« 2016年の「サラリーマン川柳」入選作 | トップページ | 「福島に被ばく者手帳を作る会」を応援しよう »

2016年2月18日 (木)

自民党・丸山和也参院議員の「日本がアメリカの51番目の州になる・・・」

これはあまりにひどい・・・。
自民党議員のレベルの低さには辟易しているが、この発言はあまりにひどい。

黒人・奴隷が米大統領に」 自民・丸山氏が発言し陳謝
 自民党の丸山和也参院議員は17日の参院憲法審査会で「アメリカは黒人が大統領になっている。これ、奴隷ですよ。建国当初、黒人、奴隷が大統領になるなんて考えもしない。ダイナミックな変革をしていく国だ」と述べた。丸山氏は「意図するところと違う発言をした」として審査会後、陳謝した。
 オバマ米大統領は、アフリカ系(黒人)初の大統領だが、ケニアから米国に留学した黒人の父と白人の母との間に生まれており、奴隷の子孫ではない。
 また、丸山氏は審査会で「日本がアメリカの51番目の州になることについて(日本国)憲法上、どのような問題があるのか、ないのか」とも参考人に質問した。「(米国の州になれば)集団的自衛権、安保条約はまったく問題にならない。拉致問題すら起こっていない」とも述べた。
 丸山氏は審査会後の記者会見で「誤解を与える発言をして申し訳ありません」と語り、「議事録を精査したうえで(問題部分の)削除及び修正をさせていただきたい」とも述べた。(デジタル版に発言の詳報)」(
2016/02/18付「朝日新聞」p4より)

「丸山和也参院議員(自民党)の17日の参院憲法審査会での発言は次の通り。
「憲法上の問題でもありますけれど、ややユートピア的かもわかりませんけれども、例えば、日本がですよ、アメリカの第51番目の州になるということについてですね、憲法上どのような問題があるのか、ないのか。例えばですね、そうするとですね、集団的自衛権、安保条約はまったく問題になりません。例えば、いまは拉致問題というのがありますけれど、拉致問題すらおそらく起こっていないでしょう。それから、いわゆる国の借金問題についてとかですね、こういう行政監視のきかないような、ずたずたの状態には絶対なっていないと思うんですよ。
 これはですね、日本がなくなることではなくて、例えば、アメリカの制度になれば、人口比において下院議員の数が決まるんですね。比例して。するとですね、おそらく日本州というのは、最大の下院議員選出数を持つと思う、数でね。上院もですね、州一個とすれば2人ですけれども、日本もいくつかの州に分かれるとすると、かなり十数人の上院議員もできるとなる。これは、世界の中の日本と言うけれども、要するに、日本州の出身が米国の大統領になるって可能性が出てくるようなんですよ。ということは、世界の中心で行動できる日本という、まあ日本とはその時は言わないんですけれども、ありうるということなんですね。
 バカみたいな話をすると、こう思われるかもしれませんが、例えば、いまアメリカは黒人が大統領になっているんですよ。黒人の血を引くね。これは奴隷ですよ、はっきり言って。リンカーンが奴隷解放をやったと。でも、公民権もない、何もない。ルーサーキングが出て、公民権運動の中で公民権が与えられた。でもですね、まさかアメリカの建国、あるいは当初の時代にですね、黒人、奴隷がですね、米国の大統領になるなんてことは考えもしない。これだけのですね、ダイナミックな変革をしていく国なんですよね。
 そういう観点からですね、例えば、日本がですね、そういうことについて憲法上の問題があるのかないのか、どういうことかということについてお聞きしたい。」(
朝日新聞デジタルより)

朝日新聞(13版)のP4に載っていたこの記事で、「デジタル版に発言の詳報」とあったので、それを読もうと、朝日の紙面ビューアーを開いたら(14版)、その部分にこの記事がない。公明党の山口代表の発言の記事に変わっている。
まさか、安倍政権への遠慮から「これはまずい」と、記事をボツにしたとは思いたくないが、こんな現象でも、そう勘ぐってしまう自分・・・。単に他のページに移動したのだろうが!?自分が相当にマスコミに対して不信感を持っている証かも・・・??

それにしても、弁護士でもあるというこの議員。国会の場で「日本が、アメリカの第51番目の州になると・・・」と言うこの事態を、国民はどう捉えたら良いのだろう?
この発言も、安倍首相に対する媚びへつらいか・・・?

「火のないところに煙は立たない」とも言う。
自民党の真に目指すところが「アメリカの第51番目の州」とすると、秘密保護法や集団的自衛権など、現政権のあらゆる行動が納得できる。
これも甘利大臣の辞職と同じで、バカバカしい話、として葬ってはいけない。自民党の「うっかり出た本音」の言葉なのだろう。しっかり記憶しておかなければいけない事件である。

160218mikansei <付録>「ボケて(bokete)」より


« 2016年の「サラリーマン川柳」入選作 | トップページ | 「福島に被ばく者手帳を作る会」を応援しよう »

コメント

みかんの皮で日本地図をつくる・・

こういうバカバカしい発想は女にはない。

ボケて(bokete)いつも楽しく見させていただいております。

 女ならまずその好奇心がない。
 時間がもったいない。
 そんなものに使うアタマもおしい。
 こんなものを作ってもしょせんゴミになる。
 ハンカチにでも日本地図を刺繍するほうがまし。
 そのほうが人の目に触れもするし、いいわねといってもらえる。
 きれいでもある。
 日々使える。
 この人よほどの暇人だね。
 おとこの発想には時々あたまの中身をうたがうものがある。
 ばかとてんさいは紙一つの差といわれるが、
 おとこに多いと思われるのも納得。

 国会議員のレベルの低さもあきれますが、アメリカの大統領候補者たちの子供じみた言い合いにもあきれます。(本音がわかって面白いけど・・)

 アメリカ建国の理想の精神はどこへ行ったのか?
 日本の自尊心と誇りはどこへ消えたのか?

 そういえば昔から良妻賢母とは言われても良夫賢父とは言われませんね。
 これからは言う必要があるかも・・ですね。

【エムズの片割れより】
なかなか手厳しいご指摘で・・・
自分は感心しました!ミカンでこのように精緻な地図を作るとは、まさに芸術の域・・・
ま、すぐに腐るでしょうが、その命のはかなさにも感動!?
自分は男族なのでしょう。

投稿: み~子 | 2016年2月19日 (金) 01:02

 アメリカにいる黒人=奴隷の子孫 
という決めつけ頭が露呈したのだと思います。
 歴史的なことに関してとても不勉強。とりわけ、オバマ政権に対峙する日本の政権党の議員として、決定的な認識不足があったと思います。

 日本が51番目の州になったらという話はまるで理解できません。日本人がアメリカ大統領になることも夢ではないと言いたかったらしいですが、ホント、だから何? です。
 アメリカ大統領になること(出すこと)に価値を置くらしいけど、地元軽視も甚だしいというか、とんでもない議員だと思います。

【エムズの片割れより】
自民党議員の“多彩さ”は感動ものですね。
しかもこの議員、弁護士だというので、この資格も地に落ちたもの・・・

投稿: Tamakist | 2016年2月19日 (金) 08:42

国会議員のボロがボロボロとこぼれてきましたね。恥ずかしいと思わないのでしょうか。
ところで、み~子さんがミカンの皮の日本地図
に触れられていましたが、私はこういうことをする男の人好きです。こせこせした人が嫌いなので(私の夫)、のんびりこんな遊びをする人は良いなと思います。最もパッチワークをしている友人にボロつなぎなんて無駄と言ったらしばらく口を利いてもらえませんでした。大きな布を切り刻んで接ぎ合せるなんて、無駄以外の何もでもないと縫い物の嫌いな私は思ったのですが、「芸術をけなした」と怒られました。価値観の違いは男女の差がないようです。

【エムズの片割れより】
ムダは趣味に多いですね。自分も「音源作り」にせっせせっせと時間を遣っています。他人に言わせると、壮大な時間のムダ。
でも、年代的に、そろそろ効率を追う生活を卒業したいですね。

投稿: 白萩 | 2016年2月20日 (土) 19:51

丸山さんって孤立無援だったのでしょうか。日本は植民地支配されたままとか、米国の本質とか、教えてもらえなかったのかな。イイおじさん的な雰囲気が憎めないけど。ところで、辛辣なコメントをさらりとかわす素敵な男族 (*'▽') エムズの片割れさんの対応素晴らしい。

【エムズの片割れより】
意外と大物かも・・・・。日本のトランプと揶揄されているほど・・・
国会で、これだけの持論を展開できる人は、そういない・・・。幾ら思っていても、堂々と!!

投稿: さてっを | 2016年2月21日 (日) 21:17

 エムズの片割れ様の絶妙なる返しコメントが適格で快いので、それが楽しみにお気に入りから外せませんの・・それでついつい毎日みてしまいます。ご容赦を・・・。
 ちなみにこういう馬鹿さ加減は大好きですが、女がすると笑えませんのでがっかりです。そういうところは、すでにご存じだとは思いますが・・

【エムズの片割れより】
もし女性議員が同じ発言をしたら・・・!?
非常に違和感がありますね。女性は、この議員と違って、バカを演じるのがあまり上手でないようで・・・。

投稿: み~子 | 2016年2月22日 (月) 04:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2016年の「サラリーマン川柳」入選作 | トップページ | 「福島に被ばく者手帳を作る会」を応援しよう »