« 「妻が願った最期の「七日間」」 | トップページ | 4K放送の画面は暗い?~REGZAはOK!? »

2019年8月18日 (日)

NHKドラマ「透明なゆりかご」は評判通りの秀作

NHKドラマ「透明なゆりかご」の再放送(2019/08/04~09)を見た。なるほど、これは評判通りの秀作だ。
このドラマの名を知ったのは、「早稲田大学での「テレビドラマの授業」」(ここ)で、早稲田大学文学学術院教授 岡室美奈子氏が優秀作品として紹介していたから。そのうちに見たいな、と思っていたら、DVDが出ている事を知って、7月にレンタルで全巻を借りた。しかし、見始めてみて、重いテーマに圧倒されて、当時の自分の精神状態から耐えきれなくなり、見ないまま返却してしまった。
それが、先日、BSプレミアムの過去番組を眺めていたら、「ATP賞授賞式 2019」(2019/07/30放送)という番組があった。それを見たら、この「透明なゆりかご」がこのATP賞のドラマ部門の最優秀賞に選ばれたことを知った。それを機に、再放送をしないかなと思っていたら、これまたNHK総合の過去番組を眺めていたら、何と全編が放送(録画)されていた(ここ)。それで昨日と今日の二日で全編を見たというわけ。

この番組は、ちょうど1年前の2018年7月20日~9月21日まで放送されたという。
NHKのサイトには、こう解説がある。

『透明なゆりかご』とは?
町の小さな産婦人科医院を舞台に、ひとりの感性豊かな少女の目線で、“命とは何か”を問い、見つめてゆく物語。

190818yurikago 累計325万部超、20~30代の女性を中心に圧倒的な共感を呼んでいる、沖田×華さんの漫画作品をドラマ化。脚本は、NHK総合で初執筆となる安達奈緒子さん。主演は、これがドラマ初主演となる清原果耶さん。物語は幸せな出産ばかりでなく、中絶や死産といった産婦人科の“影”の部分にも向き合いながら、時に明るく、時に切なく、主人公たちの命への“祈り”にも似た想いをつむいでゆく。観ていてどこかほっこりする、でも心の底までズドンと来るような、そんなドラマをお届けしたい。」(NHKのここより)

主人公の高校生(清原果耶)が、何とも清楚で好ましい。個性的では無い医師と、存在感溢れる原田美枝子演じる看護師長。
それぞれの回で扱うテーマが、何とも重い。それらに向き合う主人公の見習い看護師が、とにかくひたむき。

ドラマの内容は書かないが、wikiによると「作者初のフィクション作品となった『ギリギリムスメ』の連載に行き詰まった時に、「私が経験したことで何か漫画になるようなことあったかな、そういえば産婦人科でバイトしてたことがあったな」と本作を着想し、ネームを制作して編集者に提案。」だそうだ。
つまり、この物語は作者の体験談を元に、漫画「透明なゆりかご 産婦人科医院 看護師見習い日記」として作られた作品とのこと。

ちまたの評判通り、このドラマは色々な賞を総なめしている。見てみると、確かに「そうだろうな」と思う。
ずっと録っておきたいドラマであった。

★このドラマをご覧になりたい方は、録画したブルーレイ(3.5倍録画:PanaのDMR-BRX7020で録画)をお貸しすることが出来ます。メールでご連絡下さい。


« 「妻が願った最期の「七日間」」 | トップページ | 4K放送の画面は暗い?~REGZAはOK!? »

コメント

「透明なゆりかご」題名を知らないでこの間、ずっと見ていました。女性の立場として、ぜひ男性に見て貰いたいと思いました。人間の誕生が女性だけの問題ではなく男性にも大きな責任を自覚して観て貰いたいと思いながら観ました。あの若い看護師見習の少女、素晴らしかったですね。可憐で優しく思慮深く、若い時に見て置きたかったと思いました。もう一度見たいドラマでした。

【エムズの片割れより】
そうですか。オリジナルを見ていましたか・・・
このところ、TVドラマは何か重たくて、見ていなかったのですが、「透明なゆりかご」は別格でしたね。
ぜひたくさんの人に見て欲しいですね。特に若い人に・・・

投稿: 白萩 | 2019年8月22日 (木) 16:10

私もこのドラマ放送されたときに観たのですが、お産をめぐるさまざまな問題がとりあげられていて、若い見習い看護婦(番組のなかでは「看護師」ではなく「看護婦」といっていましたから「看護師」という名前に変わる以前の話なんでしょうね!)が奮闘する姿がたいへん印象的でした。このドラマは1-2話見逃していたので、再放送があったら、ぜひ通して見てみたいと思っていたところ、NHK総合で8/4から8/9にかけて全10話の再放送があり、録画して通してみることができました。この見習い看護婦を演じたのが清原果那という若い女優さん。この女優さんは以前「3月のライオン」という将棋棋士が主人公の映画で、ガールフレンド役をしていたのを覚えていますが、これが彼女の演技を観た最初だったでしょうか?現在放送中の朝ドラ「なつぞら」にも主人公の行方不明になった妹役で出ていましたし、BSプレミアムの時代劇ドラマ「蛍草、菜々の剣」でも主人公菜々の役を好演中という具合にいまひっぱり凧の女優さんのようですが、この見習い看護婦役の好演をみるとさもありなんと納得します。
最後にNHKにお願いですが、このドラマを再放送してくれたのは嬉しかったのですが、8/5と8/6に再放送された5話と6話は「台風8号接近」のニュースの枠で縁取られ、たいへん観にくくなっている。台風接近、地震があったりすると、せっかく録画して保存していても、番組全体がそんなニュースで縁取られてしまい、がっかりします。もうすこし、ドラマの視聴者にも配慮ができないものでしょうか?!

【エムズの片割れより】
そうですか。見ましたか・・・
自分も主演女優さんの好演が印象的でした。そうですか、清原果那さんは引っ張りだこですか・・・。でしょうね。
自分も他の出演番組を見てみようかな・・・
この女優さんあっての名ドラマでしたね。

投稿: KeiichiKoda | 2019年9月 1日 (日) 09:35

今シーズンの朝ドラ「なつぞら」に触れたので、少し脱線させていただくと、私は毎日BSプレミアムで午前7:15-30の「おしん」の再放送を観たあと、続けて7:30-45の「なつぞら」を観ています。この「なつぞら」は朝ドラの100作目にあたるというので、歴代の朝ドラの主役たちが脇役として登場するのでも有名になっています。「おしん」の子供時代を演じた小林綾子や娘時代を演じた田中裕子も出演しています。子供時代の「おしん」がそのまま成長したら、40年後の「おしん」は(田中裕子のおしんではなく)「なつぞら」に出ている小林綾子のような姿だったのだろうな、と想像してしまいます。ところで、現在再放送中の「おしん」では関東大震災で事業も財産を失ったおしん夫婦は夫竜三の佐賀の実家に身を寄せているのですが、息子の嫁のおしんを気に入らない姑のお清からひどい嫌がらせやいじめを受けます。本年5月の日経新聞の「私の履歴書」は「おしん」の作者である脚本家の橋田壽賀子でしたが、3回にわたって「おしん」について書いています。「おしん」の放送中、地元の女性たちからは佐賀の女はあんなにひどくないと訴える声があがり、当時の佐賀県の副知事からは県のイメージダウンにつながるとNHKに抗議があったと記しています(笑)。「おしん」は62.9%という、今後もとても破れそうもない朝ドラ最高の視聴率を記録しましたが、外国で放送されると、イラン、タイ、中国等で70-80パーセントの高い視聴率を記録したという。橋田さんは「人間を書けば、人間は同じなのですから、かならず万国共通なのです」と、「おしん」放送の7年後に開かれた「世界は”おしん”をどうみたか」という国際シンポジウムで発言したと書いています。おしんの貧乏やいじめに負けずにけなげに頑張る姿が多くのひとの心を打ったことは間違いないでしょうが、ドラマは嫁と姑の問題など「万国共通」の人間の普遍的問題をあざやかに描いているところが共感されたのではないでしょうか。その意味で、佐賀の、おしんの姑として「敵役」を見事に演じた女優の高森和子さんにはこのドラマの「女優助演賞」をあげたいくらいです。

【エムズの片割れより】
「おしん」は、前に再放送で見ました。今は夕方の「ゲゲゲの女房」の再放送を見ています。
どうも自分はミーハーなので、評判が良かった番組を、後から再放送で見るクセのようで・・・

投稿: KeiichiKoda | 2019年9月 7日 (土) 07:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「妻が願った最期の「七日間」」 | トップページ | 4K放送の画面は暗い?~REGZAはOK!? »