« HAP-Z1ES(HAP-S1)の「CD直接リッピング」の音質が素晴らしい | トップページ | 遠くのものが大きく見える「錯覚」 »

2016年1月20日 (水)

がん10年生存率~発生部位で大きな差 乳がん80% 膵臓は5%切る

今朝の各紙に、がんの10年生存率の記事があった。朝日新聞によると・・・
がん生存率、10年後は58% 3.5万人追跡調
 国立がん研究センターなどの研究グループは19日、がん患者を10年間追跡して集計した10年後の生存率を初めて公表した。全てのがんの10年生存率は58.2%で、5年生存率より5ポイント近く低かった。胃や大腸では5年生存率とほとんど変わらない一方、乳房や肝臓は5年後以降も下がり続けており、部位別の傾向が浮き彫りとなった。
 研究グループは一般的な5年生存率のほか、より長期の分析を進めており、全国規模の10年生存率が初めてまとまった。がんと診断された場合、治療でどのくらい生命を救えるかを示す国の指標となる。
 県立のがんセンターや国立病院機構など全国16のがん専門病院で、1999年から2002年に、がんと診断された約3万5千人を追跡した。初期から末期まですべての進行度合い(ステージ)が含まれている。
160120gan  主な部位別では、甲状腺の91%が最も高く、前立腺(84%)、子宮体がん(83%)、乳房(80%)と続いた。低いのは膵臓(すいぞう、4.9%)で、肝臓(15%)、胆囊(たんのう)胆道(20%)、食道(30%)と続いた。
 5大がん(胃、大腸、肝臓、肺、乳房)のうち、胃と大腸は5年生存率と比べて2ポイント前後しか変わらなかった。臨床現場では現在、5年間が治療や経過観察の目安とされており、それを裏付けた格好となった。
 一方、乳房の場合、5年生存率は9割近いが、5年後以降もほぼ同じ割合で生存率が下がる。集計した千葉県がんセンター研究所の三上春夫・がん予防センター部長は「何年経っても再発し、根治が難しいことを示している」と話した。
160120gan0  肝臓は約3割の5年生存率が1割台に下がる。肝臓がんは慢性肝炎や肝硬変を経て発症することが多く、手術ができても再発率が高い。国立がん研究センターの若尾文彦・がん対策情報センター長は「最初のがんを治療しても、次々とがんが出てくる傾向がある」と説明した。乳房や肝臓などのがんでは、6年目以降も引き続き、経過観察する必要があるといえそうだ。
 ただ、調査の対象となったのは10年以上前にがんと診断された患者で、研究グループでは「医療の進歩で、現在の生存率は向上している」とする。国立がん研究センターの堀田知光理事長は「10年前は(治療効果が期待できる)抗体医薬や分子標的薬が出て間もなかった。今、診断された人の10年先の生存率はずいぶん変わっているだろう」と話している。
 集計結果は、全国がん(成人病)センター協議会のサイト(
http://www.zengankyo.ncc.go.jp)で見ることができる。(石塚広志)
     ◇
《調査の詳細》研究に参加した全国32のがん専門病院のうち、信頼性を担保するため患者数50人以上、追跡率90%以上などの条件を満たした岩手から大分までの16病院が対象。1999年から2002年に白血病などを除く計28種類のがんと初めて診断された3万5287人(5~94歳)を分析した。患者はがん以外の病気や事故などで亡くなる場合もあるため、がん以外の死亡の影響を補正した「相対生存率」で示している。」(
2016/01/20付「朝日新聞」p1より)

がんは5年経てば安心、と思っていたが、それは胃や大腸に限ってのことらしい。知らなかった・・・
特に乳がんが怖い。乳がんは見付けやすく、キチンと手術すれば治ると聞いていただけに、少し怖い。
上の「全国がん(成人病)センター協議会のサイト」(ここ)をチョコッと覗いてみた。
すると、かなり細かく、色々な生存率のグラフが出る。(ここより)

例として、60代女性の乳がんで見てみると、1期から4期までで、こんなに違う・・・
    (1期)       (2期)        (3期)

160120nyuu1 160120nyuu2 160120nyuu3

    (4期)       (全期)

160120nyuu4 160120nyuuzen

ところで、医者は、自分の死因を選べるとしたら、ガンが一番人気とか・・・
確かに、どうせ死ぬ。いつか・・・は別にして・・・
家族に迷惑をかけながら、ベッドで何十年も寝たきりになるのはイヤ。また、何の用意もしないまま死ぬのもゴメン。それよりもガンで・・・という発想も分かる。
確かに、ちゃんとした準備期間があって、死ぬ間際まで元気で過ごせるガンの人気が高いのも分かる気がする。まあ精神的に持てば・・・の話だが・・・

しかし、そう言ってもナ~~~
何度も書いているが、いつになったら人生、「もういいか」と思うか?

老後、生き甲斐を持って生きている人は、いつになっても「まだまだ」と思うだろうし、「この世で、やる事は終わったかな・・・」と思う人は、若くても「そろそろ潮時か・・」と思うかも・・・

何?自分の場合!? 「まだまだ!!」
じゃあ、いつ頃「もういいか」・・・かね??
人一倍、死が怖いので、何百歳になっても「まだまだ~」なんじゃないか??
トホホ・・・

●メモ:カウント~840万

160120claimpan <付録>「ボケて(bokete)」より


« HAP-Z1ES(HAP-S1)の「CD直接リッピング」の音質が素晴らしい | トップページ | 遠くのものが大きく見える「錯覚」 »

コメント

エムズ様はまだ当分お亡くなりになれません。病気や怪我で亡くなる時は我慢の出来ないほどの痛みで「死んだ方がまし」と思いますから、死ぬのは怖くありません。老衰で亡くなる時は痛みも痒みも分からなくなって、脳が生死を認知しなくなりますから、怖いという感情はなくなると思います。私の知っている人は交通事故で入院したとき血圧が0になったそうです。意識不明だったのに看護婦さんが「この人もうダメだね」と話していたのが聴こえたそうです。その時は生き帰り、それから30年後ぐらいに心筋梗塞で倒れ、医師が今夜死ぬと言ったのに生き帰り、また30年ほど生きました。90歳を過ぎて老衰で亡くなったそうです。人の命は分かりません。死ぬのは死にたくなった時と思いましょう。それまでは生きられます。保証します。??

【エムズの片割れより】
ありがとうございます。
なるほど・・・。そんなものですか・・・
人間、死にたいと思うまで、元気に人間をしていたいですね。ただ生きているのではなく、何かの役に立っている生き方で・・・
でも、死にたいと思っても死ねず、生きたいと思っても生きられないのが、人生なのでしょうね・・・。

投稿: 白萩 | 2016年1月22日 (金) 20:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« HAP-Z1ES(HAP-S1)の「CD直接リッピング」の音質が素晴らしい | トップページ | 遠くのものが大きく見える「錯覚」 »