« 「牧伸二さんの死 弱音を吐ける社会こそ」~精神腫瘍科について | トップページ | 「親族の関係壊す生活保護法案」 »

2013年6月 2日 (日)

上天気の黒部ダム・立山に行く

一昨日(2013/05/31)から、1泊2日で、黒部ダムと立山に行ってきたので、今日はそのメモ・・・
昨年、新穂高・乗鞍・上高地にバスで行ったが(ここ)、これに味を占めての、同じ会社の黒部ダムと立山のバスツアー。
このような小旅行の場合、とにかく気になるのが天気。こればかりはお金では買えず、運・・・。カミさんが半月前から天気を気にしていたが、ずっと曇の予報。それが前日になってから、晴との予報。当日はまさに快晴。ラッキーこの上ない。
午前8時に京王八王子から出発。中央道から長野道・安曇野ICで降りて、スイス村とかいう所で小休止。雪の残った北アルプスがキレイ。
まず着いたのが扇沢駅。ここから関電トロリーバスで、黒部ダムに向かう。トンネルの中を走るバスは意外とスピードを出す。黒部ダムは今年で50周年だという。(写真はクリックで拡大)

P10107581_2 P10107661_3 P10107741 

自分にとって黒部ダムは2度目。前にユースホステルの記事で書いたが(ここ)、昭和47年5月に黒部ダムを越えて福井の友人のところに行ったことがある。1972年なので40年ぶり。その時の、天気は覚えていないが、ダムの景色はしっかりと覚えている。
黒部ダム駅は結構広い。そして、外に出たら快晴。青い空と湖。まさに絶景。まるで絵に描いたような山並み・・・

P10107801 P10107901 P10108071 P10108151 P10108231 P10108281

黒部湖駅から黒部平駅までは黒部ケーブルカー。真っ暗なトンネルの中を5分。
各駅には、ライブカメラの画像と温度などが表示されており、これらの画像はNetでも配信されている。
黒部平駅に着くと、階段を上って屋上に。これまた絶景。雪であまりに明るく、写真がうまく撮れない。これから乗る立山ロープウェイが遠く見え、素晴らしい景色。

P10108461 P10108511 P10108531

黒部平から大観望まではロープウェイ。登るにつれ、黒部湖がクッキリと見える。そして大観望からの絶景。

P10108631 P10108821 P10108841

そして、大観望から今日の目的地、室堂までは、またトロリーバス。これもトンネルの中。そして午後2時半頃にホテル立山に着く。
部屋に入って、荷物を解いた時のビックリがこれ。えびせんの袋がパンパン。このホテルの ある室堂は高度2450m。空気は地上の75%だという。なるほど・・・。この現象はお腹のガスも同じで、腹が張ることもあるとか・・・
午後5時からホテルの人の案内で、“雪の大谷ウォーク”。と言っても、ホテルのそばの道だけど・・・。
今年は、4月16日の開通時、18mの積雪があり、それから1ヶ月半経ったが、まだ15mの積雪があるという。過去最高は23m。ホテルの宿泊者全員が参加した(たぶん)、散歩だった・・・

P10109531_2 P10108961 P10109361 P10109431 P10109461 P10109641

そして7時前の夕焼け。少し雲があり残念だったが、日が雲海と山に隠れる瞬間を皆で見た。

夜は、星空鑑賞会。皆で屋上に出て、ホテルの人のレーザー光による星座の説明があった。それにしても、プレゼン用のレーザーが、暗い空にクッキリと光の棒を作る。そして山の上には明かり。山頂の社務所の光だという。
目が慣れるにつれ、おびただしい星。何よりも星が大きい。空に一番近いホテルを謳うだけあって、星が手でつかめそう!?? 流れ星も見えた・・・

かくして1日目が終了・・・。何?ホテルはどうだったかって??2450mのホテルの食事やお風呂に、多くを望んではいけない。あるだけで有り難い。それに部屋の窓からの眺望が、目の前が雪の絶壁で、何も見えなくても、安いツアーなので文句を言ってはいけない・・・

2日目(2013/06/01)は、薄曇りの天気。カミさんたちは雷鳥見物。ホテルの人の案内で、雪道を歩く。見付けた写真の雷鳥はオスの幼鳥とか・・・。そして室堂のライブカメラの場所は建物の上の方。

P10109751 P10109801 P10109811

帰りは、立山高原バスで、美女平まで高度差で1500mほど下りる。バスの両側に開ける光景も素晴らしい。天気が曇っていたのは残念だが・・・。
美女平から立山駅までは、またケーブルカー。そして、バスに戻って帰路についた。

P10109871 P10109911 P10200031

それにしても、いわゆる雪の大谷が麓まで続いているのにはビックリ。ホテルのスライド説明会で、言っていたが、何ヶ月もかけて、ふもとから掘り進んで4月16日のホテルのオープンに間に合わせるのだとか。そして、雪の平原から道路の位置を測るのは、三菱電機製のGPSを利用しており、誤差は3cmしかないとか・・・。ホテルの駐車場には、ブルトーザーや40mも雪を吹き飛ばす重機などがあった。
この費用は、どの位かかるのか・・・。たった数軒のホテルのために、掘る??するとホテル大が大変な金額になるはず・・・。それにしては安い・・・。
それとも除雪費用は、有料道路の料金に入れる?? この辺の仕組みは分からない。

帰りは、立山駅から立山IC、北陸道、上信越道、関越を通って、家に着いたのが夜10時だった。事故もなく、お疲れさま・・・
今回の小旅行は、カミさんのリクエストだったが、黒部ダム、雪の大谷、星空、雷鳥と、4つのテーマが全て満点だったのでラッキーな小旅行ではあった。

130602sakago <付録>「ボケて(bokete)」より


« 「牧伸二さんの死 弱音を吐ける社会こそ」~精神腫瘍科について | トップページ | 「親族の関係壊す生活保護法案」 »

コメント

久々に訪問させていただきましたら、黒部・立山のお話。お疲れ様でした。

私達夫婦も3年前に「雪の大谷ウォーク」に行ってきました。
その前には秋の紅葉の黒部・立山にも。
また行きたくなりました。

よろしければご覧ください。
3年前の「雪の大谷ウォーク」
第1日目
http://webryalbum.biglobe.ne.jp/myalbum/1004457005386283b3e33a16142ffab118c63f430/18798013345993721

第2日目
http://webryalbum.biglobe.ne.jp/myalbum/1004457005386283b3e33a16142ffab118c63f430/03240111001004721

立山ということで、よろしければこちらも。
はぐれコキリコ
http://www.youtube.com/watch?v=2uKii2O35W4&feature=youtu.be

立山に両の掌合わせ
せめて便りが 噂が欲しい
まだ未練たち切れないとなぜじれる
越中 雪の湯の町で
おんなが歌う あゝ はぐれコキリコ

【エムズの片割れより】
素晴らしい写真集と演奏をありがとうございました。便利なサイトがあるのですね。
我々はトロッコ電車には乗らなかったので残念でした。いずれ・・・

投稿: 秀男 | 2013年6月 2日 (日) 22:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「牧伸二さんの死 弱音を吐ける社会こそ」~精神腫瘍科について | トップページ | 「親族の関係壊す生活保護法案」 »