« 「成年後見訴訟」への哀れな政府の対応 | トップページ | 「給食残さず?」~給食の“完食”教育について »

2013年4月 1日 (月)

富士が見えなかった箱根小旅行

昨日から一泊二日で、箱根の保養所に行ってきたので、今日はそのメモ。でも富士山が見えなかった・・・。
半年前に色々な書類を提出してやっと入れてもらった現役時代の健保組合。それが4月から保険料が大幅に値上げするとのことで、国保に鞍替えすることにした(ここ)。
それで、現役時代に子どもを連れて良く行った箱根の保養所に、最後に一度行ってみよう、ということになり、行ってきた。場所は箱根強羅の駅の近く。せっかく行くのだから・・・と、天気を気にしていたが、天気予報によると、1日目は雨で、2日目は晴とのこと。勝負は2日目だ。

昨日(2013/03/31)、車で出発。八王子から中央道経由で、御殿場から箱根へ。小田原厚木道路経由は、車が多いだろうから・・・と敬遠。順調すぎる位に行って、昼食はカミさんがガイドブッP10104521 クで選んでおいた強羅の「田むら銀かつ」という店に行った。ちょうど休日の昼食時で、予想通りの大行列。よって、店に入るのは諦めて、“かつサンド”とコーヒーで済ます。900円のかつサンドは、肉がとろけるように軟らかく、さすがだったが、コーヒーは350円のわりに量が少なく、参った。
雨の中、次に行ったのが「箱根ラリック美術館」のショップ。美術館には入らない。これもカミさんの趣味なので、何を売っているのか、良く分からない・・・。それにしても庭の芝生がきれい・・・。つまらいので、外に出てみると、アンティークの車が展示してあった。

P10104581 P10104631 P10104621

まだ保養所に入るのには早過ぎたので、お土産を買いに、道の駅に行くことにしP10104711 て、「道の駅・箱根峠」に行ってみた。ガスの中、運転も大変・・・。それが行ってみると、信じられないほどの寂しさ・・・。こんな寂しい道の駅もあるんだ・・・と早々に退散。道すがら、箱根の関所のそばの駐車場に車を止めて、お土産を買う。

かくして、保養所に・・・。強羅の保養所は、設備が良くて、現役時代に子どもを連れて何度P10104761 も行った。記録を見ると、家族で最後に行ったのが94年8月なので、実に20年ぶり。しかし、時代を感じさせないキレイさ・・・。
カミさんのリクエストで、カラオケをすることにしたが、昔は確か予約制だったが、今は自由とのこと。食事後は皆がやるだろうから・・・と、食事の前に早速カラオケルームに・・・
小一時間歌っては見たが、カラオケも実に数年ぶりで、声が出ない。96点とか出るが、全てリップサービス。カミさん共々、不完全燃焼で終わった。それから温泉に入って夕食。
テレビの天気予報では、「明日は晴」なのだが外はガス・・・。

二日目の今日(2013/04/01)、朝起きて外を見ても、ガス・・・。青空はどこに消えた???受付の女性に聞いても、今日はこんな天気が一日続くのでは??富士山もたぶん見えないのでは??
仕方がないので、まずは箱根神社に行くことにした。途中で、箱根小涌園ユネッサンスの中にある、カミさんが大好きなカマボコを買いに、鈴廣かまぼこ店に寄る。ここは、各種の風呂があるらしい。今は子どもが春休みなので大賑わいだという。
箱根神社は、平日なのでほど良い混み具合。階段を避けて脇道を行くと、神社の横に「安産杉」なるのもを見付けた。もちろん二人で最敬礼・・・。そして今人気だという「九頭竜神社」。ここだけは参拝者が並ぶ。そして「なで小槌」も有名だそうだ。最後におみくじを買ってみたが、自分は大吉、カミさんは吉だって・・・。ヘヘヘ・・・。

P10105311 P10105161 P10105201 P10105271 P10105231 P10105281

さて、天気は曇時々晴。最大の目的だった富士山の姿はどこにも見えない。しかしせっかく来たのだから・・・と、駒ヶ岳ロープウェイに乗ってみることにした。駐車場に行ってみると、平日なのに1000円。高い! しかし、ここは「箱根園」というテーマパークだそうで、それ全体の1日駐車、という位置付け。
ロープウェイも平日なので空いている。しかし上がってみてビックリ。頂上のロープウェイの建物が、50年の歴史を刻んでいて、怖い位・・・。もちろん周囲をみても、富士は見えない。

P10105661 P10105611 P10105631

待合室に富士とゴンドラのキレイな写真。これでも撮って、諦めよう・・・、と、帰りのゴンドラの中で、ガイドさんが「少しだけ富士が見える」という。目をこらして見たのがこれ・・・(下の中央の写真)。空の左下にうっすらと富士の陰・・・。カミさんが「執念で雲をこじ開けた!?」とからかう・・・。今回の小旅行で、富士が見えたのはこれだけ・・・。まったく・・・!!

P10105641 P10105671 P10105711

昼食は蕎麦屋に行ったが、ここも大行列、仕方なしに、パン屋でコーヒーと一緒に軽食となった。しかしたまたま外人が大挙して入ってきた。会計をする女の子が、ペラペラと英語で話すのを聞いて感心。カミさんに言わせると、商売柄当然とも・・・。しかしたぶんツアーなのだろう外人を呼ぶには、あらゆる設備が古く、日本人としては残念。帰りがけに、芦ノ湖の湖畔に出てみたが、時折日は差すものの、青空はほとんど見えない・・・
帰りの道々、潰れたらしい店の廃墟が幾つも見掛けたが、もう観光も箱根の時代ではないのだろうか・・・。
かくして、夕方には家に着いた小旅行ではあった。青空に富士山。自分が好きば風景だが、今回はダメだった。でも天気だけは祈るしかない・・・。ま、お疲れさま・・・。

130401teruteru <付録>「ボケて(bokete)」より


« 「成年後見訴訟」への哀れな政府の対応 | トップページ | 「給食残さず?」~給食の“完食”教育について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「成年後見訴訟」への哀れな政府の対応 | トップページ | 「給食残さず?」~給食の“完食”教育について »