« 「国別お金持ち数 ベスト30」~日本の富裕層数は世界2位 | トップページ | 定期健診をどう受ける? »

2013年2月 6日 (水)

JR東の「雪“予想”」での運休対応に思う

昨夜までの大雪予報に、関東は大騒ぎ。でも今日の雪は予報が外れ、結果的に“大山鳴動して鼠一匹”。それにしても、相変わらずのJR東のお役所体質。いとも簡単な「運休」の決定・・・。ちょうど入試シーズンでもあるのに、なんともはや・・・。

昨日のFNNのニュースにこうある。
広範囲で大雪に警戒 JR東日本、運休や本数減らして運行へ
JR東日本では、雪の影響を見越して、運休や本数を減らして運行することを決めている
午前中の運休が決まっているのは、湘南新宿ライン、中央線特急のスーパーあずさ号、あずさ号、かいじ号など特急20本が運休予定になっている。
青梅線では、始発から午前10時まで、本数を普段の半分にして運行する予定。
6日の始発から、運行本数を普段の70%に減らす路線は、東海道線、横須賀線、総武快速線、中央線(快速)、中央・総武線(各駅停車)、山手線、京浜東北・根岸線、埼京線、宇都宮線(東北線)、高崎線、常磐線(快速)、武蔵野線、南武線、横浜線、京葉線、常磐線(列車・各駅停車)、川越線(大宮 - 川越)となっている。」(
2013/02/06 FNNニュース(ここ)より)

朝日新聞では、
大雪警戒 間引き運転
・・・ JR東日本は、雪に備えて首都圏の各路線で6日午前中に間引き運転を行う。湘南新宿ラインの運転を取りやめ、山手線や京浜東北線、中央線などで運転本数を7割程度に抑える。
 山手線は8時台に内回り、外回りで計49本運行しているが、34本程度に減らす。中央線の快速も8時台に通勤特快などを運休し、新宿発の上りでは約30本から21本程度にする。湘南新宿ラインは午前中は全て運休する。同社は「遅れが出た場合にダイヤの乱れを最小限にとどめるため」と説明している。 ・・・」(2013/02/06付「朝日新聞」p38より)

そして“結果”を報じる「朝日新聞」夕刊では、
首都圏で雪 ラッシュ時に間引き運転、大混雑の駅も
関東は6日未明から断続的に雪が降った。一方で、大雪の可能性もあった首都圏はそれほど降らず、雪と雨が入りまじる状態が続いた。JR東日本は雪を警戒し、朝のラッシュ時に運転本数を減らして対応。ターミナル駅は早めに出勤・登校した人らで大混雑した。・・・
・・・都心は雪がちらつく程度だった。
首都圏のJR各路線では始発から間引き運転を実施し、特急約90本を運休。運転本数を7割程度に抑えたところ駅構内が大混雑し、電車の遅れや一時運転見合わせが相次いだ。・・・」(
2013/02/06付「朝日新聞」夕刊p11、ここより)

3年ほど前に、台風の予報で、私鉄が動いているにもかかわらず、JRが全面ストップする事態を嘆いた記事を書いた(ここ)。

客先目線からほど遠いJR東の体質は、その時と同じ。もちろんあの3.11で、JRの駅を閉め、乗客を寒空に放り出したのと同じ。
一般乗客として素朴に感じるのは、私鉄が平常運転しているのに、何でJRだけが運転しないの??
それに対し、“同社は「遅れが出た場合にダイヤの乱れを最小限にとどめるため」と説明し130206shinagawaeki ている。”そうだ。ダイヤの乱れを最小限・・・と言っても、最初から乱れた7割のダイヤにしておいて、当然、駅や電車が混雑すると、今度は運休や駅(赤羽駅、品川駅等)の入場規制・・・。そして益々大混乱・・・。何ともワケが分からない。

JRは、対策本部を設けて徹夜で、対応をしているのだという。それなのに、何で天気“予想”だけで前日に運休を“決めて”しまうのだろう。
そんな対応を見ていると、私鉄の「電車を動かそう」という当然のスタンスに比べて、JR東は「台風や降雪、強風など、何かの理由があったら、出来るだけ運休したい」というスタンスなのだろうかと、勘繰らざるを得ない。

P10103421 法的に独立性の高い日銀でさえ、アベノミクスで切り込んでいく新政権。
到底公共機関とは言えないJRのこんな体質にも、同じように切り込んでくれないものか・・・
それとも、女子柔道のように、どこかに告発文を届けないとダメ? それは、どこに告発する??(左の写真は、この記事とは関係無いけど、雪の庭のエサ台)

(関連記事)
JR東の“お役所体質”~台風での運休に思う・・・ 

130206aniki <付録>「ボケて(bokete)」より

(追:2013/02/07)
今朝の朝日新聞「ニュースQ3」に、同じような趣旨のこんな記事があった。自分のような素人が唯一出来る抗議の手段として、この記事をNet上に留めておきたい。
大雪警戒、JR東だけ間引き運転 かえって大混乱
 首都圏に雪が降るという予報が出た6日午前、JR東日本は大規模な間引き運転をした。積雪は予報ほどではなく、駅や電車は大混雑した。一方、私鉄に大きな混乱はなかった。明暗を分けたのは――。
「駅間での停車 避けたかった」
 JR東の雪対策の狙いは何だったのか。
 JR東は5日午後、社内に対策本部を設置すると、6日午前中の間引き運転を発表した。山手線や京浜東北線や中央線の快速といった21路線で運転本数を5~7割に抑えるという内容。特急も90本以上が運休した。高崎線など4路線を経由する湘南新宿ラインは「影響が波及しやすい」として午前中は全て休んだ。
 ところが、数が少なくなった電車に乗客が殺到、駅や車内が混雑し、人身事故もあって最大60分遅れた。
 埼京線の武蔵浦和駅から山手線の新大久保駅に向かった食品会社員の男性(53)は、池袋駅で山手線に乗り換えるのをあきらめ、東京メトロ副都心線に乗った。普段の倍の1時間10分ほど電車に乗ることに。「JR東は運転本数ばかり考えて、乗客の数は考えていないのでは」と憤る。
 運転を間引いた理由を、JR東の広報部は「トラブルが起きた場合、本数が少ないほうが駅間で電車が止まってしまう危険性が低い」と説明する。1998年1月にも首都圏で大雪が降り、多数の電車が駅間で立ち往生した。駅間で止まると乗客の避難や誘導に時間がかかり、乗客が体調を崩す原因になりかねず、大雪や台風が直撃しそうな場合は間引き運転を検討することになったという。
天候を再確認 私鉄平常運転
 私鉄の対策はどうだったのか。
 私鉄各社は平常通りのダイヤで臨んだ。
 東急電鉄は、乗客の乗り降りに時間がいつもよりかかったが、各路線の遅れは10分程度だった。広報担当者は、間引き運転をしなかった理由について、「5日夜から警戒したが、天候の状況から必要ないと判断した」。JRよりも区間や駅間の距離が比較的短いため、トラブルが起きても対応しやすいことも、遅れが少ない理由に挙げる。
 東京メトロも大きなトラブルはなかったが、JRと相互直通運転を行っている千代田線と東西線は最大で20分遅れた。
「過剰な防衛」 厳しい指摘も
 JR東の対策は正解だったのか。
 私鉄各社からも「JRは路線も長く路線網も複雑。私鉄各社と単純に比べるのは気の毒だ」と同情の声があがる。だが、鉄道に詳しい明治学院大学の原武史教授(日本政治思想史)は手厳しい。6日午後、ツイッターで「災害に対する過剰な防衛本能が、無用な混乱をかえって拡大させている」と指摘した。
 朝日新聞の取材に、私鉄各社でも相互乗り入れが広がっていることを挙げ、「私鉄だって路線網やダイヤは複雑なはずだ。JR東は過去にも間引き運転で大混乱した経験があるのに、『路線が多い、複雑だ』という説明を繰り返すばかり。これでは乗客は納得できない。
 気象情報や各駅の社員からの情報で間引き運転は必要ないと判断したという京急電鉄の担当者は、「出来る限り輸送を確保するのが鉄道会社の使命。間引き運転は最終手段だ」。(中田絢子)」(2013/02/07「朝日新聞」p37より)

自分が乗る中央快速線では、平常時も「次の駅に、遅れた前の電車が止まっているため、発車できません」と、電車が駅間で止まらないように運行している。それが出来るのに、何で台風や降雪で、運行の間引きをしなければならないのだろう・・・


« 「国別お金持ち数 ベスト30」~日本の富裕層数は世界2位 | トップページ | 定期健診をどう受ける? »

コメント

「冬の雲」の懐かしい音楽を見つけてから、ずっとロムさせていただいています。この話題には思わず、コメントさせていただきます。

京浜東北線の川口に住んでおり、JRの対応には、ずっと腹が立っていますが、本当にこの腹立ちをどこに持っていったら、良いのでしょうか。
昨日、主人は、7割運転のため、川口駅の入場制限、新宿まで行くのに、埼京線も赤羽で入場制限で乗りかえられず、そのまま、田端から山手線で行く途中、大塚駅で山手線の人身事故に遭い、丸ノ内線の振り替えも考えたものの、それも、時間がかかり過ぎるので(新宿までは回り道なのです)、その仕事の予定をあきらめ、今日にせざるを得ず。

実は前日も、山手線が人身事故で、京浜東北線も止まり、その日の仕事関係の先に行く予定がかなり遅れ、2日続きの騒ぎだったのです。

私も午後から仕事に行く予定で、JR運行状態をHPから確認していたのですが、7割運転のため、高崎線、宇都宮線という埼玉の通勤線が「混雑のため運行停止」になっていたのです。そのう回路として、埼京線、京浜東北線があり、さらに混雑で、これらも乗れなくなり、そこに山手線の人身事故という最悪の状態で。

その8時台の山手線の人身事故と7割運転による京浜東北線の遅れが、私が乗った12時40分台で、30分近く。いったん止まったら、その復旧に時間がかかり過ぎるのも、困るのです。

主人は「JRは、動かす気がない」と怒っています。
公共交通機関なのに・・・。

【エムズの片割れより】
約1名の同志が見つかって良かった!!?
しかしJR利用者の思いは、皆同じではないでしょうか・・・。それを訴える手段は??
同じことを繰り返すJRに対し、都議会や県議会などで、JRに対する改善命令の決議でもしたら、少しは動きませんかね??
何とも日本人は、我慢強いというか、お人好しというか、やられっぱなし・・・。

投稿: たかちゃん | 2013年2月 7日 (木) 12:05

JRのその対応を見ていると、
東日本大震災のときの対応を思い出します。
私鉄などは駅を開放して帰宅難民を受け入れていたのに、
JRは混雑による危険を理由に駅を閉めてしまいましたからね。
あとで石原都知事(当時)に怒られていましたがw

【エムズの片割れより】
同じような顧客無視を繰り返すのは、JRの体質でしょうか?そうすると、誰が言ってもムリ・・・? 
国鉄を解体してJR。次のJR解体を待つしかありませんかね・・・

投稿: マッノ | 2013年2月 8日 (金) 02:39

JR東日本は、整備不良が原因の信号故障・車両故障が多発しています。
人身事故でも途中駅で折返し運転せず、中央線東京‐高尾間不通、京浜東北線大宮‐大船間全区間不通になります。
よって私はJR東日本を全く利用せず、私鉄・地下鉄だけで日常生活を送ってます。
JR東日本利用より所要時間が増しても、運賃か割高になっても、目的地まで確実に行ける安心感には代えられません!
JR東日本完全絶縁生活が長期化し、お陰様で鉄道で不快な目に合う事がなくなりました。

【エムズの片割れより】
色々な交通手段がある人は、こんな選択肢もあるのですね。でも普通では、JR以外の手段が無い人も多く・・・
JRは、何よりも客の目線でないことが実に残念です。これは体質の問題なので、簡単には変われません。競争にさらして、自己改革しないと・・・。まあムリですね・・

投稿: くもすけ | 2013年2月10日 (日) 18:46

7割運転については、翌日のTVでも取り上げたため、JRは一応謝りましたが、くもすけさまがおっしゃるように、「異音」「信号点検」などで止めることも多いですし、8日に風が少し強かった(風速7から10メートル)ので、赤羽、川口間の荒川の上の鉄橋では徐行運転していました。そのとき、電車内部の運休遅延情報は8ページありました。

くもすけさまのようにJR絶縁生活をしたくても、最寄りの地下鉄駅まで徒歩30分(自転車に乗れないので)、私鉄も走っていませんし、できないのです。

【エムズの片割れより】
話は飛びますが、毎朝の通勤電車が、急行の遅れで、その急行に追い越される駅で必ず4~5分余計に止まって、遅れます。毎日のように遅れる急行は、発車をその分早くするとか、遅れるのを前提に、ダイアを組むとか出来ないのですかね?
再発防止の無い、同じことの繰り返しのJRなのが残念です。

投稿: たかちゃん | 2013年2月11日 (月) 13:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「国別お金持ち数 ベスト30」~日本の富裕層数は世界2位 | トップページ | 定期健診をどう受ける? »