« 「令和落首考 2020年前半」 | トップページ | 「睡眠中に起きていること」~藤田紘一郎氏の話 »

2020年7月 1日 (水)

「カビが生えた食べ物、大丈夫?」+牛乳の賞味期限

雨が降り続く梅雨。ふとこんな記事が目に付いた。

「カビが生えた食べ物、大丈夫?」
 じめじめした季節。朝食はパンと決めているインコさんは、まとめ買いしておいたパンを焼こうとしましたが、よく見ると…

Q  パンにカビが生えたけど、そこだけ取り除いて食べちゃおう。

ヨミドック  何ですって? カビが見えない部分にも菌糸が広がっている可能性があります。カビが生えた食べ物には、カビ以外の細菌も繁殖していることがありますよ。

Q  大腸菌のような細菌は食中毒を起こすんでしょ。カビも体に毒なの?

200701kabi  病原体になり得る微生物は主に、細菌、真菌、ウイルス、原虫の四つがあります。カビは真菌です。細胞構造が異なる細菌とは別の生物ですが、アレルギーや食中毒を起こしたり、長期間とり続けるとがんになるものもあります。
 ジャムなど糖分を好むタイプ、卵、魚や肉などたんぱく質を好むタイプ、チーズやバターの脂質を分解するタイプのカビがいます。

Q  カビの生えたお餅、食べた記憶があるんだ……。

 食べても症状が出ないことが多いのです。もし腹痛や下痢などの症状が出たら、スポーツドリンクなどで水分を補給して休むこと。症状が重い場合は、医療機関を受診した方が良いでしょう。

Q  カビって悪いヤツだね。

 細菌を攻撃する抗菌薬の原料や、植物の成長を促す物質はカビから生み出されました。お酒やパン作りなどに欠かせない酵母やキノコもカビの仲間。役に立っています。

Q  いつの間にか生えている。どうやって増えるの?

 空中に漂うカビの胞子が食べ物などに付くと、それを栄養に芽を出し、菌糸を伸ばして増えます。成長すると胞子を飛ばして、他の食べ物などに付きます。温度が20~30度、湿度が80~100%の高温多湿を好みます。梅雨時はカビの天国です。

Q  カビを防ぐには?

 温度が10度以下、湿度が60%以下で繁殖を抑えられますが、死滅させられるわけではありません。焼いても安心できませんよ。カビは熱で死滅しますが、毒素が残ってしまうこともあります。

食べ物は、冷蔵庫で長期に保管するよりも早めに食べる方が良いでしょう。

(原隆也/取材協力=高鳥美奈子・NPO法人カビ相談センター主幹、川島彰人・新百合ヶ丘総合病院総合診療科部長)
     ◇
 ヨミドックは読売新聞の医療サイト・ヨミドクターのお医者さんキャラクターです。」(2020/06/20付「読売新聞」ここより)

今どきは、もちろんカビの生えた食べ物など口にしないが、思い出すと、子どものころ、カビの生えたお餅は、当たり前のように食べていた。もちろんその部分は削って・・・
昭和30年代。自分が小学校の低学年の頃、自分の家では餅をつくことは無かったが、近所で一緒について貰うことはあった。四角の平べったいお餅が冷えると、包丁で小さな四角に切った。それを保管しておくのだが、いつの間にかカビが生えた。
青いカビは大丈夫だが、赤いカビはダメ。ということを聞いていた。
それらを包丁で取って、いつも食べていた。それで中毒にかかった記憶も無い。
しかし、それはお餅だけのことで、それ以外はやはりヤバイらしい。

今のお餅は、スーパーで包装された物が売っているため、カビの心配は無い。もちろん自宅でつくことも無くなった。

それにしても、今は全ての食品に、賞味期限やら消費期限が書いてあるため、分かり易い。

前に「賞味期限切れ~いつまで食べられる?」(ここ)という記事を書いた。
それ以外にも、「賞味期限切れだって食べられる」(ここ)や「賞味期限切れ、「すぐ捨てる」派は7%」(ここ)という記事も書いた。

当サイトは、このテーマには興味が湧くようだ。

しかし、最近疑問なのは、牛乳の期限。今、冷蔵庫を見に行くと、牛乳には「賞味期限」と書かれていた。
Netでググると、こんな記事があった。
「牛乳は賞味期限が切れても飲めるの?未開封と開封後で期限が違う!?」ここより)
それによると「未開封なら賞味期限プラス1週間程度まで、消費期限の場合は期限内、そして開封後なら2日目程度までかどうかで、飲めるか否かのざっくりとした見当がつけられます。」とのこと。

「牛乳はパッケージにも記載されている通り、食品衛生法により保存基準が10℃以下と定められています。賞味期限とは、この10℃以下で「未開封のまま」冷蔵保存している場合に、その「年月日」までは「品質が変わらずにおいしく飲める期限」ですと保証する目安を示しています。」

「賞味期限が記された牛乳なら期限から1週間程度までは飲んでも問題ありません。そして消費期限が記された牛乳は、臭いや見た目に問題なく見えても、期限が切れたら飲まないことが推奨されています。
また一度容器を開けた場合は、空気中の細菌などが入ってきてしまうため、消費期限、賞味期限ともに日付は無効になります。
開封後からは消費期限、賞味期限にかかわらず、2〜3日以内(メーカーによっては2日間とするところも)で飲みきるか料理に使いましょう。」

今まで、開封しても「賞味期限」を目安に使っていた。それが、正解は開封後2~3日を過ぎたら、加熱した方が無難とは・・・

この記事を書くにあたって、カビだけにしておけば良かった・・・。なまじ牛乳を思い出してググったのが悪かった!?
これからは使い切れるように小さいパックだけを、スーパーで毎回買う事になるのかな・・・!?


« 「令和落首考 2020年前半」 | トップページ | 「睡眠中に起きていること」~藤田紘一郎氏の話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「令和落首考 2020年前半」 | トップページ | 「睡眠中に起きていること」~藤田紘一郎氏の話 »