« 五木ひろしの「のぞみ(希望)」 | トップページ | 秋葉原~小石川後楽園を歩く »

2018年5月 5日 (土)

STAXの新フラッグシップヘッドホン「SR-009S」を聞く

Netでたまたま、STAXから7年ぶりの新フラッグシップヘッドホン「SR-009S」が発売されると知ったのが、5月2日。中野での「春のヘッドホン祭り2018」に出品され、試聴出来たと言うが、4月28~29日とのことで、既に終わってしまっていた。
それでSTAXに、どこかで試聴できないか聞いたところ、このゴールデンウィークは秋葉原の店で、5月12~13日はさいたま新都心の店(ここ)で聞けることが分かり、今日、秋葉原に行って聞いてきた。
じっくり聞きたいと思って、開店すぐの午前中に行ったが、これが正解。「SR-009S」の試聴を待っている人は他に居ず、じっくりと1時間以上も聞き比べてしまった。
もちろん聞き慣れているCDを持って行って。親切な店の人から「ご自由に」と言われて、取っ替え引っ替え存分に。
アンプは、棚に各モデルがズラリと並んでいるが、いつも自宅で聞いているSRM-007tAに、いつも聞いている「SR-009」と新モデル「SR-009S」をつないで聞き比べた。
まずは「SR-009」。まあそうだろうな。次にドキドキしながら「SR-009S」に替える。ウーン。009に戻す。ウーン・・・・

そもそも自分は、「SR-009S」は「SR-009」の振動板を交換しただけ、という認識。よって音の違いだけを聞いた。装着感や重量は、気にしなかった。
自分の好きな音は、刺激のない柔らかな音。キラキラした高域・・・・
そんな期待感で聞いてみた。最初が肝心・・・。
結論は、「SR-009S」から「SR-009」に戻すと、何か物足りない。「SR-009」は平板。「SR-009」が二次元とすると、「SR-009S」は三次元? そして「SR-009S」に替えると、「感動」という言葉が頭に浮かんだ。
振動板を薄くした、という先入観があるせいか、高域が伸びている、または解像度が高い気がした。でもやはり、「SR-009」に戻すと何か“物足りない”が総合の感想か・・・・
アンプを「SRM-T8000」に替えてもみたが、自分がT8000はあまり好きでないこともあり、差はよく分からなかった。

180505sr009s1 180505sr009s2 180505sr009s3

店の人に聞くと、6月20日発売の第一ロットは予約で埋まり、今は第二ロットがまもなく埋まる、とのこと。STAXの発表が、4月24日なので、まだ10日間なのに、予約がかなり入っているらしい。皆さん「ヘッドホン祭り」で聞いて判断したのだろうか?
ちょうど1年前の「SRM-T8000」の発売のときも、予約がたくさん入って、入手に時間がかかった人が多かった。しかし今は落ち着いている。
7年前の「SR-009」の時は、発売から1~2年経った頃に爆発し、半年待ちが普通だった。さて、今回の009Sはどうだろう?

いわゆる“音のプロ”の店の人に、009Sの印象を聞くと、「音像が広がった感じ」と表現していた。そして009Sの一般の人の評価は高く、7:3または6:4くらいで009よりも009Sに軍配を挙げるとのこと。

自分はもっぱら、「HAP-Z1ES」⇒「SRM-007tA」⇒「SR-009」で聞いているが、この組合せは、自分にとって色々試した果てに到達した不動のもの。よって変える気はなかったが、009Sは別格だな・・・・。
前にも書いたが(ここ)、最高級アンプの「SRM-T8000」の価格と音質改善のバランスについては、自分は異としているが、今回の10万円差の改善は、納得できる気がする。

この製品の最大の欠点は重量。STAX設計陣もそれは分かっているはず。それでも今回の改善は13グラム。つまりは、これが限界ギリギリなのだろう。

STAXのキャッチコピー「SR-009で主任開発者がやり残したこと。その全てを追求し、さらなる進化を遂げた新たなる009。」(ここ)が気に入った。
設計者は、何の製品もそうだが、色々な理由で“あきらめ”が付いて回る。 “こう”したいのだが、コストの点で、または大きさ、重量、形状・・・・のために、ガマンするもの。それを今回はガマンせず、思う存分に理想を追求したのだという。そんな話を聞いただけでワクワクする。

言い過ぎかも知れないが、自分にとってもはや神格化してしまった「SR-009」。その進化版が出る。手に入れるかって?? そんなこと、(家庭の事情があるので)ここには書けない。
STAXとは大学3年、1968年の「SR-3」からの付き合い(ここ)なので、今年はちょうど50周年だ。
長生きすれば、人生色々楽しいことはあるものである。

(2018/06/23追)
予定よりも早く届いた。SR-009Sである。
009を聞いて、009Sに替えてみる。確かに音が違う。最初に頭に浮かんだ言葉が「芳醇」。あれだけぞっこん惚れていた009が何と薄っぺらく聞こえることか・・・
秋葉原で聞いた時もそうだが、あまり長いこと聞き比べていると、その差が分からなくなる。最初に聞いた時の印象こそが、自分なりの評価。
そんな意味でも、009Sがより柔らかく立体的に聞こえるので、自分の好みにはフィット。
あくまで自己満足のオーディオの世界。今回も009の上を行く009Sの音、という思い込みで、自己満足の世界に浸ろう。

(2018/07/05追)~その後気が付いたこと。
・低音が009と違う。低音の解像度が増したということか・・・。
例えて言えば、009は調律不充分のピアノの低い音?もちろんちゃんと鳴ってはいるが、音程の変化があまり意識されない。それに比して、009Sは重低音(ベース)の音程の変化が良く分かる気がした。今までつい高域に気が行っていたが、低音も素晴らしい。

(関連記事)
STAX「SR-009S」その後~イヤースピーカーの寿命とエージングの要否 
STAXの高級ヘッドホンSR-009が素晴らしい
良い音への投資限度は?~STAX「SRM-T8000」を聞く 

←BACK                       NEXT→


« 五木ひろしの「のぞみ(希望)」 | トップページ | 秋葉原~小石川後楽園を歩く »

コメント

エムズの片割れさん、お久しぶりです。以前、耳鳴りの事でお話した68才になるオーディオ
マニアです。66才になった時、左の耳鳴りは無くなりましたが、同時に聴力も失われました

・・・・で、SPでの再生は諦め、HPによる
音楽鑑賞となった訳ですが、HP用アンプには
左右の音量を調整するバランスツマミが有りません。左側の聴力に合わすと右側が、ガンガン鳴ります。その点スタックスはボリュームが2重になっており、左右個別に音量調整が出来るので良いですね。

【エムズの片割れより】
スマホのアプリに「聴力検査&耳年齢テスト」というのがあり、左右の耳の周波数特性を測ることが出来ます。
それによると、自分の良い方の左耳は、8KHzまで25dBでほぼフラットなのに対し、悪い右耳は、1KHzまでは35dBほどで何とかフラットなのに、2KHzで60dB、8KHzで75dBでした。(息子は8KHzまで0~20dBなのでうらやましい)
つまり、ボーカルは何とか中央で聞こえるので、左右の音量の調整はしていません。
(なお、人間の音声周波数帯域は150~13000Hzで、その中央は、男子800Hz、女子1200Hzあたりらしい。電話機の帯域は0.3~3.4KHz)
まあうまく付き合うしかありませんね。

投稿: 耳鳴りオーディオマニア | 2018年5月17日 (木) 14:57

素晴らしい気づかいのSR-009を狙ってましたが、躊躇してしまいました。譲ってもらえばよかった、と若干後悔しています。実は009持ってましたが劣化するのが辛くて遠慮なく使えず、今年2月に手放してしまいました。普段惜しげ無く使っているのは507、とっておきの脆い名機は除湿器掛けた部屋の中。低音評価にベース云々と書かれていますが、コントラバスの電気増幅された撥弦音より近接の擦弦音のほうが良いような気がします。

【エムズの片割れより】
自分は、手に入らなくなる可能性のある大切な機器は、現用と予備を持つことにしています。前は「NAC-HD1」を、そして今後「HAP-Z1ES」が製造中止になったときに、予備機を1台買おうと思っています。STAXは修理体制がしっかりしているので、予備の必要は無し。
自分はスピーカーは無く、ヘッドホン専門。最近、SR-009Sで聞いていると、mp3音源が良く聞こえます。ヘッドホンのせいだとは思わないのですが・・・

投稿: さて | 2018年7月 9日 (月) 02:47

エムズノ片割れさま
ついにハイエンドHPを買っちゃいました。
ゼンハイザーHD800です。(貴殿の009Sより安価ですが・・・・)
結果は、SP再生では感じ取る事の出来なかった音が聴こえます。特に案じてた、左右の音量調整は必要ないくらい両方から音楽が流れます。素晴らしい!!
よってSP(B&W802)はお蔵入りに・・
これからはHD800がメインです。

あと貴殿がコンデーサー型を愛用されるのは、聴力障害前に愛用してたQUADのESLの影響ですか?

【エムズの片割れより】
H800は09年発売なのですね。製品寿命が永い名機!?
自分のSTAXは、学生時代の1968年の「SR-3」⇒1974年購入の「SR-X」(当時31,000円)からの付き合い。“高音の湿った音”を目指して、QUADのESLに。その後はサラリーマンで聞く暇が無く、耳が壊れた後の再スタートが2011年の「SRS-005S」。直ぐに009に目覚めて12年以降は009。
高域の繊細さが心地良く、009で満足。他のヘッドホンを聞きたいとは思いません。
HAP-Z1ESやNAC-HD1、FMチューナーのL-02Tも同様で、不満を持たないとそれ以外の検討は必要なく、“安定状態”に入ってしまいます。

投稿: 耳鳴りオーディオマニア | 2018年7月11日 (水) 12:55

エムズの片割れさま
>不満を持たないとそれ以外の検討は必要な
>く、“安定状態”に入ってしまいます。

まったく同感です。
究極の音を追い求めてオーディオ装置に散財していた頃と違い、より現実的に音に対して極めるという事でしょうか、「となりの芝は青い」てな考えを起こさないような歳になりました。
(小生の場合)

【エムズの片割れより】
オーディオの世界は、対数関数のグラフのように、1万円の機器と10万円の機器では音が格段に良くなりますが、100万円と1000万円とはそれほど変わらない。
つまりは、どこかで「足るを知る」ことにしないと、泥沼。
自分も、FMチューナー(L-02T)に凝り、NACからの音に凝り(ライントランスなど)、009に懲凝ましたが、もうサチっています。
009Sにしても、009からの買い換えで20万円ほど出費しましたが、音の差はわずか・・・
どこまで行っても、自己満足の世界なので、「009Sだからこれ以上の音は無いのだ」と自分に言い聞かせているのかも!?

投稿: 耳鳴りオーディオマニア | 2018年7月11日 (水) 21:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 五木ひろしの「のぞみ(希望)」 | トップページ | 秋葉原~小石川後楽園を歩く »