« NHK「ありのままの最期」~緩和ケア医師/僧侶・田中雅博さんの最期 | トップページ | 衆院選後の再編?~TV朝日・玉川さんの話 »

2017年10月21日 (土)

ラジオドラマ「さくら、ねこ、でんしゃ」~認知症の怖い話

だいぶん前に録音してあったNHKのラジオドラマを、昨夜聞いた。朝、そのストーリーをカミさんに話したら、「面白そうだから自分も聞く」という。それで、居間のPCに転送して聞かせた。

NHKのサイトにはこう解説がある。
FMシアター「さくら、ねこ、でんしゃ」NHK FM 2017年9月30日放送
【あらすじ】
それぞれの定年退職を迎え、セカンドライフに乗り出した夫婦。意気揚々と習い事や社交に余念がない妻。それに引きかえ、生真面目な元エンジニアの夫は“居場所”を見失い憂鬱に沈んでいた。最近、記憶が混濁することが増えてきているのだ。ある朝、ふとした娘との諍いをきっかけに、医師の診断を受けることになる。そこから家族は思いがけない事実と向き合うことになる……。
高齢化社会の生き方をテーマにした小説を公募している「NHK銀の雫文芸賞」(主催:NHK・NHK厚生文化事業団)、2017年の最優秀作品をオーディオドラマ化。」
NHKのここより)

少し聞いてみよう。(FMなので音が良い。ぜひイヤホンで・・・)

<FMシアター「さくら、ねこ、でんしゃ」より>

*この番組の全部(50分)をお聞きになる方は、(ここ=ZIP)をクリックしてしばらく待つ。

このドラマを聞いたカミさんの感想は「怖い話・・・。でも本人の尊厳を大切にしている」。

昨夜、新宿のレストランで、3ヶ月毎に開いている、元の会社の飲み会があった。メンバーは79歳~70歳の6人。自分が最も若い。皆、自分を除いて子会社の社長などをしていた“昔はエライ人”。でも今は皆、肩書きのない平民。そんな6人が、年4回の季節毎に会って、雑談。今回が51回目。10年以上続いているが、今回は「健康確認会」に名前を変えようかという話も出た。
新宿の飲み会に出て来られるのは、健康の証拠。
年齢的に、いつ何時家族が認知症にならないとも限らない。メンバーの一人は、先日肺がんで弟を亡くしたと言っていた。つまり、認知症の話も、決して他人事ではないのである。

ネタバレになるので、ドラマのストーリーについては、これ以上書かないが、このドラマのように、認知症の家族を抱えたとき、その尊厳を守りつつ、平穏な日常を送ることは大変だ。しかし何度も繰り返すが、それも他人事ではない。自分も自信は無い。
今からでも、頭の体操に囲碁でも始める?いや無理だな・・・・
どうしたら、認知症の発症を遅らせることができるのだろうか・・・!?
悩むこの頃である。

201710201532247c8 <付録>「まんがイラスト ぼうごなつこのページ」(ここ)より


« NHK「ありのままの最期」~緩和ケア医師/僧侶・田中雅博さんの最期 | トップページ | 衆院選後の再編?~TV朝日・玉川さんの話 »

コメント

<「さくら、ねこ、でんしゃ」> 朝方の埠頭にいる自分に気が付く、というちょっと幻想的ともとれる描写で始まっています。手にリモコン、足元には眼下に黒々とした打ち寄せる波、となんとも不穏な感じで始まり、自分を失ったかのような不安が独特の感覚で伝わります。タイトルも面白いですね。自分のことを、「仕事人でも家庭人でもなく、老人……」との自嘲的な言い方に、喪失感がよく出ていたと思います。奥さんが認知症とわかったときは驚きでした。娘さん、奥さんとそれぞれのドラマがよく描かれていてとても感動しました。
ラジオドラマはぜんぶ「NHK「ラジオ深夜便」など」の項目に入っているのですよね。
これからもラジオドラマをたくさんアップしていただけると嬉しいです。最新のでなくても、ここ数年のラジオドラマも聞かせていただけたら幸いです。

【エムズの片割れより】
2011年以降の「FMシアター」の録音はほとんどあります。NHKの「オーディオドラマホームページ」で検索し、もしお聞きになりたい作品があれば、リクエスト頂ければ対応出来ます。

投稿: エゾユキ | 2017年12月 4日 (月) 23:24

エムズの片割れ様
ありがとうございます!。ブログ全体も広くかつ深くで、改めて驚いています。沖縄旅行、楽しそうですね。「文化講演会「映像を小説にする、楽しさと難しさ」、「FMシアター「異人たちとの夏」(」なども聞き始めており、また感想など述べさせていただけたらと思っております。
では、お言葉に甘えて「FMシアター」、リクエストさせていただきます。とりあえず、可能であれば「空振りホームラン」、「声命線」、「踊らされながら(再)」、「「男と女」と男と女」、「トコマとよっちゃん(再)」、「百八つの人助け」などを聞けたら嬉しいです。ご検討のほどよろしくお願いいたします。また、できましたら、追加リクエストなどさせていただければ幸いです。

【エムズの片割れより】
下記よりダウンロードして下さい。(12/21 PM8 まで可)
最近の放送ですね。まだまだあります。

http://file-post.net/ja/fp9/d2/1513422088_98952859_120/?id=n73QyNESZ4Zq

投稿: エゾユキ | 2017年12月16日 (土) 18:49

エムズの片割れ様
お忙しいところ早速に本当にありがとうございます!。ラジオドラマはテレビドラマよりはるかに面白いと感じており、本当に楽しみです。また感想など語らせていただけたらと思います(なるたけネタバレにならないように注意して書かせていただきます。)。さらにお言葉に甘えて「FMシアター」ですが、「眠れない女」、「さよならサリバン先生」、「秋桜の種」、「青い羽ねむる」、「星空ロック(再)」、「よい宵の祭り」、「踊らされながら」などもお願いできませんでしょうか。(正月休みなどに一気に聞けると思いますので……)図々しくてすみません。自分でもラジクールで録音している(試みている?)のですが、なぜかうまくいかず……(;´д`)。なので、よろしくお願いいたします。

【エムズの片割れより】
下記よりダウンロード下さい。

http://file-post.net/ja/fp9/d2/1513510665_152554721_120/?id=RDDUIGsmJwcv

「秋桜の種」はradikoolの不調により、ありませんでした。
(ファイルは5日間(12/22/2017, 20:37(JST))で削除されますので、ご注意ください。)

radikoolは、当方ZIP版に変えましたが順調に動いています。

投稿: エゾユキ | 2017年12月17日 (日) 16:35

エムズの片割れ様
再び、素早いご対応、まことにありがとうございます!!。
さっそく「踊らされながら」など聞きはじめているのですが、好きなことを成就させることの難しさ、並大抵ではない努力(と必ずしも得られない期待した結果)、周囲の反応との葛藤などひしひしと感じられて、感慨深いものがありました。一気に引き込まれてしまいます。まだ前半でも、このような緊迫感なのですから、後半どんな展開になるのか楽しみです。
わたしも、ラジオの録音、ちゃんとできるよう、いろいろ工夫してみたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: エゾユキ | 2017年12月18日 (月) 18:47

メリークリスマスですね。
エムズの片割れ様 だいぶん、聞かせていただきました。いずれも傑作だと思いました。「トコマとよっちゃん」や「声命線」など、あと何度かきいて勝手ながら感想を投稿させていただければと思います。
<踊らされながら> メインのテニスの話もまったく安直さがなく、すばらしいですが、主人公とヒロインがお互いに想っていながら、けっこうな時間を経過しながら、インタビューのときしか接点がないなど微妙な感覚が胸に刺さりました。冒頭の「ボールをうつ音にあわせて踊っているみたい」も複線になっているのですね。脇役のカップル? もいいですね。シビアな話ながら、会話などユーモアのセンスは抜群です。ネタばれっぽくなってしまうので述べませんが、ヒロインの行く末も涙をこらえることができませんでした。大げさですみませんが、言葉では言い尽くせないほど感動しました。本当にこういう感じのストーリーがテレビではほとんど見られないのが残念しごくです(有料放送ではあるのかもしれませんが……)
……あのぉ、もし可能でしたら、しつこくて申し訳ないのですが、「もと天使松永(再)」、「あなたに似た街」、「レ・コードがくれた奇跡」、「白き鳥、赤き花」、「唄娘」、「春までの旅」「父が還る日」なども聞かせていただければ大変幸いなのですが……。年末でお忙しいなか、心苦しいですが、ご検討のほど、よろしくお願いいたします。

【エムズの片割れより】
「春までの旅」はありませんでした。

http://file-post.net/ja/fp9/d7/1514200621_134248055_120/?id=btys8mhJt9BX

(ファイルは5日間(12/30/2017, 20:17(JST))で削除されますので、ご注意ください。)

投稿: エゾユキ | 2017年12月25日 (月) 18:59

エムズの片割れ様 
年末のお忙しいなか、さっそくにありがとうございます!。お手数おかけし申し訳ございません。楽しみです さっそく聞かせていただきたいと思います。

投稿: エゾユキ | 2017年12月26日 (火) 12:56

亀レスですみません。
私もこの放送聞きました。
最後のどんでん返しがサスペンスストーリで
身に詰まされました。(怖い)65を過ぎれば認知症は身近な病になるのでしょうね・・・しかも、発症すれば壮絶な試練が待っている。
映画「明日への記憶」を思い出しました。

【エムズの片割れより】
高齢者になれば、いつ何時、何があってもおかしくない。
そう思いつつ、日々を送らないといけないのでしょうが・・・

投稿: 耳鳴りオーディオマニア | 2018年9月13日 (木) 10:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NHK「ありのままの最期」~緩和ケア医師/僧侶・田中雅博さんの最期 | トップページ | 衆院選後の再編?~TV朝日・玉川さんの話 »