« 井上陽水の「小さな手」 | トップページ | 井上陽水の「氷の世界-40th Anniversary Special Edition」を聞いて »

2014年5月19日 (月)

みたいのは「エクセレント」~プロの世界とは・・・

だいぶ前だが、日経新聞にこんなコラムがあった。
みたいのは「エクセレント」  野球評論家 権藤博
 もしプロに入れたら、1回やってみたいと思うプレーがあった。大量リードの九回2死一塁。最初にストライクをとったら、あとは振りかぶり走者を走るままにさせる。そうしておいて、最後は打者を三振に仕留めるのだ。
 これは実際にあったプレーで、南海(現ソフトバンク)のエースとして活躍した杉浦忠さんが、東京六大学のリーグ戦で演じた。社会人野球にいた私は「なんて格好いいんだ」と憧れたものだった。
 こうした立ち回りは相手への侮辱ととられかねず、私にはそれだけの度胸もなかった。だがプロにはショー的要素があっていい。誰にもまねできない技を持つ者が集うエクセレントな世界。だからこそお金が取れる。
 選手それぞれ、何が売り物なのか。そこを考えたい。たとえばヤクルトのウラディミール・バレンティン。
 小川淳司監督が昨季、投ゴロで1塁に全力疾走しなかったために、途中交代させたことがあった。けれど彼の持つ「エクセレント」は本塁打で、1塁への全力疾走ではないのだから、そこまでする必要はないと思った。
 懲罰的な交代をみるたびに、野球を楽しみに来たファンまで、会社で叱られたことを思い出して息が詰まるのでは、と心配になる。
 もちろんちゃんと走った方がいいに決まっている。怠慢プレーを放置していいとは言わない。しかし、監督が動くまでもなく、プロにはスタンドという監視の目がある。
 バレンティンには全力疾走を求めないお客もいてくれそうだが、その代わり本塁打が打てなくなったら、さようならだ。本人もその覚悟はあるだろうし、それくらいでないと大仕事などできっこない。
 3000本安打の張本勲(東映=現日本ハムなど)は外野守備では速くない足が、内野安打がかかった途端に韋駄天(いだてん)となった。だったら守備でも走れよ、とは誰も言わなかった。
 逆にファンからみて、少々のアラは我慢するから、この選手のこの芸がみたい、というものがなくなった時はおしまい。プロとはそういうものだろう。(悠々球論 権藤博:野球評論家)」(
2014/04/17付「日経新聞」p37より)

“プロ”か・・・。何でも、お金を貰ってする仕事は“プロ”と言われる。いや違う。お金を貰ってする仕事なのだから、プロフェッショナルの仕事をしないとダメ、という事かも知れない。

来日中のポール・マッカートニーさんの公演が、17日に開演の1時間前になって中止になったという。会場には既に2万人の観客が足を運んでいたという。そして18、19日も中止になったので、10万人が影響を受けるとか・・・。
自分は別にファンではないので、影響は無いのだが、会場に駆けつけていたファンにとっては、残念至極・・・。確かに人間は生き物だし、海外のアーティストは時差ぼけも含めて大変だと思う。もちろん71歳という年齢もある・・・
プロは大変。ファンは、何ヶ月も前から必死にチケットを買って、ホテルや飛行機を予約し、はるばると集まってくる。だから何があってもドタキャンは出来ない。それがプロ・・・

サラリーマン時代、決してドタキャンできないイベントとしてあったのが、部下の結婚式。仲人や主賓など、風邪を引いたから・・・と欠席できない。会社の業務なら、幾らでも替わりは居るが、結婚式だけは当人にとって人生の大イベント。それに水をかけるわけにはいかない。今思い出しても、無難に対応出来たのは、これもサラリーマンとしてのプロの為せるワザだったかも・・・と思い出した。

何?これからはサンデー毎日のプロが求められるって!? あーヤダ・・・。

●メモ:カウント~580万

140519hosyuu <付録>「ボケて(bokete)」より


« 井上陽水の「小さな手」 | トップページ | 井上陽水の「氷の世界-40th Anniversary Special Edition」を聞いて »

コメント

ご無沙汰です。
実は土曜日のポールの公演行ってました

開場時間過ぎてもなかなか列が進みません

そのうち同行していた弟がスマホ観て悲鳴あげました

急に中止が決まったのです。
みんな怒るよりポールの体調を心配していました

ファンてありがたいですね。
私も帰りが精神的に疲れてしまいました

ビートルズの嫡流なので元気でいてほしいですね

話変わりますが明日から交流戦ですね

私は純パの会員です。これからの一カ月は
パリーグ総監督の気持ちでスカパー光、BS
地デジで全試合観ることが可能です

今年もセリーグを圧倒してほしいと思っています

後ミュージックバード再入会しました。
PCMとくらべると物足りないですが
きれいに音が分離して良かったです
詳細は又の機会に・・・

【エムズの片割れより】
日本での全公演が中止とか・・・
思い出すと、ビートルズ旋風は高校の時でした。自分はあまり聞きませんでしたが・・・
だから公演もシルバー族が多いのでは・・・と思っていましたが、やはり・・・!?

ミュージックバードは、PCM放送が復活してくれると嬉しいのですが・・・

投稿: 風鈴崋山 | 2014年5月20日 (火) 00:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 井上陽水の「小さな手」 | トップページ | 井上陽水の「氷の世界-40th Anniversary Special Edition」を聞いて »