« 原発・沖縄・政治はお笑いのネタにしてはいけないのだろうか? | トップページ | 「ER緊急救命室」を連続で見る方法は何が良い? »

2017年12月30日 (土)

暴走する観光客、評判が悪いのはどの国?

さて正月休みがスタートした。昔の記事だが、こんな話題は・・・?
暴走する観光客、評判が悪いのはどの国? 香港紙が選ぶ6ヶ国
 スマホやSNSで人々が繋がったこともあり、世界中の観光客の恥ずかしい行いや驚きの態度が、次々とニュースになっている。なかには地元民を辟易させる行為もあり、ついに罰金を科す国まで出てきているほどだ。観光客の態度に国民性も関連づけられており、評判の悪い国々を香港紙が紹介している。

悪化する観光客のマナー 地元民は我慢の限界?
 フィレンツェのニュース誌『Florentine』によれば、観光客のマナーはこのところ悪化の一途をたどっており、地元は様々な対抗策を取っているという。フィレンツェのサンタ・クローチェ聖堂の階段では、腰かけて昼食を取る観光客を追い払うため、ランチタイムに放水が行171230kankou1 われる。遊泳を試みる者が後を絶たないベニスの運河、カナル・グランデでは、違反者に重い罰金を科している。コイン投げで有名なローマのトレビの泉では、押し寄せる観光客を制限するため通路が設けられ、警官が速やかな移動を命じているという。
 クロアチアのリゾート地、フヴァル島も、増え続ける若い観光客の蛮行に頭を悩ませている。泥酔して街中で嘔吐、街角のいたる所で放尿、Tシャツさえも身に付けず、海パン一丁で歩き回る若者の姿に耐えかね、市長は最高700ユーロ(約9万3000円)の罰金を科すと発表した(ドイチェ・ヴェレ)。
 
すでに世界的に有名? 政府も心配する中国人観光客マナー
 香港のサウスチャイナ・モーニング・ポスト紙(SCMP)は、以前は旅のハプニングは外に漏れることがなかったが、近年は簡単にソーシャルメディア上で拡散されると指摘。見聞きする人の関心を引くのは国籍のようで、同紙は「訪れる土地の人々を恐怖に陥れ、恥ずかしさで同胞をドン引きさせる観光客の国籍は?」として、独断で6ヶ国を選出している。
 最初に上げられたのが中国で、チェックインカウンターでのメルトダウン、客室乗務員への暴行、観光地での破壊行為、果ては公共の場での放尿などはすでにおなじみだとしている。もっとも2016年にはすでに1億2000万人以上の中国人が海外旅行をしており、いまや彼らは世界の観光業の救世主だとも述べている。
 中国政府も自国民のマナーの悪さを問題視しているようだ。ウェブ誌『クオーツ』によれば、中国人観光客が多く訪れるシンガポールの中国大使館では、今年の国慶節の大型連休を前に旅のガイドラインを示した27ページの冊子を作成したという。「飛行機では他の客とケンカする前に客室乗務員を呼ぶこと」、「チップはケチらず現金で」、「写真を撮るときは譲り合う」、「列に割り込むときは許可を得る」、「機内からライフベストと毛布は持ち出さない」、「ホテルのタオルやシーツで靴を磨かない」、「バスは無賃乗車しない」など、細かな注意が記されているということだ。

欧米人も笑えない。こんな観光客は嫌だ
 次に上げられたのがイギリス人だ。彼らは普段のマナーは良いが、酒を飲むと別人になるとされている。酔ってホテルのバルコニーからジャンプしたり、裸で街を駆け回ったりなど目に余る行為も多く、前述のクロアチアの観光客のほとんどが、実はイギリス人の若者ということだ。
 ドイツ人は、そのルールへのこだわりから嫌われているという。食事や部屋が旅行のパンフレットに書いてあったものと少しでも異なると文句をつけ、行程表に記載されたおしぼりや軽食などの些細なものでも、出てこなければ観光そっちのけで約束の履行を主張する。ドイツ人の苦情は、もはやアートの領域に達してしまったとされている。
 ロシア人もやっかいだ。笑わず不作法、当の本人たちが「だれからも嫌われているし、気にしない」というアプローチだとSCMPはいう。ロシアの情報サイト、『ロシア・ビヨンド』は、公の場で汚い言葉を使い、ビュッフェ料理を食べまくり、次の日誰かに取られないようホテルのビーチベッドを自室に持ち去るなどを、ロシア人観光客が嫌われる理由として上げている。
 金に物を言わせて自分のやり方を通そうとするアメリカ人も疎まれているが、現状トランプ大統領以外の国民からはその傾向は薄れつつあると解説されている。金はないのに態度だけは大きいという理由でイスラエル人のバックパッカーも嫌われており、旅行ガイド『ロンリープラネット』の投稿では、チェックイン時にそのパスポートを見たとたん、ホテル従業員のフレンドリーな笑顔が、一瞬にして消えてしまうとされている(SCMP)。

国籍ではない。マナーは自分の心がけ次第
 もっとも、行いの悪いのは常に外国人とは限らない。SCMPは、最悪な観光客はしばしば自国民であると述べ、タイの地方のホテルでは、自己顕示欲丸出しで従業員を怒鳴りつけるのはバンコクから来た旅行者であり、のどかなギリシャの島のレストランで、スタッフに威張り散らし勘定に文句をつけるのは、アテネからの日帰り旅行者だと述べる。ロシア・ビヨンドによれば、2013年のある旅行会社の調査では、42%のロシア人が、最もふるまいが悪いのは自国の観光客だと回答したそうだ。
 行いの悪い人々はどの国にもいるというロシアの観光業コンサルタント、Maxim Korneev氏は、その人のソーシャル・スキルと礼儀正しさに問題があるのであり、国籍の問題ではないと話す(同上)。マナーの悪い個人は誰からも歓迎されないもの。旅行の際は、国内・海外を問わず、常識ある行動を心掛けたい。(
2017/10/23付「NewSphere」ここより)

今年2017年の訪日観光客は、何と2800万人を超えるという。12年まではずっと800万人程171230kankou2 度だったので、その伸び率は凄い。確かに、どんな観光地に行っても、外国人は多い。
そして、自分の国から出て、初めて外の文化に触れ、とまどい、そして顰蹙(ひんしゅく)を買う。
普通は、まず行く先の文化(チップなど)を勉強するのだが、特に仲間内の団体ツアーなどでは、つい自分の国の文化が先に立ってしまい、上のようなトラブルになるのだろう。

日本人も、昔は世界中で顰蹙を買った。1970年代の「農協さん観光軍団」のように、札びらをひけらかす態度の悪評は良く聞いたもの・・・。

「旅の恥はかき捨て」という諺も、遠い昔。上の記事にあるように、旅先の些細な出来事が、Netの力であっと言う間に広がってしまう。それだけ世界が狭くなったのかも知れない。
テレビでも旅番組は多い。4Kの高画質で見ると、本当にきれい。でも、その場所の空気は吸えない。幾ら高画質でも限度・・・

先日沖縄に行ったが、レンタカーは便利。定期観光バスも観光地の駐車場探しに苦労しなくて済むので便利だが、時間の自由さは、レンタカーが一番。しかし付いているカーナビは信用出来ない安物が使われているので、これは困ったもの。むしろスマホのカーナビの方が信用出来るかも・・・
連休になるたびに“現役生は大変ですね~”と斜(はす)に構えて帰省ラッシュのニュースを聞いている老人なのであ~る。

171230kuraware <付録>「ボケて(bokete)」より


« 原発・沖縄・政治はお笑いのネタにしてはいけないのだろうか? | トップページ | 「ER緊急救命室」を連続で見る方法は何が良い? »

コメント

 エムズの片割れさま
 
 こんばんは
 
 いえ おめでとうございます

 なかなか興味深い記事を 紹介していただき有り難うございます

 中国 イギリス ドイツ ロシアーーー

 それぞれの国民性もあり 難しい問題ですね

 義弟が長く アテネにいたもので 旅した時のアテネの街中のことが思い出されます
 最近のオリンピックで どう変化しているのかは知りませんが  三十数年前のアテネの道路は 大半アスファルト舗装ではありませんでした   ローマの街道のような石畳ではありませんが  豊富にある大理石を十分に混ぜ込んでつくられた道が多かったです  問題はブレーキ音が いやに大きいこと  次は ギリシャ人の人となりですが 自己主張が強く 我々日本人なら 方々で言い争い喧嘩をしているかのような声々が聞こえてきます  それがギリシャでは ほぼ普通の会話なんですね
 義弟も 十数年間のアテネ生活で帰ってくると なかなか自己主張の強い頑固者に変貌をとげておりました

 暴走する観光客 だけではないですね

 かのアメリカの T という狂暴な独裁者 好きなようにやっていますね
 自分がえらんだ人間を 毎日のように放逐する  都合の悪いロシア問題が表に出てきそうになると イスラエルの首都にまで手をつっこむ  イランの反政府デモをおこさせる
 パキスタンに喧嘩をふっかける
 もう 何でもあり 首尾一貫性のない 盗人猛々しい とはこういうのをいうのでしょう

 日本でも ほぼ同様 A とかいう独裁者が
三権分立の言葉の内容も知らないかのような言動  虚偽 虚偽 隠蔽  の連続
 金権主義  新自由主義  金融工学の誤りの進歩 などから 人間の劣化が甚だしいですね  とくに 国を正常に進めていかなければならない 官僚 政治家 の劣化は目を覆うばかりです  政治家といえる人はほとんどなく自分のことしか考えない政治屋がほとんどですね 

 毎日のように ため息ばかりです

 今のような 金 金 享楽の世界になりはてると 地球の滅亡も きてもおかしくはないですね  アトランティスの消失にも同じような事象がからんだのでしょうか

【エムズの片割れより】
最近、TVニュースを見ていて、変化があります。ほとんどタイムシフトで見ているので、Aの顔が写されると、直ぐにスキップ(30秒送り)します。それに加えて、最近はTの顔が出て来たときにもスキップするようになりました。
世界中の人が、あの顔を否が応でも見せられる。米国人は罪なことをしたもの・・・!?
カナダが、日本の北朝鮮における対米従属の姿勢に懸念を示したとか・・・
事が起きた時に、最も被害が心配される日本のスタンスが、最も親密であろう米国の隣の国から心配されるような事態。
国民として恥ですね。

投稿: 能勢の赤ひげ | 2018年1月 5日 (金) 20:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 原発・沖縄・政治はお笑いのネタにしてはいけないのだろうか? | トップページ | 「ER緊急救命室」を連続で見る方法は何が良い? »