« よく笑う人ほど健康!? | トップページ | 「日本一短い手紙」より »

2016年2月 7日 (日)

今年の、庭の鳥のエサ台

我が家の今年の庭に設置した、鳥のエサ台はこんな具合である。

P10107811 P10107771_2 P10107891

ウチのカミさんは大の鳥好き。インコを飼っていたのは、愛犬・メイ子が来る前なので、もう20年も前のこと。
当サイトでの話題を探ると、ウチの庭木からヒナが巣立ったのが、2010年の夏(ここ)。 そして、庭にエサ台を置いたのが、3年前らしい(ここ)。
前は庭木にエサ台を括りつけていたのだが、昨年2015年の6月に、庭の大改造をした(ここ)。その時に、エサ台を括りつける木も切ってしまったため、困ってしまった。
それで、ジョイ本で探したのが、2700円也の、金属の台。これは枝を這わせる物なのだろうか・・・。その上に、エサかごを置いた。

P10108081 12月になってから、エサのミカンの輪切りを置いたが、なかなか鳥が来ない。それでカミさんの発案で、止まり木を追加して取り付けてみた。すると、鳥が来るようになった。

一番多く来るのがメジロ。そしてヒヨドリ。だんだん慣れてくると、人が近付いても逃げない。よほど食べ物に窮している??

P10107931 しばらくしてみると、結構食べられている。この写真などはまだ良い方で、ミカンは皮だけになるという。

さっき、スーパーに行ったが、そのミカンが結構高い。ひとつ100円とまでは言わないが・・・
でも、カミさんは鳥のために、自分はあまり食べないミカンをせっせと買う。
「何も鳥のために、そんなに買わなくても・・・」と言ってもムダ。
これはカミさんの趣味、と捉えると、少し位のカネはしょうがない。

はす向かいの家も、庭で鳥にエサをあげている。この家も歴史があるらしい。
近くの2軒の庭にはエサがある・・・!!

鳥の縄張りが何百メートルあるかは知らないが、結構同じ鳥が通ってきているのかも知れない。
暖かくなるまでは、我が家の庭にはミカンやリンゴがあるので、来てね!
我が家の冬の風物詩ではある。

(関係記事)
我が家の庭のお客さま~鳥のエサ台 
我が家の庭の鳥の巣からヒナが巣立った・・・ 

160207yukadan <付録>「ボケて(bokete)」より


« よく笑う人ほど健康!? | トップページ | 「日本一短い手紙」より »

コメント

久しぶりに書かさせて頂きます。
 私も30数年前、セキセイインコを3,4羽から4年程で100羽近くに増やしたことがあります。増えるんですね。
 あいにく今は1羽もありません。色々な色があり、白、黄色、青に緑どんな色が生まれるかと、楽しみでもありました。
 ほかには文鳥、十姉妹、紅雀これはとてもきれいな声でさえずります。あいにく日本の地鳥ではありません。でも意外と長生きしました。
 今は猫がいるので(特に雌猫は獲物をとる)メジロや雀がとられないように寒いときだけパンくずをちぎってやっています。

【エムズの片割れより】
100羽とは大変な数・・。ウチではカミさんが好きで、逃げた子、死んだ子、色々です。
カミさん、トリ年生まれだったかな・・・

投稿: み~子 | 2016年2月 8日 (月) 01:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« よく笑う人ほど健康!? | トップページ | 「日本一短い手紙」より »