« 昭和51年の出来事(29歳)~研ナオコの「愚図」 | トップページ | 年賀状の止めどき・・・ »

2017年11月10日 (金)

もしも隕石落下 数百キロずれていたら…恐竜、今も君臨!?

今日の毎日新聞に、こんな記事があった。
隕石落下 数百キロずれていたら…恐竜、今も君臨!? 上空のすす少量、気温下がらず
 東北大などは9日、6600万年前に地球に落ちた巨大隕石(いんせき)の衝突地点が、実際よりもし数百キロずれていれば、恐竜は絶滅せずに現在も繁栄していた可能性があるとする分析結果を英科学誌サイエンティフィックリポーツに発表した。
171110kyouryuu  巨大隕石(直径約10キロ)は、6600万年前にメキシコ・ユカタン半島付近に衝突した。恐竜は約2億2000万年前から繁栄を誇っていたが、衝突で地中から放出されたすすや硫酸塩の粒が太陽光を遮り、地球が急激に寒冷化したことによって滅んだ。この時、恐竜とともに翼竜類やアンモナイトなど75%以上の生き物が絶滅したとされる。
 すすは、地中の有機物が燃えて発生する。海保邦夫・東北大教授(地球化学)らは、隕石衝突で発生したすすについて、気象庁のスーパーコンピューターで解析した結果、230~2300テラグラム(テラは1兆倍)の量が高度1万メートル以上の成層圏を覆うと、地球の平均気温が8~11度下がり、恐竜が死滅すると試算した。
 さらに、これだけのすすを放出する可能性がある地層が世界にどの程度あるか分析したところ、実際の落下地点を含めて地球の13%しかなかったことを割り出した。
 逆に、残る87%のエリアでは直径約10キロの隕石が落ちても恐竜の絶滅は起こらないと考えられるという。その場合は恐竜が現在も繁栄を続けていたと考えられ、今の地球の歴史が変わっていた可能性がある。【阿部周一】

171110inseki 巨大隕石が衝突すると、すすが大量放出される可能性がある世界のエリア(網掛け部分)。6600万年前の隕石は網掛け部分の★印に衝突。発生したすすで気温が下がり、恐竜が絶滅した=海保邦夫・東北大教授提供」(2017/11/10付「毎日新聞」(ここ)より

「歴史に“もし”はない」と言われるが、この“もし”があったら、何と楽しいか・・・?
いや何と怖ろしいか・・・

上の記事によると、恐竜は約2億2000万年前から繁栄し、6600万年前の隕石落下により絶滅したという。
171110hito 改めて、ヒトの誕生を確認すると、霊長類がゴリラと別れたのが1000万年前。そしてチンパンジーと別れたのが490万年前だという。
要は、恐竜の2億年の歴史と、ヒトの500万年の歴史との圧倒的な差・・・。ヒトは恐竜の、たった2.5%の時間しか生きていない。
恐竜は地球に君臨していたのだ。そしてヒトは地球の新参者。ヒトの「出アフリカ」は、180万年前らしい。
171110africa たまたま時代的に両者が出会うことはなかったが、もし同じ世界に生きていたら、果たしてヒトは生き延びられたのかどうか・・・
マンモスは約400万年前から1万年前頃に生息していたというので、ヒトとマ171110syutuahurika ンモスの戦いはあったのだろう。しかし、マンモスは20トンもあるというが、恐竜(プエルタサウルス)は全長30~40m、体重60~80トンというから、桁違い。肉食恐竜も、10m以上。
まさに映画「ジュラシックパーク」の世界だが、島に閉じ込めていない状態で、ヒトと一緒だったらどうなるのか・・・。想像するだけで楽しい!?
たぶんヒトが絶滅されていた??

そんなドラマのような地球の姿の確率が、「隕石の衝突地点が、実際よりもし数百キロずれていれば、恐竜は絶滅せずに現在も繁栄していた可能性がある」というので面白い。
しかも、地球の「87%のエリアでは直径約10キロの隕石が落ちても恐竜の絶滅は起こらない」というのだ。
まさに偶然が重なって今の地球がある。

もっとも、そんなに驚く事もないか・・・・。そもそも地球の存在自体が、水が存在できる奇蹟によるものなので・・・。そんな地球も、あまり大切にされていない・・・。

全てが偶然、と捉えると、今後何があっても、偶然としか思えなくなる。
たとえ、不治の病を宣告されたとしても・・・!?

171110toto <付録>「ボケて(bokete)」より


« 昭和51年の出来事(29歳)~研ナオコの「愚図」 | トップページ | 年賀状の止めどき・・・ »

コメント

子供の頃、世の中で一番不幸な目に合ったのは誰かと雑誌に書いてありました。答えは「空から落ちてきた隕石に当たって死んだ牧場の牛」と書いてありました。その時はなるほどと納得したのですが、今ではそんなものでは驚きませんね。戦争を食い止めたかったら高額な兵器を買えと脅しを掛ける大統領を歓待する国民のほうがよほど恐ろしいと私は思うのですが、戦争を回避する知恵のない人間が増えたのでしょうか。牛ではなくて軍需産業工場に大きな隕石が落ちればいいのにと思うようになりました。

【エムズの片割れより】
トランプ大統領の「戦争が起きるなら向こうでやる。大勢が死ぬが、米国ではなく向こう側で死ぬ」という言葉を思い出しました。
アメリカは武器を売って、ボタンを押すだけ。朝鮮半島と、巻き込まれた日本で死者が・・・
安倍政権は、なぜ日本を戦争に巻き込みたいのか、理由が分かりません。
「日本を戦争に巻き込んだ最悪の首相」という名を歴史に残したいのでしょうか?

投稿: 白萩 | 2017年11月11日 (土) 17:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昭和51年の出来事(29歳)~研ナオコの「愚図」 | トップページ | 年賀状の止めどき・・・ »