« かぐや姫の「雪が降る日に」 | トップページ | 内閣府の世論調査は思想調査?~「社会意識に関する世論調査」を受けて »

2018年1月24日 (水)

雪かきの腰痛予防に「ママさんダンプ(スノーダンプ)」はいかが?

一昨日(2018/01/22)の雪。当八王子の積雪は、ニュースでは26センチ、我が家の庭では30センチだった。
今回の雪かきでデビューしたのが「ママさんダンプ」。これが結構有用だったので、今日はその紹介。
180124yuki1 先日も書いたが、雪国の雪かき風景を見ていて欲しくなったのが、この道具。それまでは、スコップ型の物で、金属製とプラスチック製の両方を使っていたが、何せ効率が悪い。通路の雪を運ぶのに、何度も雪を持ち上げて運ぶしかない。そのうちに疲れて、スコップに雪を乗せてズルズルと引っ張るが、途中で雪が落ちて、これまた効率が悪い。
180124yuki2 それでちょうど1年前の2017年1月にAmazonで買ったのが「ママさんダンプ」という雪かき機。昨年は残念ながら雪が降らず、出番がなかったが、今回は大活躍。
雪にズズッと差し込み、ズルズルと引っ張ってきて、陽の当たる場所で捨てる。雪を持ち上げないので、腰が楽。そもそも一度に運べる雪の量が多い。しかし、運ぶときに落ちないように腰をかがめるので、それはツライ。それでこの製品について“研究”してみた。

そもそも「ママさんダンプ」という名称は、商品名で、一般名は「スノーダンプ」と言うそうだ。180124mamasan1 ママさんでもダンプのように雪を運べる、ということでこの名前が生まれたそうだ。その名の通り、今回買ったのが女性用なのか、男性では腰を屈むのが少々ツライ。それで「パパさんダンプ」という製品もあるという。
今回買った「ママさんダンプ(小)」の長さが1120mmなのに比べ、「パパさんダンプ(大)」は1375mmなので、運ぶときにそれほど屈まなくて済みそう。我が家でも、本当は「パパさんダンプ」の方が良かったようだ。

そして値段。まあ季節商品は、需要と供給で値段が大きく変動するのは常。昨年自分が「ママさんダンプ(小)」をAmazonで買ったときは、1月中旬だったが送料込みで3150円。
180124mamasan2 今朝Amazonを見たら2900円+送料(関東)600円だった。それが昼頃見たら売り切れていて、最安値は別のショップの送料込み(関東)4780円になっていた。
近場のホームセンターでは見かけないので、東京では通販で手に入れるしかない。雪国では一家に一台の必需品らしいので、近くの店で買えるのだろう。
しかし、保管は大変。結構場所を取る。折りたたみ式の物もあるらしいが、強度的に心配。
しかし、何と言っても腰痛予防には最適。
つい、夢中になって雪かきをして、“ヨシ完成!”と達成感?を感じたとき、腰痛が・・・
そんな心配が少しでも減るように、夏の安い時期に、「パパさんダンプ」はいかが??

180124sika <付録>「ボケて(bokete)」より


« かぐや姫の「雪が降る日に」 | トップページ | 内閣府の世論調査は思想調査?~「社会意識に関する世論調査」を受けて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« かぐや姫の「雪が降る日に」 | トップページ | 内閣府の世論調査は思想調査?~「社会意識に関する世論調査」を受けて »