« 沖縄と本土への米軍駐留を要請した昭和天皇 | トップページ | 「日本を元気にする会」の参院投票~「国民拘束」の実験 »

2015年9月 9日 (水)

ピアノによるタンゴ「ジェラシー」

先日、ピアノ演奏によるコンチネンタル・タンゴの名曲を聞いた。

<「ジェラシー」松岡直也(pf)>

これはなかなか面白い。クラシックの交響曲などのピアノ編曲版を良く聞く自分だが、タンゴのピアノ編曲版を聞いたのは初めて。
当然、楽団の様々な音符をピアノに移した場合、超絶技巧が要求されるのは普通。でもこの曲はそれほど複雑ではないようだ。
ハウゼによるオリジナルの一例はこれ・・・

<アルフレッド・ハウゼ楽団の「ジェラシー」>

前にも書いたが、オリジナルがアナログテープであるハイレゾ音源を、最近色々と買っている。当然、このハウゼのコンチネンタルタンゴも、マスターテープはアナログのはず。
この音源がハイレゾで出ると楽しみ・・・

イージーリスニングの世界も、一時代が終わったようで、あまり聞かれなくなった。再編成の楽団や、再録した物もあるが、やはり何でもオリジナルの音源が良い。

ふとFM放送で聞いたこのピアノ版ではあるが、それを機に、昔のイージーリスニングのハイレゾ音源を探している最近の自分ではある。

●メモ:カウント~780万

150909onee <付録>「ボケて(bokete)」より


« 沖縄と本土への米軍駐留を要請した昭和天皇 | トップページ | 「日本を元気にする会」の参院投票~「国民拘束」の実験 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 沖縄と本土への米軍駐留を要請した昭和天皇 | トップページ | 「日本を元気にする会」の参院投票~「国民拘束」の実験 »