« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月の28件の記事

2013年8月31日 (土)

法政大学ギタークラブOB会による、羽村「ゆとろぎコンサート」

昨年、初めて東京・羽村の「ゆとろぎサロンコンサート」で、Tさんが所属する法政大学ギタークラブOB会による演奏を聞いたが(ここ)、今日、同じ場所でまた演奏会があるというので、カミさんと行ってきた。場所は「羽村市生涯学習センターゆとろぎ」。今回は慣れたもので、道路もスイスイと・・・

今回のコンサートは、「第42回ゆとろぎサロンコンサート~法政大学ギタークラブOB会によ 130831hosei0 るラテン音楽」(ここ)という位置付け。このクラブの演奏を聞くのは3回目だが、今日のプログラムは今までと少し変わっていた。日本の童謡あり、民謡あり。最後に演奏されたのが、この民謡メドレー。南部牛追い唄~会津磐梯山~大漁唄い込みの3曲メドレー。色々な楽器が次々に演奏され、にぎやかな演奏だった。(自動音量調整が効き過ぎで、ひどい録音だが・・・)

<法政大学ギタークラブOB会「北のふるさとの唄3題」>
(岩手・宮城・福島県民謡/編曲:林 雅彦)

この楽団はパーカッションが素晴らしい。やはラテン音楽が得意なようだ。
紹介されたプロフィールによると、「この楽団は、60周年を迎えたテレビ放送と同じ1953年に誕生し、日本の最古のギター楽団。ここに集まっているのは、昭和38年から昭和54年まで130831hosei1に卒業したメンバー。よって古希を越えたメンバーも何人か居る。最近は、指が動かない、目が見えない、耳が聞こえない、という三重苦。先ほども地下のリハーサル室でリハーサルをしたが、最近は我々はリハーサルと呼ばずに、リハビリテーション。その成果が発揮出来るかどうか心配だが、最後までお聞き頂きたい」とのこと。

でも、前にも書いたが、このような仲間が居るのは羨ましい。さらに、このような“地方巡業”も、生活の節目になるのかも?

ただ一つ残念だったのは、今日が35度の真夏日だったこと。よって、前回に比べて、聴衆が少なかった。でもカンカン照りの真夏のお昼にしては、良く集まったのかも・・・。
130831hoseiそれにしても、皆で歌った「学生時代」。後ろで歌っていた女声の素晴らしかったこと。このセンターに合唱団があり、その練習の合間に聞きに来たのかな・・・?
とにかく暑い中、お疲れさまでした。

(関連記事)
法政大学ギタークラブOB会のミニコンサートに行く 
法政大ギタークラブOB会の記念演奏会に行く 

130831jitensya <付録>「ボケて(bokete)」より

| コメント (1)

2013年8月30日 (金)

自分の居場所~TVドラマ「Woman」から

カミさんお薦めのTVドラマ「Woman」(2013年7~9月放送)(ここ)を、追い掛けてまとめて見ている。その第4回に、自分の居場所のことで大変な事件を引き起こす場面があり、「自分の居場所」という事について考えてしまった。

その前に、(ここ)からの引用で、TVドラマ「Woman」の、ここに至るあらすじをメモしてみた。
「青柳小春(満島ひかり)は、夫の信(小栗旬)を事故で失ったシングルマザーである。小学生の望海と保育園児の陸を働きながら育てている。
 母の紗干(田中裕子)は20年前に家を出て、洋服の仕立て職を営む植杉健太郎(小林薫)のもとに走って、再婚している。父はすでに亡くなっている。
130830woman  生活に困窮した小春が、福祉事務所に相談したのがきっかけで、娘と息子を含めた家族は、母の紗干とその夫の健太郎との交流が始まる。ふたりには美術大学を目指して浪人中の予備校生の娘、栞(二階堂ふみ)がいる。
 紗干が栞の気晴らしに誘ったカラオケ店で、小春の不幸の原因を作ったのが、栞であることが彼女の告白からわかる。
 高校時代にいじめから逃れようと、仲間のグループに入った栞は、電車のなかで男の手をつかんで「痴漢」と叫んで、無実の男性を仲間とともに恐喝していた。
 小春の夫の信が、母の紗干のもとを訪ねてきて、幸せな生活を報告にきた後を追って、電車のなかで信の手をつかむ。乗客たちに囲まれて途中の駅で降ろされた信は、殴られ、押し倒され、蹴り飛ばされる。その時、手に持っていた梨が転がり落ちて、線路に落ちようとしていたのを追いかけて、信は電車にひかれたのであった。」(
ここより)

第4回、栞の事件の告白の場面である。

<TVドラマ「Woman」第4回より>

この告白のシーンは圧巻であり、何度も見てしまった。
このドラマの主演は、2011年のドラマ「それでも、生きていく」で我が家に大変な印象を残した満島ひかりであり、母親は重鎮の田中裕子。脇役も小林薫などのベテラン揃いで、見応えがある。
実は第1回をカミさんと一緒に見ていて、自分は「あまりに切ない」と見るのを止めたドラマ。その後、世の評判と、カミさんの薦めで、今回一挙に9回分を録画で見ているわけ・・・。(何せ自分はミーハーなので・・・)
満島ひかりの母親が、毎日あまりに“ハイ”なので少々心配だが、なかなか重いドラマ。

話は戻るが、先のシーン。「自分の居場所」が無くなることを危惧した栞は、父親違いの姉(満島ひかり)の夫を、痴漢の濡れ衣を着せ、結果として死に追いやってしまうのだが、それほどまでに「自分の居場所」は大切か??
もし自分がそう問われたら、「自分の居場所は非常に大切だ」と答えるだろう。「居場所」は、人間の生き甲斐や、生きる姿勢につながる。

そして第5回のこのシーン・・・。青柳小春(満島ひかり)が、主治医・澤村友吾(高橋一生)と話すシーンである。

<TVドラマ「Woman」第5回より>

このドラマのキャッチコピーは、「わたしには、命をかけて守る命がある」だが、この母親の「居場所」はそのさえたるもの。
しかしこのシーンの主治医のセリフが泣ける。
「青柳さんが今話して下さったお子さんへの想い、それは、どんなお薬より、どんな治療よりあなたの命を救う糧になります。その想いを忘れないで下さい。あなたがお子さんを思うその気持ちがあれば、病気は治ります。僕が全力で治療に当たります。覚悟なさって下さい。死ぬ覚悟じゃありません。生きる覚悟です。よろしいですか青柳さん。お母さん・・・」
まさに、生きなければ、という母親としての思いは、居場所の強さを物語る。
そして逆に、妹の栞は、自分の居場所がなくなる心配から、人の命を奪う結果まで引き起こしてしまう・・・。居場所とは、そこまで人を追い詰めるほど重要なのだろう。

「居場所があるか?」 そんな目で、周囲を見回してみたらどうだろう? 会社の部下、家庭での子供たち、家族の面々、友人など、各人に居場所は与えられているか?

昔、企業で流行ったQC活動の「一人一役制」もそれと通じるような気がする。そして福沢諭吉の「心訓」(ここ)の「世の中で一番さびしい事はする仕事のない事です。」は正しい気がする。

あわてて追い掛けて見ているドラマ「Woman」であるが、“居場所”ということを考えさせられた。

130830inakanohaha <付録>「ボケて(bokete)」より

| コメント (0)

2013年8月29日 (木)

胃カメラでノドを痛めた話

いやはや胃カメラでノドを痛めてしまった・・・。その経験から、今日は、「胃カメラを飲むときは、近くの医院ではなく、ぜひ胃カメラ専門の医者がいる病院で!」というお話である。

自分が人生二度目の胃カメラを、歩いて行ける近くの医院で飲んだのが7月23日だった。予約をしようとすると、週2日来ている派遣(?)の医者のどちらか、だという。どちらを選ぶか?というので、看護師さんの自身が受けた胃カメラ体験談を元に、ベテランの先生にお願いする事にした。
そして数日後、この先生の来る日に行って、胃カメラをした。初老の先生だが、「5分で終わります」と言っていたのが、「胃が膨らんでいないいのでよく見えない。もっと空気を入れて・・・」と延々25分もかかってしまった。もう、まな板の鯉。どうにでもしやがれ・・・。
胃袋の結果はOKだったのだが、それから喉が痛くて参った。咳は出るし、痰も出る。数日後には微熱も・・・。この痛みが胃カメラだとは思いたくもないので、「ノド風邪かな?」なんて自己診断。
それから3週間経っても、痰が出る。咳払いをすると白い痰。カミさんからは咳払いがウルサイ!とも・・・。
痰は体の異物を出す反応なので、抑えることは良く無いかな・・・、と思って、とにかく様子を見る。徐々に痰が減っては来ているが、無くならない。Netで見ると「気管支炎」かも・・・とある。試しに、手持ちの抗菌剤(クラビット)を2日間飲んでみたが、若干良くなった気はするが、やはり咳払いと痰は無くならない。
そうこうするうちに、1カ月以上経ってしまい、咳払いと痰が続くので、これはヘンだな・・と思い、先日近くの耳鼻咽喉科に行ってみた。
それからが悲劇! 自分は単に痰止めの薬を貰うだけのつもりだったのに、何と「咽喉スコープで見ましょう」と鼻からファイバーを入れられてしまった。
これが意外と苦しい。早く終わってくれ~!と涙・・・。

やっと終わって、医師の解説。目の前にある液晶画面に、ノドの動画が映っている。「この弁が、本当は左右両側から同じように下がってきてふさぐのだが、右側が降りてこなくて対称ではない。軟骨が外れているかも?・・・」「エエ?軟骨が??」「いやこれはクシャミなどでも外れるので、指のポキッと同じで大したことではない。時間と共に治る。たぶん、胃カメラが乾いていて、入れるときに周囲の組織を巻き込んだのかも知れない。でも見る限り病変は無いので、そう心配することはない。一応、痰止めを出しますので、様子を見て下さい。注意することは、あまり強い咳払いはしないこと。また常に水を飲んで、ノドを湿らせておくこと。アメをなめるとノドが良くなる気がするが、本当は良くない。水の方が良い」でオワリ・・・

やはり、この長引く痰の原因は胃カメラによるノドの損傷だった。それも1ヶ月経っても治らない重傷!?(もっとも、なぜ痰になるかは聞かなかった。残念!)
しかも、本番の口から入れる胃カメラと、耳鼻咽喉科での鼻から入れる胃カメラもどきの咽喉スコープの両方をやってしまった。つまり二つのタイプの胃カメラを飲んだのと同じ。何という悲劇・・・
そして反省・・・・。小さな医院でも手軽に出来る胃カメラ。でもそれを侮ってはいけない。やはり専門医のいる(せめて慣れている)病院でやるのが一番。つまり「あなたの予約は**日の**時から」というような病院で・・・。そんな病院であれば、次から次に胃カメラをやるので、器具の扱いも慣れているし、消毒なども万全。もちろん患者の苦痛も最小限に。
近くの医院だと、結果として患者に対して“乱暴”になる可能性も・・・

しかし乾燥した胃カメラのあの長い胴体が、ノドの粘膜を巻き込みながら入れられたと想像すると、自分のノドも大変だったろう・・・。これからは慣れた病院を探すから、いや、もう胃カメラは当分やらないから・・・。ゴメンね・・・。

130829sakanani <付録>「ボケて(bokete)」より

| コメント (6)

2013年8月28日 (水)

SONYの音源から楽曲情報を取得する仕組み~グレースノート

何度も書いているが、自分はFM放送からSONYのPCMレコーダ(NAC-HD1)で「歌謡スクランブル」などを録音して、歌集めをしている。このNAC-HD1は、放送されたアナログ音源から楽曲情報を検索してくれるので非常に便利。
自分の良く聞くNHK FMの「歌謡スクランブル」という番組では、毎月最終週に「話題のホットミュージック」として(月)(火)は演歌・歌謡曲、(水)~(土)はJポップの新しい曲が放送される。今月(2013年8月)は、今週放送中だ。
それが今週、状況が激変した。つまり、突然(月)(火)の演歌・歌謡曲の放送で、曲名取得が出来ていないのだ。普通は、曲が始まると「検索中」の表示が出て、ほどなく曲名が表示されるが、軒並み「該当する情報がありませんでした」という表示。前月までの同じ番組では、幾ら新しい曲でも表示されていたのに・・・
楽曲名が取得出来たのは、(月)は1勝11敗、(火)は0勝12敗、そして今日(水)のJポップは、5勝8敗(内2曲は別の曲を取得)だった。

これはヤバイ。SONYが“エニーミュージック”とかいうサービスを終了したので、その影響で、今後未登録の新曲の楽曲情報が取れない??と要らぬ心配をして、問い合わせてみた。
まずSONYの回答は、「このサービスは、グレースノートという会社が行っているサービスを、SONYは単に利用しているだけなので、分からない。」
それで、Netで検索してグレースノートに問い合わせたら、非常に親切に色々と教えてくれた。そして勉強になった。それをメモしておく。
まず音源から楽曲情報を検索する原理だが、Netで調べたら10年近く前の2004年の記事だが、下記に詳しい。

音声から音楽情報を検索
 多くのジュークボックスソフトは、音楽CDから音楽をPCに取り込むとき、自動的に曲名やアーティスト名などのデータをデータベースから検索して、IDタグやファイル名に入力してくれる機能を持つ。一般には「CDDB」として知られるこの検索サービスを提供しているのが、米Gracenote社である。

 現在Gracenoteでは、CDDBとして楽曲で約3000万曲、CDにして約280万枚分の音楽IDデータを保有している。例えばiTunesにCDを突っ込んで音楽情報を検索するとしよう。CDDBのエンジンはまず、音楽CDのTOC(Table Of Contents)のデータを読み取る。そのデータを使ってデータベースを検索し、特定のCDの情報を返す、という仕組みだ。
 お気付きのように、このサービスの限界は、音楽CD以外のメディアからはデータベースの検索ができない、という点にある。例えばLPレコードを録音したものであったり、ダウンロードしてバラで買った曲などに対しては、検索する方法がないわけだ。特に米国では楽曲のダウンロード販売が本格的に立ち上がったこともあって、“音楽の入れ物”が必ずしもCDではないという現象が一般化しつつある。
 Gracenoteの「MusicID」は、音楽の波形データを元に、楽曲の情報を検索できる技術だ。波形データとはいっても、それをそのままデータベース化したのでは、曲データそのものを保有することと変わりない。これではデータ量が膨大になりすぎる。
 そこでMusicIDでは、まず音楽の波形データから、その特徴的な要素のみを抽出する。言わば音楽のガイコツみたいな、ユニークでありながら軽いデータを作り出すわけである。これを彼らは「FingerPrint(指紋)」と呼んでいる。そのFingerPrintの情報を、CDDBと同期させるというわけだ。
 だがFingerPrintを作り出すためには、元となる楽曲の波形が必要だ。自社でそれをやるということは、世界中の音楽をいったん自社で買うということになる。しかしそれではビジネスにならない。そこで彼らはうまい方法を考えた。
 CDDB検索エンジンの中に、FingerPrint生成機能を埋め込んだのである。つまりCDDBのユーザーがCDを突っ込んでIDを検索するときに、その楽曲のFingerPrintをユーザーのPC内で作り、CDDBに送信するという仕掛けだ。
 そもそも初期のCDDBでは、検索しても見つからなかったCD情報をユーザーが自分で入力し、それをCDDBに登録するという機能を持っていた。言わばCDDBは、ユーザー自身が成長させていったデータベースなのである。FingerPrintは、それと同じことをユーザーが気が付かないうちにやってしまう。こうして集められたFingerPrintは、現在400万曲。現在も週2~3万曲といったペースで増え続けている。」
(2004年03月08日付の(ここ)より)

<グレースノートから教えて頂いたこと>
・楽曲は最初の10~20秒ほどをデータ化している。(ここによると、「1曲分のサウンド指紋の容量はたったの64byteとのこと」)
・SONYのHDD機器には、予めデータベースが収納されており(NAC-HD1では約35万枚分)、そこに合致しないとNetで探しに行く仕組み。⇒なるほど、古い楽曲は、LANケーブルを外しても検索出来た。
・グレースノートのデータベースには、今週検索NGになったNHKの番組の楽曲は全て登録してある。
・ただし、その全曲にフィンガープリント(音楽の指紋)が登録されているかどうかは分からない。
・楽曲情報は、レコードメーカーから情報が提供される場合もあるが、人気のある曲はグレースノートが情報を登録している。
・音源の波形情報であるフィンガープリントの情報を登録しているサーバーは、容量が限られているため、人気のある楽曲が優先され、マイナーな曲は落とされて行く。
・グレースノートとしては、何ら変化は無い。よって、(月)(火)の曲名取得が出来なかったのも、たまたま人気のないマイナーな曲(特に演歌は・・・)だったのでは? しばらく日にちが経てば、登録される可能性もある。
・今日放送された人気楽曲「ピースとハイライト」 (サザンオールスターズ)が「該当する情報がありません」という表示になった理由は分からない。
・もちろん音源にノイズが乗っていたりして、音質に問題がある場合は検索出来ない。

結局、これと言った原因は分からなかった。グレースノートとは「来月の同じ番組でどうなるか、長い目で見ていきましょう」となった。まあ仕方がないな・・・。
しかし、ひょんなことで、今まで不思議に思っていた音源による楽曲情報の検索システムの仕組みが、少し理解出来たような気がした。何よりも、SONY単独のシステムだとばかり思っていたこの検索システムが、実は世界的な仕組みなので、今後無くなることはない事が分かり、ホッとした。オシマイ。

(2013/09/28追)
9月のNHK FM「歌謡スクランブル」「話題のホットミュージック」では、ほぼ完璧に曲名取得が出来ていた。前月の曲名も日を経る毎に取得できるようになったので、先月だけ、グレースノートでの新曲の登録作業が遅れていたのかも知れない。まずはホットした。

130827kaunoka <付録>「ボケて(bokete)」より

| コメント (1)

2013年8月27日 (火)

茨城・常総学院野球部元監督 木内幸男氏の「ラジオ深夜便」での話

今年の甲子園も終わってしまったが、書きそびれてしまった記事を今頃書く・・・。
まだ常総学院が甲子園で勝っていた頃、こんな記事を読んだ。
常総、マジック再び 常総学院4―1仙台育英 第95回全国高校野球
◇2回戦(第3試合)
仙台育英(宮城)000 000 010|1
常総学院(茨城)000 002 02×|4

 相手によって、投手ではなく捕手を代える。常総学院の選択がズバリ、はまった。
 この日は1回戦の北照戦で完封勝利に導いた吉成ではない。強肩の内田だ。
「吉成はワンバウンドを止めるのがうまい。走ってくるチームには内田」と佐々木監督。狙い通り盗塁を封じた。ただ、それだけではなかった。
 まず4回無死一、三塁。右飛で本塁を狙う走者を見て、右翼に入った吉成が本塁へ。内田はショートバウンドを捕った瞬間、走者と激しくぶつかった。が、185センチ、87キロの巨体は球を離さない。最初のピンチを切り抜けると、最大の勝負どころでは捕手2人の「配球の違い」が生きた。6回2死一、二塁。仙台育英の代打の切り札、小野寺に対し、胸元を攻め続け、6球目は外のスライダーで三ゴロだ。
 内田は言う。「吉成はボール球を使うのがうまい。僕は内角を突く」。試合前、「変化球が多く、低めの見極めが大事」と分析していた仙台育英にとっては、想定と違っただろう。
 「お手本は木内さん」。佐々木監督は言う。大胆な選手起用などが「マジック」と呼ばれた木内前監督からバトンを受けて2年目。師をほうふつとさせる選手起用が功を奏した。選抜8強の北照に続き、この日は選抜覇者の浦和学院を破った東北の雄。「強豪ばかりで、準決勝くらいまで戦ったような疲労度です」。全国を制した2003年はコーチだった佐々木監督。それ以来となる、夏2勝だ。(山口史朗)」(
2013/08/16付「朝日新聞」p17より)

引退した木内元監督の名前が、相変わらず出てくる・・・。
ふと前に聞いたNHKラジオ深夜便での木内さんの話を思い出した。当時当サイトにも書いた。
「先日、NHKラジオ深夜便「スポーツ名場面の裏側で~茨城・常総学院野球部元監督 木内幸男」(2012/09/14放送)を聞いた。
130827kiuchi 木内幸男氏は、自分の高校の先輩であり、また自分が育った茨城の高校野球界の超有名人なので、この番組を興味深く聞いた。裏話はなかなか面白い…。
なかでも、1984年の甲子園では、木内監督率いる取手二高が、決勝で桑田真澄や清原和博を擁したPL学園を、延長10回の末破った武勇伝?や、2003年の決勝でのダルビッシュ攻略の秘訣は、なるほど……と、聞いていて楽しい。
しかし、子供たちをその気にさせる言葉は、実に的確であり、子どもたちの個性を引き出す力は、さすが・・・。
そんな木内監督も、現在82歳だが、何と2011年まで、現役で高校生相手の監督業を続けていたとか・・・。まさに「暦の上の年齢がどうした!!」を地で行く。」(ここより)

この放送をもう一度聞いてみたが、実に面白い。少し時期がずれてしまったが、そのサワリを・・。昭和59年の甲子園の話である。

<茨城・常総学院野球部元監督 木内幸男氏の話>

NHKラジオ深夜便「スポーツ名場面の裏側で~茨城・常総学院野球部元監督 木内幸男」(2012/09/14放送)
*この番組の全部(44分)をお聞きになる方は(ここ)をクリックしてしばらく待つ・・・。

自分は別に野球が好きな訳ではない。プロ野球の球団のセパの区別も怪しい。都市対抗野球は好きだったが、それも応援に行った現役の頃の話。高校野球は茨城だけ気になる。
考えてみるとおかしなものだ。自分は埼玉県で10年、茨城県で12年、そして東京に43年住んでいるが、高校野球はなぜか茨城ファン。しかし茨城も変わった。常総学院など、自分が住んでいた頃は無かった。
それにしても、木内さんの子供の能力を発揮させる手腕は大変なもの。この、人またはチームの持っている力を存分に発揮させる手腕は、どんな企業活動にも通じる。
そんな木内さんも82歳。上のNHKでの話は、どんなチームも、指導一つで“化ける”ことを教えているように感じた。つまり甲子園での活躍は決して偶然ではないのである。この番組は、高校野球界だけでなく、リーダーシップを要求されるビジネスマン世界にも通じる、組織を動かす永遠のお手本になる話なのかも知れない。

130827youchien <付録>「ボケて(bokete)」より

| コメント (0)

2013年8月26日 (月)

“移ろいやすい「民意」”~ドイツ総選挙の国民投票の是非

先日読んだドイツの総選挙に関する記事で、「移ろいやすい「民意」が悲劇につながった過去の経験」「民意の暴走」、そして『政治と「民意」との間で「ねじれ」』という言葉が印象に残った。曰く・・・

「(ドイツ総選挙2013)国民投票、われらも 最大野党、導入訴え 
 9月に行われるドイツの総選挙に向けて、市民団体や最大野党が国民投票の制度の導入を訴えている。きっかけは欧州の債務危機だ。ただ、移ろいやすい「民意」が悲劇につながった過去の経験から、最大与党は導入に否定的だ。
ユーロ危機への対応不満
 6月末、通行人でにぎわうベルリンのアレクサンダー広場に奇妙な物体が現れた。空気で膨らませた高さ約7メートルの「基本法」と書かれた赤い本の形の物体に「公正な国民表決」と書かれた青い矢印。周囲で若者たちが人々に署名を呼びかける。ドイツ基本法(憲法)に国民投票を導入しようと呼びかける市民グループだ。
 「導入の機は熟した」と、広報担当のレギーネ・ラロッシュさんは力説した。「最大与党のキリスト教民主同盟(CDU)を除く政党は賛成している。人々は正しい情報を得られれば、正しい判断をする」
 ドイツは全16州で住民投票制度がある一方、国レベルの国民投票制度がない。基本法は「国家権力は国民により選挙及び投票で(中略)行使される」と定めるが、具体的な規定はないままだ。
 最大野党の社会民主党は9月の総選挙の公約に、基本法を改正し、国民投票の制度を導入すると明記した。100万人の署名で国民投票での決定を求めることができるなどの内容だ。
 主導する同党のハンスペーター・バルテルス議員は「直接民主制の欠如は基本法に残った最後の不備だ。総選挙後の次期政権で超党派の合意を目指したい」と話す。
 国民投票導入を巡る議論は長い。2002年には当時、政権与党だった社民党と緑の党が改正を目指したが、改憲に必要な3分の2の支持が得られずに失敗した。議論が再び盛り上がっているのは、ユーロ危機の影響だ。
 ドイツではギリシャなど危機国の支援にあたって、政治と「民意」との間で「ねじれ」が生じてきた。連邦議会が12年2月にギリシャへの追加支援を承認した直後、公共放送ARDの世論調査で、56%が「議会が追加支援を認めたのは誤りだった」、64%が「ギリシャ追加支援は役に立たない」と答えた。
 政府や議会は欧州連合(EU)や欧州中央銀行の意をくんで動き、自分たちの声を聞かない、と不満を持つ国民が増えている。
 CDUの姉妹政党で、与党の一角をなすキリスト教社会同盟(CSU)からも、欧州政策に関する国民投票には賛成する声が出ている。
 ■ナチスの教訓、与党慎重
 ドイツは戦後、基本法を59回改正しており、改正自体は珍しいことではない。連邦政府と州政府の権限調整など細かいものが多いが、中には、北大西洋条約機構(NATO)加盟に伴う再軍備など、重要な改正もあった。
130826doitu  しかし、国民投票の導入については議論が分かれ、最大与党のCDUは慎重な構えだ。背景には、ナチスの独裁を許したワイマール共和国時代の教訓がある。
 第1次大戦で敗れたドイツは経済が破綻し、短命の政権が続いて社会が混乱した。ナチスは混乱と分裂の中で「強力なドイツ国家」を掲げ、既存政党への不満層や不況が生み出した失業者らの支持を得て台頭した。
 首相になったヒトラーは、政権につくと対立政党を弾圧し、議会の承認なしに政府が立法権を行使できる全権委任法を成立させ、ワイマール憲法を無効化した。それでも政治と社会の混乱に嫌気がさしていた国民は、再軍備を進め、敗戦で失われた領土を回復する「強い指導者」を求めて独裁者ヒトラーを支持した。
 当時「世界で最も民主的」とされたワイマール憲法下でナチスが独裁を確立した記憶から、戦後つくられた基本法では、大統領の直接選挙や国民投票などの直接民主主義的制度の要素は除かれた。「民意の暴走」に深い懐疑を抱いていたからだとされる。
 総選挙に先立ち、社会民主党は6月の連邦議会に国民投票の導入を求める基本法改正案を提出した。これに対し、CDUのヘルムート・ブラント議員は審議で「政策は『はい』と『いいえ』だけで決められるものではない。我々議員は(国民に)不人気な決定もしなければならない」と反対の意向を明らかにした。(ベルリン=松井健)
     *
 ドイツの総選挙が1カ月後の9月22日に行われる。最近の世論調査では、メルケル首相が率いるCDUが優勢だが、連立を組む自由民主党(FDP)は低迷しており、選挙後の政権の枠組みは不透明だ。
 欧州とユーロの危機が続く中、経済大国のドイツは欧州の「覇者」、メルケル首相は「女王」と言われるほど存在感を増しており、その行方は欧州全体を左右する。原発・エネルギー政策や少子高齢化、歴史問題など、日本とも共通する課題に取り組むドイツの現状と選挙情勢を随時、報告する。 」(
2013/08/22付「朝日新聞」P8より)

ドイツでは、「民意の暴走」に深い懐疑を抱いているという。背景にナチスの台頭を許した苦い経験がある、と言われると、その見方は重たい。
それに比べて日本は??

こんな記事もあった。
「(朝日・東大谷口研究室共同調査)改憲・集団的自衛権行使、有権者の「賛成」減少   安倍政権がめざす憲法改正や集団的自衛権の行使容認に対し、政権発足時に比べて有権者の賛成度が下がっている。朝日新聞社と東京大学・谷口将紀研究室の共同調査でわかった。賛成派は依然多いが、積極姿勢をとる政権や参院選当選議員とは対照的に、有権者の理解は広がっていない。
130826asahisyuudannteki  調査は、昨年末の衆院選後に回答した有権者1890人が対象。意識の変化を探るため、先月の参院選後に調査票を送り1540人(81%)から回答を得た。
 改憲に「賛成」「どちらかと言えば賛成」と答えた賛成派は44%。「反対」「どちらかと言えば反対」と答えた反対派(24%)を上回ったが、衆院選時(51%)から7ポイント下がった。参院選比例区で自民に投票した人に限っても、賛成派は58%で、参院議員全体の賛成派(75%)とは大きな開きがある。
 さらに、改憲の発議要件を衆参の3分の2から過半数に緩和する96条改正では賛成派はより少なくなり、31%にとどまった。議員の賛成派は52%だった。
 また、集団的自衛権の行使容認の賛成派は39%で、衆院選時の45%から6ポイント下がった。安倍晋三首相は参院選の大勝後、議論を加速させる方針を示し、行使容認に前向きな小松一郎駐仏大使を内閣法制局長官に起用。しかし、有権者にはこうした政権の姿勢と温度差があることがうかがえる。
 原発再稼働は反対派が6ポイント増の43%にのぼり、28%の当選議員とは15ポイントの開きがあった。(広島敦史)」(
2013/08/25付「朝日新聞」p1より)

これも“政治と「民意」との間で「ねじれ」”??
言うまでもなく、日本は国会議員という代表者を選挙で選び、その代表者が政治を代行する“代理制民主主義”なのだが、上の記事のような有権者の「賛成」と、その代理者である国会議員の“賛成”に大きな乖離があるとすると、それはどう捉えたら良いのか?
ドイツのように、民意はアテにならないので、プロの政治家が独自に考える方が良いのか?

しかし、“代理制民主主義”といって自分たちの代表を国会に送っても、所詮既成政党の歯車に組み込まれ、政党の方針に従って1票を投じる投票マシンになっていないか?
かと言って、ドイツのナチスや、マスコミに先導されたとは言え、戦前の日本国民の戦争への高揚を考えると、国民投票に代表される“民意”も、あまり自信は無い。もちろん日本のプロの政治家も、まったく尊敬出来ない・・・。
この人に任せれば、きっと立派にやってくれる・・・。という政治家も居ないし、“民意”も怖い。とすると、我々はどうしたら良いのか・・・
まずは、ナチスの反省が70年経ってドイツでどう変化しているのか、9月22日のドイツの総選挙の結果をちょっと覗いてみよう・・・
その変化によっては、日本も危ないかも・・・。戦争の反省が日本でも風化しているかも知れないので・・・。クワバラクワバラ・・・。

130826matemate <付録>「ボケて(bokete)」より

| コメント (0)

2013年8月25日 (日)

モーツァルトの「レクイエム」(涙の日)の版による聞き比べ

言うまでもなく、モーツァルトの絶筆「レクイエム」は未完成のまま残され、弟子のジュースマイヤーにより補筆完成されたもの。しかし20世紀後半になって、色々な学者によって修正版の楽譜が作られた。
先日、FM放送で、それらの版による聞き比べが行われていた(ここ)。
聞き比べる部分は、モーツァルトが8小節目までを作曲して亡くなったことで有名な「ラクリモーサ(涙の日)」である。楽譜のPDFを(ここ)に置くので、楽譜を見ながら聞くと、良く分かる。まずはジュースマイヤー版から・・・

<モーツァルトの「レクイエム」(涙の日)~ジュースマイヤー版>
リッカルド・ムーティ指揮/ベルリン・フィル

一番有名で、注釈がなければ、この版を差す。

<モーツァルトの「レクイエム」(涙の日)~バイヤー版>
フランツ・ウェルザー・メスト指揮/ロンドン・フィル

これは1971年に発表されたもの。基本的にはジュースマイヤー版と変わらないが、オーケストレーションと合唱の部分が変わっている。後半の“Dona eis” の部分で、テノールパートが上昇音型から下降音型に変更されている。

<モーツァルトの「レクイエム」(涙の日)~モーンダー版>
クリストファー・ホグウッド指揮/エンシェント室内管弦楽団

これは1983年に発表されたもので、ジュースマイヤー作曲のモーツァルトが関与していない部分はカット。最後にアーメンのフーガを付け加えているのが特徴。これは1961年に発見されたモーツァルト自筆のアーメンの合唱のスケッチを元にしているという。
聞いてみると、いつものとまるで違う・・・。

<モーツァルトの「レクイエム」(涙の日)~レヴィン版>
ヘルムート・リリング指揮/シュトゥットガルト・バッハ・コレギウム

1991年、モーツァルト没後200年の年に発表された。これはジュースマイヤー版を尊重した上で、アーメンのフーガを付け加えたりしている。

<モーツァルトの「レクイエム」(涙の日)~バイヤー版、レヴィン版併用>
クラウディオ・アバド指揮/ベルリン・フィル

これはバイヤー版とレヴィン版をアバドの解釈でミックスしている。
聞いてみると、ジュースマイヤー版との差が良く分からない・・・。

それにしても、ジュースマイヤー版以外はどれも違和感がある・・・。

自分はこの曲が大好き。楽譜も昔買ったが、昭和48年(1973年)4月28日というメモがある。たぶん銀座のヤマハで買ったと思う。でもCDでは失敗した。昭和61年のこと。デッカのデジタル録音のCDを買おうと、実はホグウッド盤を買ってしまった。再生してビックリ。確かにCDのタイトルには「モーンダー版」と書いてあった。しかし当時、ほとんど意識していなかった。買って初めてオリジナルと違うことが分かった。

良く言われるように、モーツァルトの「レクイエム」は、どうも“ジュースマイヤー作曲 モーツァルトのラフスケッチによる「レクイエム」”が本当らしい。
しかしこれは名曲である。これはモーツァルトだから聞く、と言うのではなく、あの見知らぬ男からの依頼で作曲したという伝説や、モーツァルトの絶筆ということを除いても、真に素晴らしい。
たぶん今後も、モーツァルトはこう作ったであろう・・・という“解釈”で、色々な版が出るとしても、自分はベートーベンも擁護したというこのジュースマイヤー版が好き。

130825ehagaki <付録>「ボケて(bokete)」より

| コメント (2)

2013年8月24日 (土)

5日間の“腰痛”もどきの話

今日はどうでも良い話。つまり自分用のメモなのでゴメン・・・。
右腰が痛いと感じたのは、今週の月曜日。ぎっくり腰ではない。何となく痛い。
(火)になると、段々本物に・・・。自分の体をチェックしてみると、それほどひどくは無いものの、椅子に座っていて、右ひざを上に挙げようとすると、背中の右骨盤の上が痛い。腰痛と言うより、筋肉痛??仕方がないので、この日はカミさんから借りたガードルを腰に巻いて寝る。
(水)になると、かがむと痛い。直立だと良い。よって歩くときも直立で・・・。何じゃコレは? 夜、カミさんから家に残っていたモーラステープを貼って寝る。
(木)になると、今まで良かったのに、歩くときに違和感。でも椅子に座っての右足は何とか挙がるようにはなってきた。そして、カミさんが言うように、風呂で温めると良いみたい・・・
(金)は歩くときはOKになってきた。ただし、姿勢を猫背にするとやはり痛む。しかし徐々に良くなっている。夜、時間と共に急に良くなった感じがした。
そして今日の(土)は、朝からOK。ほとんど痛みはない。姿勢を猫背にすると少々痛いものの、右足もほぼ自由に挙げることが出来る。現金なもので、そのことを忘れて動いていて、ハッと気付くくらい・・・。ほぼ3日間のモーラステープのお陰か? カミさんは、モーラステープは強力なので、まだ安心出来ないという。でも何とか元に戻りそう・・・。

今回の原因だが、実は思い当たることがある。数日前の会社の帰り道、バスを降りて自宅に向かって歩いているとき、「自分はこのところ、足も腰も痛くないし・・・。ヘヘヘ・・・」と思ったのだ。その時に、神さまか仏さまか知らないが、フッとこっちに振り向いたような気がした。そのときヤベー、と思ったが、既に遅し・・・。
よく、「最近は風邪を引かないな~」と言った翌日に風邪を引くことは良くある。それと同じだな・・・。意識したとたんに現象が現れる。なぜだ?? 傲慢さへの懲らしめ??

毎日、何事もないことが如何に有り難いことか・・・。それはここにも何度も書いた。それは分かっている。でも「腰も痛くないし・・・」と思っただけで、腰が痛くなるとは・・・。

世にイメージトレーニングという言葉がある。今回の腰痛は、悪い意味のそれと似ているかも? つまり、病気の事ばかり考えていると、その病気を引き寄せる、という事があるらしいので、それで引き寄せたのかも・・・!?
よって、今回の再発防止策としては、「悪いことは連想しない!」と心に誓ったものの、たぶんダメだろうな・・・。
無理に前向きに捉えると、自分の猫背のクセを直させようと、神さまが仕組んだ啓示か・・・??
ともあれ、自分の不摂生を棚に上げて、(自分が悪くないという)何かの拠り所を探すエムズ君なのである。トホホ・・・

130824you <付録>「ボケて(bokete)」より

| コメント (1)

2013年8月23日 (金)

人間ドック受診「異常なし」7.2% 過去最低

今朝起きると、カミさんがこれを読め、という。人間ドックの記事だ。
人間ドック受診「異常なし」7.2% 過去最低
 2012年に人間ドックを受けた316万人のうち、全項目の検査値に異常のなかった人は、過去最低の7.2%だったと日本人間ドック学会が22日発表した。全国集計を開始した1984年当時、「異常なし」は29.8%だったが、年々減り続けている。
 男女別では男性は6.2%、女性は8.6%。肥満や高コレステロールなどの生活習慣病に関連する異常は50代男性が最多。男性は肥満、高コレステロール、高中性脂肪、肝機能異常の各項目で50代をピークに減少。女性はほぼ年齢とともに増えていた。同学会の笹森斉理事は「働き盛りの男性は、食生活の乱れや飲酒、運動不足などで異常の原因を作りやすい。定年後に生活習慣が改善される傾向にあるのではないか」と話す。」(
2013/08/23付「朝日新聞」p37より)

人間ドックで異常なし」は最低の7.2%- 受診者の高齢化など要因
 日本人間ドック学会は22日に記者会見を開き、昨年の人間ドック受診状況の調査結果を発表した。それによると、すべての項目で異常が見られなかった人の割合は全体の7.2%(前年比0.6ポイント減)と、1984年に集計を開始して以降で最低を更新した。受診者の高齢化や判定基準値の厳格化などが要因とみられる。
 同学会と日本病院会が指定する人間ドック健診施設機能評価認定施設などのうち、686施設にアンケート調査を行ったところ、生活習慣病関連の各検査項目で経過措置や二次精査が必要と判定された人の割合は、肥満が29.3%(前年比1.7ポイント増)、高コレステロールが31.5%(同1.7ポイント増)、高中性脂肪が15.9%(同1.6ポイント増)、高血圧が21.9%(同0.9ポイント増)とそれぞれ増加。一方、耐糖能異常が22.8%(同0.4ポイント減)、肝機能異常が32.4%(同0.9ポイント減)と減少した。
 また、全項目で異常の認められなかった人の割合は全体の7.2%で、集計開始時の29.8%から大幅に減っていた。その要因について、調査に携わった人間ドック健診統計調査委員会の笹森斉副委員長は、▽人間ドック受診者の高齢化▽専門学会の判定基準ガイドライン採用による基準値の厳格化▽ストレスやうつ病増加に伴う生活習慣の悪化▽食習慣の欧米化と身体活動量の低下―を挙げた。
 さらに、「検査方法や検査機器の進歩により、今まで正常と見られていた人が生活習慣病関連項目に異常があると判定されるケースも増えている」とも分析している。
基準範囲を独自に設定、今月末の学術大会で発
 会見で同学会は、人間ドック受診者が健康であるかどうかを判断する際に参考となる基準範囲を独自に設定したことも明らかにした。
 具体的には、約200病院から150万人のデータを集め、その中からBMI25未満、飲酒は1日1合未満、血圧が130/85mmHg未満、喫煙していないなど、20―80歳の健康とみられる約40万人分を抽出。そのデータを基に、例えば尿酸値やLDLコレステロールなどについて性別や年齢階層ごとに基準範囲を設けたという。受診者の継続的な健康増進を図るのが主な狙いだ。
 今月29、30日に静岡県のアクトシティ浜松・オークラアクトシティホテル浜松で開かれる第54回日本人間ドック学会学術大会で、その具体的な内容を発表する予定だという。【松村秀士】」(
ここより)

また「人間ドックで見つかったがんは、男性では胃がんが最も多く、大腸がん、前立腺がんと続き、女性では乳がん、胃がん、大腸がんの順だった。」という。

一方、近藤誠著「医者に殺されない47の心得」によると、・・・
「高血圧患者4千万人、高コレストロール血症3千万人、糖尿病は予備軍を含め2,300万人と日本には凄い数の「病人」が居る事になっています。これは薬を売る為の策略としか思えません。高血圧の基準がどんどん下がっています。長い間、最高血圧の基準は160mmHgだったのが、2000年に140に、2008年のメタボ検診では、遂に130まで引き下げられてしまいました。その結果、1988年には降圧剤の売り上げが約2,000億円だったのが、2008年には1兆円を超えて、20年間で売り上げが6倍に伸びています。コレストロール低下薬のスタチン類は、年間2,600億円の売り上げが有ります。血圧やコレステロールを薬で下げると、数値は改善しても早死にするリスクが高くなる事が数万人規模の追跡調査ではっきりしています。高血圧の基準を含む日本版メタボ診断基準の作成委員会メンバーの内、国公立大の医師11人全員に2002年~2004年の3年間に、高血圧などの治療薬メーカーから合計14億円もの寄付金が渡っているのです。フィンランドで75才~85才までの「降圧剤を飲まない」男女521人の経過を診た調査で、80才以上のグループでは、最高血圧が180以上の人達の生存率が最も高く、最高血圧140を切った人達の生存率はがくんと下がっています。コレストロールについても、1980年代に福井県の約3万7千人を5年間追跡調査したら、男女とも、コレステロール値の最も低いグループの総死亡率が一番高く、男性では、血中コレステロール値が高いほど総死亡率が低いという結果が出ています。
日本糖尿病学会の診断基準によると、空腹時の血糖値が110mg/dL未満で正常。126以上となると糖尿病と診断され、その中間が予備軍となります。1990年代に、イギリスで大々的な試験が行われ、被験者は2型糖尿病で自覚症状が無く、体重が標準の120%未満で、血糖値が110~270mg/dLまでの3800人をくじ引きで2群に分け、A群は食事療法をメインにして、血糖値が270を超えた時だけ薬物療法を行いました。B群は降下剤を使って、血糖値が常に110未満に留まるようにしました。そして、10年間観察した結果「死亡、腎不全、失明に統計的有意差なし」一方、低血糖による発作が、B群の方がA群より3倍になりました。血糖値は「歩く、自転車、水泳、ストレッチ」などで下がる事が多い事が判かっています。・・・」

そして、こんな記事もある。
がん患者の4割、自覚症状なく受診 健診など契機 厚労省調査
 病院でがんと診断された外来患者の約4割は、受診の時点で自覚症状がなかったことが27日までの厚生労働省の調査で分かった。健康診断や人間ドックをきっかけに受診し、がんが見つかったケースが多い。同省がこうしたデータを公表するのは初めてという。同省の担当者は「がん治療の基本は早期発見。自主的に健康診断を受けることの重要性を示すデータだ」としている。
 全国500病院を対象に2011年10月に実施した「受療行動調査」の結果のうち、がん以外も含めた病名が分かる外来患者約3万1千人の回答を分析した。
 同省によると、がんと診断された外来患者のうち、41.5%が「自覚症状がなかった」と回答、「自覚症状があった」は48.1%だった。
 自覚症状がないのに受診した理由(複数回答)は「健康診断や人間ドックで(詳しい検査を受けるよう)指摘された」が最多で、半数近くを占めた。次いで「他の医療機関で受診を勧められた」「(明確な自覚症状はなかったが)病気ではないかと不安に思った」が続いた。
 がんの部位別で自覚症状がなかった人の割合は、気管・気管支・肺がん54.9%、前立腺がん53.8%、胃がん49.9%、乳がん37.2%だった。〔共同〕」(
2013/2/27 付「日経新聞」より)

検診で病気が見付かるケースは、それなりにあるという。しかし、それで治ったか?というと、話は別。しかも、検診でOKだったのに、重い病気が発病した、という話もよく聞く。
しかしこの記事で、人間ドックで異常なしの “健康者”が7%とは、何か違和感を覚える。普通に生活している我々は、9割以上が健康だと思っているのではないか? こんな数字を見ると、病院経営のために患者が創られているような気がしてならない。
結局、自分自身で判断し、行動するしかない・・・。
所詮、すべては“運”なのだから・・・

130823nadetoite <付録>「ボケて(bokete)」より

| コメント (0)

2013年8月22日 (木)

「外国語「使われすぎ」52% 巧みな言い換え難しく」

だいぶん前の記事だが、日経新聞にこんな記事があった。
外国語「使われすぎ」52% 巧みな言い換え難しく
 暮らしのなかに外国語があふれている。「テーマ」「スピード」といった耳になじんだ言葉だけではない。最近は「サステイナビリティー(持続可能性)」「ダイバーシティー(多様性)」などという、まだちょっとこなれない新語も増えた。
 そうした傾向が気になるという声をよく聞く。「NHKの放送番組で外国語が乱用され、精神的苦痛を受けた」。先月にはこんな理由で岐阜県の男性がNHKを相手に慰謝料請求訴訟を起こし、話題になった。
130822gaikokugo  5年前に比べ、日常生活で外国語を耳にする機会は増えたかどうか。調査結果をみると「増えた」「どちらかといえば増えた」が計76%。使われ方についてどう感じるかを聞いたところ「使われすぎている」「どちらかといえば使われすぎている」が52%と、半数を超えた。やはり違和感は小さくないようだ。
 「使われすぎ」と感じる分野で最も多いのは「新聞・テレビなどのニュース報道」で、70%に達した(複数回答)。報道機関として真摯に受け止めたい指摘だ。役所や企業が発信する外国語を吟味し、日本語への言い換えも考える必要がある。
 もっとも、巧みな言い換えはとても難しい。国立国語研究所は「インフォームドコンセント」を「納得診療」、「ノーマライゼーション」を「等生化」などとする案をまとめたが定着していない。言い換えると、逆に意味不明になることもある。
 幕末から明治にかけて、日本人は外国語をさまざまに翻訳した。「フィロソフィー」を「哲学」、「ソサエティー」を「社会」などその数は膨大だ。それでも追いつかなかった言葉は多いし、外国語は格好いい、文章や会話が豊かになるという気分も現在まで抜きがたくある。
 日本語と外国語の折り合いをどうつけていくか。新しくて古い難問と向き合わなければならない。(編集委員 大島三緒)」(
2013/7/22付「日経新聞」p13より)

実は、自分は外国語の使用はあまり賛成ではない。これは、自分が“英語大嫌い人間”だからかも・・・
とにかく、言う言葉にせよ書いたものにせよ、言葉は相手に伝わることが必須条件。よって、相手に伝わらないかも知れない言葉はダメ。逆に相手に伝わる言葉なら大いに結構・・・。これは外国語に限らず、難しい日本語の言い回しも同じだ。

昔、現役の時、会議で色々な外国語やアルファベットの略称が飛び交った。その時に、自分は周りの人に「**って何だっけ?」と聞けなかった。それは、「こんな言葉も知らないのか・・・」と、自分の無知がバレてしまうことにもなりかねないので・・・。
一方、アルファベットの略称も世の中に蔓延している。「TPP」「GDP」「OECD」・・・幾らでもある。これらも、世の中に良く知られているかが問題。

あるとき、上司がある企画の議論をしているときに、「略称を新たに付けよう」と言った。つまり「TPP」のような言葉だ。そして企画会議の時に、さっそうとその略称を使った。当然「**って何だ?」と聞かれる。そして格好良く答える。(もちろん略称の正式綴りと意味を書いておくことは必須だが・・・)
つまり幾ら中味が無くても、外国語やアルファベットの略称は、格好を付けるには役立つのである。

自分は外国語大キライ人間のこともあり、書く外国語には必ず括弧書きで日本語も付けることにしている。そしてアルファベットの略称には、別の欄に、必ずそのフル綴りと日本語訳を・・・。あくまでも、相手に内容が伝わることを念頭に・・・

「セレブ」という言葉がある。何度意味を聞いても、自分の頭に入ってこない。
wikiによると、「セレブ=日本のテレビや雑誌メディアはセレブと略し、金持ち、優雅な、高級な、などの意味合いで使用している。」とある。
なるほど、分かった! 自分に縁のない世界の言葉(金持ち、優雅な、高級な・・・)は、永久に自分の身に付かないのだ・・・。

130822aiso <付録>「ボケて(bokete)」より

| コメント (0)

2013年8月21日 (水)

「買った総菜 温め出来たての味に~「調理器合わせ技」で復活!」

先日の日経新聞にこんな記事があった。何気なく“チン”して食べている人には、有用かも??(写真はクリックで拡大)

「(とことん試します)買った総菜 温め出来たての味に~「調理器合わせ技」で復活!
 猛暑日は火を使う台所で調理するのがつらくなる。スーパーや商店街で買える総菜はそんなときの強力な助っ人だ。ただ自宅で温め直すと、油っぽくなって失敗することが多い。総菜によってコツがあるに違いない。いろいろな方法を試しで黄金ルール、を見つけることにした。

記者(34)は総菜を温めるのに手軽に電子レンジを使うことが多い。油でベトベトになったり、固くなったり、出来たてに近い状態からほど遠くなる。
レンジで加熱後トースターで焼く
家電調理に詳しい戸井田園子さんは「どんな総菜もレンジのみでおいしく仕上げるのは難しい。オーブントースターやグリルなどをうまく組み合わせて」と助言する。マイクロ波で温めるレンジは短時間で温度が上がる。トースターやグリルは食材に直接、熱を当てる。温度上昇に時間はかかるが、水分を飛ばし、焦げ目を付けるのに最適だ。
130821souzai 調理器の特徴を踏まえ、フライパンに頼らず、メンチカツやコロッケなどの揚げ物、天ぷら、から揚げ、ギョーザ、うなぎのかば焼きの5種類の総菜を温め直す方法を探ることにした。
 まずはメンチカツやコロッケ。ラップなしでレンジで温めると中は熱々だが、外側が油っぽくなる。そこでメンチカツを買う客で大行列のできる東京都武蔵野市の人気店「吉祥寺さとう」を運営するサトウ食品の佐藤健一社長に良い方法がないか聞いた。
 客のほとんどが球形に近いメンチカツを大量に買う。「翌日温め直したり、冷凍したりするようです」と佐藤さん。店側は客の要望もあり、おいしく温め直す方法を見つけた。
 それは1個(100グラム強)をラップなしで30秒レンジで温めた後に、トースターで2~3分温めるというやり方だ。レンジで一気に中の温度を上げた後にトースターで外側をカリガリにする。記者はスーパーで一般的な小判型のメンチカツを買い込んで同じ要領でやってみた。
 レンジ(600W)にかけた後に温度計で中の温度を測ると、熱々の85度まで一気に上がった。1個(約100グラム)の場合、30秒で十分。2個でも1分程度でよい。
 トースター(1000W)だけでは5分たっても中が50度前後にしか上がらない。アルミホイルで包めば5分以上でも焦げないが、温度はなかなか上がらない。レンジとトースターを使えば時間の短縮になる。
アルミや霧吹き ペーパーを駆使
 同じ方法で天ぷらにも挑戦した。天ぷらをトースターで加熱すると外側がカリカリになりすぎて、天ぷら独特のカリッとしながらもしっとりした食感が失われた。特に衣の厚いエビはレンジにかけると油が出てベトベトになり、メンチカツより扱いが難しい。
 エビを15本買って2等分にし、実験を開始。霧吹きで水をかけたり、かたくり粉をまぶしたりして試食を繰り返した。胸焼けしながらようやく“黄金ルール”にたどり着いた。それは、レンジで加熱後にすぐにキッチンペーパーでくるみ、その上から少ししわを作ったアルミで包んで、250Wに弱めたトースターで2分加熱する方法だ。
 料理研究家の町田えり子さんが「アルミはしわを作ると熱の伝導率を抑えられじんわり温められる」と話していたのを思い出し、実践するとうまくできた。
 天ぷらでも衣の薄いサツマイモやカボチャなどの野菜は、ペーパーでくるむとくっついてしまった。レンジで加熱後に、アルミのみに包んでトースターで加熱するだけで成功した。
 戸井田さんに結果を伝えると「衣が厚いと吸収する油や水も多い。エビの場合はペーパーが余分な油を吸ってうまく仕上がったのでは」と予想した。
 から揚げはグリル(1200W)に5分かけるだけで揚げたてのようなカリッとジューシーな状態に変身。余分な油がグリルの下に落ちた。強い火力で一気に温めるのが向いているようで、トースターよりグリルの方が良かった。
 味の素の家庭用事業部主任の市川恒子さんは「から揚げは衣が具に密着して空気の層がほとんどなく、小麦粉やパン粉、卵を付けて揚げるメンチカツに比べると火が通りやすい。サイズも比較的小さいため、グリルで集中的に加熱するのに向いている」と話す。
 ギョーザはレンジのみでは油っぽさが増し、皮が固くなるというマイナス点ばかり。トースターで試行錯誤した。そのままアルミで包んで加熱すると水分が飛びすぎたので、霧吹きで水をたっぷりかけると皮はしっとり。難点はアルミにくっついてしまうこと。これは接点に油を薄く塗ることで解決した。
 うなぎのかば焼きは近所の商店で店員に良い温め方はないか聞いてみた。「ラップで包んで炊きたての炊飯器に15分入れるとふっくら温まります」と思いがけない良い回答を得た。
 早速試してみると、手軽に温まるが、温度は50度前後にしか上がらない。熱々にしたいと思ったので、翌日また買いに行き、トースターで温めた。霧吹きで水を少しかけてアルミに包んで5分程度。なかなかふっくらした。
 町田さんが「緑茶で蒸すとかなりふっくらする」というので、緑茶を吹きかけるとふっくら感が増したような気がした。「緑茶に含まれるアルカリ成分がうなぎのコラーゲンを溶かすようです」と町田さん。
 総菜の大きさ、外側の衣の量、家電の種類で加熱時間は異なるだろうが、調理器の組み合わせで仕上がりがずいぷんと変わることが分かった。
<記者のつぶやき>
 レンジ、トースター、グリルの仕組みを頭に入れて、それぞれの総菜にあった組み合わせを導き出すのは、数学の公式を解くような不思議な感覚だった。天ぷらで成功したときはうれしかった。
 油っぽい総菜を食べながらの実験のお供は、ボウル1杯のダイコンやキャベツの甘酢漬け。おかげで胃腸を壊すことなく食べられた。(坂下曜子)」(
2013/08/17付「日経新聞」p2sより)

この記事は、34歳の女性記者が、実体験(実験)を書いたものらしい。しかし堅いイメージの日経新聞だけに、こんな記事を読むと、何かホッとする。新聞は、決して事件の報道だけが仕事ではないのである。
でもこの記事、さすがに自分の実体験を料理のプロの言葉で検証している。読む方は、それで何となく納得する。
この記事で、コロッケのやり方があるが、前に東京駅の八重洲地下街で揚げパンを買ったとき、温める方法が書いてあった。それも、数十秒“チン”してからトースターで温める方法だった。やはり・・・

ウチで一番多いのは、ギョウザ。いつも“チン”だけだが、この記事によると、霧吹きで水をかけて、油をひいたアルミに包んでトースターに・・・。
問題は、やはり美味く食べるためには手間がかかると言うこと・・・

まあこの記事はここに記録しておいて、次の機会に試すことにしよう。(←当分は、面倒なので“チン”だけだと思うけど・・・)

●メモ:カウント~470万

130821natufuku <付録>「ボケて(bokete)」より

| コメント (3)

2013年8月20日 (火)

川田美智子の童謡「一番すきなころ」

自分は童謡も良く聞くが、先日こんな歌を“発見”した。川田美智子が歌う童謡「一番すきなころ」という歌である。

<川田美智子の「一番すきなころ」>

「一番すきなころ」
  作詞:斎藤信夫
  作曲:海沼 實

私が一番すきなのは
花屋の車がもどるころ
夕焼け小焼けが赤いころ
一番星が光るころ

私が一番すきなのは
お家にあかりがともるころ
父さまおつとめ帰るころ
お靴がぽつぽつ響くころ

私が一番すきなのは
母さまごちそうできたころ
みんなで楽しく食べるころ
お月さんが窓からのぞくころ

私が一番すきなのは
きれいな寝床に入るころ
遠くを夜汽車が通るころ
あしたの夢見て眠るころ

この歌は昭和26年(1951年)発表らしいのだが、Net上にも情報がほとんど無い。自分の持っている童謡関係の本にもない。
でも、聞いてみると、何とも他愛ない純な子供のこころがそこにはある。

ところで、川田三姉妹についてNetで検索すると、詳しいサイトが見つかった。(ここ
それによると、海沼實と川田三姉妹との関係について、こんな事が書いてあった。
「東京に出てきた青年海沼は東洋音楽学校に学ぶかたわら昭和8年に近所の子供を集めて児童合唱団を設立する。これがその後ゆうに4分の3世紀にわたって多くの童謡歌手を輩出した「音羽ゆりかご会」の誕生である。」
「川田正子、孝子姉妹が母親の須磨子に連れられて音羽ゆりかご会にやって来たのはその翌年、戦雲急をつげる昭和17年の初夏だった。ところでこの記事のタイトルには「川田三姉妹」とあるのに2人しか出てこないのはどうしたことかと疑問に思った読者もいるかもしれないが三女の川田美智子はこの時はまだ生まれてなかったのである。」
「じつは海沼実は再婚しているのだが、その相手は正子、孝子姉妹の母親である川田須磨子だった。そして二人の間に産まれた子供が美智子である。そのため彼女は現在、海沼美智子という氏名を名のっている。」
「昭和54年に川田三姉妹の末子・美智子がゆりかご会の代表についたのを機会に正子はゆりかご会から独立した。そして同年に森の木児童合唱団を設立する。」
ここより)

童謡の世界も色々ある・・・。
でもまあ、こんな歌でも聞きながら、昔のこころに戻ろう・・・

| コメント (0)

2013年8月19日 (月)

「超高齢社会のがん~対決より病と共存を」

最近本屋に行くと、病気と闘わない、というようなタイトルの本が積んである。今までは、病気に負けない、というのが普通のスタンスだったが、世の中だいぶん変わってきたようだ。
先日の日経新聞にも、この話と同じような記事があった。

超高齢社会のがん 小林博さんに聞く
~対決より病と共存を 「謙虚な医学」への転換

人間にとって、がんは老化に伴う宿命的な病
 日本人の死因の1位を占めるがんは、今や年間約36万人の命を奪う国民病だ。半世紀にわたり研究者としてがんと向き合ってきた小林博さん(86)の目に、超高齢社会のがんはどう映るのだろうか。
 「つい最近まで、医学の世界では、がんは手術で取れるだけ取る、薬や放射線で徹底的に叩(たた)く、という考え方が主流でした。医師のこうした姿勢は、がんの病巣にだけ目が向いて、人間への配慮が二の次になる結果を招きかねません。抗がん剤治療でがんは小さくなったけれど、患者は副作用に苦しみ、体力を消耗して亡くなることが少なくなかった。濃厚な延命措置により最期のときを家族と過ごせないこともありました」
 どんながんも徹底的に叩きのめすべき、とする思想には疑問があるという。
 「がんは生き生きとした若々しい細胞で、最初から生体に逆らって生体を殺そうとして生まれてきたのではなく、老化したり傷ついたりした細胞を、助けたり修復したりするために正常細胞の中から出てきたのではないでしょうか。だから、がん細胞は一生懸命、弱った細胞の部分に置き換わって代役を果たそうとしますが、実際にはひたすら増殖を続け、やがて生体の命まで奪ってしまう」
 「こう考えると、がんは一種の『老化病』で、病というより生きるものの宿命と考える方が適切です。老いという避け得ない過程で発生する必然的な現象で、人間が老いる限り、がんも永遠の存在ということになる。だから、がんと全力で闘っても報われるとは限らず、がんとどう折り合いをつけるかが大きな問題となるのです」

長寿を達成した後の自然死に近いがんが増える
 一方、医療の進歩で長期生存する患者が増え、国内のがん患者の5年生存率の平均は50%を超えた。治療を続けながら働き、日常生活を送る人は珍しくない。がんは「死に至る病」から「長く付き合う慢性病」に変わりつつある。こうして「医療の現場でも社会の中でも、がんに対する新しい見方が生まれてきた」と小林さんは語る。
 「『あってはいけないもの』として徹底して叩くのではなく、『あっても仕方のないもの』と考えながら共存していこうという発想です。体の外から病原体が侵入して発症する感染症と違い、自らの細胞が変化して生じるがんは、いわば身内の病。だから免疫機能の監視の目を逃れて容易に増殖してしまいます。化学療法は、副作用を注意深く軽減しながら少量ずつ投与して治療効果を上げる方法も試みられています」
 背景にあるのは、叩くことだけに傾注したかつての「驕(おご)れる医学」から、生身の人間をいたわりながら治療する「謙虚な医学」への大きな転換。小林さんは、超高齢社会に突入した時代の変化も見つめる。
 「がん以外の原因で亡くなった高齢の患者を解剖すると、がんが見つかることがよくあります。今後は、今よりもっと高齢になってから発症する進行のゆっくりした『静かながん』が増えるでしょう。長寿を達成した後の自然死に近いがんで、大樹が静かに倒れるようなイメージです。こうした超高齢者のがんが、もはや攻撃的な治療の対象とならないのは明らかです」
 がん患者や家族の相談を数多く受けるうち、小林さんは、がんと向き合う患者の姿勢に「対決」と「対話」という対照的な2つのタイプがあることに気づく。
 「対決する人は、進行・末期がんと分かっても積極的な治療を諦めません。患者の家族が医師と一緒になって、つらい治療を受ける患者を『がんばれ』と励ましてきたのが、悲しいかな、従来のがん医療の実態でした」
 「一方、対話とは、勝つための闘いに執着せず、いかに犠牲を少なくして休戦に持ち込むかを探る姿勢です。緩和医療を受けてQOL(生命や生活の質)のいい状態を保ちながら、残された日々を過ごそうとします」
 近年、がん医療の現場では心のケアを充実させる取り組みも始まり、対話型を選択した患者・家族を支えている。
 「とはいえ、対決から対話への切り替えは容易でありません。この2つは大抵、混然一体となっているからです」

がん体験を通じ、よりよい生老病死を学ぶ
 がん体験を通じて人生を考える契機になった、と後に振り返る人が少なくない。小林さん自身、二十数年前にがんを経験し、多くのものを学んだという。
 「咳(せき)が止まらなくなり、呼吸器の専門医から肺がんの疑いがあると言われました。精密検査で確定診断され、『いよいよ自分にも来たか』と身構えました。幸い、手術を受けて事なきを得ましたが、がんを告知された時の張り詰めた気持ちは、人生の充実感に通じるものでした。死を意識したことで、それまでの人生を省み、1日1日を大切に生きようとも考えました」
 「研究を通じてがんとの付き合いが長かったので、がんに殉じるのは仕方ない。本望だとすら思います。もし私にお迎えが来たら、感謝の気持ちを身近な人に伝えたい。そして、生まれたとき『おめでとう』と祝福されたように、死ぬときも『いい人生だったね、おめでとう』と祝福されたならば、至福の大往生だ、と今では思っています」
 「いざがんを宣告されると冷静さを失ってしまうものです。そこで、健康なうちに『自分は不治のがんで、残された時間は短い』という状況を想像し、自らを追い込んでみてはどうでしょうか。いかによく生きるか、いかによく老いるか、そしていかによく死ぬかを考える機会となり、本当に大切なものは何かに気づく――。これが、私ががんから教えられたことでした」(編集委員 木村彰)
こばやし・ひろし 1927年札幌市生まれ。北海道大学名誉教授。北大医学部を卒業後、一貫してがんの社会病理学を研究。91年財団法人札幌がんセミナー理事長、2012年日本がん予防学会理事長に。患者・家族の相談活動を続ける。著書に「がんとの対話」「がんの予防」「がんに挑む がんに学ぶ」など。」(
2013/08/17付「日経新聞」夕刊p5より)

この“ガンは見付かっても全面戦争はしない”というスタンスは、だんだんと世の中に受け入れられているようだが、しかし・・・だ。
つまり、見つかったガンを放っておく、という選択が出来るほど人は強いか? 自分は強いか?・・・

上の記事にもあるように、「いざがんを宣告されると冷静さを失ってしまうもの・・・」
その時にオロオロした自分が想像出来る。

話は変わるが、先日Acrobatを新しいVerに入れ替えたことに端を発して、会社のパソコンがトラブって参った。何とかほぼ元に戻ったが、その時のドキドキたるや、まるで病院で検査結果を聞くときのドキドキに似ていた。
家のパソコンもそうだが、データのバックアップは取ってあるとしても、もしパソコンがトラブルで初期化せざるを得ないとすると、パソコンの設定は大変な作業。それをしたくないので、アプリの削除や、インストールでドキドキハラハラする。今回も、Acrobat6の削除が出来ず、microsoftの別のツールで何とか削除できた。つまり、今までとは違う動きなのである。
自分は、パソコンの「システムの復元」をよく利用して、便利に使っていたのだが、今回は違った。何とThunderbirdが動かなくなってしまった。仕方が無く、最新版をインストールしたが、今度は今まで便利に使っていたアドオンが、新しいバージョンに対応しておらす、動かない。
結局、パソコンひとつでも、「バージョンアップをしなければ良かった」「少々使い勝手は悪くても、あの状態で使っておけばよかった」と、なまじ“もっと使いやすく・・・”と、削除とインストールを繰り返した結果、訳が分からなくなってしまった。
健康問題も同じように思う。何か病気を宣告されたとき、治る病気なら良いが、もし治らない病気だと「あの時に・・・」という幾つもの後悔にさいなまれると思う。
「イザと言うときに弱い男」。どうもそれが自分みたい・・・。

世に、何があっても冷静さを保てる、つまりパニックにならない精神をもった人はどの位いるのだろう・・・。
先日のオーディオレコーダーのデータ消え事件(ここ)の時もそうだったが、今回のパソコンひとつでオタオタする自分・・・。そんな自分と、付き合いを止める訳に行かないので、さてさて今後どんな付き合い方をして行けば良いのか・・・?
将来必ず来るであろう“その時”に向かって、「健康なうちに『自分は不治のがんで、残された時間は短い』という状況を想像し・・・」の実戦方法をマジメに考え始めた公称“高齢者”ではある。

| コメント (1)

2013年8月17日 (土)

半藤一利氏の集団的自衛権への意見

先日の終戦の日(2013/08/15)にNHKテレビで生放送の「シリーズ日本新生 戦後68年 いま、“ニッポンの平和”を考える」(ここ)という番組を見た。
色々な立場の人の討論。その中で、自分の思い込み(=半藤びいき)が強いとは思うが、やはり半藤一利氏の意見が一番印象に残った。その語録をメモしてみると・・・。

「日本の近代史を勉強してみると、明治維新以来、日本の政治家や軍人が知恵を絞ったが、“日本の国は守れない国”だということが分かった。海岸線の長さは世界で5番目。中央に山脈が連なるので、日本の国民は逃げようのない海岸線に住んでいる。国民が勉強してその事を知れば、この国は武力で守れない国だということが分かる。明治以来、それを守ろうと思うから外に出て行った。」
「防衛力を強化する必要は全く無い。日本は守れない国だから、日本を守るために過去の歴史は、防衛線を外に持っていった。それを明治の人も昭和の人も侵略だとは思っていなかったかも知れない。そのためにスゴイ軍隊を作った。それで世界国々から、日本は侵略主義の国家だと見られた。だから日本は守れない国なので、外交力とか文化力を発揮して何とか戦争に持っていかないようにしなければダメなんだと、しっかりと認識しなければいけない。日本は昭和8年に国際連盟を脱退して以来、外交力をまったく勉強していない。」
「集団的自衛権を誰のためにやるのかと、いつも疑問に思っている。安保条約を読んでも、アメリカは日本を守るとは書いてあるが、日本がアメリカを守るとは書いていない。それをアメリカは上院も下院も批准している。よって安保条約上は、アメリカは日本に守ってもらおうとは考えていない。もし日本が集団的自衛権をやるとなると、一番喜ぶのは中国の軍部だろう。やっと日本が平和主義を捨てた、と中国国民に大っぴらに言えるので。」
「日本自らが、条約以上のことをやって、世界から嫌われるような不利なことをする必要はない。これは日本が平和国家だということを止めることを証明することになる。つまり、集団的自衛権を行使すると言うことは、来るか来ないかは別にして、北朝鮮からミサイルが飛んでくれば攻撃するという、攻撃国家になるということ。」
「日本は外交力をもっと磨いて欲しい。そうすれば武力でなく、経済力を使って平和外交は出来ると思う。日本人は少々不安であっても、それに耐えながら、戦後ずっと保ってきた平和国家という理論を世界に広めていく、という意欲で世界に発言していった方がもっと良くなると思う。」
「日本の近代史を学べば、日本がどう進むべきかは出てくる。世界から、日本は昔と同じ国であったのかと、思わせないためにも、平和主義を世界に広めて行く方が、日本の平和を守れると思う。」

話は変わるが、先日の朝日新聞にこんな社説が載った。

竹島訪問1年―政治が世論をあおる罪
 一国のリーダーの愚かな行動や発言が隣国との関係をめちゃくちゃにし、草の根交流や経済活動まで滞らせてしまう。
 1年前、韓国の李明博(イミョンバク)・前大統領が強行した竹島訪問と、それに続く天皇への謝罪要求は、まさにそんな言動だった。
 その後、日本では安倍首相が、韓国では朴槿恵(パククネ)大統領が誕生したが、関係改善の兆しは見えない。
 首脳同士が会えず、閣僚間の接触もほとんどないような状態がこれほど長期に及ぶのは、1965年の国交正常化以降、極めて異例のことである。
 政治がナショナリズムをあおれば、どんな結果を招くか。そのことを両首脳は肝に銘じるとともに、関係修復に向けた取り組みを急がねばならない。
 ソウル中心部の明洞。繁華街を埋めていた日本人の姿は昨秋以降、めっきり減った。
 実際、日本から韓国への観光客は昨年、過去最高を更新したものの竹島騒動後は前年比2割減の状態が続く。このところの円安や不安定な北朝鮮情勢も加わり、日本企業の対韓投資も減っている。
 これが、浅はかな行動がもたらした代償である。韓国では、李氏の言動がいかに国益を害したかという指摘も聞かれる。
 李氏は竹島訪問後、従軍慰安婦問題で日本政府が誠意をみせないから行った、と説明した。それが行動を正当化する理由には到底ならないが、日韓に歴史認識問題が重く横たわっていることは事実だ。
 にもかかわらず、日本側では最近も橋下徹大阪市長の慰安婦発言や閣僚らの靖国参拝、首相の「侵略の定義」発言などが相次いだ。これらは韓国や中国との関係をさらに冷え込ませただけではない。
 欧米からもその人権感覚や歴史認識を疑う声が出るなど、国際社会での日本のイメージをいたく傷つけた。
韓国の司法が、戦時中の元徴用工らの訴えを認め、日本企業に損害賠償を命じるなど新たな火種も持ち上がっている。
 こんな時こそ、みずから挑発的な言動を控え、国民に冷静な対応を呼びかける。それが政治家の仕事だろう。
 まずは8月15日の終戦記念日に、首相や主要閣僚は靖国参拝を控える。韓国の政治指導者らも、国民の対日感情を刺激するような言動を慎む。
 ともにアジアのリーダーとして責任を負う隣国同士が、自分たちの問題さえ解決できない。こんな醜態をいつまで世界にさらすつもりなのか。」(
2013/08/11付「朝日新聞」社説より)

いっときの国のリーダーによって、営々と積み重ねてきた歴史が変わってしまう・・・。何とも残念な最近の動き・・・。
新聞を初め、マスコミの報道をどう読み解くか・・・。自分の力が試される。
でも、どうも半藤さんの意見は、自分にとって安心なのである・・・。

何事にもニオイで・・・。これはウチのカミさんの弁。意外と当たっているかも・・・!?

130817kara <付録>「ボケて(bokete)」より

| コメント (1)

2013年8月16日 (金)

高齢者「何が大事か、優先順位を」

実は、気になった新聞の記事をblogネタとして取っておくのだが、部屋の掃除をすると昔の新聞が出てくる・・・。これらもそのうちの一つ。だいぶん前の記事だが、自分が必ず読んでいる「抗加齢を学ぶ」というコラムから・・・。

何が大事か、優先順位を
 現代の高齢者はみな若々しい。昔の人に比べれば随分と元気だ。最近、80歳の三浦雄一郎さんが、3回目のエベレストの登頂に成功されている。中年の頃は、実はメタボで心臓などが悪かったそうだ。残りの人生を有意義に過ごすために、夢を持ち、その実現のために努力されたようだ。
 三浦さんのように、万人がエベレストの登頂に成功できる訳ではないが、少なくとも自分の人生で、何が大切なのかを問い、貴重な時間を使うべきだ。まず、何をしたいのかを考え、優先順位を決める。あまり長い期間の計画は避けた方がよい。それにあてられる時間は少なく、効率よく、集中して使うべきだ。
 目標は高く設定すべきだが、あまり欲張った計画はやめよう。実現可能な範囲にとどめておかないと、途中で挫折してしまう。人生の最後に幸福だった、と感じれば、満足な人生だったと振り返ることができる。
 要するに、歳を取ってからの過ごし方が重要なのだ。いま一度、立ち止まって、自分にとって何が一番大事なのかを問いかけ、それを達成する努力を始めよう。悔いのない一生を送るために。(京都府立医科大学学長 吉川敏一)」(
2013/07/12付「日経新聞」夕刊p7「抗加齢を学ぶ」より)

毎週の指摘は実に的確。いつも「そうだよな~」と思う。
ところで、こんな記事もあった。

「高齢者=70歳以上」8割 内閣府、団塊の世代、意識調査
「何歳から高齢者か」と団塊の世代に尋ねたところ、70歳以上の年齢を答えた人が合計で約80%を占めたことが内閣府の調査で分かった。世界保健機関(WHO)は、65歳以上を高齢者と定義しているが、65歳を迎え始めた団塊世代の多くは、自分を高齢者とは考えていないようだ。
 内閣府は昨年秋、団塊の世代に当たる1947~49年生まれの男女計6千人を対象に調査を実施。約3500人が回答した。
 「一般的に高齢者とは何歳以上だと思いますか」との質問に対し「70歳以上」という回答が最多で42.8%だった。「75歳以上」が26.1%、「80歳以上」が10.4%と続き「85歳以上」も0.6%あった。合わせて79.9%が70歳以上の年齢を挙げた。
 「60歳以上」は2.0%にとどまり、「65歳以上」も10.3%だった。「年齢だけでは判断できない」との答えも6.6%あった。」(
2013/07/22付「日経新聞」夕刊p14より)

自分も65歳の誕生日を迎えたとき、“高齢者=65歳以上”と知って、ある意味愕然としたもの・・・。でもこの記事によると、当事者の意識はそれとはほど遠いらしい。
それにしても、最後の「年齢だけでは判断できない」という回答が気に入った。
そうなのだ。自分が若いか歳を取ったのかは、多分に自分の意識の問題。口では“歳なので・・・”とは言うものの、本当にそう思っている人は少ない。
「まだまだやることがある」と思っている人は高齢者ではない。逆に「もうやることがない」と思う人は高齢者で死を待つだけ!? 最近、そう思う・・・。

何?自分? “そのうちにヒマになったら見よう”と録り溜めた番組のVTRテープは山のようにあるし、オペラの録画も山のようにある。もちろん、そのうちに聞こうと取ってあるCDも山のようにあるし、そのうちに読もうと思っている本も山のようにある。これらを棄てるまでは、自分はまだまだやることがあるのであ~る。よって、まだまだ自分は若いのだ・・・(←自分に言い聞かさなければ安心出来ないプチ“高齢者”なのである。

130816nya <付録>「ボケて(bokete)」より

| コメント (0)

2013年8月15日 (木)

「戦争で消えていった鉄道 物資欠乏、レールなど金属資材を供出」

今日はお盆と共に、終戦の日。68年経った・・・。戦争体験を記憶に留めている年齢は幾つ位なのだろう。小学校1~2年は無理とすると、8歳位か? とすると、76歳以上の人でないと、戦争体験の記憶がないということ・・・。段々と戦争が風化しつつある。
今日の戦没者追悼式で「安倍首相は式辞で、近年の歴代首相が表明していたアジア諸国に対する損害や反省などに言及しなかった。・・・式辞で安倍首相は、2007年に自身も使った「アジア諸国の人々に多大の損害と苦痛を与え、深い反省と哀悼の意を表する」という表現を用いなかった。近年の首相が使っていた「不戦の誓い」にも触れなかった。」ここ)という。

話は変わるが、先日の日経新聞(首都圏版)にこんな話が載っていた。

戦争で消えていった鉄道 物資欠乏、レールなど金属資材を供出
 今年も終戦の日が近づく。日本は金属や石油などを南方から輸送していたが、戦争後半になると米軍の攻撃で資源の調達が困難になった。そうした中で鉄道が消えていったのをご存じだろうか。
 JR立川駅で中央線から青梅線に乗り入れる列車は駅を過ぎると、単線をゆっくりと走り130815nikkei1 西立川駅で複線の青梅線と合流する。この単線区間は敗戦が色濃くなった1944年10月まで営業していた五日市鉄道、通称「五鉄(ごてつ)」の名残だ。
130815nikkei3  当時は青梅線の南側をほぼ奥多摩街道に沿って、現在のJR武蔵五日市方面へ走っていた。拝島―五日市間は現在のJR五日市線として残っている。五鉄で立川まで通っていた昭島市の小林鶴吉さん(83)は「いつも通勤、通学の人で満員だった」と振り返る。
 政府は物資が欠乏すると国鉄や鉄道会社に対して不要、かつ不急の路線は、休止したり単線にしたりするよう求めた。レールなどの資材を輸送力増強を進める他の路線へ転用するほか、武器などの原料に使うためだ。対象となった路線は一般に不要不急線と呼ばれ、全国各地にある。
 その不要不急線の一つで、誕生と廃線ともに軍の影響を受けたのが、千葉県のJR成田駅から三里塚を通ってJR八日市場駅まで結んでいた成田鉄道(現京成グループの千葉交通)多古線だ。千葉県営として1911年に開業したが、建設したのは陸軍の鉄道連隊。陸軍は物資輸送の切り札として鉄道に着目し、鉄道連隊を設けていた。主な任務は鉄道の建設・運転・敵の鉄道の破壊だ。
 鉄道友の会参与・白土貞夫さん(79)によると「営業が始まってもしばらくは鉄道連隊の軍人が運転していた」という。しかし、この多古線も1944年1月に姿を消す。当時、京成電鉄は海軍から資源開発のためにインドネシア・スラウェシ島での鉄道建設の命を受けていた。資材逼迫の折、多古線のレールを転用することになった。
 「京成電鉄五十五年史」(1967年)によると出石鉄道(兵庫県)、善光寺白馬電鉄(長野県)など日本各地からレールが集められた。そのレールを積んだ船は南方への航行中に攻撃を受け沈められたという説があるが、白土さんは「当時、既に制海権は無く海上輸送は無謀。国内で使ったと考えるのが妥当ではないだろうか」と推測する。
〈もっと知りたい〉
○家庭内の鍋や釜などの金属も供出が奨励され、当時は「家庭鉱脈」と呼ばれた。現在の携帯電話などに含まれる貴金属を回収する「都市鉱山」に通じるものがある。
○戦争の影響を受けたインフラは鉄道だけではない。1937年に日中戦争が始まると軍事費が膨らみ、電話通信網は後回しに。設備不足で電話がつながりにくくなり、東京から大阪へ電話しようとすると、相手と通話できるまでに8時間かかったこともあったという。」(
2013/08/13付「日経新聞」p35より)

戦時中、家庭の鍋釜を供出した話は良く聞くが、鉄道線路などのインフラを止めてまでとは、その窮状が偲ばれる。
帰りの通勤電車で、立川駅まで青梅特快で来たとき、中央線方面への電車にホームで乗り換えるのだが、今までいつも不思議に思っていたことがあった。青梅方向は下りで右(北)方向に向かう。よって、ホームの右側(北側)が青梅線の電車で、左側(南側)が中央線の八王子方面だと納得出来るのだが、いつも逆なのである。青梅線の電車は、どこで中央線を越えるのかな?と疑問に思っていたが、上の記事によると、別に単線で線路があるという。そうなのか・・・
身近な出来事にも、それぞれ歴史がある。そのうち、じっくりと五日市鉄道の路線の“その後”を確認してみようかな・・・。

130815bunt <付録>「ボケて(bokete)」より

| コメント (0)

2013年8月14日 (水)

「トウモロコシの粒の数は必ず偶数?」

今日は何ともバカバカしい軽~い話。トウモロコシの粒の数は必ず偶数なんだって・・・!
先日の日経新聞に、こんな記事があった。

トウモロコシの粒の数は必ず偶数? 数えてみた
 旬を迎えたトウモロコシ。飲み会の席で友人が「トウモロコシの粒は必ず偶数らしいよ」と話していた。本当なのか。本当ならなぜなのか。確かめるべく、自分で粒を数えてみた。
数えること2時間 1本に640粒あった。
・・・
 もちろん、ただの偶然かもしれない。認識できないほど未成熟な粒があれば、奇数になることもあり得る。そこでトウモロコシの専門家に聞いてみた。
トウモロコシの粒は必ず偶数
 「トウモロコシの粒は偶数になります。粒はもともと雌花で、花は2つ1組で咲くからです」
 北海道農業研究センターに問い合わせたところ、トウモロコシの研究者から詳細な回答が返ってきた。要約すると、それはこんな内容だった。
1つの軸に2つの花 粒はもともと雌花
 トウモロコシは1つの茎(専門用語では稈=かん、木の幹に相当する)に雄花(おばな)と雌花ができる。茎のてっぺんにあるのが雄花、途中にできるのが雌花だ。
 雄花から出た花粉は風に乗って飛び、雌花のめしべであるひげ(専門用語では絹糸=けんし)に付くことによって受粉する。
130814morokosi0  雄花の固まりのことを雄穂(ゆうすい)、雌花の固まりを雌穂(しすい)と呼ぶ。店で売っている1本のトウモロコシが雌穂だ。
 トウモロコシは、言ってみれば数百もの雌花が成長してできたものなのだ。
 トウモロコシの雄花と雌花には、法則がある。
 茎の途中の節1つに、2つの花が1組となって付くという。トウモロコシを輪切りにしてよく見てみると、1つの軸に2つの粒が付いていることが分かる。トウモロコシの粒が必ず偶数になるのは、粒の元になる雌花が2つ1組で軸に付くからなのだ。
トウキビ・セータカキビ・ナンバン… 地方によって多様な呼び方
 夏が旬のトウモロコシ。生産量の半分以上を占めるのが北海道だ。北海道ではトウキビと呼ぶ人も多い。
130814morokosi1  トウモロコシは全国で様々な名前で呼ばれている。津幡道夫著「トウモロコシ」(大日本図書)によると、「セータカキビ」(新潟、和歌山)、「マルキビ」(岐阜)、「トウマメ」(長野)、「タカキビ」(鹿児島)などと地方によっていろいろだ。
 関西では「ナンバン」「ナンバ」などと呼ぶこともあるらしい。「コウライ」と呼ぶ地方もある。いずれも外国からやってきたことが強く意識されている。
 そもそも、トウモロコシという名前自体が変わっている。「トウ」も「モロコシ」もどちらも中国を指す言葉だからだ。「新明解国語辞典」(三省堂)によると、「モロコシ」とは(1)中国(2)中国から渡来したものの意――となっている。
130814morokoshi  トウモロコシは16世紀にポルトガルから長崎に伝わった。津幡氏によると、それ以前に中国から伝わっていた「モロコシ」という食べ物によく似ていたことから、「唐(=中国)」のモロコシという意味でトウモロコシ、と呼ぶようになったという。
 トウモロコシは漢字では玉蜀黍と書く。トウモロコシが日本に入ってきた当時、モロコシは漢字で「蜀黍」と表していた。これに宝石を意味する「玉」を組み合わせた。「玉」はモロコシの呼称の一つだった「タマキビ」からくるとの説もある。
 ちなみに作物としてのモロコシは「ソルガム」と呼ばれることもある。イネ科の植物だ。秋田銘菓の「諸越(もろこし)」は落雁(らくがん)の一種で、江戸時代、秋田藩主が「もろもろの菓子に越して風味よし」と称賛したことに由来しているらしい。
・・・
 北海道のトウモロコシは8月が最盛期。今度は迷うことなくかぶりつきたい。(電子報道部 河尻定)」(
2013/8/6付「日経新聞」より)

何ともヒマな話だが、この日経の記者はエライ人で、自分でちゃんと数えている。
そもそも、トウモロコシの“粒の数”という発想が自分にはない。幾つあるだろうか?という疑問を持たない。でも、世の中は広い。「トウモロコシ」という著書もあるという。
でもこう説明されてみると、なるほど・・・とも思う。何より、断面の写真が全てを表している。
こんな雑学。どうでも良い話であればあるだけ、世の中の平和を想う。
明日8月15日は終戦記念日だ。

130814urusai <付録>~「週刊現代」(2012/11/24号より)

| コメント (1)

2013年8月13日 (火)

百田尚樹著「海賊とよばれた男」の朗読

この本はお薦めである。と言っても、自分はまだ全部読んでいない。この朗読を聞いて、薦める気になったのである。
NHKラジオ第2に「朗読」の時間がある(ここ)。自分は(土)の再放送を録音して、通勤電車の中で聞いているのだが、7月から放送されている百田尚樹著「海賊とよばれた男」が実に面白い。本屋に行くと山と積んである、ベストセラーだという。さっそく本を買ってきて、追い掛けて読んでいる。この朗読は、序章と第3章の「日章丸事件」の部分の朗読である。

NHKの「朗読」のサイトにはこんな説明がある。
朗読特集・百田尚樹「海賊とよばれた男」 全25回
朗読:橋爪 功 テキスト:「海賊とよばれた男(上)・(下)」(講談社 2012年)
130813kaizoku ・「2013本屋大賞」に選ばれた百田尚樹「海賊とよばれた男」。「朗読」では早くからこの作品に注目。本屋大賞に決まる半年前、今年正月「朗読特集」として放送した(90分×4回)。今回は百万部を越えてなお売れ続ける「海賊とよばれた男」を再構成して、定時放送(9時45分-10時)で25回にわたり放送する。
・男の名前は国岡鐡造。出光興産の創業者・出光佐三が作品のモデルである。国岡は、石油が厳しい統制化にあった時代に、関門海峡に手漕ぎの船を繰り出し、出漁中の漁船に油を配って回った。「海賊のような男」とうわさされた。大戦後、石油の仕事を本格化した国岡鐡造は1953年(昭和28年)、イラン石油の輸入をめぐってメジャー(国際石油資本)との激闘に入る。石油に命をかけた主人公が明治維新世界→日中・太平洋戦争→戦後世界を舞台に活躍する物語を俳優・橋爪功の朗読で放送する。(初回本放送:2013年1月1日・2日・3日・5日)」(
ここより)

出光興産と言えば、子どものころの思い出がある。小学生の時、家には出光興産のカレンダーがかけてあった。それを自分は「しゅっこうよさん」と読んで親父に笑われた。「興」の字が、生まれ故郷の埼玉県「與野=与野」の「與」と間違えたのだ。
それ以来、読み方はしっかりと覚えたが、この会社にこんな歴史があるとは知らなかった。もちろんこの朗読に出てくる昭和28年の「日章丸事件」についても知らなかった。
あの小学校の時に“カレンダー事件”が、たぶん昭和34年頃だと思うので、まだ皆の記憶にあった頃・・・、ということになる。
前から聞いてはいたが、タイムカードや定年制が無い「大家族主義」の出光の歴史をこの小説で垣間見た。それにしても、“手に汗を握る”というのはこんな話を言うのかも・・・

この小説は、名前は変えてあるが、全て事実のドキュメンタリーだという。それだけに心が躍る。
この朗読を下記に置くので、ワクワクしたい人は、ぜひ聞いてみて!

<百田尚樹著「海賊とよばれた男」の朗読(橋爪功)>~各72分
(1/5) (1)~(5)はここ
(2/5) (6)~(10)はここ
(3/5) (11)~(15)はここ
(4/5) (16)~(20)はここ
(5/5) (21)~(25)はここ
*なお、各回の最初と最後の番組紹介はカットして、72分の連続にしてある。
*上のファイルは、容量が大きいので、近い内に削除予定。

上の朗読を聞いた人は、たぶん直ぐに本屋に走ると思う・・・。
それに、こんな本が売れているので、そのルーツがある出光への入社希望者が増えるかも・・・ね。

(追:2013/10/27)~「Uさんの読書ノート」より
Uさんが送ってくれた「海賊と呼ばれた男」の紹介メールにはこうある。
「今回の本の紹介は「海賊と呼ばれた男」百田尚樹著 講談社 上/下 である。本書を手にして2日間で読んでしまった。それほど面白く、感動した!
本書を要約するのに作者が伝えたいことを忠実に再現しようと、長くなってしまった事を各位にお詫びする。
鉄造こと出光佐三創業の出光興産について、ある程度のことは知っているつもりであったが、これほど苦労して民族系として、メジャーと闘った事は知らなかった。世の中では「お客様は神様」と言われているが、石油と食糧は、供給者側が神様である。つまり、世界中の供給を大手メジャーが握っている為である。買い手は供給して貰わなければ如何ともしがたいのである。そして、タンカー、タンク、精製所、販売網を全て揃えていなければならない。食糧も同じである。
著者が本書で言いたかったのは、マルロー氏と鉄造との対談で「西欧は『物』を中心とした世界だが、日本は『人』を中心とした世界です。人間を信頼するという考え方が、日本人の世界的使命だと思う」と鉄造に言わせている言葉ではないか。大前研一氏が主張する日本国の将来像としての「ブランド化」の中心になるべきテーマではないだろか。では、誰に「ブランド・マネージャー」になって貰えばいいのだろうか? 各位に是非読んでもらいたい本である。」

★「百田尚樹著「海賊と呼ばれた男」講談社」のUさんの読書ノートのPDFはここ

130813tatsu <付録>「ボケて(bokete)」より

| コメント (1)

2013年8月12日 (月)

伊藤久男の「マリモ祭りの夜は更けて」

先日、改めて見直した歌があった。伊藤久男の「マリモ祭りの夜は更けて」という歌である。Netで検索しても、この歌についてはほとんどヒットしない。まあ伊藤久男としてはマイナーな歌だったのかも知れない。

<伊藤久男の「マリモ祭りの夜は更けて」>

「マリモ祭りの夜は更けて」
  作詞:石本美由起
作曲:市川昭介

祈りの歌に 送られて
マリモは帰る 水の底
踊れ メノコよ リムセが弾みゃ
揺れてきらめく 首飾り
アア・・・ マリモ祭りの 夜は更けて
燃える吐息の 狂おしさ エイヤー

太鼓は水に こだまして
湖渡る 風となる
叩け 手拍子 コタンの酒に
酔うて燃えるか 紅の月
アア・・・ マリモ祭りの 夜は更けて
たぎる血潮の 妖しさよ エイヤー

浮いては沈む 阿寒湖の
マリモに祈る この宴
燃やせ かがり火 炎に映える
恋の刺繍の アッシ織
アア・・・ マリモ祭りの 夜は更けて
水に星さえ 燃えて散る エイヤー
(昭和43年2月1日発売)

ライナーノーツにはこうある。
「伊藤久男歌手生活35周年記念曲として作られました。都はるみや畠山みどりに多くのヒット曲を作曲している市川昭介も福島県人で、彼が同郷の先輩に作曲した最初の曲です。昭和25年にマリモが乱獲され、また水力発電で阿寒湖の水が過剰放水されて、危機に瀕したマリモを護ろうという気運が高まり、毎年秋、10月の第2週末頃行うことにしたのが、現在まで阿寒湖温泉周辺で行われている“マリも祭り”です。マリモを迎える儀式で始まり、マリモを送る儀式で幕を閉じるお祭りですが、これは“マリモを送る”夜更けの儀式を歌ったものです。」

まさに伊藤久男を意識して作られた歌だ。しかもオリジナル録音が、伊藤久男としては数少ないステレオ録音。
この歌は、伊藤久男の北海道を舞台にした一連の歌、つまり「イヨマンテの夜」「オロチョンの火祭り」や「ブラジルの太鼓」の延長線上にあるように思える。
「イヨマンテの夜」は作詞:菊田一夫、作曲:古関裕而だったが、「オロチョンの火祭り」と「ブラジルの太鼓」は、作詞:石本美由起、作曲:上原げんと。そしてこの「マリモ祭りの夜は更けて」は、作詞が同じく石本美由起だが、作曲は市川昭介だという。これは意外。この作曲家はまさに演歌の作曲家というイメージ。それがこれだけ勇壮な曲も作る。
さすがプロ、と言うべきか・・・

またそのうち、北海道に行ってみたいが・・・。

130812koutyou <付録>「ボケて(bokete)」より

| コメント (0)

2013年8月10日 (土)

「視聴率、録画も本格調査へ~公表、消極的な局も」

今日も軽~い話。
半年ほど前、「「ドラマは録画で」~録画再生の視聴率」(ここ)という記事を書いた。
録画を含めた視聴率の測定、それがどうも本格化の方向らしい。

視聴率、録画も本格調査へ 実態把握には必要 公表、消極的な局も
 テレビ番組の視聴率を調べるビデオリサーチ社が、録画して番組を見た人もカウントする「タイムシフト視聴調査」を10月から本格化させる。録画で見る人が増えているのに合わせ、視聴の実態をより正確にとらえたいとの狙いがある。だが、この数字を公表するかどうかをめぐって、放送局の意向は大きく割れている。

 ビデオリサーチは10月第1週から、関東1都6県の計300世帯で、放送後7日以内の「録画再生率」を調べる。昨夏から試験的に同様の調査はしていたが、対象は都心30キロ圏の213世帯で、録画機器を持つ家庭に限られていた。秋からは地域を広げ、録画機器を持たない世帯も含めてランダムに対象を選ぶため、精度が高まると期待されている。
 現在公表されている視聴率では、放送中に生で番組を見た人の割合だけを調べている。だが、録画機器が普及してテレビを録画で見る人が増えた。これが新しい調査の背景にある。
 だが、その結果が一般に公表される時期は未定だ。公表にはデータを購入するテレビ局の同意が必要だが、局により意見が割れているためだ。
130810sityouritu  録画再生率の公表に最も前向きとされるのはフジテレビ。特に録画されやすいジャンルであるドラマに強く、若い世代からの支持も高いことなどから、録画再生率を導入すれば、上乗せされる視聴率は他局に比べて大きいと見られている。業界をリードしてきた同局だが視聴率3位と苦戦中。制作現場には「実際にはもっと見られているのに、評価が目減りしているのでは」との不満がある。日本テレビもフジに近いスタンスだという。
 導入に消極的なのはテレビ朝日だ。高年齢層に強いことなどから、録画率は他局に比べ低いと見られている。現在は視聴率でトップを走り、開局55年にして初めての視聴率三冠王奪取が視野に入るだけに、警戒感も強い。「ずっと苦しい相撲を取ってきて、やっとフジや日テレを押し出せそうになったとたん、『土俵を広げますよ』と言われても納得できない」と同局関係者は胸の内を明かす。
 視聴率は本来、CMの効果を計るためのデータだが、広告主の企業が新しい指標をどう評価するのかも不透明だ。録画再生率が高ければ追加の広告料金を払ってほしいとテレビ局側は考えるが、「広告主側は、録画視聴ではCMが早送りされがちだとして追加料金に消極的な可能性がある」との懸念も渦巻いている。
 ただ、将来的には録画再生率を無視し続けることはできないという点で各局の認識は一致する。「これからテレビの見方はもっと多様になる。実態を正確に把握しなければテレビメディアが過小評価され、地盤沈下しかねない」と民放キー局幹部は話す。(田玉恵美、佐藤美鈴) 」

視聴者の半分、録画CM見ている 米ニールセン社・幹部 パトリシア・マクドノー氏
 米国では既に録画再生率が本格導入されている。調査にあたる米ニールセン社のシニアバイスプレジデント、パトリシア・マクドノー氏に聞いた。
 ――録画再生率の調査を始めたきっかけを教えてください。
 テレビ局や広告業界からの要請があったからだ。今やテレビ視聴時間のうち15%は、録画の再生であり、しかもこの傾向は強まっている。(こうなると)録画視聴を組み合わせて計測しないと意味がない。
 ――放送7日後まで計測するのはなぜですか。
 90%以上の録画再生が放送から7日以内に行われていることがわかったから。もっとも、多くの広告主は放送後3日以内の録画再生率を重視する。キャンペーンをする場合、情報が新しいうちに早く広告を見てほしいからだ。
 ――広告主はCMがスキップされやすい録画再生を嫌がりませんか。
 最初は恐れていたと思うが、調べると、録画再生でも視聴者の半分はCMをスキップせずに見ているという結果が出た。我々は放送3日後まではCMそのものの視聴率も計測しているので、広告主は視聴者が実際にCMを見た分についてのみ広告料を支払えばよい仕組みになっている。
 今後はタブレットで番組を見る人が増える。我々のゴールは、番組がどこでどのように見られていようと全てを把握することだ。」(
2013/08/06付「朝日新聞」p16より)

自分は、視聴率にそれほど興味があるわけではない。でも録画が大流行(はやり)の現代、それを無視して論じられている「視聴率」なるものに、違和感を覚えていた。その軌道修正の話なので、“ヘエー”っと読んでいる。

上の記事で「視聴率は本来、CMの効果を計るためのデータ」とあるように、確かに視聴率はCMの広告料算定のために存在するようだ。しかし我々視聴者は「視聴率」と聞くと、それがナマであろうが録画であろうが、「その“番組”を見ている率」だと思ってしまう。「その“番組のCM”を見ている率」だとは思わない。
よってこの機会に、今の録画時代に即して「番組」そのものの視聴率に変わることは良いこと。
そしてCM料金は、上のニールセンの考え方のように、“そのうち録画が何%あるので、統計的にスキップ率は何%として・・・”と、「CM視聴率」を別途算出すればよい。あくまでも、一般に公表する「視聴率」は、今のように「CM視聴率」でなく、「番組視聴率」にしないと、その数字を発表されても、その情報は有り難くない。TV局と広告主だけで、内部で勝手にやり取りしていれば良い数字。
世間に発表するからには、世間が有用となる(意味がある)「録画を含めた番組自体」の数字になることを期待したいが・・・。

(関連記事)
「ドラマは録画で」~録画再生の視聴率

130810dorobo <付録>「ボケて(bokete)」より

| コメント (0)

2013年8月 9日 (金)

田上・長崎市長の2013年「長崎平和宣言」

今日は、長崎原爆の日。先の広島に続いて、長崎の平和宣言を読んでみよう。

<田上・長崎市長の「平成25年長崎平和宣言」>

平成25年長崎平和宣言
 68年前の今日、このまちの上空にアメリカの爆撃機が一発の原子爆弾を投下しました。熱線、爆風、放射線の威力は凄まじく、直後から起こった火災は一昼夜続きました。人々が暮らしていたまちは一瞬で廃墟となり、24万人の市民のうち15万人が傷つき、そのうち7130809nagasaki 万4千人の方々が命を奪われました。生き残った被爆者は、68年たった今もなお、放射線による白血病やがん発病への不安、そして深い心の傷を抱え続けています。
 このむごい兵器をつくったのは人間です。広島と長崎で、二度までも使ったのも人間です。核実験を繰り返し地球を汚染し続けているのも人間です。人間はこれまで数々の過ちを犯してきました。だからこそ忘れてはならない過去の誓いを、立ち返るべき原点を、折にふれ確かめなければなりません。

 日本政府に、被爆国としての原点に返ることを求めます。
 今年4月、ジュネーブで開催された核不拡散条約(NPT)再検討会議準備委員会で提出された核兵器の非人道性を訴える共同声明に、80か国が賛同しました。南アフリカなどの提案国は、わが国にも賛同の署名を求めました。
 しかし、日本政府は署名せず、世界の期待を裏切りました。人類はいかなる状況においても核兵器を使うべきではない、という文言が受け入れられないとすれば、核兵器の使用を状況によっては認めるという姿勢を日本政府は示したことになります。これは二度と、世界の誰にも被爆の経験をさせないという、被爆国としての原点に反します。
 インドとの原子力協定交渉の再開についても同じです。
 NPTに加盟せず核保有したインドへの原子力協力は、核兵器保有国をこれ以上増やさないためのルールを定めたNPTを形骸化することになります。NPTを脱退して核保有をめざす北朝鮮などの動きを正当化する口実を与え、朝鮮半島の非核化の妨げにもなります。
 日本政府には、被爆国としての原点に返ることを求めます。
  非核三原則の法制化への取り組み、北東アジア非核兵器地帯検討の呼びかけなど、被爆国としてのリーダーシップを具体的な行動に移すことを求めます。

 核兵器保有国には、NPTの中で核軍縮への誠実な努力義務が課されています。これは世界に対する約束です。
 2009年4月、アメリカのオバマ大統領はプラハで「核兵器のない世界」を目指す決意を示しました。今年6月にはベルリンで、「核兵器が存在する限り、私たちは真に安全ではない」と述べ、さらなる核軍縮に取り組むことを明らかにしました。被爆地はオバマ大統領の姿勢を支持します。
 しかし、世界には今も1万7千発以上の核弾頭が存在し、その90%以上がアメリカとロシアのものです。オバマ大統領、プーチン大統領、もっと早く、もっと大胆に核弾頭の削減に取り組んでください。「核兵器のない世界」を遠い夢とするのではなく、人間が早急に解決すべき課題として、核兵器の廃絶に取り組み、世界との約束を果たすべきです。

 核兵器のない世界の実現を、国のリーダーだけにまかせるのではなく、市民社会を構成する私たち一人ひとりにもできることがあります。
 「政府の行為によって再び戦争の惨禍が起ることのないやうにする」という日本国憲法前文には、平和を希求するという日本国民の固い決意がこめられています。かつて戦争が多くの人の命を奪い、心と体を深く傷つけた事実を、戦争がもたらした数々のむごい光景を、決して忘れない、決して繰り返さない、という平和希求の原点を忘れないためには、戦争体験、被爆体験を語り継ぐことが不可欠です。
 若い世代の皆さん、被爆者の声を聞いたことがありますか。「ノーモア・ヒロシマ、ノーモア・ナガサキ、ノーモア・ウォー、ノーモア・ヒバクシャ」と叫ぶ声を。
 あなた方は被爆者の声を直接聞くことができる最後の世代です。68年前、原子雲の下で何があったのか。なぜ被爆者は未来のために身を削りながら核兵器廃絶を訴え続けるのか。被爆者の声に耳を傾けてみてください。そして、あなたが住む世界、あなたの子どもたちが生きる未来に核兵器が存在していいのか。考えてみてください。互いに話し合ってみてください。あなたたちこそが未来なのです。
 地域の市民としてできることもあります。わが国では自治体の90%近くが非核宣言をしています。非核宣言は、核兵器の犠牲者になることを拒み、平和を求める市民の決意を示すものです。宣言をした自治体でつくる日本非核宣言自治体協議会は今月、設立30周年を迎えました。皆さんが宣言を行動に移そうとするときは、協議会も、被爆地も、仲間として力をお貸しします。
 長崎では、今年11月、「第5回核兵器廃絶-地球市民集会ナガサキ」を開催します。市民の力で、核兵器廃絶を被爆地から世界へ発信します。

 東京電力福島第一原子力発電所の事故は、未だ収束せず、放射能の被害は拡大しています。多くの方々が平穏な日々を突然奪われたうえ、将来の見通しが立たない暮らしを強いられています。長崎は、福島の一日も早い復興を願い、応援していきます。
 先月、核兵器廃絶を訴え、被爆者援護の充実に力を尽くしてきた山口仙二さんが亡くなられました。被爆者はいよいよ少なくなり、平均年齢は78歳を超えました。高齢化する被爆者の援護の充実をあらためて求めます。
 原子爆弾により亡くなられた方々に心から哀悼の意を捧げ、広島市と協力して核兵器のない世界の実現に努力し続けることをここに宣言します。
                       2013年(平成25年)8月9日
                           長崎市長 田上 富久」

日本の、NPTの共同声明不参加について、広島市長よりも、さらに踏み込んだ指摘をしている。
この宣言についての解説は、「核兵器のない未来のために〈平成25年 長崎平和宣言 解説書〉」(ここ)に詳しい。

ところで、日本政府が世界の期待を裏切ったNPTの共同声明とはどんなものか、ざっと読んでみよう。

「2015 年核不拡散条約(NPT)再検討会議第2回準備委員会
     核兵器の人道的影響に関する共同声明
 アブドゥル・ミンティ在ジュネー国際連合南フリカ政府常駐代表
                2013 年 4月 24 日
<暫定訳>
議長、
私は、核不拡散条約(NPT)加盟国であるところのアルジェリア、・・・・、ザンビア、そして我が国南アフリカを代表し、発言しています。
私たちは、核兵器使用のもたらす壊滅的な人道的結果について深く懸念しています。このことは、核兵器が最初に開発されて以来認知され、さまざまな国連決議ならびに多国間条約に反映されてきた一方で、長年にわたって核軍縮及び核不拡散の協議の中心に据えられることはありませんでした。それはまさにNPTの存在理由であり、NPTがそのなかで「核戦争が全人類に惨害をもたらすものであり、したがって、このような戦争の危険を回避するためにあらゆる努力を払い、及び人民の安全を保障するための措置をとることが必要であること」と警告を発しているにもかかわらず、この問題は核兵器をめぐる言説のなかで一貫して黙殺されてきました。
しかし、核兵器の実際の使用ならびに実験は、これらの兵器の持つ甚大かつ制御不能な破壊力、そしてその無差別性がもたらす受け入れがたい惨害を十分に示しています。核兵器爆発のもたらす影響は国境で食い止められず、よってこれは誰しもにとっての重大な懸念事項です。爆発による即死や破壊のみならず、それは社会経済的な発展を阻害し、環境を破壊し、次世代から彼らの健康、食料、水、その他死活的なリソースを奪うものとなります。
近年、核兵器のもたらす人道的影響は、核軍縮・核不拡散をめぐるすべての協議の中心に据えられるべき根源的かつグローバルな懸念としてますます認知されています。この問題はいまやグローバル・アジェンダにしっかりと位置付けられています。 2010年のNPT再検討会議は、「核兵器のいかなる使用も壊滅的な人道的結果をもたらすことに深い懸念」を表明しました。同様に、国際赤十字及び赤新月社運動代表者会議の2011年決議は、核兵器の使用に起因する計り知れない人間の苦痛と、国際人道法との関係を強調しました。
2013年3月にオスロで開催された核兵器の人道的影響に関する会議は、核兵器爆発のもたらす影響についての事実情報を基盤とする議論のプラットフォームを提供しました。会議における広範な参加は、一発の爆発のもたらす壊滅的影響が誰しもにとっての懸念事項であり、関係しているという認識を反映しています。専門家及び国際機関が発した主たるメッセージは、いかなる国家あるいは国際機関であっても、核兵器爆発がもたらす短期的な人道上の危機に対処しえず、被害を受けた人々に十分な支援を提供できないというものです。この問題に対する理解を広め、深めるためのフォローアップ会議を開催するとのメキシコの発表と、核兵器の人道的影響の問題を取り上げることへの国際社会の決意を私たちは心より歓迎します。
核兵器が二度とふたたび、いかなる状況下においても、使用されないことに人類の生存がかかっています。核兵器爆発の壊滅的影響は、それが偶発的であれ、計算違いによってであれ、あるいは計画的であれ、十分な対応を行うことは不可能です。すべての努力はこの脅威を取り除くことに割かれなければなりません。核兵器が二度とふたたび使用されないことを保証する唯一の方法は、それらを全面廃棄することでしかありえないのです。 NPTの目的を満たし、その普遍性を達成することを通じたものを含め、核兵器の使用を防止し、それらの垂直的・水平的拡散を防止し、核軍縮を達成することはすべての加盟国に課された共通の責務です。よって2010年行動計画ならびにNPTの目標達成をめざした過去の成果の完全な履行がこれ以上先延ばしされることがあってはなりません。
核兵器の人道的影響の問題を取り上げることにはまったくの妥当性があります。 NPTの基礎を支える要素の一つとして、今回及び今後の再検討サイクルにおいて、人道的結果が私たちの作業や行動を特徴づけるものとなることがきわめて重要です。
これは政府に対してのみならず、この相互連関した世界において一人一人、すべての市民に影響を与える問題です。政府がその責務を果たすと同時に、市民社会は、政府と連携しながら核兵器の壊滅的な人道的結果についての意識を啓発するという死活的役割を担います。核兵器が呈する脅威を取り除くために協働するという責務を、私たちは次世代に対して腦っているのです。
ご清聴有難うございました。
(暫定訳:長崎大学核兵器廃絶研究センター(RECNA))」
ここより)

こんな重たい声明に、blogとしてのコメントなどあるわけもない。
我々は、これらをただただじっくりと読んで、これからの日本の姿勢が世界に通用するよう、“祈る”しかない。

(関連記事)
松井・広島市長の2013年「平和宣言」 

130809simatte <付録>「ボケて(bokete)」より

| コメント (2)

2013年8月 8日 (木)

電車ホームの「番線」の付け方は?~JRは主要駅舎に近い順

今日は、軽~~~い話。
先日の日経新聞に、電車のホームの、番線の付け方のルールについての記事があった。

「何でも調査団」ホーム「番線」付け方は?~JRは主要駅舎に近い順
 JR中央線(中央・総武線)の各駅停車で千駄ケ谷から水道橋に向かって移動すると、四ツ谷を除き、列車の入るホームが一駅ごとに1番線、2番線と入れ替わる。電車のホームの130808nikkei 呼び方はどのように決まっているのだろうか。
 東日本旅客鉄道(JR東日本)では「国鉄時代から駅本屋(ほんおく)と呼ばれる、駅の主要な建物に近い順に1番線、2番線と番号を振ってきた」(広報部)。例えば東京駅地上ホームでは皇居に面した赤レンガの駅舎に一番近い中央線が1~2番線を使う。そのため、同じ路線でも進行方向に向かって駅の番線が入れ替わることがある。
 もっとも、このルールは文書で明確に定められているわけではなさそう。鉄道博物館(さいたま市)の嶋立良晴学芸部長は「古い文献を調べても明記されていない。昔からの常識として鉄道関係者のなかで引き継がれてきた伝統なのではないか」と話す。
 大手私鉄はどうか。路線の多い東武鉄道は地上駅の場合、JR東と同じルールだが、高架駅では都心に向かう上り線から順に番号を振る。しかし、東武東上線は駅の形態が地上、高架にかかわらず下りから先に数える変則的な方式。東京急行電鉄など5社は下り線から順に番号を振る。
 ユニークなのは地下鉄だ。東京メトロ社内では最初にトンネルを掘り進めた方向に敷かれた線路をA線、その反対方向をB線と呼び、それぞれを1番線、2番線と割り振る。「路線図が複雑で上り、下りという分け方ではどちらに向かっているのか分かりにくい」(同社広報課)ためという。
 各路線や駅の歴史を反映するのが、特殊なホームだ。例えばJR上野駅には18番線がない。東北新幹線が東京に乗り入れると、それまで在来線が使っていた19、20番線は新幹線のホームとして使われるようになった。集団就職列車で知られ、長距離列車の発着に使われた18番線は、使用頻度が少なくなり1999年に廃止され、欠番となった。
 後からホームを増設した場合には「0(ゼロ)番線」の名称が使われることがある。日暮里駅は1~2番線を京成電鉄が、その他をJR東が使っていたが、2010年に成田スカイアクセス線が開業し、ホームを増やす際、「3番線と名付けるわけにはいかず、0番線を新設した」(京成)。

130808nikkei1 東京駅には1~4番線が3つある(上から時計回りに京葉線、総武本線・横須賀線、中央線の1~2番線)

〈もっと知りたい〉
○東京メトロのホームに列車が進入する直前に流れる構内放送はA線が女性、B線が男性の声と決められている。
○JR東京駅には1~4番線が3つある。地上では中央線や山手線などが使い、地下では総武本線・横須賀線と、有楽町寄りの別の場所で京葉線がこれらの番線を使っている。
○番線という呼び方は全国共通だが、阪急電鉄では「号線」を使う。ただ、車庫などホームがない区域では番線と呼ぶ。」(
2013/08/06付「日経新聞」p35より)

なるほど・・・。駅ビルに近い方から1番線を振るのは、まあそうだろうな・・・と思う。
でもこの話、“ヘエー!”で終わってしまうのだが、なかなか面白い。
たぶん誰も、日頃、まったく気にしていない話だが、世の中にはそれを気にして調べてくれる人が居る・・・(失礼!)。

でもホームのアナウンスの男女の声の違いは便利。自分が乗る駅のホームも、上りホームは男声なので、「まもなく電車が来ます」というアナウンスの声も、ホームに向かいながら聞く声が、女声だと慌てなくても済む。

世の中、こんな話題に感心しているのは平和な証拠。夏は終戦の話題が多くなる。平和が一番。国防軍も要らない・・・。

130808areru <付録>「ボケて(bokete)」より

| コメント (1)

2013年8月 6日 (火)

松井・広島市長の2013年「平和宣言」

今日、会社から帰ると、カミさんが「今日の広島市長の平和宣言は良かった。心に滲みた」という。それでタイムシフトレコーダーで、朝の「広島平和記念式典」の中継を聞いてみた。なるほど・・・。言葉のひと言ひと言を噛み締めながら、聞いてみよう。

<松井・広島市長の「平和宣言」>

「(広島市長の平和宣言全文 )
 「あの日」から68年目の朝が巡ってきました。1945年8月6日午前8時15分、一発の原子爆弾によりその全てを消し去られた家族がいます。「無事、男の子を出産して、家族みんなで祝っているちょうどその時、原爆が炸裂(さくれつ)。無情にも喜びと希望が、新しい『生命(いのち)』とともに一瞬にして消え去ってしまいました」
130806matsui  幼くして家族を奪われ、辛うじて生き延びた原爆孤児がいます。苦難と孤独、病に耐えながら生き、生涯を通じ家族を持てず、孤老となった被爆者。「生きていてよかったと思うことは一度もなかった」と長年にわたる塗炭の苦しみを振り返り、深い傷跡は今も消えることはありません。
 生後8か月で被爆し、差別や偏見に苦しめられた女性もいます。その女性は結婚はしたものの1か月後、被爆者健康手帳を持っていることを知った途端、優しかった義母に「『あんたー、被爆しとるんねー、被爆した嫁はいらん、すぐ出て行けー』と離婚させられました」。放射線の恐怖は、時に、人間の醜さや残忍さを引き出し、謂(いわ)れのない風評によって、結婚や就職、出産という人生の節目節目で、多くの被爆者を苦しめてきました。
 無差別に罪もない多くの市民の命を奪い、人々の人生をも一変させ、また、終生にわたり心身を苛(さいな)み続ける原爆は、非人道兵器の極みであり「絶対悪」です。原爆の地獄を知る被爆者は、その「絶対悪」に挑んできています。
 辛(つら)く厳しい境遇の中で、被爆者は、怒りや憎しみ、悲しみなど様々な感情と葛藤し続けてきました。後障害に苦しみ、「健康が欲しい。人並みの健康を下さい」と何度も涙する中で、自らが悲惨な体験をしたからこそ、ほかの誰も「私のような残酷な目にあわせてはならない」と考えるようになってきました。被爆当時14歳の男性は訴えます。「地球を愛し、人々を愛する気持ちを世界の人々が共有するならば戦争を避けることは決して夢ではない」
 被爆者は平均年齢が78歳を超えた今も、平和への思いを訴え続け、世界の人々が、その思いを共有し、進むべき道を正しく選択するよう願っています。私たちは苦しみや悲しみを乗り越えてきた多くの被爆者の願いに応え、核兵器廃絶に取り組むための原動力とならねばなりません。
 そのために、広島市は、平和市長会議を構成する5700を超える加盟都市とともに、国連や志を同じくするNGOなどと連携して、2020年までの核兵器廃絶をめざし、核兵器禁止条約の早期実現に全力を尽くします。
 世界の為政者の皆さん、いつまで、疑心暗鬼に陥っているのですか。威嚇によって国の安全を守り続けることができると思っているのですか。広島を訪れ、被爆者の思いに接し、過去にとらわれず人類の未来を見据えて、信頼と対話に基づく安全保障体制への転換を決断すべきではないですか。ヒロシマは、日本国憲法が掲げる崇高な平和主義を体現する地であると同時に、人類の進むべき道を示す地でもあります。また、北東アジアの平和と安定を考えるとき、北朝鮮の非核化と北東アジアにおける非核兵器地帯の創設に向けた関係国の更なる努力が不可欠です。
 今、核兵器の非人道性を踏まえ、その廃絶を訴える国が着実に増加してきています。また、米国のオバマ大統領は核兵器の追加削減交渉をロシアに呼び掛け、核軍縮の決意を表明しました。そうした中、日本政府が進めているインドとの原子力協定交渉は、良好な経済関係の構築に役立つとしても、核兵器を廃絶する上では障害となりかねません。ヒロシマは、日本政府が核兵器廃絶をめざす国々との連携を強化することを求めます。そして、来年春に広島で開催される「軍縮・不拡散イニシアティブ」外相会合においては、NPT体制の堅持・強化を先導する役割を果たしていただきたい。また、国内外の被爆者の高齢化は着実に進んでいます。被爆者や黒い雨体験者の実態に応じた支援策の充実や「黒い雨降雨地域」の拡大を引き続き要請します。
 この夏も、東日本では大震災や原発事故の影響に苦しみながら故郷の再生に向けた懸命な努力が続いています。復興の困難を知る広島市民は被災者の皆さんの思いに寄り添い、応援し続けます。そして、日本政府が国民の暮らしと安全を最優先にした責任あるエネルギー政策を早期に構築し、実行することを強く求めます。
 私たちは、改めてここに68年間の先人の努力に思いを致し、「絶対悪」である核兵器の廃絶と平和な世界の実現に向け力を尽くすことを誓い、原爆犠牲者の御霊に心から哀悼の誠を捧げます。
        2013年8月6日  広島市長 松井一実」

松井広島市長は、被爆2世だという。そのせいか、この挨拶の言葉ひとつ一つが重い。心の底から出ている言葉だ。それに比べて、安倍首相の挨拶の空ろさ、軽さ・・・。まるで、官僚が書いた原稿の棒読みのよう・・・。

先日(2013/08/03)の朝日新聞に、上の話に関連したこんな記事があった。
非人道声明、署名せぬ被爆国
 4月24日午後4時、スイス・ジュネーブ。2年後の核不拡散条約(NPT)再検討会議に向けた第2回準備委員会で、核兵器の非人道性を訴える共同声明が発表された。南アフリカやスイスなど最終的に80カ国が賛同したが、日本は署名しなかった。
 しかし直前までは日本も賛同するはずだった。
 「主要な提案国が日本の修正要請を受け入れそうだ」。与党議員は2時間前、外務省幹部から電話で伝えられた。
 日本は南アフリカなどの提案国に対し、文中の「核兵器が二度といかなる状況でも使われないことが人類生存の利益になる」との部分の修正を求めていた。北朝鮮の核開発など周辺の脅威には米国の核抑止力に頼る実情を踏まえ、「いかなる状況でも(under any circumstances)」の3語は、米の行動を制限しかねないと考えた。
 岸田文雄外相は日本代表団に「3語を削る修正を」と指示していた。
 24日午後、現地の代表団は南アフリカから「修正で合意できる」との情報を得た。しかし声明発表の40分前、事態は一変する。南アフリカのアブドゥル・ミンティ大使は、天野万利(まり)軍縮大使に「当初の文案で発表する。変えることはできない」と告げた。
 日本の関係者は「土壇場で修正を受け入れない国があった」と証言する。取材すると、交渉の舞台裏が見えてきた。
 ■「3語削除」疑念招く
 外務省関係者によると、「いかなる状況でも」の3語削除をめざす岸田外相の指示は、準備委員会が開幕する4月22日、天野大使ら代表団に伝えられた。
 岸田氏は被爆地の広島が地元。朝日新聞の取材に書面で回答を寄せ、「日本は唯一の戦争被爆国。だからこそ私自身、直接指示し、関係国とぎりぎりの調整をした」「賛同できなかったことは大変残念」と説明。一方で「安全保障環境は厳しさを増し、米国の核戦力を含む日米同盟の抑止力で自国の安全を確保する必要がある」と強調した。
 日本の要求はどう受け止められたのか。提案国のノルウェー政府関係者は「なぜ3語が重要なのか。(日本の真意が)理解できなかった。交渉はゲームのように感じた」と語る。日本の「本気度」を疑っていた。・・・
 ■「抑止論に日本固執」
 ジュネーブの政府間会合を見守った、NGO「ピースボート」の川崎哲共同代表(44)は日本政府の姿勢を批判する。「被爆国の日本は核兵器の非人道性を最初に主張した。しかし核抑止論に固執し、多くの国が核の非人道性を訴える新たな潮流の中で、置きざりにされつつある」
 国際会議で「核兵器の非人道性」がキーワードに浮上したのは、2010年のNPT再検討会議の合意文書だ。「核兵器使用がもたらす壊滅的な人道上の結果に深刻な懸念を表明」との表現が盛り込まれた。核保有国のパワーバランスに傾いていた議論に対し、核の使用は人道的な惨事を招くとの共通認識が芽生えた。
 これに、核保有国による「段階的核廃絶」が進まないことに不満を抱くスイスやノルウェーなどが着目。昨年から今年4月、核兵器の非合法化や非人道性に言及する共同声明が3回、国際会議で採択された。しかし日本は、核保有国やドイツ、韓国などと一連の声明への賛同を見送ってきた。・・・・」(
2013/08/03付「朝日新聞」p3より)

被爆国という体験が消されようとしている・・・・!?

そしてもう一つ。昨夜(2013/08/05)午後9時のNHKニュース「日中世調 双方9割超が印象「良くない」 」(ここ)の中で、「中国中央テレビは、連日、日本の防衛政策や自衛隊の動向を伝えており、論調の多くは“日本が軍備を拡張”。日本の集団的自衛権を巡る議論を伝えるニュースの見出しは『日本はあの手この手で“戦争する権利”を欲しがっている』。そして中国でのこのアンケートの、日本の政治体制のイメージは、1位「覇権主義国家」 2位「軍国主義国家」」と言っていた。

広島市長の今日の平和宣言に込められた願いと、“国民が選んだ”現政府の右傾化との乖離・・・。
この中国の報道も、決して勘違いではなく、今の日本を言い当てているのでは・・・?と感じた最近のニュースである。

(関連記事)
田上・長崎市長の2013年「長崎平和宣言」 

130806konnani <付録>「ボケて(bokete)」より

| コメント (1)

2013年8月 5日 (月)

さだまさしの「風に立つライオン」

先日のNHKラジオ深夜便で(2013/07/31放送)、さだまさしの「風に立つライオン」という歌を初めて聞いた。
この歌は、実在の医師が、恋人を日本に残したまま青年海外協力隊としてアフリカに渡り、その2年後、恋人から来た「結婚します」という便りに対する返信の形を取っている。

<さだまさしの「風に立つライオン」>

「風に立つライオン」
  作詞・作曲:さだまさし

突然の手紙には驚いたけど嬉しかった
何より君が僕を怨んでいなかったということが
これから此処で過ごす僕の毎日の大切な
よりどころになります ありがとう ありがとう

ナイロビで迎える三度目の四月が来て今更
千鳥ヶ渕で昔君と見た夜桜が恋しくて
故郷(ふるさと)ではなく東京の桜が恋しいということが
自分でもおかしい位です おかしい位です

三年の間あちらこちらを廻り
その感動を君と分けたいと思ったことが沢山ありました

ビクトリア湖の朝焼け 100万羽のフラミンゴが
一斉に翔び発つ時 暗くなる空や
キリマンジャロの白い雪 草原の象のシルエット
何より僕の患者たちの 瞳の美しさ

この偉大な自然の中で病と向かい合えば
神様について ヒトについて 考えるものですね
やはり僕たちの国は残念だけれど何か
大切な処で道を間違えたようですね

去年のクリスマスは国境近くの村で過ごしました
こんな処にもサンタクロースはやって来ます
去年は僕でした
闇の中ではじける彼等の祈りと激しいリズム
南十字星 満天の星 そして天の川

診療所に集まる人々は病気だけれど
少なくとも心は僕より健康なのですよ
僕はやはり来てよかったと思っています
辛くないと言えば嘘になるけど しあわせです

あなたや日本を捨てた訳ではなく
僕は「現在(いま)」を生きることに思い上がりたくないのです

空を切り裂いて落下する滝のように
僕はよどみない生命(いのち)を生きたい
キリマンジャロの白い雪 それを支える紺碧の空
僕は風に向かって立つライオンでありたい

くれぐれも皆さんによろしく伝えて下さい
最后になりましたが あなたの幸福を
心から遠くから いつも祈っています

おめでとう さよなら

この録音は非常に凝っていて、アフリカの(?)太鼓の音から始まって、曲全体がAmazing Grace(ここ)で統一されている。そしてリズムはラベルのボレロ!?
Netで検索してみると、この歌は非常に有名な曲で、色々と情報がある。自分なりに理解したことを転記してみると・・・

さだまさし アルバム『夢回帰線』より
僕の尊敬し、愛する医師がいる。
 酔った時に一度だけ彼が医師になった理由を聞いた。少年の頃、シュヴァイツアーに憧れたのだ。そうして、本当に医師になり、本当にケニアへ巡回医療の医師として出かけて行った。酔うと少しだけ饒舌になる彼は、遠くを見る様に宙を見つめ乍ら、僕に大自然を語った。そんな時、いつも少年になる。
 彼は、きわめて優秀な外科執刀医である。故に、人の生命に対して敏感である。人々の生と死の間の戦いを、共に戦うのだと彼は言う。仮に助かっても、それは医師が助けるのでなく、神様が助けるのだ、と彼は真面目な顔で言う。だから、助かろうという意志のない人は、助けるのが困難だと。

 そうして、駄目な事だってある。その度に、たとえ、現代医学では、絶対に無理だ、と分かっていても、自分以外の人が執刀したら、もしかしたら助かったのではないか、と深く悔やむ人なのだ。もしも彼が言う様に、人が助けるのでなく神が助けるというなら、もしかすると、彼は天使なのではないかと思う事がある。それ程に優しく、暖かだ。
「僕はのたれ死ぬとです」彼は、酔いが廻ると、そう独白く。
 生命の尊厳と常に対峙しているからこそ、神の領域に挑む不遜さを知っている。ケニアの大自然の中で、彼は神と共にあったのかも知れない。この歌は、そんな彼の青春の一片を歌おうとした。
 僕も、僕の草原の、風に立つライオンでありたい。この歌を、県立日南病院勤務の柴田紘一郎先生に捧ぐ。

**********
 東京で恋人と幸せな日々を送る青年医師がいた。彼女は、彼との結婚を夢見ていた。
 彼も、それを望まないわけではなかったが、心のどこかに、ひっかかりがあった。それは、医師としての生き方についての葛藤だった。
『このままで いいのか』
 彼は、日々、自問自答を繰り返し、そして、決断した。アフリカの無医村へ、医師として行くことを決意したのだ。そうして、彼は日本を離れた。彼女を置いて。
 それから2年、アフリカの地で、医師として、人として、そして恋人よりも自分の夢を選んだ罪深き男として日々を過ごしていた彼に、日本から1通の手紙が届いた。
 その手紙は、彼女からの手紙で、『結婚します』という報告だった。
 そう、彼女は、彼を待てずに、他の人に愛され、そして結婚することを決めたのだ。
 この歌は、その手紙を読んだ彼が、彼女へ書いた最後の手紙なのです。」
ここより)

======
この柴田紘一郎先生(昭和15年生まれ、長崎大学医学部卒業、後に宮崎県立日南病院長、現介護老人保健施設 サンヒルきよたけ施設長)は、「さださんがまだアマチュア時代20歳の時に、帰国直後の柴田先生(さださんのお父さんの知り合い)からアフリカでの経験についてお話を伺ったことが、15年後の1987年、この「風に立つライオン」という名曲の誕生につながります。」
「柴田先生は、「風に立つライオン」を収録したアルバムに次のようなコメントを寄せておられます。
「“風に立つライオン”は小生のアフリカでの2年あまりの体験及び浅学菲才のゆえの雑談を医師を例にとり、人としての生き方をまさしさんの感性と才能で創作した曲である。この歌は、現代人の心の不摂生のため、過剰にしみついた魂の脂肪に対する警告でもあるように聴こえる。小生もアフリカの大地を通して学んだ事をすこしでも役立てて“風に立つライオン”のようになりたい。」
ここより)

この歌についての取材はこのくらいにして・・・
この歌を聞きながら、人生がこれから・・・という人の、無限の可能性について思った。そう、特に20歳前の“人生はこれから・・・”という人にとって、これからどう生きるかは、まさに自由。この、少年の頃シュヴァイツアーに憧れて医師としてアフリカに渡った柴田先生のような生き方も可能なのだ。

それと、改めてこの歌詞を読むと、まさに歌詞と言うよりも詩・・・。特に、
「やはり僕たちの国は残念だけれど 何か大切な処で道を間違えたようですね」
「診療所に集まる人々は病気だけれど 少なくとも心は僕より健康なのですよ」

という部分を読むとき、彼(か)の自然の国の人々生活は、我々よりもはるかに豊かなのだと、思う。

もちろん今更、しがない自身の人生を、この歌に謳われている人たちに比べるつもりは毛頭無い。しかし、これから生まれ来る孫世代の人生の可能性について思いを馳せると、何と心が明るくなることか・・・。

こんな歌を聞きながら、これから人生を始める子供たちに、どんな人生でも良いので、思う存分に生きて欲しいと、心からそう思うのである。

130805tent <付録>「ボケて(bokete)」より

| コメント (3)

2013年8月 4日 (日)

胃もたれの原因は胃酸過多だった!

自分の持病「胃もたれ」の歴史は古い。胃の膨満感と存在感(もたれ)・・・。
胃の調子が悪いため、近くの医院で胃のレントゲンを撮ったとき、胃の入り口(噴門部)のしまりが悪いため、胃酸が食道に逆流するかも・・・、と指摘されたのが2005年7月のこと。そんなこともあって、少しでも調子が良くなるように・・・と、ピロリ菌退治をしたのが、翌2006年4月だった。もう7年も前だ。しばらく胸焼けで困ったが、まあ何とか落ち着いて・・・
でもピロリ菌が居なくなったからといって、調子が良くなることは無かった。
特に1年半ほど前(2012年1月)から、制酸剤を毎日飲まないと調子が悪いため、ずっとそのお世話になっている。
ここからが本題だが、自分は“胃の調子が悪いのは、ピロリ菌を退治したため、胃酸が良く出るようになり、それがたまたま自分の胃の入り口のしまりが悪いため、逆流性食道炎を起こしているのだ”とばかり思っていた。とにかく制酸剤を飲むと治まるのである。
でも同じ薬を長く飲んでいると効かなくなる。それで最初飲んでいたオメプラゾールを新しいネキシウムに変えて貰ったのが昨年10月。それからもう10ヶ月・・・

先日行き付けの医院に行った際、「そんなに長く飲んでいるのは、別に何かあるかも知れないので、一度調べたら?」と言われて、2005年以来8年間も会社の健診でレントゲンをやらなかったのに、先週(2013/07/23)人生2度目の胃カメラをやってしまった。(前の胃カメラは数十年前、会社の検診時、レントゲンに泡が写ったための精密検査)
胃が膨らまない、とか言って、5分で終わると言っていたのが、25分もかかってしまった。でも結果的には、食道も胃も十二指腸も、その奥もきれい。食道炎は全くない。ただちょっと胃の真ん中から出口の辺りにかけて萎縮性慢性胃炎がある。とのことで、心配ないとのこと。
それで大いなる疑問が発生! 自分の不調の原因の逆流性食道炎はどこに行った?

待てよ?自分の症状は、胸焼けと言うより、胃のもたれ!? それでNetで胃もたれの原因を検索してみると、NHKのサイトが見付かった。
NHKあさイチ 最新報告 胃もたれ&胃痛 驚きの真実ここ)という記事。
「普通、胃もたれというと、胃の動きが悪いために、食べたものがいつまでも残ってしまう事が原因と思いがちですが、実は、胃の働きが良すぎることで起きる、新しいタイプの胃もたれが増えていると言います。」
「胃の動きを良くしようと飲んだ市販の胃薬も、効果がなかったと言います。思い悩むこと1年。評判の病院を受診すると、木村さんに「胃酸を抑える薬」が処方されました。なんと「胃酸が出過ぎる」ことで胃もたれを起こしていたのです。」
「そんな大食いチャンピオンでも、胃もたれを感じてしまう方法があります。それは、胃の先にある腸に、胃液と同じ成分の液体を入れること。すると、元気に働いていた胃がピタリと止まるのです。この時、胃は空っぽなのに胃もたれを感じていました。実は、胃酸が増えると、腸で酸の中和が間に合わなくなるため、胃に、それ以上「消化物を送らない様に」、腸管ブレーキと呼ばれる指令を出して、胃の動きを止めるのです。それと同時に、脳にも「それ以上食べないように」指令をだします。それを「もたれ」という感覚として脳が感じているのではないかと考えられています。(実験協力:川崎医科大学 消化管内科 春間賢教授)」

まさに衝撃の事実!! 目から鱗の新事実!!

ここ1年半ほど、毎日飲んでいた制酸剤は、自分の思い込みの逆流性食道炎の治療のためではなく、胃のもたれ防止のための胃酸を抑えるために効果を発揮していたのだ。
まあ“結果オーライ”なのだが、自分の思い込みに辟易・・・

それにしても、自分の胃のカラクリに納得がいった。今まで、胃がもたれると、胃の動きを活発になる薬を薬局で探して飲んだりしたが、いっこうに良くならなかった。
しかし今回、自分の胃の不調の原因が“胃酸の出過ぎ”だということが分かって、何ともスッキリした。
でも実験!で、数日ネキシウムを飲まないと、とたんに胃もたれが再発する。仕方が無く、また薬を飲む。すると胃は元気になる・・・。
まあその繰り返して、まだまだ治るには時間がかかりそうだが、QOL(生活の質)を改善する手段が見付かったことはラッキー。
医師に「飲み続けて良くない?」と聞くと、「だって飲まないとダメなんでしょう? 半年に1回は血液検査をした方が良いが・・・」という。でも先日の血液検査の結果もOK。
老化に一直線の自分の体だが、まあ当分、制酸剤を飲み続けるしかないかな・・・、と思う、高齢者初心者ではある。(これも自分用のメモ)

130804jyunban <付録>「ボケて(bokete)」より

| コメント (0)

2013年8月 3日 (土)

「あなたを思う時間」

だいぶん前の話だが、朝日新聞「ひととき」の欄に、こんな記事が載っていた。

「(ひととき)あなたを思う時間
 夫と駅で待ち合わせをした。約束時間になろうとするとき、携帯メールが届いた。――いま電車の中、15分ほど遅れる
 それならとカバンからミステリー本を取り出そうとして、70代の男友達が語ったことを思い出した。
 若いころ、ガールフレンドとデートの約束をした。だが、予定外の仕事が入り、連絡のすべもない。2時間遅れで待ち合わせ場所に行くと、彼女は待っていてくれた。
 私が心を動かされたのは、その話の続き。2時間の間、彼女は彼のことだけを考えていたという。なにか事故にあったのだろうか、事件か、などと。彼もまた、彼女のことだけを考えていた。あの人が帰ってしまうはずがない、必ず待っていてくれる。その女性こそ、後の奥様である。
 今は、待ち合わせでも、これこれで何分遅れますと携帯で送信すれば安心だし、待たせる側にも心配をかけないですむ。しかし、相手に思いをはせるという、奥ゆかしくも大切な行為はなくなってしまったのではないだろうか。私自身、メールを読んだ後は夫のことなど少しも思わず、ミステリーに夢中になっていたはずである。(東京都三鷹市 主婦 63歳)」(
2013/06/14付「朝日新聞」p29より)

このところ、めっきり減ったのが、待ち合わせでのトラブル。携帯が、場所と時間との壁を取り去ったので、会えるのが当然。遅れても、連絡できるのでトラブらない。迷子になっても連絡が付くので大丈夫・・・。
それに引き替え、携帯の無かった時代の待ち合わせは色々あった。
代表的な話は、「君の名は」の春樹と真知子・・・、と言っては歳がバレるが、もうこんなドラマは有り得ない。それに、ラブレターという言葉も死語。でも何とも風情が無くなったもの・・・。メールでラブレターを貰っても、「ヤダ」と返信すればそれっきり。何ともつまらない時代になったものだ。

しかし上の記事の、絶対的信頼感は何とも頼もしい。これがもし現代だったら・・・。携帯の連絡も無しに、2時間も遅れたら、それこそ事件。せっかくのラブラブの仲も破滅? 夫婦なら大げんか?
ユビキタス(いつでも、どこでも、だれでも)の時代は、風情が失われ、決して良いことずくめではないのである。

130803baasan <付録>「ボケて(bokete)」より

| コメント (0)

2013年8月 2日 (金)

2012年のシェア(市場占有率)(2/2)~自動車/住建/生活・食品・医療/サ-ビス/機械

先日の日経産業新聞に、毎年恒例の2012年のシェア(市場占有率)の記事が載っていた。今日は「その2」である。(出典:2013/07/29「日経産業新聞」P12~P15)

<自動車>~単位:%、( )は対前年比%
・乗用車(除軽) ①トヨタ49.8(4.8) ②ホンダ14.1(-1.8) ③日産13.1(-3.3) ④マツダ5.0(-0.5) ⑤富士重工3.6(-)
・軽自動車 ①ダイハツ34.1(-1.7) ②スズキ29.6(-1.7) ③ホンダ16.2(8.0) ④日産7.7(-1.9) ⑤三菱4.0(-2.1)
・輸入自動車 ①フォルクスワーゲン18.7(-0.7) ②日産14.1(-5.2) ③ベンツ 13.9(1.2) ④BMW 13.7(0.6) ⑤アウディ 8.0(-0.1)
・普通トラック ①いすゞ 34.9(6.2) ②日野33.8(-4.5) ③三菱ふそう18.7(1.3) ④UDトラック12.6(-3.0)
・二輪車 ①ホンダ53.3(1.9) ②ヤマハ22.5(-1.1) ③スズキ17.9(0.0) ④川崎2.8(-0.1) ⑤ハ-レ-2.8(0.1)
・市販用カ-ナビ ①Pana.37.2(-4.3) ②パイオニア33.8(2.3) ③富士通テン14.3(0.8) ④JVCケンウッド7.3(5.3) ⑤アルパイン7.2(2.8)

自動車は、日産が大きく減って3位に転落。軽自動車は、ホンダが大きく伸びて3位に。普通トラックは、いすゞが首位に。

<住建>
・マンション ①野村不動産6.6(0.8) ②三井不動産5.5(-0.3) ②三菱地所5.3(-0.9) ④住友不動産4.5(1.0) ④大和ハウス3.4(0.4)
・戸建て住宅 ①積水ハウス3.7(-0.4) ②旭化成ホームズ2.4(0.1) ③積水化学2.4(-0.1) ④ミサワホーム2.3(-)  ⑤大和ハウス2.2(-0.2)

<生活・食品・医療>
・化粧品 ①資生堂20.9(-2.3) ②カネボウ16.7(0.0) ③コ-セ-10.1(0.2) ④ポ-ラ10.0(1.4) ④花王6.5(0.1)
・台所用洗剤 ①花王34.1(-2.6) ②P&G 28.2(-1.8) ③ライオン23.6(-1.3) ④旭化成ホーム4.2(-)
・衣料用合成洗剤 ①花王38.8(-2.3) ②P&G 30.4(-1.4) ③ライオン 25.0(-1.4)
・シャンプー・リンス ①花王23.8(-0.4) ②P&G 20.0(0.1) ③ユニリーバ16.3(0.0) ④資生堂16.2(-0.3)
・歯磨き ①ライオン29.2(-1.1) ②花王20.3(-0.9) ③サンスター16.9(-1.9) ④アース10.4(-0.2) ④小林製薬5.3(0.0)
・婦人服 ①ワ-ルド3.7(0.1) ②オンワ-トHD3.7(0.3) ③TSIHD 2.4(0.3) ④イトキン1.7(0.0) ⑤クロスプラス1.4(0.0)
・紳士服 ①オンワ-ドHD 2.9(0.1) ②三陽商会1.8(0.1) ③レナウン1.6(0.0) ④ワ-ルド1.5(0.1) ⑤ファイブフォックス1.1(0.0)
・婦人下着 ①ワコ-ル34.0(00) ②トリンプ・インタ-ナショナル13.0(0.1) ③グンゼ3.5(-0.2) ④シャルレ3.2(-0.2) ⑤セシ-ル3.1(-0.1)
・ビ-ル系飲料 ①アサヒ37.5(-0.4) ②キリン35.6(-0.6) ③サントリ-14.2(0.8) ④サッポロ11.8(0.2) ⑤オリオンビール0.9(0.0)
・第三のビール ①キリン36.4(-0.6) ②サントリ-25.0(1.6) ③アサヒ24.0(-1.7) ④サッポロ13.7(0.8) ⑤オリオンビール0.9(0.0)
・ウイスキー ①サントリー58.2(2.8) ②アサヒビール21.8(-1.9) ③キリンビール6.6(-1.9)
・清涼飲料 ①コカコ-ラ28.1(-0.3) ②サントリ-21.8(-0.1) ③伊藤園11.8(0.6) ④アサヒ飲料10.7(0.8) ⑤キリンビバレッジ10.3(0.6)
・即席めん ①日清39.8(-0.3) ②東洋水産24.3(3.0) ③サンヨ-15.2(0.7) ④明星8.0(-0.3) ⑤エ-スコック7.9(0.2)
・ハム・ソーセージ ①日本ハム21.0(-0.2) ②伊藤ハム18.9(-0.9) ③丸大16.9(-0.2) ④プリマハム10.9(0.4) ⑤米久8.0(0.0)
・冷凍食品 ①ニチレイ21.1(0.2) ②マルハニチロHD17.2(3.3) ③テーブルマーク13.5(0.4) ④味の素冷凍11.7(-0.1) ⑤日本水産8.9(-0.4)
・アイスクリーム ①ロッテ17.5(0.2) ②森永12.2(-0.3) ③グリコ11.6(-0.7) ④明治10.9(0.1) ⑤ハーゲンダッツ9.2(0.5)
・ミネラルウォーター ①サントリー25.6(0.5) ②コカコーラ19.7(1.6) ③キリンビバレッジ12.1(-0.6) ④アサヒ飲料8.9(1.5) ⑤伊藤園2.3(0.4)

・医療用医薬品 ①武田7.4(-0.2) ②アステラ6.7(-0.3) ③第一三共5.5(0.2) ④田辺三菱4.2(-0.2) ⑤中外製薬4.1(0.0)
・総合感冒薬 ①大正28.3(0.3) ②第一三共18.7(-0.2) ③武田12.0(0.0) ④全薬5.8(0.0 ⑤エスエス5.7(0.0)
・育毛剤・発毛剤 ①大正53.2(-0.6) ②花王16.5(-0.2) ③第一三共6.0(0.0) ④資生堂5.7(-0.3) ⑤加美乃素本舗3.9(0.2)
・ドリンク剤・ミニドリンク剤 ①大正38.5(-0.3) ②佐藤製薬10.5(0.2) ③大鵬薬品8.5(-0.3) ④武田7.3(0.6) ⑤エーザイ3.4(0.1)
・後発医薬品 ①沢井製薬8.1(0.6) ②日医工7.6(0.9) ③デバ製薬6.5(0.5) ④東和薬品5.6(0.2) ⑤ニプロファーマ4.7(0.0)

マンションでは、野村が首位で、大京が消えた。戸建て住宅では、ミサワホームが復帰。

<サ-ビス>
・海外旅行 ①JTB 21.7(-1.4) ②HIS 14.9(0.0) ③阪急交通11.0(0.4) ④近畿ツ-6.4(0.2) ⑤日本旅行5.9(-0.1)
・国内旅行 ①JTB 23.1(-0.1) ②楽天トラベル7.9(0.6) ③近畿ツ-6.8(1.0)  ④日本旅行6.0(0.0) ⑤ANAセールス4.6(-0.1)
・ホテル ①プリンスホテル9.8(0.6) ②東急Gr5.8(0.0) ③阪急阪神第一Gr 4.2(-0.1) ④ホテルオークラ4.0(0.0)  ⑤ニューオータニ3.9(0.1)
・国内航空 ①全日空44.6(-4.7) ②JAL 34.9(-1.7) ③スカイマ-ク7.8(0.2) ④エア・ドゥ2.3(0.0) ⑤スカイネット1.6(0.2)
・クレジットカ-ド ①三菱UFJニコス13.6(-1.1) ②三井住友カ-ド11.8(-0.1) ③セゾン10.3(-0.3) ④イオンクレジット10.1(1.5) ⑤トヨタ8.1(-)
・電子マネー ①ナナコ28.1(2.7) ②スイカ25.1(-0.4) ③ワオン24.4(0.2) ④楽天エディ13.4(-2.4) ⑤パスモ7.6(-0.4)
・人材派遣 ①リクル-ト8.0(0.6) ②テンプHD4.7(0.4) ③パソナ3.1(0.4) ④アデコ2.8(0.2) ⑤マンパワーGr 1.8(0.2)
・リース ①東京センチュリーリース11.1(1.1) ②三井住友ファイナンス10.7(0.0) ③三菱UFJファイナンス10.6(0.5) ④オリックス9.5(0.2) ⑤芙蓉総合7.5(-)
・ゴルフクラブ ①ダンロップスポーツ25.8(3.5) ②テーラーメイド16.0(2.3) ③ブリヂストン13.6(-0.8) ④キャロウェイ10.3(-0.8) ⑤ミズノ7.0(0.3)

電子マネーでは、ナナコがスイカを抜いた。

<機械>
・産業用ロボット ①安川21.6(1.4) ②川崎重工 9.0(-0.5) ③Pana  8.8(-1.6) ④ファナック8.0(-0.2) ⑤不二越6.2(0.2)
・船舶 ①今治15.6(3.3) ②ユニバーサル13.7(0.4)  ③大島造船所9.3(1.2) ④幸陽船渠8.6(0.2) ⑤名村造船所7.0(1.6)
・フォークリフト ①豊田自動織機44.4(1.7) ②ニチユ三菱18.4(-2.1) ③ユニキャリア16.1(0.3) ④コマツ13.8(-1.9) ⑤住友5.4(0.1)
・腕時計 ①カシオ37.1(-1.7) ②シチズン35.1(0.2) ③セイコ-26.5(3.4) ④オリエント1.9(-0.1) ⑤リコ-1.1(-0.1)
・太陽電池 ①シャープ26.1(-6.1) ②京セラ21.3(-4.7) ③Pana19.9(-3.2) ④ソーラーフロンティア11.8(2.5) ⑤三菱電機9.9(0.1)

<素材・エネルギー>
・粗鋼
①新日鐵住金42.9(0.5) ②JFE 28.6(1.1) ③神戸製鋼6.5(-0.2) ④日新製鋼3.7(-0.1) ⑤東京製鐵2.3(-0.3)
・ガソリン ①JX日鉱日石33.7(0.2) ②東燃ゼネラル18.2(0.8) ③昭和シェル16.1(-0.2) ④出光15.2(-0.1) ⑤コスモ10.6(-0.3)
・セメント ①太平洋34.7(0.6) ②宇部三菱23.6(-0.4) ③住友大阪19.2(0.0) ④トクヤマ7.5(-0.2) ⑤麻生セメント4.0(0.1)
(出典:2013/07/29「日経産業新聞」P12~P15)

*( )の対前年比の値は、前年の%と比べると必ずしも合っていない。前年と対象エリアが変わった為か?
*この新聞記事のオリジナルPDFは(ここ=6MB)。

←BACK               NEXT→

(関連記事)
06年のシェア(市場占有率)
07年のシェア(市場占有率)~(1)エレクトロニクス系
08年のシェア(市場占有率)(1/3)~エレクトロニクス/情報・通信・メディア
2009年のシェア(市場占有率)(1/3)~エレクトロニクス/情報・通信・メディア
2010年のシェア(市場占有率)(1/3)~エレクトロニクス/情報・通信・メディア
2011年のシェア(市場占有率)(1/3)~エレクトロニクス/情報・通信・メディア

| コメント (0)

2013年8月 1日 (木)

2012年のシェア(市場占有率)(1/2)~エレクトロニクス/情報・通信・メディア

先日の日経産業新聞に、毎年自分が楽しみにしている日経恒例のシェア(市場占有率)の記事が載っていた。今年から世界シェア(ここ)と国内シェアの記事は別になったようだ。2012年のシェアについて見ていく。(出典:2013/7/29「日経産業新聞」P12~P15)

<エレクトロニクス>~単位:%、( )は対前年比%
・薄型テレビ ①シャ-プ35.2(0.1) ②Pana20.6(-1.3) ③東芝19.5(-1.2) ④ソニ-11.6(1.2) ⑤オリオン電機3.2(1.6)
・ブルーレイ・ディスク録再機 ①Pana29.5(-6.5) ②シャ-プ26.6(3.5) ③ソニ-21.6(4.6) ④東芝20.8(-1.4) ⑤三菱1.0(0.0)
・携帯音楽プレヤ- ①ソニ-52.5(-1.6) ②アップル40.8(2.2)
・ビデオカメラ ①ソニ-39.0(8.0) ②JVCケンウッド29.8(0.3) ③Pana 22.9(-2.6) ④キャノン8.6(-5.4)
・デジタルカメラ ①キャノン21.8(3.5) ②ニコン17.3(3.0) ③ソニー16.2(-0.1) ④Pana12.5(0.0) ⑤ オリンパス11.1(-1.5)
・デジタル一眼レフカメラ ①キャノン30.9(6.0) ②ニコン25.8(0.4) ③ソニ-13.8(-1.7) ④オリンパス10.9(-6.0) ⑤Pana9.9(-3.1)
・複写機・複合機 ①キャノン22.4(1.1) ②リコー21.2(-1.6) ③富士ゼロックス19.9(0.8) ④シャ-プ11.3(0.4) ⑤コニカミノルタ6.9(0.1)
・ルームエアコン ①Pana25.5(-1.2) ②ダイキン19.8(0.7) ③日立11.5(0.5) ④三菱11.4(-0.8) ⑤東芝10.0(-0.4)
・洗濯機 ①日立30.6(6.7) ②Pana24.9(0.9) ③東芝16.8(-8.5) ④シャ-プ15.6(2.9)
・冷蔵庫 ①Pana24.2(-0.1) ②シャ-プ20.3(2.5) ③日立17.6(1.8) ④三菱14.4(-0.2) ⑤東芝11.3(-0.5)
・掃除機 ①Pana27.9(1.2) ②日立24.3(3.1) ③東芝23.6(2.7) ④シャープ14.0(1.2)
・IHクッキングヒータ ①Pana54.9(2.9) ②日立24.5(-0.6) ③三菱16.8(-1.3) ④東芝3.4(-1.4)
(出典:2013/07/29「日経産業新聞」P12~P15)

携帯音楽プレヤーは、とうそう2社独占状態に。複写機・複合機でじゃキャノンがリコーを抜いて首位に。洗濯機では、前年3位だった日立が首位に、首位だった東芝が3位に。
サンヨーがPanaに吸収されたので、シェアに若干の変動。

<情報・通信・メディア>
・携帯電話 ①ドコモ45.2(-1.7) ②KDDI 27.7(0.3) ③ソフトバンク23.9(1.3) ④イ-・アクセス3.2(0.1)
・携帯電話端末 ①アップル25.5(8.5) ②富士通14.4(-3.5) ③シャ-プ14.0(-2.8) ④ソニー9.8(0.9) ⑤サムスン7.2(1.4)
・タブレット ①アップル46.7(-9.0) ②富士通12.7(6.9)  ③エイスース9.0(7.2) ④アマゾン7.8(7.8) ⑤NEC4.2(4.2)
・パソコン ①NECレノボ25.5(9.8) ②富士通17.5(0.0) ③東芝12.8(0.6) ④HP 9.4(0.3) ⑤デル8.3(-0.8)
・サ-バ- ①富士通22.2(-5.5) ②日本IBM 18.3(-1.6) ③NEC17.4(2.0) ④HP15.4(-0.6) ⑤日立13.6(4.4)
・メモリ-カ-ド ①サンディスク12.2(0.3) ②レキサー・メディア 12.1(8.9) ③トラセンド10.8(4.5) ④Pana9.6(-7.4) ⑤東芝9.4(-16.6)
・インクジェットプリンタ- ①エプソン42.8(-3.7) ②キャノン42.0(4.6) ③ブラザ- 8.8(0.3) ④HP 5.8(-1.1) ⑤リコー0.5(-0.1)
・プロバイダー ①OCN 17.7(-2.2) ②Yahoo!BB 12.0(0.9) ③au one net(KDDI)8.9(1.3) ④BIGLOBE 8.1(0.6) ⑤ぷらら 7.3(-0.9)
・光ファイバ-通信回線 ①NTT東40.9(-1.0) ②NTT西31.7(-0.6) ③KDDI 12.0(1.8) ④ケイ・オプティコム5.9(0.1) ⑤UCOM 2.2(0.0)
・ポ-タルサイト ①ヤフ- 69.1(-0.5) ②グ-グル11.4(-0.2) ③マイクロソフト4.0(0.3) ④LINE 3.0(0.6) ⑤NTTレゾナント 2.7(0.1)
・動画サイト ①ユ-チュ-ブ57.5(-6.8) ②ニコニコ動画24.9(3.6) ③Gyao!(ヤフー)5.3(0.0) ④FC2動画4.1(-) ⑤ウーピー2.1(-0.5)
・家庭用ゲ-ム機 ①任天堂70.4(11.5) ②ソニ-28.5(-11.2) ③マイクロソフト0.6(-0.3)
・家庭用ゲ-ムソフト ①任天堂32.4(8.6) ②バンダイナムコゲ-ムス16.3(-2.0) ③スクウェア9.8(1.4) ④カプコン7.3(-1.6) ⑤コナミ5.7(-2.2)
・出版 ①リクル-ト15.5(1.0) ②集英社6.0(0.0) ③講談社5.2(0.1) ④小学館5.1(0.0) ⑤KADOKAWA 4.0(0.0)
・音楽ソフト ①エイベックス14.9(1.6) ②ソニ-ミュ-ジック14.4(-2.1) ③ユニバ-サル9.5(-2.1) ④キング7.0(0.2)⑤ジェイ・ストーム5.4(-0.6)
・DVDソフト ①ソニー・ミュージック10.2(0.3) ②エイベックス7.6(2.2) ③バンダイ 5.4(1.6) ④ワ-ナ-4.5(-1.3)⑤ジェイ・ストーム゙4.0(-0.6)
・映画 ①東宝38.0(5.4) ②東映9.0(-0.2) ③ワーナー7.9(-2.0) ④ソニー6.4(2.9) ⑤東宝東和5.1(2.7)
・広告 ①電通24.0(-0.2) ②博報堂10.4(0.5) ③ADK5.2(-0.1) ④大広2.1(-0.1) ⑤JR東日本企画1.7(0.2)
(出典:2013/07/29「日経産業新聞」P12~P15)

携帯電話端末は、ソフトバンクとKDDIで扱うアップルが首位。パソコンではNECレノボが大きく伸びて首位。メモリーカードでは、前年10位の米レキサー・メディアが、任天堂の新型ゲーム機に採用されたことで、急増。前年トップだった東芝は、大幅減で5位に。音楽ソフトは、エイペックスがソニーを抜いて首位。

*( )の対前年比の値は、前年の%と比べると必ずしも合っていない。前年と対象エリアが変わった為か?
*この新聞記事のオリジナルPDFは(ここ=6MB)。

←BACK               NEXT→

(関連記事)
06年のシェア(市場占有率)
07年のシェア(市場占有率)~(1)エレクトロニクス系
08年のシェア(市場占有率)(1/3)~エレクトロニクス/情報・通信・メディア
2009年のシェア(市場占有率)(1/3)~エレクトロニクス/情報・通信・メディア
2010年のシェア(市場占有率)(1/3)~エレクトロニクス/情報・通信・メディア
2011年のシェア(市場占有率)(1/3)~エレクトロニクス/情報・通信・メディア

| コメント (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »