« <森友文書改ざん>~試される国民 | トップページ | 五木ひろしの「契り」 »

2018年3月15日 (木)

なぜ日本のおじさんは「世界一孤独」なのか?

先日、Netでこんな記事を見付けた。
なぜ日本のおじさんは「世界一孤独」なのか?
 最新版・世界各国の「繁栄指数」を見てみると、社会や地域における人々の信頼関係や結びつきを表す「ソーシャル・キャピタル(社会関係資本)」のランキングで、日本は全世界149カ国中、101位。先進国の中では最低だといいます。なかでも深刻な状態にあるのが中高年の男性。コミュニケーション戦略の専門家で、『世界一孤独な日本のオジサン』 (角川新書)の著者である岡本純子氏が衝撃的なデータとともに、日本のおじさんたちが「孤独」に陥っている理由と健康へのリスクを解説します。

孤独な人は、早死リスクが50%高くなる
「中高年の男性にとって最大の脅威は喫煙でも肥満でもない。それは孤独だ」(ボストン・グローブ紙)、「慢性的な孤独は現代の伝染病」(フォーチュン誌)――。海外では、「孤独」は健康に甚大な影響を与える最大のリスクである、という認識が急速に広がっている。
 その根拠となっているのが、近年、欧米で明らかになった数多くの学術的研究だ。約30万人以上のデータを対象としたアメリカの調査では、「孤独な人は、人的つながりを持つ人に比べて早死リスクが50%高くなる」という結果が出た。また、「孤独」の死亡リスクに対する影響は(1)一日にタバコ15本を吸うことに匹敵、(2)アルコール依存症であることに匹敵、(3)運動をしないことよりも大きい、(4)肥満の2倍大きい、と結論づけられた。孤独は心臓病や認知症など多くの疾患のリスクを高めることもわかっている。
 昨年10月には、アメリカ連邦政府の前公衆衛生局長官、ビベック・マーシー氏が「孤独は深刻化する伝染病」であり「病気になる人々の共通した病理(病気の原因)は心臓病でも、糖尿病でもない。孤独だった」という論文を発表し、話題を集めた。2018年1月17日には、イギリス政府が、「孤独担当相」を新たに任命すると発表して、世間を驚かせたが、これは、この切実な問題に国を挙げて取り組むべき、という危機意識の表れだった。

日本は世界に冠たる孤独大国になりつつある
 こうした流れと逆行するように、日本では、「孤独のすすめ」「おひとりさま」「ぼっち」などと、「孤独」を美化し、奨励する考え方が人気を集めているが、実はその裏で、日本は世界に冠たる孤独大国になりつつある。国際機関OECD(経済協力開発機構)の調査(2005年)によれば、友人、同僚、その他コミュニティの人と「ほとんど付き合わない人」の比率は15.3%と平均(6.7%)の2倍以上、加盟国中トップだった。オランダの2.0%、アメリカの3.1%、ドイツの3.5%などに比べると差は歴然だ。未婚率や一人暮らしの家庭も増加している。

「孤独に耐えろ」は「水を飲まずに我慢しろ」と同じくらい残酷
「孤独」とはそもそも、「頼りになる人や心の通じ合う人がなく、ひとりぼっちで、さびしいこと(さま)」を指す。「孤」は「みなしご」を意味し、誰にも頼れず、精神的に「孤立」し、苦痛を覚えるというネガティブな主観だ。一方で、日本では、「独りで独自」の時間を過ごし、楽しむことをも「孤独」ととらえられている。英語では、ポジティブな意味合いの「Solitude」(個人が能動的・自発的に一人を楽しむこと)と、ネガティブな「Loneliness」(自らの意思に反して、疎外感や孤立感を味わうこと)とに分かれているが、日本語では、「個独」という「良いこどく」と、「孤独」という「悪いこどく」がひとくくりになり、結果として、「孤独」が美化されているきらいがあるように感じる。
 人間は本来、自らの生存のために、何より、他者との結びつきを必要とする「社会的動物」だ。敵を倒すために共に戦う。食べ物を共に確保し、分け合う。孤立はすなわち「死」を意味していた。「孤独」は、のどの渇きや空腹、身体的な痛みと同じ脳の回路によって処理され、同等、もしくはそれ以上の苦痛をもたらす。そのつらさを避けようと、水を飲んだり、食べ物を口にするように、孤独な人も「苦痛」から逃れるために、自らつながりを求める。これが人を孤独から遠ざける、本能的なディフェンスメカニズム(防御機能)の基本的な仕組みだ。つまり、孤独な人に「孤独に耐えろ」というのは、水を求める人に「水を飲まずに我慢しろ」というぐらいに残酷なことでもある。しかし、我慢強さが美徳の日本では「孤独」という気持ちにフタをして、それに耐えるべきだという精神論がまかり通っている。

日本は「ソーシャル・キャピタル」が先進国最低の101位
 孤独には「コミュニティ」と「コミュニケーション」の欠如という二大要因がある。前者の観点で見ると、「地縁」「血縁」という昔からのセーフティーネットが都市化や核家族化などで消滅しつつある中、それに代わる「コミュニティ」が欠落しているのが日本社会の大きな問題だ。家族以外のネットワークやコミュニティ、ボランティアや地域活動への参加などといった社会や地域における人々の信頼関係や結びつきを表す「ソーシャル・キャピタル(社会関係資本)」が極端に低いのだ。イギリスのレガタム研究所の2017年版のランキングによると、日本は全世界149カ国中、101位。先進国中では最低で、ルワンダ、イラン、ニカラグア、ザンビア、ガーナなどを下回った。日本はほかの指標、例えば「健康」や「安全性」などでは高い数値を獲得しているが、この「ソーシャル・キャピタル」だけが突出して低い。

「仕事が、生きがいなわけではない」。そう思っていても
 全国民の問題となりつつある孤独だが、特に事態が深刻なのが、中高年の男性だ。
 前述のOECDの調査では、「友人や同僚もしくはほかの人々と時間を過ごすことのない人」の割合は日本の男性が16.7%と21カ国の男性中、最も高かった。平均値の3倍に近く、スウェーデン人男性の約1%、アメリカ人男性の約4%などと比べても突出した水準だ。
 その背景には、日本の特殊な労働文化がある。長時間労働の中で、友人や趣味などを作る暇もなく、汗水たらして働き、気がつくと退職の日を迎えるという人も少なくない。今や就業人口の約9割が「サラリーマン」。散々、「やりがい」を搾取された挙句に、定年で会社システムから「強制退去」という憂き目にあう。転職することもなく、一生、同じ会社に働き続けることの多い日本のオジサン。40年近くも引っ越しもせず、住み慣れた「家」を追い出される恐怖感・絶望感は、例えようのないものだろう。
「仕事が、生きがいなわけではない」。そう思っていても、やりがいや仲間、居場所を提供してくれていた職場を失い、「認められない」「必要とされていない」といった思いにとらわれる。まるで、自分が「透明人間」になってしまったような寂しさと満たされぬ承認欲求を抱えた「不機嫌なオジサン」が増えていく。都内の精神科医は「サラリーマン男性の場合、退職して、肩書きを失うと、何者でもなくなってしまう。家庭内でも外のコミュニティでも居場所が見出せず、気がつけば趣味もなく、被害者的になり、何でも他人のせいにするような歪んだ精神構造になる」と指摘する。
 もう一つ、「男性の孤独」の裏にあるのが、「男のプライド」という厄介な代物だ。特に、終身雇用、年功序列制度という「タテ社会」の中で、上意下達の「ポジショントーク」を40年間続けると、フラットな立ち位置で胸襟を開いたコミュニケーションがなかなかできなくなってくる。話すこと自体を目的とし、地球が滅びるまで面と向かって営々と話し続けることができる女性と、コミュニケーションは目的を達成するための手段であり、スポーツやゲーム、お酒など、何らかの介在がないと話しづらい男性とでは、「コミュ力偏差値」に差が出やすい。
 実際に、こうした要因から、定年退職後に、家に引きこもる高齢男性が激増している。別にいつも人と群れることをおススメするものでもない。趣味でもいい、近所の友人でもいい、何らかの形で社会とつながりながら、一人の時間を楽しむ準備と心構えを現役の内からしておくことが必要だろう。終活もいいけど、たまには「集活」も、ということだ。不機嫌なオジサンが減り、元気ではつらつとした楽しそうなオジサンが増えれば、日本社会を覆う閉塞感も少しは払しょくされるのではないだろうか。オジサンたちが「孤独というオリ」から解放され、動き出せば、景気だって刺激されるかもしれない。「オジノミクス」で日本を元気に! 「ウーマノミクス」の陰で、置き去りにされつつある「オジサン」セクターの活性化は日本再生のカギを握るかもしれないのである。(岡本純子)」(
2018/03/08付「文春オンライン」ここより)

今日はカミさんの女子会の日。午前11時過ぎに出て行って、帰ってきたのは6時半。聞くと、友人と二人だけで、延々と6時間以上話していたという。毎度のことだが、男には理解不能。そもそも二人だけで会うことなど、原理的に無い。
まさに「話すこと自体を目的とし、地球が滅びるまで面と向かって営々と話し続けることができる」のが女性なのだ。
一方男は、というと「コミュニケーションは目的を達成するための手段であり、スポーツやゲーム、お酒など、何らかの介在がないと話しづらい男性」とあるが、なかなか指摘がうまい。

たまに“珈琲会”なるものがあり、同期の5人が集まって、ひなたぼっこをしながらコーヒーを入れる。10時に集まって、12時には車で近くの店にランチ。それで1時過ぎには散会。バカ話をしても、せいぜい3時間が限度。定期的な夜の飲み会も、5時に集まって7時前には散会。そんなものだ。

年金生活者になると、集まりは人によりさまざま。ある同期の男は、今さら会社の関係で付き合うつもりはない。と言う。山登りなど、同じ趣味などで昔の会社の同僚と付き合うことはあっても、上下関係のあった会社関係の集まりには行かない・・・。なるほど、と思う。
会社関係の飲み会は、元上司は、いつまで経っても上司。イヤな思いでもたくさんある。そんないつまでも頭を下げる付き合いが面白いか?ということ。
まあ同期会だけは、上下関係が無いので気楽。飲んで楽しめるのはそのくらい・・・
かと言って、新たなコミュニティも面倒・・・

高校3年の時の担任の先生が、数十年後の同窓会で会ったときに、仕事ばかりで定年になってしまうと、自分のように何をやって良いか分からなくなる。よって、準備が必要、と言っていた。その先生は映画が趣味と言っていたが、それは確かだな、と思いつつも、結局何もせずに自分も定年に突入してしまった。アドバイスはなかなか活きなかった。

話は飛ぶが、先日の3.11の震災の特集番組で、福島から避難した人たちが、仮住居に収容されてから、テレビだけがある部屋に閉じ込められ、生き甲斐も達成感もなく、ただ生きているだけ。と言っていた。人間、ただ衣食住を与えられても、生きては行けない。それで自殺者も出てしまう。
まさに、コミュニティが重要だということ。
分かっちゃいるけど・・・・の“孤独論”ではある。

2018031521300231d <付録>「まんがイラスト ぼうごなつこのページ」(ここ)より


« <森友文書改ざん>~試される国民 | トップページ | 五木ひろしの「契り」 »

コメント

エムズ様は失礼ながら妻の本質をわかって居られないようですね。なぜ会話が長々とできるのか、それは夫に対する不平、不満が山ほどあるからです。朝から晩まで子供を育て、家事に追われ休む暇もなく毎日、延々と家族のために働いているのですから、何十年でもしゃべり続けられます。ついでにご近所のおかしな話や友人の不幸な話など、尽きることなく話ができます。他人の不幸は蜜の味っていうこともありますね。その上、女性のほうが想像力と記憶力が優れていると思います。特に夫の嫌な行動などは何十年経っても忘れません。夫が先に亡くなると妻は元気で生き生きとします。妻に先立たれた夫は3年で亡くなるとよく聞きます。長生きされたかったら今度は女性になって生まれてきてください。おしゃべりは健康のもとです。おしゃべりはくだらないと思うと長生きできません。でも私は男の方がお得だと思いますので今度は男に生まれたいと思っています。

【エムズの片割れより】
「ワハハハ・・・。その通りだね」(カミさん談)
ホホホホ・・・・・(←笑ってごまかす)
ぎゃふん!!(オレ)

投稿: 白萩 | 2018年3月16日 (金) 22:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« <森友文書改ざん>~試される国民 | トップページ | 五木ひろしの「契り」 »