« 日本の観光資源は「雪」~星野リゾート代表・星野佳路氏の話 | トップページ | 昭和49年の出来事(27歳)~りりィ「私は泣いています」 »

2014年3月 2日 (日)

ある保守男の予言による今後の日本

毎月一回、政治談義をするNという男がいる。この69歳になる男は、学生時代はベトナム戦争がらみの学生運動のデモに行ったりしていた“左翼”だった。しかしトシを取った現在は右翼!? 本人曰く“右翼ではなく、保守だ”。
そんなNが今後の日本についてこんな予言をしていた。なるほど・・・という話もあったので、メモしておく。

・これは自分の“予言”だが、たぶん全部当たると思う。
・北方領土は永遠に帰ってこない。竹島も永遠に帰ってこない。尖閣列島を巡っての軍事衝突は起こらない。そこまでのリスクは、中国は買わない。拉致問題は永遠に解決しない。日本と北朝鮮は戦争をすることはない。日本と中国も戦争をすることはない。日中、日韓の首脳会談は行われない。行う意味が全く無い。中国とは、尖閣列島を棚上げと言わない限り、会っても意味がない。韓国の徴用工問題では、今後判決が続々と出る。何兆円のレベルの話であり、各社は韓国に居た方がよいかどうかを天秤にかける。それを朝日や毎日は問題にしていない。中国では5万人いるが、日中関係のために提訴があっても受理しなかったが、日本に圧力を掛けるために受理するかも知れない。つまり関係が悪くなるネタは幾らでもあるが、良くなるネタはない。
・安保条約は日本にとって永遠に必要。日本が今まで平和で来たのは、平和憲法のお陰でも何でもなくて、安保条約のお陰。沖縄の普天間基地は、辺野古に移る。原発は今の状態ですっと行く。再稼働は当然する。民主党政権でもする。
・秘密保護法案は、もし共産党政権になったらもっと厳しくなる。民主党政権になっても変わらない。集団的自衛権の解釈は変わる。でも広く一般論として認めるわけではないので心配ない。限定的な状態が非常に厳しいので、現実にそのような状態は想像つかない。ただPKOで外国に行っているときは有り得るが、国会の承認が必要であり、そう心配はいらない。外国に行って戦争する、などということは朝日が煽っているデマに過ぎない。ただ限定的に解釈を変えることは有り得る。
・今後の総選挙でも自民党はずっと勝つ。安倍首相が健康上などの理由で辞めたいと言う時まで続く。今の状態では後継は石破幹事長しかいない。あと20年以上自民党政権は続く。
・トルコやエジプトなどのように、外国では選挙で選ばれた政権が倒れたり軍事衝突が起こったりで大変。日本は選挙で政権が変わる余地があるだけ立派。
・憲法は永久に改正出来ない。100年経っても不可能。
・日本の総理大臣は権力が全然無い。外国を見ると独裁国家は幾らでもある。日本は、マスコミは全部反安倍だからやりたいことが全然出来ていない。やりたくて出来たのは靖国参拝くらい。安倍さんにはそんなに力はない。それは日本の仕組みがそうなっているから。
・健康に問題なければ5~6年はやるのでは? 立候補すると聞いたときは、出来るわけがないと思ったが、分刻みのスケジュールをこなし、外遊も繰り返し、強靱なエネルギー。
・靖国参拝は、もう辞める、というときに8月15日に参拝に行くだろう。それまでは、いちおう保守主義者への形は付けたので行かないだろう。1回行けば、もう良い。
・管官房長官は、思慮深くて、一番の切れ者。知恵者。全てを仕切っている。記者会見でも言っていることはまともだし、ミス(失言)を全くしていない。政府として言うべき事は言っているし、言うべきでないことは言わない。
・次の内閣改造では、石原環境大臣は降ろすのでは?
・公明党は権力に寄り添いたい。たった一人大臣を入れてもらうために・・・。でも山口さんは頭がよい。歴代の公明党の委員長の中では一番優秀。

これらの議論をどう見るか・・・。
言い争うつもりは特に無く、黙って聞いていたが、まあそうだろうな・・・という話も多かった。
つまり、否定したいし、そうあって欲しくない・・・とは思うのだが、世論がその様な方向に向かうか?と考えると、少し疑問。
色々な意見や見方があるな・・・、と思った雑談ではあった。

140302jyama <付録>「ボケて(bokete)」より


« 日本の観光資源は「雪」~星野リゾート代表・星野佳路氏の話 | トップページ | 昭和49年の出来事(27歳)~りりィ「私は泣いています」 »

コメント

Nさんは凄い!まず言い切る事が出来るのがすごい。普通の人はリスクを取りたくないので、言いきる事をしない。又現状分析も常識的で且よく世の中を観察している。しかし彼の予測は、過去からのトレンドで、未来は予測できない。と思っている。何故ならば、世界はチョットした「ゆらぎ」で「大事件が起こり得る」第一次大戦のオーストリアの皇太子暗殺など。今のクリミヤ半島の帰属問題も対応を間違えると、ロシアや西欧諸国は大やけどを経験するかもしれない。つまりその国の未来は、外部条件が大変化した時、変化する。例えば中国が地方をコントロール出来なくなったとき等・・?

【エムズの片割れより】
確かにトレンドによる予想ですよね。最近のクリミア半島情勢をみても、激震が走る可能性は充分にあるし・・・。
それにしても、「外交」はやっかいですね。国民性がモロに出て、罵り合い・・・。国の間の“仲良く”は存在しないらしい・・・。

投稿: こうちゃん | 2014年3月 8日 (土) 14:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本の観光資源は「雪」~星野リゾート代表・星野佳路氏の話 | トップページ | 昭和49年の出来事(27歳)~りりィ「私は泣いています」 »