年前の中国を舞台に無知蒙昧の民阿Qの愚かな生涯を描いた話だ。
 日本国民は阿Qに成り下がったのではないか。
 愚かな国民は愚かな政府しか持てない。賢い国民が育つために決定的な役割を果たすのはメディアと教育だ。メディア関係者と教育関係者が権威主義や事大主義に毒され、同調圧力に加担し付和雷同に走るなら、日本国民はますます蒙昧の淵に沈んで行くだろう。(2020年9月13日付「東京新聞」朝刊p23「本音のコラム」より)

*もう‐まい 【蒙昧】
 知識が開けず、物事の道理に昧くらいこと。日葡辞書「グチ(愚痴)モウマイ」。「無知―」  ―‐しゅぎ【蒙昧主義】
*もうまい‐しゅぎ【蒙昧主義】
 〔哲〕(obscurantism) 権威と結びついた既存の非合理的思想を擁護し、自由で合理的な思想に反対する態度。もと、啓蒙主義者が自分たちの闘争の相手の態度を称した語。 【広辞苑第五版】

安倍首相の退陣宣言以来、ほとんどテレビや新聞のニュースを見なくなったので、小説が進むこと進むこと!!
茶番の出来レースなど、何の興味も無い。バッカみたいな政治の世界にただただあきれるばかり。そしてそれを追認しているニッポンの国民。

新しい政府は、世論を調査し、勝てると思ったら即解散に打って出るのであろう。そして、延々と続く「自民党の自民党による自民党のための政治」が続くのだろう。
香港では無いが、日本人も、心ある人は、そろそろ国外脱出を考えた方が良い時代に突入しているのかも知れない。

数字が示す節操の無い主権者・日本人にとって、ウソで固められた今の政治が、最もふさわしいのかもしれない。
返す刀で、なぜ前川さんみたいな人が、国会に乗り込んで言葉を発してくれないのか・・・。
最後の手段として、前川さんを国会に引きずり出すしか、もう手が無いのかも・・・。

嗚呼、蒙昧の民ニッポン人。「愚かな国民は愚かな政府しか持てない」のだ。


« 花王の「ビオレ 冷タオル」が最高! & 老犬のオムツ「マナーウェア」が最高 | トップページ | 「スマートウォッチ」を買ってしまった話 »

コメント

よい記事を紹介してくださってありがとうございます。全く同感です。私も今回の首相交代には関心が起きません。世論調査の激変にあきれたからです。新聞もテレビ等もほとんど見ません。これからは、新首相がどんな動きをするか。世論調査は動くか。静かに見ていきます。

【エムズの片割れより】
閣僚名簿を見ると、全方位忖度人選。しかも安倍元首相の弟まで!
”アベノママ内閣”とは、良く言い当てたものです。

投稿: かうかう | 2020年9月17日 (木) 11:22

昨10月5日の毎日新聞のコラム風知草の冒頭部分を読み直しました。驚くとともに、考えさせられました。この傾向は、新聞だけでなくテレビやラジオも同様でしょう。以下は記事です、紹介します。

「日本学術会議」新会員候補6人の任命を首相が拒否したことに驚いたが、新聞の扱いに大きな差が出たことにもっと驚いた。
 朝日、東京、毎日は1面トップか準トップで学者組織への権力介入を批判。読売、日経、産経は社会面か内政面の2段か3段、事実に絞って伝えた。
 どのメディアで知るかによって、出来事の印象は違ってくる。この事実は社会の分断を映し出している半面、接するメディア次第で人の思考が変わり得る可能性も示している。

【エムズの片割れより】
紹介された記事を読んでみました。
https://mainichi.jp/articles/20201005/ddm/002/070/070000c

自分の意志が、知らず知らずのうちにコントロールされてしまう。
怖いですね・・・

投稿: かうかう | 2020年10月 6日 (火) 13:46

 またも、毎日新聞の記事紹介ですみません。
首相と同じ法政大学出身の平野貞夫・元参院議員が、首相の政治姿勢を語っています。納得ガッテンしてしまいましたので、一読をお勧めします。平野貞夫氏の記事を読むのは初めてですが。

菅首相率いる「カムフラージュ内閣」「恩恵」の裏に「自助」政治 平野貞夫・元参院議員

毎日新聞2020年10月7日 東京夕刊 特集ワイド
 https://mainichi.jp/articles/20201007/dde/012/010/011000c

投稿: かうかう | 2020年10月 9日 (金) 00:02

平野貞夫氏の記事は、有料記事でした。お詫びします。

【エムズの片割れより】
いや、読めましたよ。
たまたま「2カ月目まで月額100円(税別)キャンペーン実施中!」を申し込んでいたので・・・

ご紹介、ありがとうございました。

投稿: かうかう | 2020年10月 9日 (金) 00:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花王の「ビオレ 冷タオル」が最高! & 老犬のオムツ「マナーウェア」が最高 | トップページ | 「スマートウォッチ」を買ってしまった話 »