« 「三木谷氏推すTOEFL、公務員試験に」 | トップページ | 「安倍主導人事、聖域踏み込む」 »

2013年11月 2日 (土)

上質なWOWOWのドラマが楽しみ

WOWOWで放送されているテレビドラマが上質である。今、我が家ではすっかりその虜(とりこ)になっている。
WOWOWから電話があったのは、今年(2013年)の3月だった。「キャンペーンで、4月末まで1ヶ月半無料で見られるので、入ってくれ。4月末が近付いてきたら、解約してOK。費用は掛からない」という。普通、このような勧誘の電話は直ぐに切るのだが、何となく聞いてしまった。思い出すと、WOWOWには2005年に半年ほど入ったことがあり、録画しても見る時間が無いので止めたが、その時に登録した電話番号を元に電話をしているのだという。
まあタダだから、と思って了解し、約束通り4月末で解約した。
でも余韻が残った・・・。「ハリー・ポッター」などの映画の画面が素晴らしく良いのだ。原理的には、NHKなどと変わらないはずだが、カミさんが「絵がキレイ・・・」という。それに有料TVだけに、コンサートやオペラや、映画もたくさんある。それで、つい「また入るか・・・。月2450円なので、“これは・・・”という映画を1本見付けて見れば、夫婦で映画館に行くのも2千円なので、元が取れる・・・なんて、せこい理由を付けて入り直したのが6月。それ以来、すっかりWOWOWのファンになってしまい、毎月末にくる次月の番組表が楽しみになっている。

前にWOWOWに聞いたが、申し込み月は無料で、次の月の解約はOK。そしてその次の月の新規契約もOKだという。つまり、1月最初に契約すると、1月は無料で、2月になって解約すると、2月末で解約。3月になってまた契約すると3月は無料で、4月末で解約。これを繰り返すと、手間は大変だが、半分の費用で、WOWOWを見られることになる。WOWOWに「契約、解約を繰り返すと、半額になってしまう」と聞いたら「OK。番組を見て、急に契約したい、というお客さんもいるので・・・」との返答。なるほど・・・

先日「遠い日のゆくえ」という2時間ドラマを見た。最初は少々イヤだったが、終わってみるとなかなかのもの・・・。調べてみるとこの作品は2011年3月に放送されたものだった。
“連続ドラマW”も含めて、“ドラマW”も過去の作品は多く、再放送されている。もちろん自分は初めてなので、ドラマというドラマは録画している。

なぜWOWOWのドラマは上質か?
WIKIには「特徴としては、ほぼ全ての作品が原作付きである。芥川賞や直木賞を受賞した人気作家の過去の未映像化作品が多く選択され、著者で作品を選ぶような傾向が強い。芥川賞や直木賞の受賞作、「このミステリーがすごい!」上位ランクイン作など、話題の作品の映像化にも積極である。
有料放送であるため、視聴率やスポンサーの意向などに左右されずに制作することが可能であることから、演出には映画監督を中心に起用しており、いくつかの作品は多くの賞で表彰されている。中でも宮部みゆきが直木賞を受賞した「理由」の映像化は、劇場公開もされ、『キネマ旬報』の年間ベストテンにもランクインした。
また、後日劇場公開がされた作品があるためか、allcinema ONLINEなどのデータベースサイトではテレビ映画と位置づけされる場合がある。」
とある。

“テレビ人間”を自称する自分・・・。当分、WOWOWのドラマが楽しめそうである。

131102ookami <付録>「ボケて(bokete)」より


« 「三木谷氏推すTOEFL、公務員試験に」 | トップページ | 「安倍主導人事、聖域踏み込む」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「三木谷氏推すTOEFL、公務員試験に」 | トップページ | 「安倍主導人事、聖域踏み込む」 »