« 児童文学作家・中島信子さんの話「"心の痛み"と生きる」 | トップページ | 2020年の「サラリーマン川柳」ベスト10 »

2020年5月26日 (火)

肩凝り、筋肉痛、腰痛にはメンソレータムの「ラブ(RUB)」!?

自分は母親譲りの肩凝り性。
今までは、ロキソニンテープというのを使っていたが、前に息子から紹介されたメンソレータムの「ラブ(RUB)」が、意外と良く効くので紹介。
200526rub1 200526rub2

「これが結構効くんだよ」と帰省した時に持ってきてくれた「ラブ」。
どうも名前がうさん臭いなと、思っていたが、試しに塗ってみると、なるほど効くようだ。

昔、一眼レフカメラを買った時、EOS KISSという製品があり、何か際どいな、と思ったもの。
この「ラブ」というネーミングも、何か際どい。
しかし箱にしっかり書いてある。
「ラブ(RUB)」とは「すり込む」という意味の英語です。

「LOVE」では無いんだ。心配すること無かった!?

メーカーはメンソレータムのロート製薬。まあ一流だ。

メンソレータムというと、子どもの頃からの我が家の家庭薬だった。
何か外傷があると、すぐにメンタム。
いつも近くにメンタムがあった。
ロート製薬の(ここ)にそのヒストリーがある。
それによると日本での販売開始は1920年というから100年前。
自分の記憶では、長くそのメーカーは近江兄弟社。
wikiで見ると、近江兄弟社は1974年に倒産。1975年からはロート製薬が「メンソレータム」の製造・販売権を得たという。

昔、お袋が数日我が家に来たことがある。
その時、手が異様に荒れていた。
田舎なので、皮膚科など行ったことが無かったお袋だが、カミさんが行き付けの皮膚科に連れて行った。
結果は「メンソレータムの使い過ぎ」。

老人故、また習慣で、外傷が少しでもあるとすぐにメンタム。
それを止めさせるために、実家の家中からメンタムを回収して捨てた。

何事も"過ぎたるは及ばざるがごとし”・・・
でもこの「ラブ」は安くてなかなか効く。
何よりも、関節などの曲がる部分に塗れるのが良い。

自分も平均の健康年齢を超え、ガタガタになりつつある体だが、こんなものを使って、だましだまし動いて貰うしか無いな・・・


« 児童文学作家・中島信子さんの話「"心の痛み"と生きる」 | トップページ | 2020年の「サラリーマン川柳」ベスト10 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 児童文学作家・中島信子さんの話「"心の痛み"と生きる」 | トップページ | 2020年の「サラリーマン川柳」ベスト10 »