« 「公共事業、なぜ中止にならない?」~『サンクコスト(埋没費用)』の呪縛 | トップページ | 「車水没、閉じ込められたら…」 »

2014年8月10日 (日)

童謡「角兵衛獅子(かくべえじし)」

先日、こんな童謡を聞いた。ボーイ・ソプラノの岡田孝が歌う「角兵衛獅子(かくべえじし)」という歌である。

<童謡「角兵衛獅子」(岡田孝)>

「角兵衛獅子」
  作詞:久保田宵二
  作曲:佐々木すぐる

笛や太鼓に はやされて
おどる二人の 角兵衛獅子
赤いダリアよ コスモスの
咲いたお庭の 昼さがり

兄か弟か 友達か
かわいならんだ 角兵衛獅子
さかささか立ち 水車
きらりお獅子の 目が光る

結ぶわらじも きりきりと
旅から旅への 角兵衛獅子
遠い越後へ 帰る日を
胸にかぞえて またおどる
(1961年3月20日発売)

何とも素朴な伴奏である。
この歌の情報はほとんど見つからない。Netで検索しても、美空ひばりの「角兵衛獅子の唄」ばかり出てくる。でも作曲は、「月の沙漠」の佐々木すぐるであり、この歌はれっきとした童謡である。

童謡歌手はほとんどが女子。この歌声もまるで女声のよう・・・。しかしこの歌は、男子が歌っている。見事なボーイ・ソプラノで・・・。
「岡田孝は、兵庫県西宮市の出身。父親の転勤の都合で小学校時代を東京で過ごします。上京したのは歌のレッスンのためでもあったという音楽少年は、やがて変声期になる頃に再び関西へ帰ることになるのですが、それまでの間に数々のレコーディングに参加しています。低音から高音までムラのない綺麗なボーイ・ソプラノで、丁寧な日本語の発音は見事です。後に大阪音楽大学声楽科へ進みテノール歌手としてクラシックの世界で活躍。その後はファルセット(裏声)で歌うカウンター・テノールに転向し、演奏活動やCD制作のほか、後進の指導にも当たっています。」(田中修二)

140810kakubeejisi ところで、wikiによると、「角兵衛獅子(かくべえじし)とは、新潟県新潟市南区(旧西蒲原郡月潟村)を発祥とする郷土芸能。越後獅子(えちごじし)もしくは蒲原獅子(かんばらじし)とも呼ばれる。」だという。
どれだけ世に知られているかは分からないが、自分の知らないこんな童謡もあったのだ。

140810kuso <付録>「ボケて(bokete)」より


« 「公共事業、なぜ中止にならない?」~『サンクコスト(埋没費用)』の呪縛 | トップページ | 「車水没、閉じ込められたら…」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「公共事業、なぜ中止にならない?」~『サンクコスト(埋没費用)』の呪縛 | トップページ | 「車水没、閉じ込められたら…」 »