« 集団的自衛権に対する各界有識者の意見~色々ある・・・ | トップページ | 「幻の障害年金 解消へ、時効の起算点改めよ」 »

2013年9月16日 (月)

「褒めるコツ」・・・

先日、“褒める”ことについて書いたが(ここ)、折良く(?)褒めるコツについての記事があった。曰く・・・

「褒め上手」で関係円滑に~よく観察、具体的に称賛
 人に褒められるのはうれしいが、人を褒めるのは案外難しい。相手によっては「上から目線」と受け取られ、的外れなところを褒めると「分かってないな」と逆効果になることもある。何をどう褒めたら人間関係や組織運営がうまくいくのか、褒める達人に聞いた。
 コミュニケーションスキルの講師で「褒め方」に関する著書が数多くある谷口祥子さんは、褒める基本として次の3つを挙げる。
 1つ目は「抽象的でなく、具体的に」。抽象的に褒めても、相手の心に響かない。「この人はちゃんと私を見てくれているんだな」と分かるように、具体的に褒める。そのためには、普段から相手を観察していなければいけない。
130916homeru  2つ目は「目上の人にはYOUメッセージでなく、Iメッセージで」。例えば「あなたは文章が上手ですね」と褒めると、相手を評価しているようで上から目線になる。目上の人に対しては失礼だ。自分はどう感じたのか、Iメッセージで褒める。
 3つ目は「レッテルを貼ることが叱る代わりにもなる」。例えば子どもに「ちゃんと片付けなさい!」と叱るよりも 「○○ちゃんは片付け上手だから」と褒める方が断然、散らかさなくなる。相手に望ましいレッテルを貼ることで、望ましい行動をさせる「レッテル効果」だ。
 職場に「年上の部下」や「年下の上司」がいて人間関係が複雑な場合、「相手を褒めたいが、自分が褒めるのは失礼ではないか?」とちゅうちょすることもあるだろう。そこで谷口さんはえん曲な褒め方を指南する。
 「質問褒め」は、相手の褒めたいところを質問する方法だ。「どうしたら、○○さんのように時代の先を読むことができるのですか?」といった調子。「相談褒め」は、相手に頼ることで間接的に褒める方法。「アドバイスをいただけませんか?」と相談を持ちかける。

 自分のこだわりの世界を持つ、いわゆる「オタク」タイプも褒めるのが難しい。性格分析診断で企業の人事・採用支援をしているイー・ファルコン(東京都中央区)社長の志村日出男さんは「オタクの人を軽く褒めると『私の世界を全然知らないくせに』と、かえって心の距離が開いてしまうこともある」と忠告する。
 「相手の世界に少しでも入って理解し、信頼関係を築いたうえで、相手の“根”に寄り 添いながら本気で褒めると、距離が近づく」と助言する。褒める側にとっては少々面倒だが「彼らの深い知識や発想が企業に新しい価値をもたらす可能性を秘めている」。褒め方を覚えておくのは企業にとっても得策だ。

 レンタル事業などを手がける武蔵野(東京都小金井市)社長の小山昇さんは、感謝の気持ちを表すことで褒める仕組みを組織に取り入れている。「サンクスカード」という道具を活用し、人を育成してやる気を出させている。従業員同士で「○○さん、口口してくれてありがとう」といったカードを手書きで書いて、相手に渡すのだ。
 「人は口で褒められるとうれしいが、形になるともっとうれしい」
 だが「皆でサンクスカードを書こう」と声をかけてもなかなか書かない。「心を込めたカードを書こうとすると、それがストレスになる」。そこで「アメとムチ」で義務にしてしまった。
 パート・アルバイトは月に5枚、社員は10枚、課長職以上は20枚書くと500円を支給する。管理職は20枚に満たないと罰金5千円。すると皆が書くようになった。
 「動機は不純でもいい。心にもないサンクスカードを書いて渡しても、相手はうれしいものだ。書き続けるうちに、周囲の人の良いところを探す癖がつき、自然と言葉に心が込もってくる」と説明する。
 早速、周囲の人の良いところを探して褒めてみよう。(ライター上田真緒)」(
2013/09/14付「日経新聞」s5より)

上の記事で、サンクスカードまで行くと、少々抵抗があるが、全体的にはそうだろうな・・・と思う。

先日、ひょんな事から若手を褒めてしまった。
ある機械の調整手順書をある若手が書いた。ひょんな事で、それを自分が“添削”することになり、何度かコメントした。彼は仕事の合間に修正しているらしく、忘れた頃にやってくる・・・。先日も「また見て下さい」と持って来た。「あれから時間が経っていて、今はそっちに頭が切り替わらないので、後で赤ペンで重箱の隅を突いてやる・・・」と言って、書類を置いておかせた。次の日に、それを思い出して見てみると、特に修正するような箇所もない。席を見ると居ないので、忘れないようにと、何かのTV番組を思い出しながら、メールのタイトルに「良く出来ました」と書いて、本文に「特に修正する箇所もない。良く出来ていると思う。」とだけ書いて打っておいた。
程なく、返信が来て、その中に「嬉しくなりました」という文言を見付けた。
自分には褒めるという意識は全く無かった。ただ自然にありのまま書いただけ・・・。程なく本人がやってきて「ありがとうございました」と言う。入社2~3年目の若手が、還暦をとうに過ぎたオジサンから認められてので、嬉しかったと見える。

上の記事はある意味テクニックのような事が書いてあるが、自分は自然でよいと思う。ただ“認めてあげる”というこちらの自然な姿勢さえあれば、結果として褒めることにつながる。そして、それが、本人が苦労したことであればあるほど、「してやったり」という達成感につながる。
あらゆることに、良かったことは良かったと、相手に伝える努力が自分にはもっと必要だな、と思うこの頃である。

(関連記事)
「教育というのはいいところをもっと褒めること」 

●メモ:カウント~480万

130916nyoubo <付録>「ジワジワ来る○○」より


« 集団的自衛権に対する各界有識者の意見~色々ある・・・ | トップページ | 「幻の障害年金 解消へ、時効の起算点改めよ」 »

コメント

「あらゆることに、良かったことは良かったと、相手に伝える」

そうですね。
それ以上は、「お世辞」「くすぐり」「ごますり」になるけど、「良かったことは良かったと相手に伝える」。これで良いのだ、としみじみ読みました。

【エムズの片割れより】
褒めるのは、意外と難しいですよね。すると自然体しかない・・・!?

投稿: Tamakist | 2013年9月17日 (火) 20:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 集団的自衛権に対する各界有識者の意見~色々ある・・・ | トップページ | 「幻の障害年金 解消へ、時効の起算点改めよ」 »