« 魂の自由を守るには「田園に帰ればいい」 | トップページ | ラジオドラマ「金魚の恋、五十五年の夢」 »

2014年3月18日 (火)

通勤電車の風景~「人の振り見て我が振り直せ」

今日は風が強い。春一番だという。いよいよ春だ。少し暖かくなると、なぜか心が軽くなる・・・

そんな春先、通勤電車に乗っていると、さまざまな風景に出くわす。
今朝、ドアにもたれかかって新聞を読んでいると、新聞の向こう側で鼻をすする音。汚いな・・・と思いながら新聞の陰から見ると、若い美女が、スマホをいじりながら鼻をすすっている。花粉症だな。ま、美人なので許すか・・・。

昨日の帰りの電車では、若い女性がリュックタイプのバッグを背中に、自分の近くに立っていた。これが問題。混んでくると、背中のバッグがグイグイと・・・。その邪魔なこと・・・。
よく言われるエチケットとして、「混んでいるときのリュックは前に抱えましょう・・・」と言うのがあるが、これは正解。人の前には誰も必ずスペースを取るもの。つまり、背中はどこかに押し付けても、体の前の胸や腹をどこかに押し付けるのは、相当に混んだときだけ。その胸に、赤ん坊を抱くようにリュックを抱えれば、立ちスペースの有効活用。原理は簡単、背中のリュックだと二人分の立ちスペースを取ることになる。それで皆が迷惑・・・

コロコロの付いたバッグも問題。よく駅で車輪の付いたバッグを引っ張っている人を見かけるが、終点で電車を降りたときなどは、ホームの人の流れのなかで、実に迷惑。つまり歩いている人の後方に、もう一人分のスペースを使ってコロコロを引っ張るので、改札口に向かう人の流れからすると、迷惑・・・。

どれも本人は気にしていない。
「人の振り見て我が振り直せ」という諺がある。先日リュック方のバッグを買ったカミさんにも、もう一度「混んでいるときは、リュックは前に」と言っておかなければ・・・

140318kanchigai <付録>「ボケて(bokete)」より


« 魂の自由を守るには「田園に帰ればいい」 | トップページ | ラジオドラマ「金魚の恋、五十五年の夢」 »

コメント

こんにちは。

耳が痛いです。
数か月前にリュック(杖持参なのでリュックを愛用)を背に電車に乗っていました。
そこそこ混んでいましたが、私はエムズさんの仰るそのエチケットを知らずに背中に背負ったまま揺られていました。私の後ろにいた女性が降車の際に「リュックは前に持って!」っと結構語気荒く注意されました。無知だった私が悪いのはわかりますが、捨て台詞のように言われて、謝る暇もなく、彼女は去り…。ちょっと悲しかったです。

先日電車の駅の構内で唾を2度にわたって吐いた男性に、思わず、「これ使ってください」と
ティッシュペーパーを差し出しました。
男性は面食らったようで、「そんなんわし要らん」と。どうやら町のティッシュペーパー配りだと思われたようでした。

他人に注意するって、難しいですね。感じよく、しかもしっかりとこちらの言い分を伝えるには…。まだまだ修行が足りません。頑張ります!

【エムズの片割れより】
危ないあぶない。下手に注意すると、ケガをしますよ。特に人前で言われると、男はメンツをつぶされたと暴力に・・・
実は自分も昔、長い間、通勤電車で座った足の前にカバンを置いていました。あるとき、「ここに置かれると邪魔なんだよな」と言われて、混んできたとき、立っている人の足の踏み場を自分のカバンが邪魔していたと気が付きました。
気が付けば、直すのですが、分からないと自分がかけている迷惑が分からない・・・
他人の振り見て・・・しか無いのかも・・・。

投稿: アンディーのママ | 2014年3月19日 (水) 16:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 魂の自由を守るには「田園に帰ればいい」 | トップページ | ラジオドラマ「金魚の恋、五十五年の夢」 »