« SONYの音源から楽曲情報を取得する仕組み~グレースノート | トップページ | 自分の居場所~TVドラマ「Woman」から »

2013年8月29日 (木)

胃カメラでノドを痛めた話

いやはや胃カメラでノドを痛めてしまった・・・。その経験から、今日は、「胃カメラを飲むときは、近くの医院ではなく、ぜひ胃カメラ専門の医者がいる病院で!」というお話である。

自分が人生二度目の胃カメラを、歩いて行ける近くの医院で飲んだのが7月23日だった。予約をしようとすると、週2日来ている派遣(?)の医者のどちらか、だという。どちらを選ぶか?というので、看護師さんの自身が受けた胃カメラ体験談を元に、ベテランの先生にお願いする事にした。
そして数日後、この先生の来る日に行って、胃カメラをした。初老の先生だが、「5分で終わります」と言っていたのが、「胃が膨らんでいないいのでよく見えない。もっと空気を入れて・・・」と延々25分もかかってしまった。もう、まな板の鯉。どうにでもしやがれ・・・。
胃袋の結果はOKだったのだが、それから喉が痛くて参った。咳は出るし、痰も出る。数日後には微熱も・・・。この痛みが胃カメラだとは思いたくもないので、「ノド風邪かな?」なんて自己診断。
それから3週間経っても、痰が出る。咳払いをすると白い痰。カミさんからは咳払いがウルサイ!とも・・・。
痰は体の異物を出す反応なので、抑えることは良く無いかな・・・、と思って、とにかく様子を見る。徐々に痰が減っては来ているが、無くならない。Netで見ると「気管支炎」かも・・・とある。試しに、手持ちの抗菌剤(クラビット)を2日間飲んでみたが、若干良くなった気はするが、やはり咳払いと痰は無くならない。
そうこうするうちに、1カ月以上経ってしまい、咳払いと痰が続くので、これはヘンだな・・と思い、先日近くの耳鼻咽喉科に行ってみた。
それからが悲劇! 自分は単に痰止めの薬を貰うだけのつもりだったのに、何と「咽喉スコープで見ましょう」と鼻からファイバーを入れられてしまった。
これが意外と苦しい。早く終わってくれ~!と涙・・・。

やっと終わって、医師の解説。目の前にある液晶画面に、ノドの動画が映っている。「この弁が、本当は左右両側から同じように下がってきてふさぐのだが、右側が降りてこなくて対称ではない。軟骨が外れているかも?・・・」「エエ?軟骨が??」「いやこれはクシャミなどでも外れるので、指のポキッと同じで大したことではない。時間と共に治る。たぶん、胃カメラが乾いていて、入れるときに周囲の組織を巻き込んだのかも知れない。でも見る限り病変は無いので、そう心配することはない。一応、痰止めを出しますので、様子を見て下さい。注意することは、あまり強い咳払いはしないこと。また常に水を飲んで、ノドを湿らせておくこと。アメをなめるとノドが良くなる気がするが、本当は良くない。水の方が良い」でオワリ・・・

やはり、この長引く痰の原因は胃カメラによるノドの損傷だった。それも1ヶ月経っても治らない重傷!?(もっとも、なぜ痰になるかは聞かなかった。残念!)
しかも、本番の口から入れる胃カメラと、耳鼻咽喉科での鼻から入れる胃カメラもどきの咽喉スコープの両方をやってしまった。つまり二つのタイプの胃カメラを飲んだのと同じ。何という悲劇・・・
そして反省・・・・。小さな医院でも手軽に出来る胃カメラ。でもそれを侮ってはいけない。やはり専門医のいる(せめて慣れている)病院でやるのが一番。つまり「あなたの予約は**日の**時から」というような病院で・・・。そんな病院であれば、次から次に胃カメラをやるので、器具の扱いも慣れているし、消毒なども万全。もちろん患者の苦痛も最小限に。
近くの医院だと、結果として患者に対して“乱暴”になる可能性も・・・

しかし乾燥した胃カメラのあの長い胴体が、ノドの粘膜を巻き込みながら入れられたと想像すると、自分のノドも大変だったろう・・・。これからは慣れた病院を探すから、いや、もう胃カメラは当分やらないから・・・。ゴメンね・・・。

130829sakanani <付録>「ボケて(bokete)」より


« SONYの音源から楽曲情報を取得する仕組み~グレースノート | トップページ | 自分の居場所~TVドラマ「Woman」から »

コメント

 えらい目にあいましたね。今は麻酔で痛みなくしてくれますよ。私は胃カメラを飲むのは、怖かったので、そうしてもらいました。
 液体の飲み薬を飲んで、口を開けて固定して、椅子に座ったままで、少し頭を台に横にして、気が付いたときは、終わっていました。のどの痛みもありませんでした。
 幸い胃はどうもなかったので、胃の痛みは胃薬でおさまりました。
 場所は病院で看護婦さんがしてくれました。個人の医院は、まだそこまで配慮してくれないのですね。

【エムズの片割れより】
派遣で週に1日だけ来ている医師のせいか。それともファイバーのスベリのせいか、それとも時間が長かったせいか・・・。良く分かりませんが、咽喉スコープの検査で、ノドの異常が見つかったので、やはり何かあったのでしょう。これも運ですかね・・・

投稿: み~子 | 2013年8月30日 (金) 02:40

ひどい目に会いましたね。
最近は口からより、鼻から通す胃カメラが流行っていますよ。
チューブもずっと細くなって、痛くも苦痛もありません。
私は一昨年と今年、近くのホームドクターで受けました。
ベッドサイドのモニターで見ながらサンプルを摘出してもらい、検査の結果異常がないことも確認できました。
今のところ、チューブが細いので。簡単な手術までは出来ないようですが、検査だけならぜひお勧めします。

【エムズの片割れより】
最近は鼻からの胃カメラが流行っているようですね。先日の新聞にも、鼻の方がストレスがない、とも書いてありました。
でも咽喉スコープを鼻から入れた際は、やっぱり涙でSOSでした。自分は気が弱いので・・・

投稿: toriaezu3965 | 2013年8月30日 (金) 08:52

大変でしたね。上にも書かれていますが、最近は鼻から胃カメラを入れています。そのほうが楽ですよ。

その胃カメラは、かかりつけの個人医院でやっています。専門が消化器系のお医者様なので、
胃も腸も、そういう検査機器は最先端ですし、その機器の扱いにも慣れているので、大丈夫です。

お大事になさってくださいませ。

【エムズの片割れより】
ありがとうございます。結局、個人病院がダメなのではなく、複合的な原因で、たまたま自分のケースでは予後が悪かったのかも・・・
でももう当分、胃カメラはゴメンです。

投稿: たかちゃん | 2013年8月30日 (金) 08:59

それは災難でした。GTFは医師の技量と共に前処置も非常に重要です。前処置が十分だと、検査はスムーズな筈ですが・・・。異常が見つかると、その場で生検が出来ますので便利ですし、ある種の胃がん切除も可能です。小生の胃検診はこれです。貴兄の年齢を考慮すると、やはりGTFが宜しいかと・・・。

【エムズの片割れより】
自分の病院ではないので、器具も使い慣れていなかったのかも・・・。前処置も簡単でしたので・・・

投稿: メメント・モリ | 2013年8月31日 (土) 09:57

イヤー大変でしたね。
そういうこともあるのだと、教訓に
させていただきます。

【エムズの片割れより】
決して、近くの診療所を否定するつもりもありませんが、こんな事もあるので、侮らずに・・・

投稿: Tamakist | 2013年8月31日 (土) 13:07

今まさに同じような痛みに襲われている者ですが参考になりました
自分は痰に血が混じって茶色とクリーム色のマーブルですのでまた違うのかもしれませんが

【エムズの片割れより】
お大事に・・・

投稿: ナス | 2016年3月 3日 (木) 20:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SONYの音源から楽曲情報を取得する仕組み~グレースノート | トップページ | 自分の居場所~TVドラマ「Woman」から »