« 今日は元旦~福島・高野医院長、火災で亡くなる | トップページ | エドゥアルト・シュトラウス作曲「カルメン・カドリーユ」 »

2017年1月 3日 (火)

兄の72歳の誕生会

何と、昨日(2017/01/02)は、弟の発案による兄貴の“72歳の誕生会”に参加してしまった。
連れ合いを亡くして5年半。兄貴は昨日で、72歳になった。近くに住む弟が、色々と面倒をみてくれているが、その兄貴を自宅に呼んで、誕生会をするというので、自分も“ちん入”することにした。
久しぶりにそろった3兄弟。ウチのカミさんが手作りしたケーキで、“Happy birthday to you”を歌おうとしたら、何と義妹が小さなハープを持ってきた。聞くと最近習っているという。(あとで調べたら、「グレースハープ」という名で、膝に乗せて演奏する物らしい。)
そのナマのハープの音に合わせて「Happy birthday to you~~~」を歌った!!
そして、これもカミさんが100円ショップで見付けた「Happy birthday ・・」の音の出るロウソクに火を付けて、72歳の爺さんが“フ~~!”

こんな儀式に縁のない兄貴が、それをしている姿は、ある意味滑稽でもある。でもまあ、72歳を筆頭に、69歳の自分と64歳の弟の老人3兄弟がそろったこと自体に、感謝せねば!?

弟の家には、お袋が亡くなったとき以来、3年ぶりの訪問。昨年買ったという居間のテレビがデカイ。55インチだという。それを1m余で見ている。今はそんな時代か・・・。
まずは仏壇にお参り。位牌は全て弟が管理してくれているので、小さな仏壇から、たくさんの位牌が溢れそう。

今回、兄弟に聞きたかったことは、夢にお袋が出てくるかどうか・・・
「親父が亡くなった時には、一切夢に出て来なかったが、お袋が亡くなってから、夢によく出てくる。しかも、お袋につられて親父まで出てくるようになった」と言うと、弟は「夢に出て来たことはない」と言う。しかし兄貴は「親父もお袋もよく出てくる」と言う。
この言葉で、とりあえず、ホッとする。自分だけ“たたられて”いるようではないようだ。
兄貴に「どんな夢?」と聞くと「日常のこと」で、あまり覚えていない。まあ自分も、少し時間が経つと忘れてしまうので、まあそんなもの・・・。

そして、いつも出る話題は、“自分たちは良い時代に現役を過ごせた”ということ。
兄貴も自分のペースで仕事を伸び伸びやったし、弟も会社の大ピンチのときも、何とか会社に踏み止まって、来年の65歳の定年を迎えられそう。そして自分も、行け行けドンドンの時代に現役時代を過ごせて68歳まで勤められた。これは、今の時代を生きる人からみると、羨ましい人生だった・・・!?

これからは、健康と老化に目が行く。聞くと、兄貴も常に飲んでいる薬は、便秘薬くらいだというし、弟は特に飲んでいないという。それに引き替え自分は、“心臓が規則正しく動けよ!薬”と“胃酸は出過ぎるなよ!薬”の2種類を常用している。つまり、健康的には、自分が一番やばそう・・・。でも、お互い重大な病気にはなっていないので、これは有り難い。

元旦に貰った年賀状をめくりつつ、それぞれ相手の年齢を数えてみると、昔の同僚も、次々と80歳を越えていたり、それぞれが“もうトシ”。幸いなことに、訃報はほとんど無いので有り難いが、これからは健康問題の話題が中心になっていくのだろう。

自分はもちろんだが、自分たちが生きてきた回りの人たちも、確実にトシを重ねている。
ひょんな事で、72歳の誕生会という珍事?に参加してしまったが、とりあえずは、兄弟が健康で集まれる幸いに感謝してしまった。

義妹の料理に皆で舌鼓。そして帰り時間になって、また仏壇に手を合わせた。そしてお袋に「もう夢に出て来ないでね!」と・・・
その甲斐あってか?少なくとも昨夜の夢には、お袋も親父も出て来なかった。
夢の原理は良く分からない。兄貴も見るというので、気にはしないが、そろそろ“親から脱皮”したいものではある。
また、もし来年も誕生会をするというのであれば、またちん入したいもの。そして、それが少しでも長続きすることを祈りたい。

●メモ:カウント~980万

170103hara <付録>「ボケて(bokete)」より


« 今日は元旦~福島・高野医院長、火災で亡くなる | トップページ | エドゥアルト・シュトラウス作曲「カルメン・カドリーユ」 »

コメント

エムズの片割れ 様
初めてコメントさせて頂きます。
小生、お兄様と同じ当年とって72歳になる田舎住まいのじじいで、”のんた”と申します。
随分昔の話になりますが、あるブログ記事で若山彰さん歌唱の「惜春鳥」が話題になった時、お名前を拝見したような気がします。
当ブログを拝見しますと、2006年以来ほぼ欠かさずに色々な話題を取り上げ記事更新されているようです、毎日の大変な努力に敬意を表します。
仲良し三兄弟が集まって誕生会を開くなど羨ましくもあります、小生も三姉弟(姉・兄・小生)でありますが子供の頃以外姉弟で誕生会などやったことがありません、その兄も昨年鬼籍に入り随分寂しくなりました。
昨年は学生時代の友人や会社の元同僚などの訃報が次々に入り黒ネクタイが大活躍の年でした、自身の年齢を考えますと仕方が無い事ですが寂莫の感ひとしおです。
しかしながら小生はまだ生かされています、このことを神に感謝しながらあと何年か趣味を生きがいに余生を楽しみたいと思っています。
今後ともブログ読ませて頂きます、よろしくお願い致します。
~~仲良し三兄弟の誕生会が末永く続くことを祈願しながら~~

【エムズの片割れより】
嬉しいコメントをありがとうございます。
「毎日の大変な努力」なんてしていません。
そもそも「定年後何をしようかな~」がコンセプトで綴りだしたblogですが、昨年リタイアした後は、何とこのblogに書くことが「定年後にすること」になってしまったようです。
まあ、書くことも頭の体操。内容はまったくの日記であり、備忘録です。そもそも人様に読んで頂くものでは無いのですが、何となく・・・
当方ももうすぐ70歳。自分でもビックリします。何もしないよりも良いかなと、blogを続けているわけです。
“誕生会”は、ブラックユーモアかも・・・(^o^)
まあカミさんは姉妹がないので、それに比べれば、兄弟はいた方がよいかな、なんて最近思っています。

投稿: nonnta | 2017年1月 4日 (水) 15:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日は元旦~福島・高野医院長、火災で亡くなる | トップページ | エドゥアルト・シュトラウス作曲「カルメン・カドリーユ」 »