« 研ナオコと中島みゆきの「海鳴り」 | トップページ | 免許更新の「高齢者講習」に行った話 »

2017年7月 4日 (火)

「佐川理財局長、国税庁長官に出世」に思う

既にウワサが流れていたが、佐川理財局長が、国税庁長官に昇格するんだそうだ。
財務省の佐川理財局長、国税庁長官に 森友問題で批判
 麻生太郎財務相は4日、財務省の佐川宣寿・理財局長(59)を国税庁長官に充てる人事を発表した。5日付。退任する迫田英典長官(57)の後任となる。佐川氏は学校法人「森友学園」への国有地売却問題の担当局長として、国会での追及に「不当な働きかけはなく、記録も残っていない」などと答弁を繰り返し、情報公開に消極的な姿勢が批判を浴びた。野党からは「森友問題の功労者として『出世』させた」との指摘も出ており、税の徴収を担う国税庁のトップとして納税者の理解を得られるかが問われる。
 麻生氏は4日の会見で、佐川氏の国会対応について「丁寧な説明に努めてきた。とくに瑕疵(かし)があるわけでもない」と評価。「佐川は国税庁次長や大阪国税局長といった税の関係をいろいろやっているので適材だ」と述べた。
     ◇
 佐川宣寿氏(さがわ・のぶひさ) 東大卒、82年大蔵省(現財務省)に入り、関税局長などをへて16年6月から理財局長。」(
2017/07/04付「朝日新聞」夕刊ここより)

先の森友問題で、佐川局長の国会答弁ほど不愉快なものは無かった。
言うまでもないが、国会議員は国民の代表者。その主権者の質問に、憲法第15条2項で「すべて公務員は、全体の奉仕者であって、一部の奉仕者ではない」と規定されているにも拘わらず、自分のボス(安倍首相)の為だけに動いた。
まさに「木で鼻を括る」答弁に終始した。そして、財務省を“立派に”統括して、文科省のような、内部告発を発生させなかった。これはボスからすると、大功労者。
あの佐川局長の厚顔無恥の態度・姿勢に、国民はあきれると言うより、感心したのではないか。官僚とは、かくも「上」の言いなりになるものかと・・・。国民不在で・・・
そして思った。この人は出世するぞ・・・・!!
そして案の定・・・。まさに論功行賞だ。

この佐川理財局長と、文科省の前川前事務次官との姿勢の違い・・・。これは人間性の問題だろうか? いや、現役とOBの違いではなかろうか?
確かに、「鉄面皮」風の佐川局長と、善人そうな前川さんの顔の違いはある。しかし、前川さんはOBだからこそ言えた。現役官僚は、真実は語れない・・・。

そして佐川局長の、ボスを守るための「(電子データは)短期間で自動的に消去されて、復元できないようなシステムになっている」という大ウソも、記録として後世に残ってしまった。
しかし、前川さんもそうであったように、現役官僚は、やむを得ない面もある。自分の個人的な生活がかかっているので、黙るしかない・・・。忖度するしかない。
周りも、こんな大ウソも「仕方がない」と思う。しかし、それによって大出世するとなると、話は別だ。

言うまでもなく、人事は人事権を持っている人の好き嫌い。内閣人事局なはその好例。自分に都合の良い人は昇格させ、楯突く人間は飛ばす。まあ当たり前の話。
しかし、誰もが認める実力者なら、周囲も納得する。しかし、力もないのに上の好き嫌いで昇格した人は、始末に悪い。前川さんの次官昇格は、周囲も認めているという。
そこで、今回の佐川局長の昇格は、周囲はどう思っているのか・・・・
たぶん、「上」が健在なときは、誰もそれを口にしない。
しかし、「上」が失脚した後、その依怙贔屓(えこひいき)で昇格した人の人生は、その後、どうなって行くのか・・・

それにしても、昇格したポジションが「国税庁長官」というのはブラックユーモア。
書類を「無くしました」「処分しました」を連発していた人が、「エビデンスがなければ経費として認めない」と強面で言う税務署のトップだって・・・

佐川局長も、今回の事件では、ある意味被害者・・・。こんな事件が無ければ、役人生活も平穏だったかも知れないし、これだけ世間から注目されることもなかっただろう。
「上」に忠実だった優秀な官僚。今後、自分の国会での発言や姿勢が、ブーメランのように、“正直な自分”を襲わなければ良いが・・
おっと、そんなヤワは、高級官僚にはなれないか・・・
「やっぱりな・・・」と思いつつ読んだニュースだった。

20170704155701d8d <付録>「まんがイラスト ぼうごなつこのページ」(ここ)より


« 研ナオコと中島みゆきの「海鳴り」 | トップページ | 免許更新の「高齢者講習」に行った話 »

コメント

不公平 不誠実 そのものですね

 あんな人の下で働かねばならない 税務にたずさわる方々 その気持ちお察しいたします
 
 あの鉄火面のような顔が カニバリズムの佐川君と 二重写しになってくるのは 僕だけでしょうか

【エムズの片割れより】
今日の朝日新聞でも、モーニングショーでも非難囂々ですね。

投稿: 能勢の赤ひげ | 2017年7月 5日 (水) 12:41

国民の声は犬の遠吠えと一緒ですね。政府も官庁も保身に必死で国民の声を全く聞かない。
豊田議員の怒鳴り声を秘書ではなく総理に聞かせれば良いのにね。「バカ!アホ!・・・・」
アキエさんにも聞かせてやりたいですね。
漫画みたいなご一同様方に「税金を返せ~」と。

【エムズの片割れより】
ホホホ・・・・(コメント無し)

投稿: 白萩 | 2017年7月 6日 (木) 21:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 研ナオコと中島みゆきの「海鳴り」 | トップページ | 免許更新の「高齢者講習」に行った話 »