« NHK ETV特集「プレゼンが世界を変える」~「TED.com」の力 | トップページ | AMラジオのデジタル化~FMサイマル放送へ? »

2013年2月24日 (日)

“コウノトリ”~バンザイ!

まだ内緒話なのだが、実はどうも息子の所に子どもが出来たらしい・・・。これを世では孫という。ホホホ・・・。
何か、嬉しくて嬉しくて、カミさんはちゃんと診断がついてから・・・、と言うのだが、ついフライングで・・・

昨夕(2013/02/23)、息子のところから電話あり。いつもの(門外不出!の)冗談で「赤ん坊が出来たって?」と軽口を言いながら、居間に降りていったら、カミさんの「左足の膝の裏側のベーカー嚢腫が痛くて、ここ一月ほど歩くのが大変・・・」とヨメさんと話す声・・・。ナーンダ、と自室に戻る。(実は、ヨメさんからメールが来ても、電話が来ても、都度「赤ん坊が出来たって?」と聞くのは、最近の我が家の(人には言えない)習慣・・・だったのだ)
130224kounotori ・・・と、電話が終わったらしく、カミさんの呼ぶ声・・・。「赤ちゃんが出来たらしいって!」・・・
待ちに待った朗報に「直ぐにお袋に教えてあげよう」と、はしゃぐと、カミさんは「ちゃんと医者の診断があってからネ・・・!」とブレーキを掛ける。「先走ってしゃべって、もし違っていたらおヨメさんがかわいそう・・・」。ま、確かに、まだ素人判断なので、ちゃんと医者の診断結果が出てから、お袋に言うことに・・・。

早速Netで調べてみると、ウワサに聞いていた「妊娠検査薬」は99%の確率で妊娠が分かるという。後で改めてカミさんがメールで聞くと、やはりこの検査薬で陽性と出たとのこと。まず間違いなかろう。

昨年3月に九州で結婚式。4月に転勤があったため、ヨメさんの退職引き継ぎなどで、実際に東京で同居が始まったのは5月だった。よって半年少しでの懐妊は、極めて順調。しかし今まで、息子夫婦に対して子どもの話は、我々にとって言ってはいけないタブーの言葉だった。変なプレッシャーになっては・・・と。しかし老人ホームの91歳のお袋はあっけらかん。ヨメさんをホームに連れて行ったとき、お袋が赤ん坊を抱くマネをして「早くね!」と言ったのにはビックリ。まあ後で、「我々が言えないことをよくぞ言ってくれた!」と陰で感謝したもの・・・!? そして、その時のヨメさんの「早くできると良いんですけど・・・」という言葉には救われたとか・・・

ある友人が言っていた。「娘が、5年経っても出来ずに苦労した。まさに子どもは授かりもの・・・」。そう。我々には何の援助の手立てもない。子供をどうするかは、全て若夫婦の問題であって、外から口出しすべき問題ではない。我々は、ただ“待つ”だけ・・・。この問題は、それほどナイーブ・・・。

それにしても、このこみ上げる嬉しさは何だろう? このことを思うと、なぜ拭いても拭いても目頭に涙が浮かぶ??
孫を持つ誰もが言う。「孫は理屈抜きに可愛い」と。今の気持ちは、それとは別・・・。
冷静に自分を分析すると、この嬉しさは、動物的種の保存から来ているのではないか?とも思う。
実は今回の懐妊は、我が家にとっては大変な意味を持っている。世代がもう一つつながった、という意味で・・・。
自分は3人兄弟だが、子どもが居るのは自分のところだけ。その子どもに赤ちゃんが授かったということは、もう1世代“命が継がれる”ということ。だからこれは大事件なのである。別に秋篠宮のように、命の継承に責任を持っているワケではないけど・・・
考えようによっては、まさに我々の人生への最大のご褒美かも・・・。まさに「命」という、かけがえのないご褒美・・・。これほどの宝物が他にあろうか・・・。
そしてその「いのち」は、既に今でも生きて育ちつつあるのだ・・・!!

ふと思う。65歳まで生きてきて、今までの人生で嬉しかったことを思い出すに、会社でのことがまったく浮かばない。出世のことなど、当時は人生最大の喜びであったはず。それが今となっては何も頭に浮かばない。自分のこともそうだ。自分たちが結婚したことも、その後の何もかもが浮かばない・・・
つまり、サラリーマン生活でのことなど、人生では瞬間的な出来事。直ぐに忘れる出来事なのだ。
この歳になって、人生での出来事の大小がよくよく分かった。当時はそれで良かったとは思うものの、会社のことで頭が一杯であった頃が、今考えると何と小さなことだったか・・・

早速、子安神社(ここ)にお参りに行こう。ヨメさんが予約を取ったという、27日の正式診断が何とも待ち遠しい。その連絡を受けてから、皆に知らせよう・・・。
今までは、カミさんは女の子がいい、自分は男、と張り合ってきたが(人には言えないけど)、この際、どちらでも良い。後は安産祈願だけ・・・。他には何をすれば良いのか見当が付かぬが、何とも今年は良い年になりそうである。

130224tatu <付録>「ボケて(bokete)」より


« NHK ETV特集「プレゼンが世界を変える」~「TED.com」の力 | トップページ | AMラジオのデジタル化~FMサイマル放送へ? »

コメント

おめでとうございます!

【エムズの片割れより】
ありがとうございます。
もうカミさんは“女の子”と勝手に決めており、「ヨメさんと孫と3人で女子会をするんだ~~」、と今から計画を立てる勢い・・・。
まだ医者の診察も受けていない段階なのに・・・

投稿: k.fujita | 2013年2月25日 (月) 19:27

とても嬉しいお気持ちが素直に伝わってきましたconfident本当におめでとうございます(正式な診断結果が待ち遠しいですね)up

【エムズの片割れより】
さっき居間からインターホンで、「今年生まれるんだよね!ヘビだよヘビ・・・」「ん??」「ババも自分も孫も、ヘビなんだよね~」だって・・・。

投稿: ミセスチルドレン | 2013年2月25日 (月) 21:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NHK ETV特集「プレゼンが世界を変える」~「TED.com」の力 | トップページ | AMラジオのデジタル化~FMサイマル放送へ? »