« ショスタコーヴィチの「ワルツ第2番」 | トップページ | HAP-Z1ES(HAP-S1)の「CD直接リッピング」の音質が素晴らしい »

2016年1月17日 (日)

営業努力いっぱいの「ホテルニュー白亜紀」

一昨日(2016/01/15)から1泊2日で、茨城県日立市にあるお寺に、義母の一周忌に行ってきた。
日帰りもツライので、カミさんが安価なホテルを予約した。ひたちなか市のいそざき温泉「ホテルニュー白亜紀」が、まさに営業努力一杯に見えたので、今日はその紹介・・・

カミさんに聞くと、そのホテルは、クラブツーリズムのPR誌に載っていたのだという。近ツー扱いだったが、1万円余で泊まれるというので、電話で予約したのだという。
行ってみてビックリが多かった。
まずビックリしたのが、ゴーストホテルの隣。「オイオイ大丈夫か?」と思いつつ、その前を通り過ぎると、人気(ひとけ←“にんき”ではない)のあるホテルがあった(失礼!)。駐車場に車を止めると、ホテルのお兄さんが寄ってきて、荷物を運んでくれるという。せっかくかので持ってもらった。バッグからは、下着が見えるままで・・・
160115hakuaki 4時前だったが、既にロビーには客がいる。オジサンが案内をしてくれる。昆布茶が出た。部屋に行く時、自分は聞いていなかったが、カミさんが説明を受けていた。何やら、柄の入った浴衣を選べるそうだ。それにシャンプーなどの入浴剤も選らんで、小さな容器で持っていって使えるそうだ。
入浴時に、カミさんが選ぶというので、「オレは要らん!」というと、女性だけのサービスだという。そりゃそうだ・・・

Img_03341 Img_03351 Img_03281

さっきのオジサンと部屋に行く。3階だ。窓から海が見える。遠くには煙の吐く煙突。聞くと、Img_03371 東海原発だという。部屋の電気を点けようかと、ひもを引っ張ると、天井の蛍光灯の器具が割れていて、セロテープで貼ってある。子供の枕投げの被害か??
オジサンが、コーヒーについて説明してくれる。100gのコーヒー豆は、残りは持って帰って良いと言う。何やら、この辺りでは有名な「サザコーヒー」というのだそうだ。家に帰ってNetで見ると、なるほど結構大きなチェーンらしい。
P10107151 カミさんは、今飲むと眠れなくなるので、挽くだけ挽いて、粉を持って帰って、家で飲もうと言うので、人力で挽いた。これが結構大変だった・・・
これは、今朝飲んだ。我が家では、もっぱらインスタントコーヒーなので、粉の量が分からない。Netでみると一杯10gらしい。大さじ2杯。100gだと10杯分か・・・・
それにしても、なかなか珍しいサービスである。

館内の視察。カラオケルームがあるという。、カミさんが予約しようという。ヤダと言ったが、残念ながら4時まで・・。
ロビーに皇太子視察の写真。20年ほど前、隣にある「国営ひたち海浜公園」の視察に皇太子が来た時に、休息を取ったらしい。
当時はピッカピカだったのだろう。まあ20年経てばそれなりに・・・

風呂に行った。さっきのオジサンは、100円のロッカーがあるが、お金は戻ってくると言っていた。自分は、まあいいや、と思って行ったが、風呂に入って、他の客と一緒に脱いだら、おっと100円玉が無い。無料のは無いのか・・・。と思いながら、仕方なく、また着て部屋に小銭を取りに行った。カミさんも困って出てくると思って、親切にも200円持って・・・
裸になって行くと、何だ奥に無料の駕籠があるじゃないか・・・。失敗失敗・・・

風呂は、ホンモノの温泉だけあって大きい。大きな浴槽に二人だけ。と、外から人が入ってきた。露天風呂があるらしい。行ってみると、あった。暗くて海は見えなかったが、風が寒い。あわてて浸かったが、やはり冬の露天風呂は厳しい。

夕食のレストラン。食前酒もうまい。やはりオジサンが一生懸命、説明と料理運びをしてくれた。ビールだと腹が一杯になるので、熱燗ひとつ500円。
決して、豪勢ではなかったが、不満もなく。刺身や「常陸牛の赤味噌仕立て」、そして最後の、「イナダの胡麻茶漬け」も、暖かなだし汁を別に持ってきてくれて、何か良心的な料理P10106961 で楽しめた。我々には充分。
朝食も、だし巻き卵がうまい。バイキングで、飲み物もパンも充分。それに、客足が心配だったが?平日なのに、満席・・・。
客が少ないと思っていたが、満室だったらしい。

部屋は数えたら12.5畳もある。イビキ対策で、布団を離す距離も取れ、充分。畳は古いが、トイレは小さいが清潔。この辺は心配りをしている。トイレがキタナイと、幻滅だが、更新したらしい。

帰るとき、精算したらビックリ。何と一人1万円だという。500円の熱燗と入浴税を入れて、二人で20,800円。つい「安い!これで良くやっていけるね!」なんて、フロントの人に軽口をたたいてしまった。

帰ってサイトを見ると(ここ)、我々のコースは「【e宿限定】平日&50歳以上限定!10000円ポッキリ! 絶景の海側のお部屋確約!【旅の友掲載企画】【近ツー60周年】大感謝セール!オリジナル☆」だったらしい。
空き室情報を見ると、1月の空きは無い。2月も半分くらいは空きが無い。
なるほど・・・。人気があるらしい。サイトの評価も相当上の方・・・

古いホテルだが、とにかく「営業努力」が良く分かった1泊だった。

帰る時は、車が見えなくなるまでオジサンが手を振ってくれた。自分もツイ、運転しながら手を振ってしまった。シルバー族どおしでのバイバイの手・・・

ついでに、隣にあった「酒列(さかつら)磯前神社」に寄ってみた。誰も居ないのに、事務所には巫女さんがひとり・・・

Img_03391 Img_03091 P10107001

まあ、来年の三周忌も、またこの宿で良いかな・・・と思ったホテルだった。

160117isono <付録>「ボケて(bokete)」より


« ショスタコーヴィチの「ワルツ第2番」 | トップページ | HAP-Z1ES(HAP-S1)の「CD直接リッピング」の音質が素晴らしい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ショスタコーヴィチの「ワルツ第2番」 | トップページ | HAP-Z1ES(HAP-S1)の「CD直接リッピング」の音質が素晴らしい »