« 日本人の命の価値は約3300万円 | トップページ | 「どうせ死ぬなら『がん』がいい」中村仁一×近藤誠著~Uさんの読書ノート »

2014年1月26日 (日)

スギテツの「ヴァイオリンの奏法でものまね」~「題名のない音楽会」より

今朝、新聞を読みながらテレビを点けると、TV朝日で「題名のない音楽会」(2014/01/26)を放送していた。何となく見ていたら、今日は「クレーマーさち子教授のヴァイオリンの裏技バラします」(ここ)とか・・・
これがなかなか面白かった。ヴァイオリンの可能性の追求!?

<スギテツの「ヴァイオリンの奏法でものまね」>

「パトカーのサイレン」はグリッサンド(指を均等に滑らせ音程を変化させる)+重音
「救急車のサイレン」はトレモロ+グリッサンド
「暴走族を取り締まる警察」はグリッサンド+重音+トレモロ
「踏切」はバロック奏法(ヴィブラートはつけずに、全ての音符をディミヌエンドで演奏)+重音
「コンビニエンスストア」は、ラとソのバロック奏法
「FAX」はトリルの応用

そしてヴィブラートの違い。ノンビブラートの松任谷由実風。強い演歌の前川清風。しゃくり上げる武田鉄矢風。そして西城秀樹や浅田美代子、淡谷のり子風など・・・

ワン・ボウ・スタッカート(連続した音符を弓を返さずに小刻みに演奏)や、リコッシェサルタートでのとんびの鳴き声や、ウグイスや鶏の鳴き声など・・・

140126sugitetsu Netで見ると、スギテツとは、ピアノ/編曲の杉浦哲郎さんと、ヴァイオリンの岡田鉄平さんのコンビだそうだ。(ここ

それにしても、ヴァイオリンの岡田鉄平さんは役者だ・・・。可笑しいことに、言った本人が一緒に笑ってはいけないことは鉄則だが、このヴァイオリニストは、実にクールに淡々と話す。それが何とも可笑しい・・・。

自分も楽器は好きだが、このような、普段素人がうかがい知れない楽器の裏側の面を見せてくれる番組は実に楽しい。今日のヴァイオリンの奏法についても、素人が知る機会はほとんど無かった。ヴァイオリンだけでなく、別の楽器についても同じような番組が出来ると嬉しいな・・・と思って、今まであまり見なかった「題名のない音楽会」だが、レコーダに毎週予約をしてしまった。

140126neta <付録>「ボケて(bokete)」より


« 日本人の命の価値は約3300万円 | トップページ | 「どうせ死ぬなら『がん』がいい」中村仁一×近藤誠著~Uさんの読書ノート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本人の命の価値は約3300万円 | トップページ | 「どうせ死ぬなら『がん』がいい」中村仁一×近藤誠著~Uさんの読書ノート »