« 団塊Kさんの海外一人旅「#32中国・貴陽紀行」 | トップページ | 2016年を新聞の川柳で振り返る »

2016年12月30日 (金)

東京五輪・女子体操・金~チャスラフスカさんの生涯

だいぶん前だが、NHKラジオ深夜便で「わが心の人「ベラ・チャスラフスカ」ノンフィクション作家…長田渚左」(2016/12/16放送)を聞いた。
ベラ・チャスラフスカは、今の若い人は知らないだろうが、我々初老の人間には馴染みの名前。東京五輪の女子体操の花だった。
そのチャスラフスカさんが亡くなったのだという。Netで見るとこんな記事が見付かった。

五輪の名花」チャスラフスカさん死去 女子体操で金
 1964年東京五輪の女子体操で三つの金メダルに輝き、「五輪の名花」「東京の恋人」と呼ばれて日本でも親しまれた旧チェコスロバキア出身のベラ・チャスラフスカさんが30日、故郷のプラハの病院で亡くなった。74歳だった。
161230chasrafska  42年、プラハ出身。東京五輪では個人総合、跳馬、平均台で金メダルを獲得。68年メキシコ五輪でも個人総合で2連覇を達成するなど四つの金メダルに輝いた。3度出場した五輪で合わせて11個のメダルを獲得した。
 優雅な演技で日本を含め、世界中のファンを魅了したが、母国の民主化運動、68年の「プラハの春」を支持する「2千語宣言」に署名したため、迫害を受けた。89年の民主化で名誉を取り戻した後は、大統領顧問やチェコ五輪委員会会長も務めた。
 だが、息子が元夫を死なせてしまう事件をきっかけにうつ病を患い、90年代終わりごろには表舞台から姿を消した。10年以上にわたる闘病生活を乗り越えると、日本にもたびたび来日。11年には東日本大震災の被災地にも訪れた。
 昨春、膵臓(すいぞう)がんで10時間に及ぶ手術を受けた。その後も化学治療を続けていたが、今年6月、肝臓にがんが見つかり、医師から余命が短いことを宣告されていた。(金島淑華、ウィーン=喜田尚)」(
2016/8/31付「朝日新聞」より)

この番組は、そのチャスラフスカさんを25年間取材し、「桜色の魂~チャスラフスカはなぜ日本人を50年も愛したのか」を著した長田渚左氏の話であった。
その一部を聞いてみよう。

<NHKわが心の人「ベラ・チャスラフスカ」長田渚左より>

*この番組の全部(41分)をお聞きになる方は、(ここ=ZIP)をクリックしてしばらく待つ。

この中で、次の言葉が重たい・・・
「人間の尊厳、自由という物への希求。それがいかに大切なものか。亡くなる1年前に会った時も、彼女はその事を何度も言っていて、『降って湧いたような平和など無い。日本は自分たちが作り出した訳ではないが、平和憲法を持っていて、それを使いこなして70年来た。世界で唯一の被爆国なのに、戦争をしないことをモットーとして生きてきた。あの憲法を使いこなしてきたことをもう一度、あなたの友だちに言ってちょうだい。降って湧いたような幸せ、平和なんか無い。」だからこそ、今の日本の状態に対しては、非常に心配していた。『オリンピックは大丈夫。2020年は日本はうまくやってくれる。それ以外が心配・・・』と」

この言葉が心に響いた・・・

それにしても、チャスラフスカのうつ病は、14年続いたという。その状態が「一日椅子に座ったらそのまま。お風呂にも入らない、ご飯も食べない、という状態」だったそうだ。
それが恩人・遠藤幸男氏の病気の話を聞いて、遠藤氏への思いが復活する糸口になったという。

チャスラフスカさんについては、前に一度記事を書いたことがあった。もう7年も前、2009年10月28日付で「体操・池田敬子さんとチャスラフスカさん・・」(ここ)という記事だった。NHKラジオ深夜便「こころの時代『我が体操人生に悔いなし』女子体操コーチ 池田敬子」(2009/10/12放送)を聞いた時の記事。HDDを調べたら、この時の録音が残っていたので、チャスラフスカさんについての部分を聞いてみよう。

<NHKこころの時代『我が体操人生に悔いなし』池田敬子より>

それにしても、チャスラフスカさんの自由への信念は驚嘆に値する。いつまで続くか分からない不遇を、20年以上耐えた。信念さえ変えれば、裕福な人生が待っていただろうに・・・
そして、14年も続いたといううつ病。この話も凄まじい。
何でもそうだが、将来に明るさが見えていれば、頑張れる。しかし、それがいつまで続くか分からないと、介護の世界でもよく言われるように、とても続かない。

そして、自由に対する困難を耐えた心も、家族の悲劇に対しては、折れてしまった。それほど、家族は重たい・・・
うつ病は、世に多い。しかし、見方を変えれば、14年も重篤なうつ病を患っていても、チャスラフスカさんのように、何かをきっかけに復活することも出来る。この事実は明るさも与えてくれる。

チャスラフスカさんの壮絶な生涯を垣間見て、その信念に驚くと共に、チャスラフスカさんの指摘、つまり日本の平和に対する感度が鈍くなって、じわじわと“普通の国”になることへの懸念を、今更ながら憂う自分である。

★市川崑監督「映画 東京オリンピック」が2016/12/31 19:00~22:00 BS12(BS222 BSトゥエルビ)(ここ)で放送されます。もちろんチャスラフスカさんの姿も・・・

(関連記事)
体操・池田敬子さんとチャスラフスカさん・・ 

161230lion <付録>「ボケて(bokete)」より


« 団塊Kさんの海外一人旅「#32中国・貴陽紀行」 | トップページ | 2016年を新聞の川柳で振り返る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 団塊Kさんの海外一人旅「#32中国・貴陽紀行」 | トップページ | 2016年を新聞の川柳で振り返る »