« NHKの「さかのぼり日本史」と「100分de名著」 | トップページ | 「原発に活断層ドミノ」~「変動地形学」でクロ判定 »

2012年12月26日 (水)

デラ・セダカの「星空のエンジェル・クィーン」

当サイトの中で、結構息の長い記事に、「喜多郎の「1000年女王」のCD」(ここ)という記事がある。
シンセサイザーの喜多郎の、唯一国内発売されていない「1000年女王」のCD入手に関する記事である。自分と同じように、この音楽が好きな人は結構多いらしく、ロシアから送られてくるCDを買っている。
先日、その記事を読まれた「BLUES」さんからコメントを頂き(ここ)、デラ・セダカの「星空のエンジェル・クィーン」という曲があることを知った。

1212261000nenn 調べてみると、デラ・セダカは「カレンダー・ガール」のニール・セダカ(ここ)の娘だという。そのデラ・セダカが、1982年の映画版「1000年女王」の主題歌「星空のエンジェル・クィーン」を歌ったのだという。

自分も昔、テレビで映画版の「1000年女王」を見たので(たぶん録画もした)、この歌もその時に聞いたと思う。しかしあまり気にしていなかった。が、今回改めて聞いてみて、なかなかの曲だな・・・と気付いた。

<デラ・セダカの「星空のエンジェル・クィーン」>

とにかく、バックが喜多郎なのだ。それに歌が、結構喜多郎の音楽に溶け込んでいる・・・。

久しぶりに、オリジナルの喜多郎の「1000年女王」のCDを聞いてみたが、これらの音楽は、やはり自分の原点・・・(前にも書いたように、自分は初期の喜多郎だけが好き・・・)

最近は、カンテレの音楽といい(ここ)、この歌といい、コメントをくださる方からの情報で、自分の音楽の世界が広がって行くようで、有り難いことである。
とにかく音楽の世界は広い・・・・

(関連記事)
喜多郎の「1000年女王」のCD 

121226yuruse <付録>「ボケて(bokete)」より


« NHKの「さかのぼり日本史」と「100分de名著」 | トップページ | 「原発に活断層ドミノ」~「変動地形学」でクロ判定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NHKの「さかのぼり日本史」と「100分de名著」 | トップページ | 「原発に活断層ドミノ」~「変動地形学」でクロ判定 »