« サンドウィッチマンのNHK「病院ラジオ」 | トップページ | 「バレンタインには手紙を」 »

2020年2月19日 (水)

菅原洋一と小牧まりの「暖炉の部屋で」

こんな歌をご存じだろうか?菅原洋一が歌う「暖炉の部屋で」である。
自分は、前半のバラード風の旋律が好きである。

<菅原洋一の「暖炉の部屋で」>

「暖炉の部屋で」
  作詞:薩摩 忠
  作曲:中田喜直

日暮れの町に木枯らしが
飾りを付けた樅の木と
溜息交じりの年の瀬を
冷たい歌で連れて来て
皆んなの足を急がせる
 狭いけれども幸せがいっぱい
 溢れている部屋でケーキの上のロウソクに
 そっと灯りを点けましょう

部屋の暖炉に燃える火が
二月の頃の悲しさと
九月の頃の喜びを
炎の胸に踊らせて
皆んなの顔を染めている
 狭いけれども幸せがいっぱい
 溢れている部屋でケーキの上のロウソクに
 そっと灯りを点けましょう

今宵の窓に降る雪が
遠い昔の想い出と
新たな年の望みとを
白い袋に詰め込んで
皆んなの胸に持ってきた
 狭いけれども幸せがいっぱい
 溢れている部屋でケーキの上のロウソクに
 そっと灯りを点けましょう

200219danro 実に中田喜直らしい優しい歌である。「暖炉」という題の歌も珍しい。
しかしNet上にも、この歌の情報は少ない。Amazonで検索しても、菅原洋一のCDには収録されていないようで、検索してもヒットしない。

ググってみると、この歌は昭和32年に高英男が歌ったNHKの「ラジオ歌謡」だったらしい。しかし、高英男の音源は見つからなかった。

もう一つ、自分の音源を探すと、小牧まりという歌手の音源があった。

<小牧まりの「暖炉の部屋で」>

どちらも、優しい良い歌。なぜメジャーでないのかな・・・!?

上の写真は、先日泊まったホテルにあった暖炉。もはや暖炉は、ホテルやレストラン以外では、なかなかお目にかからない。
巷では、新型コロナのニュースで持ちきりだが、早くこんな落ち着いた世の中に戻ってほしいもの・・・。


« サンドウィッチマンのNHK「病院ラジオ」 | トップページ | 「バレンタインには手紙を」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サンドウィッチマンのNHK「病院ラジオ」 | トップページ | 「バレンタインには手紙を」 »