« イ・ムジチ合奏団/ホリガーの「雪の降る町を」 | トップページ | TVドラマ「デート〜恋とはどんなものかしら〜」が終わっちゃう!? »

2015年3月 9日 (月)

歌謡曲のハイレゾと、元気な還暦過ぎの歌手たち

先日、布施明のハイレゾ音源が発売されていることを知り、直ぐに買ってしまった。
1960年代の学生の頃から聞き始めた布施明は、まさに自分の青春の歌。その思い出の歌の数々をハイレゾで聞きたくて前に探したが、売っていなかった。それが最近発売になったようで、見付け、何のためらいもなく、3500円でDSD(Direct Stream Digital)の音源を購入。どの曲もさすがにファイルが大きく、それぞれ300~400Mもある。
さて、SONYのHAP-Z1ESに入れて聞いてみた感想だが・・・

自分の耳が衰えているせいか、CD音源との差が良く分からない・・・
新しい歌(録音)は、まあCDの“林”に対して、ハイレゾは“森”のように聞こえるが、1960年代などの昔に録音した音源は、その差が微妙・・・

そもそも自分は、CD時代になってCDフォーマット(44K/16bit)で録音したマスター音源は、ハイレゾ音源にはならないと思い込んでいる。しかしその前の時代のアナログテープでのマスターであれば、ハイレゾが楽しめると期待していた。
前に買った森山良子の1960年代終わりの音源のハイレゾも、テープヒスが増えたキライはあるものの、マスターテープの音だな・・・とは感じた。しかし今回購入したDSD音源は、期待とは違って、どうも自分の耳では良く分からない・・・
もしかすると、HAP-Z1ESのCD音源の改善で、DSD音源との差を縮めているのかも知れない??

でも安心感だけはある。「霧の摩周湖」など、散々聞いた音源だが、“これ以上の音質はない”と思って聞くと、何か安心する。
あとは小椋佳の初期の歌と、前川清やさだまさしも欲しい・・・。発売済みの山口百恵は、65曲で6900円だって・・・。とても高価で買えない。抜粋盤が出たら買う?? 喜多郎の初期の作品のハイレゾ化も期待したいが、無理か?
それに、香西かおりのハイレゾも欲しいが、これはCD時代になってからの音源しか無いだろうから無理か・・・
それぞれ、もし出たら、一応は買ってみるつもり・・・

話は変わるが、自分の青春時代に聞いた歌手が、今でも現役なのには驚かされる。
先日、BSフジで「森山良子コンサートツアー2014~2015 グレイテスト・ヒッツ」(2015/02/05放送)を見て、その声が現役と変わらないのでビックリ。森山良子67歳の声だ。それに布施明も「デビュー50周年記念コンサート」を開くという。
森山良子、布施明をはじめ、伊東ゆかり、森進一、都はるみ、五木ひろしなどは自分と同じ学年だし、ひとつ下では、前川清、井上陽水、由紀さおり、谷村新司らがおり、皆さん70歳が間近でも、まだまだ現役で、歌声もバリバリ。
先日、その極めつきであるNHK「小椋佳生前葬コンサート」(2015/01/20放送)を見た。これは小椋佳が4日間(2014/09/12~15)に亘って100曲を歌うという“凄まじい”もの。
小椋佳も70歳を迎え、そもそも4連ちゃんのコンサートに、体力が耐えられるかが問題だった。もともと素人出で、がんで胃の摘出手術をした小椋佳が、少し痛々しい姿や声ではあったものの、それをやりとげた執念はすごい・・・

自分と同年代の歌手も、還暦などとっくに過ぎ、もう70を迎える世代になってきた。それでも皆さんの元気には圧倒される。
それらベテラン歌手の歌を主に聞いているのは、同じ年代の我々。
時間とお金があって、ハイレゾを楽しんでいるのは、主にシルバー族なのでは??
レコード会社も、そのシルバー族が喜ぶ昔のアナログ音源をハイレゾ化してくれると、売れると思うのだが・・・
ま、自分も昔の音源探しなどをしながら、“元気に”昔の思い出にでも“浸ろう”か・・・
あまり生産的では無いけど・・・

150309ooji <付録>「ボケて(bokete)」より


« イ・ムジチ合奏団/ホリガーの「雪の降る町を」 | トップページ | TVドラマ「デート〜恋とはどんなものかしら〜」が終わっちゃう!? »

コメント

今晩は。

エムズさんのように音質へのこだわりは全くと言ってもいいくらいありませんが、音楽は大好き!広く浅く…(ヘビーメタル以外)聞きます。
映画を見ていても、音楽の存在は大きいですね。実生活にもここでBGMがあったら、もっと感動的なのに…と思うこともしばしば。

ところで…エムズさんが挙げられた同年代の歌手の皆さんがご健在だとのお説に異を唱えるものではありませんが、私の感じから言いますと、昔と違う唱法になっている人が見受けられるのは残念です。妙にこねくり回しているとでも言いましょうか、あまり好きになれません。
師にあたる方が亡くなって、自然と変わられたのかなぁ…。

【エムズの片割れより】
昔と違う歌い方の代表は、加藤登紀子さんではないでしょうか。あまり悪口は書きたく無いのですが、彼女の新しい録音は、そもそも音程が合っていない。そんな歌唱を、レコード会社もよくCDにしたものだと、買ってきたCDを前に、愕然・・・!!

投稿: アンディーのママ | 2015年3月20日 (金) 00:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イ・ムジチ合奏団/ホリガーの「雪の降る町を」 | トップページ | TVドラマ「デート〜恋とはどんなものかしら〜」が終わっちゃう!? »