« nanacoで税金を払った話 | トップページ | 中島みゆきの「傾斜」 »

2018年6月 7日 (木)

100m吉岡隆徳の「記録は生まれるべくして生まれる」~健康とは?

先日、NHKラジオ深夜便「カルチャーラジオ「声でつづる昭和人物史~吉岡隆徳」」(2018/5/28放送)を聞いていて、こんな言葉に出会った。

<NHK「声でつづる昭和人物史~吉岡隆徳」より>

ここでの吉岡隆徳の言葉、
「人間は記録を作ろうとか、勝ってやろうとか、いうときには絶対にダメだということを、私は身をもって経験した。記録は生まれるべくして生まれる、という気持ち。必ず意識をしない。これは競技に限らず、日常生活でもそのことが一番大切ではなかろうかと思っている。」
を聞いていて、色々なことを思い浮かべた。

仏教では、思い通りに行かないことを「苦」という。
我々の生活では、全てが思い通りにはいかない。もちろん競技もそうだが、日常生活、特に病(やまい)ではそうだ・・・

昨日、軽い脳梗塞の退院祝いをしたH君も、「ひとり暮らしなので、注意をしていたのだが・・・」と言っていた。
カミさんが昔からお付き合いがある神経内科の女医さん。夜、変だなと思って夫婦で話していたが、翌朝には「脳梗塞」。ご主人は脳外科医とか?
つまり、その道のプロの医師夫婦でも、自分たちの脳梗塞を発見できない・・・。

脳梗塞は、4時間半以内だと血栓を溶かす血栓溶解療法で治る可能性があるという。
それも全ては運だと思う。幾ら夫婦で暮らしていても、たまたま別室に居て倒れれば、直ぐに見付からないこともある。逆に運良く雑沓の中で倒れれば、誰かが見付けてくれる。
全て、運・・・

健康のために、ウォーキングをしている人が多い。自分も散歩を心掛けているが、これも程度問題。人間の足は、消耗品だという。過剰に足を使うと、ほころびが出て、日常生活に差し支えてしまう。

では、健康保持とは何だろう?
上の言葉を借りると、「病は、なりたくないと思ってもダメ。病はなるべくしてなる。意識をしないこと。」か・・・・?
あまり力まない方が良さそう。自然体で・・・!?
どうせ、なるようにしかならないから・・・!?

「暑いから」もそうだが、こんな事も言い訳に、健康保持の散歩を逃げている最近の自分である。


« nanacoで税金を払った話 | トップページ | 中島みゆきの「傾斜」 »

コメント

10年間に7回も入院、手術(狭心症・腰部脊柱管狭窄症・膀胱癌)の経験者としては、

「病は、なりたくないと思ってもダメ。病はなるべくしてなる。」
「あまり力まない方がよさそう。自然体で・・・
どうせなるようにしかならないら・・・!?」

このエムズの片割れ様の つぶやきは、よく分かるような気がします。この年になれば、誰でも病の一つや二つは、抱えていて当たり前、ただ、いかにうまく病気とつきあっていくかが大事!と、実感しながら日々生活しています。

「神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。」
 ローマ人への手紙 8章28節

僅か、20年にしかならない信仰生活者ですが、「なるようにしかならない・・」と、思えるようなことでも、すべてを益としてくださる
神の力は、信じられる日々です。

ところで、健康保持の為の散歩、私もエムズの片割れ様に全く同感!
最近、とみに理屈をつけては、さぼることが多くなりました。

散歩には、まずコース周辺の環境が大事!
少し緑があって、畑があって、道端に土筆やたんぽぽくらいは咲いていて・・・なんてことをいいわけにしていたら、”一人で信州にでも住んだら・・・”と、カミさんのつれない言葉!

【エムズの片割れより】
10年間で7回の入院とは、大変でしたね。
しかしこればかりは、人知では如何ともし難く・・・・
「死んでも健康になりたい」というのが今のご時世。
自分は死んでまで健康にはなりたくありません。

投稿: あこがれ | 2018年6月 8日 (金) 08:06

お医者さんが歩いている姿を見たことがありますか。患者には歩きなさいと言いながらふっくら太った近所のお医者さんが歩いているのを見たことがありません。我が家の前の道は年配の人たちの歩くコースに丁度良いらしく知り合いの人たちが一生懸命歩いています。半年位経つと違う人と変わっています。前に歩いていた人に聞くと膝を痛めたとか足首を痛めてお医者さんに止められたと言います。正しい歩き方があるようですね。真面目で一生懸命歩く人ほど早くダウンしています。真面目過ぎる人は神経も病みますから逆効果になるようです。人はそれぞれです。リラックスして思い込みをやめる方が健康になるような気がします。のんびり暮らすのもいい薬になるかもしれません。

【エムズの片割れより】
ある友人が、定年後は東海道を踏破する事が夢、と言っていたので、先日会ったときに「いつ行くんだ?」と聞くと、「足を痛めたので止めた」と言っていました。
毎日万歩計で、「今日も1万歩以上行った」と自慢?していたので、若しかすると練習が過ぎたのかも・・・
カミさんは「足は消耗品」と言っていますが・・・

投稿: 白萩 | 2018年6月 9日 (土) 22:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« nanacoで税金を払った話 | トップページ | 中島みゆきの「傾斜」 »