« プリンターの印刷不良の対策は「本体を新品に買い換える」~自戒を込めた体験談 | トップページ | NHK「ありのままの最期」~緩和ケア医師/僧侶・田中雅博さんの最期 »

2017年10月16日 (月)

「負け犬?上等じゃないの」~今回の衆院選

今朝起きて居間に行くと、カミさんが新聞に付箋を付けて「この記事、面白いよ」という。その記事がこれ・・・・

「(政治断簡)負け犬?上等じゃないの 編集委員・高橋純子
 国難災難非難GOGO総選挙、みなさまいかがお過ごしですか。ごあいさつが遅れましたが私、先月から次長を離れて編集委員に合流致しました。訂正ゼロ、炎上ゼロ、このオレを、守り抜く。オレ・フォー・オレの決意を新たに頑張る所存でございます。
     *
 いやはや。私とて別に好きでやっているわけではないのだが、ふざけずにいられないのはひとえに、ふざけんなと思っているからである。
 何のための選挙なのか、いまだにさっぱりわからない。それでもひとたび号砲が鳴れば、いやが応でも参加せざるを得ない私たちのトホホ。正々堂々と戦うことを誓いまーすって、あれ? 玉入れのカゴ、赤組のだけ大きくない?
 こんな不条理な大運動会が民主主義という広場で臆面もなく繰り広げられ、最後は勝ち負けという結果にのみ集約されてしまうことにおののく。勝ちさえすればいいのか?と問えば、それが民主主義ってもんさ、うまくしてやられて文句を言うのは負け犬の遠ぼえだよと、訳知り顔の人々に諭される不愉快。
 今夏の高校野球東・西東京大会、早稲田実業・清宮幸太郎主将の宣誓を思い出す。
 「野球の素晴らしさが伝わるよう、野球の神様に愛されるように、全力で戦うことをここに誓います」
 1180人の候補者のみなさん、あなたは何のために戦っていますか? あなたの戦い、民主主義の神様に愛してもらえそうですか?
     *
 さて、勝つことと引き換えにされているのは、なんといっても言葉だ。政治は、言葉を手段とする営みである。主張。説明。議論。説得。ところがどうだ。国会でも、選挙でも、その場しのぎの言い訳やごまかし、扇動、攻撃、分断の言葉ばかりが幅を利かせ、吐いたそばからゴミ箱に放り込むかのごとくの無責任が横行している。その究極が「国難突破解散」だろう。
 政権を選ぶとかのはるか手前にある惨状。源流をたどれば当世のはやり言葉「リセット」「革命」に行き当たる。
 疑惑の追及をかわすため選挙でリセットを試みた人。上向かぬ党勢に音をあげ「解党」というリセットボタンを押した人。とにかく何でもリセットな人……。非歴史的で、前だけを見て、過去は力ずくで「なかったこと」にできると考えている節がある。政治家特有の「病」なのだろうか。
 人間は、当たり前だがリセットできない。だから他人の不信を買わぬよう大言壮語は慎み、説明を尽くす。歴史を参照して過ちを繰り返さぬよう注意する。それでも失敗した時は謝り、反省する。人生の負債をため込まぬよう、こわごわ生きていくしかないのだ。しかしリセットできると思えば、いま・ここ・わたしの欲望を解放し、大胆不遜に生きられる。ツケがたまってきたら、はい、リセット!
 選挙はリセットボタンじゃない。そんな簡単にリセットされてたまるか。負け犬? 上等じゃないの。民主主義の番犬となって、ギャンギャン遠ぼえを響かせてやれ。なかったことにはさせない。私は全然納得していないぞと。」(
2017/10/16付「朝日新聞」p4より)

編集委員とは、新聞社でも結構エライ人らしいが、存分に書いている。確かにこんな捨てゼリフを吐きたいほど、今の政治状況は混迷を極めている。国民から離れていってしまっている。
一方、世界でも「オーストリア総選挙、右派が第1党 31歳首相誕生へ」というように、右傾化が止まらない。

そんな中、こんな記事もある。
衆院選、410万人が期日前投票 前回比1.52倍、全国で増
 総務省は16日、衆院選小選挙区で、公示日翌日の11日から15日までの5日間に有権者の3.86%に当たる410万7108人が期日前投票を済ませたとの速報値を発表した。前回2014年衆院選の同じ期間の確定値は269万9810人で1.52倍となり、全都道府県で増加した。
 都道府県別で最も増加したのは、福井県で2.37倍。次いで、新潟県の2.08倍、島根県の2.06倍だった。」(
2017/10/16付「共同通信」ここより)

実は我が家は、このところ期日前投票に行っている。3回目だ。昨日の日曜日に、近くの出張所に行ったが、まだ1週間前だというのに、結構混んでいるのでビックリ。
なぜ、今回は期日前投票が多いのだろう・・・

今日の午後、ある新聞社から、今衆院選についての世論調査の電話が入った。前にカミさんに一度あったが、自分が応対したのは初めて。
例のごとく、「コンピュータが選んだ電話番号にかけています」から始まって、協力のお願い、選挙区の確認、そして質問・・・。「今回の衆院選に興味はありますか?」「憲法改定に賛成ですか?」等々・・・
「もう昨日、期日前投票を済ませた」と言うと、それを教えてくれとのこと。
しかし、今回の選挙ほど、ある意味「期待し」、「失望した」ことはなかった。
期日前投票が増えたと言うことは、何を意味するのか?
それが「投票日まで待っていられない」というエネルギーとしたら、それが向く方向は??
何ともやりきれない日本である。

20171002184259dca <付録>「まんがイラスト ぼうごなつこのページ」(ここ)より


« プリンターの印刷不良の対策は「本体を新品に買い換える」~自戒を込めた体験談 | トップページ | NHK「ありのままの最期」~緩和ケア医師/僧侶・田中雅博さんの最期 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プリンターの印刷不良の対策は「本体を新品に買い換える」~自戒を込めた体験談 | トップページ | NHK「ありのままの最期」~緩和ケア医師/僧侶・田中雅博さんの最期 »