« 「ER緊急救命室」を連続で見る方法は何が良い? | トップページ | 映画「クワイ河に虹をかけた男」が語るもの »

2018年1月 1日 (月)

明けましておめでとうございます。~止められない賀状

新年、明けましておめでとうございます。

180101gantan 東京は、快晴。愛犬との散歩もいつもの通り。ついでに、近くの無人の小さな神社に初詣!?
誰も居ないだろと思っていたら、自分たちの前と後に、参拝の人が居てビックリ!?

結構早く配達された年賀状。これが意外。いつもの人から、いつものように来ている。・・・というのは、前年から賀状の卒業宣言をしていたから・・・
1年前に卒業宣言をした人が14人。そのうち今年も来た人が8人、来なかった人が6人。つまり、印刷した自分の卒業宣言は、読んでもらえていないと言うこと?? 確かに肉筆で書くのは常識らしいが、悪筆の自分はとても書けない・・・

180101gajyou1 自分は、賀状を書くときに、1年前の賀状を取り出して、それを見ながら書く。来なかった人は、同じようにしていたのかも・・。だから来なかった。しかし今年もくれた人は、一括印刷をかけるので、前年の事は消えてしまったのだろう。
今年は、現役時代の部下や、仲人をした人など11人に卒業宣言をした。特に、カミさんが「仲人をした人は、こちらから言ってあげないと止められない」と言うので、「それはそうだ」。

そんな事で、いよいよ賀状が少なくなる。会う機会もなく、会う予定もない人は、そろそろ良いのでは?
そして、会社関係の人は、昔からの惰性でやりとりしていたが、これもそろそろ良いのでは?

でも、貰って嬉しいのは、やはり写真の入った賀状。高校時代の友人だった山口の元アナウンサー君は、あいかわらず家族の写真。知らなかったが、昨年長男さんが結婚したらしく、ヨメさんを含めて4人家族の写真と、結婚式と古希の祝い会の写真。数年前に奥さんを亡くしたが、元の4人家族に戻った。

元旦はいつも茨城の実家に帰った。それも2011年まで。行かなくなってもう7年。
そして元旦はお袋の命日。亡くなってから、ちょうど4年になる。カミさんと写真の前で般若心経を唱える。「仏説摩訶般若波羅蜜多心経・・・・・」

今日は何の予定もなく、けたたましいテレビも切って、静かに流れる時間である。
先日、沖縄で買った年末ジャンボ宝くじもカスリもせず、(残念ながら)ただただ静か・・・

180101mago <付録>「ボケて(bokete)」より


« 「ER緊急救命室」を連続で見る方法は何が良い? | トップページ | 映画「クワイ河に虹をかけた男」が語るもの »

コメント

昨年の暮れと言っても10日ほど前、年賀状の印刷をしようとプリンターを起動したけれど、A
4の紙を取り除いてくださいとメッセージがでるだけでカチッとも動かない。仕方が無いので買った店に持って行ったら、直るのはお正月明けになると言われ、直しても1万円、新品が1万2千円と言われたので新品を買ってきました。
ところが機種は同じでも2年前のとは全く中身が変わっていて動きません。パニックになりました。仕方が無いので結局手書きになってしまいました。指の関節が悪いのと、目が悪いので書いた後、見たら字が殆ど斜めになっていました。もう仕方がない書き直しが嫌でそのまま出してしまいました。受け取った人のビックリした顔が浮かびました。
印刷なら50枚、手書きだったので30枚にしました。書くのはすごく早いのですが字が読めたかどうか心配しています。機械の便利さを実感しました。

【エムズの片割れより】
プリンターが活躍するのが、賀状どき。しかし、普段使っていないと動かない・・・。
インクジェット式だと、コンスタントに使っていないとインクが固まって壊れることはよくある。
その時は、買い換えるのがベスト。そしてインクは互換インクを活用・・・。これが自分の今のスタンスです。
それにしても、プリンターの安さにビックリします。よほどインクでもうけないと合わない・・・。

投稿: 白萩 | 2018年1月 2日 (火) 10:56

 夫の賀状も私が書いています。
 夫が現役の頃は、私が葉書いっぱい絵を描き、謹賀新年も大きく書いて、「プリントごっこ」で刷っていました。夫は宛名だけ自筆でした。毎回「へたな字だな」と自己嫌悪に陥っていました。現役を退いてからは、「もう手伝わない」といったら「俺も止めたいよ」というので、「来ても出さなければ来年は来ないよ」と応じました。翌年義理の賀状は来ませんでした。100枚近く出さなくてすみました。
 
 現在は夫のは10枚程度です。皆さん生きているかの確認賀状ですね。私自身は義理はその都度止めていますので、30枚くらいです。年に一度の息災の確認です。

【エムズの片割れより】
もはや(相手も迷惑だろうから)“葬式にも来て欲しくない”という年齢。
つまりは、生きているかの確認も、不要な人が多い。
ほとんどが、惰性でやりとりしているのが現状。会社の付き合いも、そろそろ卒業の時期。
考えてみると、良い記憶がほとんど無いのが会社での付き合い。楽しいのは、同期会だけです。

投稿: patakara | 2018年1月 2日 (火) 15:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ER緊急救命室」を連続で見る方法は何が良い? | トップページ | 映画「クワイ河に虹をかけた男」が語るもの »