« 定年退職後のペース作り | トップページ | 高3の生徒名簿が自衛隊に提供されている »

2016年3月22日 (火)

両親の虐待で中学生自殺、相模原市児童相談所は保護せず

カミさんが、昼の番組(TV朝日pm1時「ワイド・スクランブル」)でこんな話を聞いて、それはもう不機嫌・・・
中学生虐待 警察や児相指導むなしく 自殺図り2月死亡
 相模原市児童相談所は22日、両親から虐待を受けて児相に通所していた男子中学生が自殺を図り、今年2月に死亡していたと明らかにした。生徒は虐待が続くため保護を求めていたが、児相は「切迫した緊急性がなく、家庭環境は改善の方向に向かっている」として、親の同意なしに強制的に引き離す職権での保護を見送っていた。
 児童相談所は、子どもの安全を確保するために、虐待を受けた子どもを親から引き離し、一時保護することができる。原則は子どもや保護者の同意を得るが、放置すると「子どもの福祉を害する」場合は、職権で強制的に保護する権限を持っている。
 相模原児相の鳥谷明所長によると、2013年11月に生徒の額が腫れて顔に傷があることに当時通っていた小学校の教師が気付き、市に通報した。児相が経過を見ていた14年5月末、生徒は深夜にコンビニエンスストアに「親に暴力をふるわれた」と逃げ込み、警察に保護された。
 児相は両親から事情を聴いた上で虐待事案と認定。虐待をやめるよう両親を指導し、6月から男子生徒と両親を一緒に毎月1〜3回程度、児相に通所させた。それ以降、生徒は児相職員に「暴力をふるわれるので家にいたくない」「児童養護施設に行きたい」などと度々訴えていたが、児相は保護を見送った。
 その後、生徒は10月上旬から親の体調不良を理由に通所しなくなった。児相職員は学校を訪れて面談していたが、生徒は11月中旬、親戚宅で首つり自殺を図って意識不明となり、重度心身障害となった。昨年6月に児相に入所した後、容体が悪化して今年2月末に死亡した。
 厚生労働省は、職権による一時保護について通知で「保護者の反発をおそれて控えるのは誤り」とし、積極活用するよう求めている。鳥谷所長は「一人の尊い命がこういう形で失われたことについて大変深く、重く受け止めている」としつつ、「通所によって親との関係が改善しており、職権で生徒を保護するだけの緊急性、差し迫った状況はないと判断した」などと説明している。【高橋和夫、黒田阿紗子】
<児童相談所>
 児童福祉法に基づく、都道府県と政令市に設置が義務づけられている機関。2006年から希望する中核市も設置できるようになり、現在全国に208カ所ある。18歳未満の子どもや家庭に関する相談、調査をするほか、虐待を受けた子どもの一時保護なども担当する。15年7月からは児童虐待の全国共通ダイヤル(189番)の対応もしている。」(
2016/03/22付「毎日新聞」より)

Netで見ると、上の毎日新聞の記事が一番詳しいが、タイトルが気にくわない。「警察や児相指導むなしく」とは何だ。何でかばう!?

朝日のタイトルの方が、フィットする。
相模原の中学生自殺 両親の虐待で相談、児相は保護せず
 相模原市は22日、両親から虐待を受けて市児童相談所(児相)に通所していた男子中学生(死亡当時14)が、自殺を図って2月末に死亡したと発表した。児相には強制的に親から子どもを引き離して保護する職権などが認められているが、児相は「急迫した状況ではなかった」などとして保護していなかった。
 児相によると、2013年11月、生徒の顔がはれているなどと、市の担当課から通報があった。児相は当初、学校などを通じて対応していたが、14年6月の深夜に生徒がコンビニに駆け込み、警察官に保護される事案が発生。生徒が「親から暴行を受けた」などと説明したことから、以降は定期的に両親と生徒への直接指導を続けていた。
 だが、14年10月に母親の体調不良で両親への指導ができなくなった。児相は学校で生徒への指導は続けてきたが、生徒は11月中旬に親族宅で自殺を図った。その後、意識不明の状態が続いていたが、今年2月に死亡した。
 両親による生徒への暴力は遅くとも小学校高学年から続き、両親も認めていたという。児相は生徒の一時保護を提案したものの、親の同意が得られず、生徒への指導も可能だったことから、一時保護は行わなかったという。生徒は児相が関わる以前から継続して児童養護施設への入所を希望していたという。
 児相の鳥谷明所長は22日の記者会見で「我々がかかわってからは関係改善がみられたので、職権保護をしなければならないような急迫した状況ではなかった。対応は間違っていなかった」と説明し、「一人のお子さんの命が失われたことは大変深く重く受け止めている」とした。今後、対応が適切だったかについて市の審議会に意見を求めるという。また、両親の暴行と生徒の自殺との因果関係については、「因果関係を私の口からはっきりと述べることはできない」とした。」(
2016/03/22付「朝日新聞」夕刊p10より)

テレビで言っていた、相模原市児童相談所で少女を裸にしたという事件は、こんな事だったらしい。
児相職員 育成体制に不備…相模原市報告書
 相模原市児童相談所(児相)の職員が一時保護中の少女たちを全裸にして所持品検査を行った問題で、市は15日、検証報告書と再発防止策を発表した。実務経験の浅い職員が様々な課題を抱える子供の対応に苦慮し、適切な助言を受けられる体制もなかったことが問題の背景にあるとし、基本動作マニュアルを策定するとともに、他自治体との人事交流、外部の専門家による指導などを通じて職員の育成を図っていくという。(矢牧久明)
 報告書は全裸検査が発覚した昨年12月から今月8日にかけ、児相の一時保護所の職員50人(非常勤を含む)に聞き取り調査し、外部有識者の意見を踏まえてまとめた。
 全裸検査は昨年8月、子供たちが職員に要望などを伝える「意見箱」の記入用紙が1枚なくなったことから、女性職員2人が少女9人に対して行った。
 報告書によると、職員2人は当初、服のポケットの中を確認して所持品をチェックしようとした。しかし、以前に保護中の少女が売春に関するメモ書きを下着に隠していたことがあったため、女性上司が「その方法では不十分」と認めなかった。
 これを受け、職員2人は、1人が少女の前に立ってタオルを広げ、周囲から見えにくい状況にしたうえで、少女にすべての衣類を脱いでもらい、もう1人が衣類を細かく調べる方法を提案。上司は「不正抑止になる」と実施を指示した。
 報告書はこの点について「性急な対応」とし、「刃物などとは異なり、切迫した危険性があるものではなく、緊急に所持品検査を行う必要がなかった」と結論付けた。
 相模原市児相は政令市移行に伴い2010年に開設され、一時保護所は14年に開所したばかりだ。報告書は「職員の実務経験が浅く、専門的指導、助言が十分に受けられる体制ではなかった」と指摘。「想定以上の困難に直面し、職員は適切な対応の判断に迷っていた」といい、「児童に向き合うよりも、問題を起こさせてはならないという管理意識が強くなっていったと考えられる」とした。
 市は再発防止策として▽横浜、川崎市など他の自治体との人事交流▽所持品検査の具体的な方法などに関するマニュアル策定▽外部の専門家による定期的な専門的指導――などを挙げ、児相内部で人権侵害や虐待が疑われる事案が発生した場合は公表することにした。
 記者会見した佐藤暁・こども育成部長は「人権研修を継続的に行い、子供の立場に立った施設運営ができるよう職員を育て、信頼を回復していきたい」と述べた。」(
2016/03/16付「読売新聞」ここより)

子どもの最後の駆け込み寺である児童相談所が、こんな体たらく!
どうもその原因が、「相模原市児相は政令市移行に伴い2010年に開設され、一時保護所は14年に開所したばかりだ。」にあるとすると、市民にとっては、あまりに滑稽であり、悲劇!
こんなバカバカしい話はない。“誰か”が実力以上に背伸びをして、失速!?

カミさんがいつも言う。「親になってはいけない人が、親になっている。」
家庭というオリの中で、子どもは逃げ場が無く、このような痛ましい事件になってしまう。しかし、両親は罰せられない。
そして、この相模原市児童相談所も、この失態についてどう責任を取るのか?少なくとも、所長の発言からは、責任を取る姿勢はみじんも感じられない。その指導をするべき国は、この事態をどう捉えているのか?

先に、「石破茂地方創生担当相は15日の衆院地方創生特別委員会での地域再生法改正案の趣旨説明で、昨年成立した同法の法案を間違えて読み上げた。最後まで読んだ後、間違いを指摘された石破氏は「違うものだった。申し訳ない」と陳謝した。」という失態があった。
原因は「17日の聞き取り調査によると、事務方は今年の法案説明の原稿の書式をより見やすい昨年のものに変更しようとして、パソコンで昨年の原稿に今年の原稿を上書きして、書式を残す方法を試みた。しかし、上書き後の保存に失敗し、昨年の原稿のままになっていたという。石破氏は16日の衆院地方創生特別委員会で「途中で変だと気がついたが、どこかでちゃんとした文章が出てくると期待して読み、最後まで出てこなかった」と釈明している。」(ここより)

これは、大臣が、審議と言っても何も考えて居らず、ただただ事務方のレールの上を歩いているだけ、という体たらくを露見させてしまったが、間違えた事務方の人の将来は、これで吹っ飛んでしまったのでは!?

大臣に恥をかかせてしまった事務方の人と、将来がある少年の命を自らの怠慢で救えなかった相模原市児童相談所の責任者、いったいどちらの責任が重いのか?
今の日本は、人の命よりも大臣の恥の方がよっぽど重大事件なんだろうな・・と思いつつ聞いた事件であった。

繰り返す。(カミさんの言葉だが)
「親になってはいけない人を親にもってしまった子どもは、国が救い出さないといけない!」

160322ohayo <付録>「ボケて(bokete)」より


« 定年退職後のペース作り | トップページ | 高3の生徒名簿が自衛隊に提供されている »

コメント

奥様の言葉、本当にその通りだと思います。

 私自身の体験からも殴る親ほど、自分のやり方は悪いと思わず反省などしないものです。
 この児童相談所の職員にはただの一人として理不尽に親から殴られた人などいないのでしょう。
 親のいうことなど問答無用で子供を保護し、子供が十分ここは安全だと認識し、それから子供の状況をみながら、先々どうするかと考えられるような日々が来られることを期待します。

 まあ、日本の今の状況をみてると、長くかかりそうですね。

【エムズの片割れより】
不可能だと分かっていますが、児童相談所の職員は、被害経験者があたると良いのですが・・・

投稿: み~子 | 2016年3月23日 (水) 21:38

児童相談所の記者会見をTVニュースで観た。
いかにも仕事の出来なさそうな顔の所長と隣でまるで他人事のような顔をしている(副)所長?
自分たちの感性が全く働かなかった結果、少年の命を救えなかったという反省の言葉さえないこの鈍感さ!
職務懈怠が招いた悲惨な事件であるとの自覚は全くない。
そもそも児童相談所は何のためにあることすら理解しないで、のうのうと給料日を待ち続ける輩に税金を使うのは愚かしいこと。即刻懲戒解職すべし。
しかし、彼らも家に帰れば良き夫であり良き父であるに違いない。そして妻から娘からこう言われるのであろう。「お父さん大変だったね、定年間際になってこんなことがあるなんて
ついてないね。」「意外と落ち着いて原稿通りTV会見できたよ。どうだった?」
何かあったらひたすら隠ぺいする。ばれたら責任回避を最優先する・・・いわゆる職員と言われる人達の事勿れ処世術。
当事者意識の欠如が招く悲劇はまだまだ続く。

【エムズの片割れより】
役所はどこもそうなのでしょうが、とにかく責任回避が最優先。他人の命以上に、自分たちの立場が優先。
記者会見の顔(表情)を見ていたら分かりますね。ぬるま湯の役人たち。
大キライなのですが、かつての橋下市長のイライラが分かるような気も・・・

投稿: 有ちゃん | 2016年3月24日 (木) 01:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 定年退職後のペース作り | トップページ | 高3の生徒名簿が自衛隊に提供されている »