« 車を競争入札で高く売った話 | トップページ | 日本からの技術流出~新日鉄住金・ポスコ訴訟 »

2012年11月 7日 (水)

京都小旅行(2/2)

先日の記事(ここ)に続いて、2012/11/02~03にカミさんと行ってきた京都小旅行のメモの続きである。
2日目(2012/11/03)は自由行動日。今回の目的の“手づくり市”だ。
朝9時に京都駅から歩いて梅小路公園の手づくり市に行く。公園は広く、最初は場所が分P10008161 からずに戸惑ったが、会場に行ってみるとたくさんのテントが並ぶ。看板には「梅小路公園手づくり市」とある。
カミさんは生き生きと、会場を駆け巡る。自分の興味は空・・・。寒いな・・・雲が切れて陽がささないかな・・・。(写真はクリックで拡大)

<梅小路公園手づくり市>
女性は、どうして系統的に回らないのか? 会場はブロック別になっており、Bの3番とかで店の位置が分かるようになっている。よって、あらかじめ調べてあって、行きたい店のエリアが分かっているのだから、そこに直行するとか、順番にA⇒B⇒C・・・と見て行くとかすれば、全体を見られると思うのだが、女はカンの動物。「神出鬼没!?」で動き回る・・・
それでも色々と気に入った店があったようで、次から次に買う・・・。その写真を・・・

P10008351 P10008191 P10008222 P10008261 P10008281 P10008331

買った後の感想で、一番気に入ったというのが、愛犬の防寒着。一般のペットショップの防寒着は、外側がモコモコになっており、暖かい雰囲気、そしてクマさんの模様。しかし裏側は、ツルツルで冷たそう。それに引き替え、今回買った手作り品は、裏がモコモコで、足を通す穴もなく、実にフィット。帰って愛犬に着せたら、普通は(緊張で犬が)“固まる”のに、今回の防寒着は着せても平然・・・。違和感がないようだ。
つまり、犬の立場で製品を作るのか、金を出してくれる飼い主の目線で作るのかの違いだと、カミさんは言う。「3キロのヨーキー」と言ったら、店の人が即座に「これならピッタリ」とSサイズを選んでくれた。家に帰って愛犬に着せてみたらピッタリ。つまり、自分で犬を飼っており、その目線で作っているので、市販品とはまったくコンセプトが違うのだという。もちろん値段も1/3くらい・・・
ついでに、モコモコの襟巻きも買う。

その他、サボテンや、ラスクや、壁飾り、リース、挙げ句の果てに、店主さんが身に付けているのと同じ“編み物のアームカバー”(上の写真の5枚目)を特注したり・・・。

事務所の人に聞くと、300店舗以上が出ているという。また毎回出店は抽選なので、来月また同じ店があるとは限らないらしい。
まあ最大の目的の雑貨店巡りができた、色々と買えたので、その点ではラッキー。

<晴明神社>
ここもカミさんのリクエスト。バスで行ったが、二条城の先で結構遠い。でも1日回数券500円を買ったので、費用的には安心。京都の市バスは、定額220円なので、もし1日回数券が無いと、場所を移動する度に220円かかるのでキツイ。まあ観光客には良くできたシステム。
晴明神社の境内に入ると結構な人がいる。北斗七星の晴明井は、何かパワースポットのような雰囲気。厄除桃は、皆が触るのでツルツル。御神木は、触ってみたが“気”はあまり感じなかった。

P10008571 P10008451 P10008561 P10008441 P10008481 P10008521

<二条城>
晴明神社からの帰路、途中に二条城があったので、寄ってみる事にした。カミさんは初めP10008591_2 て。自分は昔行った事があるが、あまり記憶が無く、新鮮・・・!?
季節柄、修学旅行真っ最中との事で、高校生がぞろぞろ。一緒に建物の中を歩くが、昔の建物の中は暗い。よくこんな暗さで生活が出来たものだと、いつも思う。
P10008611 ちょうど今は特別公開のシーズンで、二条城も特別公開があるというので行ってみたが、事前予約が必要との事で、見られなかった。

<三十三間堂と妙法院>
カミさんが大好きだという三十三間堂。京都に来ると必ず行くという。何だか若い頃に訪ねP10008631 たとき、並ぶ観音さまに感激したのだとか・・・。自分も何度も行っているが、さすがに千体の観音さまは壮観。特別公開はどこかと聞くと、一旦外に出て妙法院に行くのだという。この三十三間堂は妙法院の管轄だという。
妙法院の入場は4時までだったが、ギリギリで入る。ここでも800円。どこも800円。京都に来て、何度払ったことか・・・・。でも、毎回800円は、いくら何でも高過ぎ・・・。
一回りしたら、カミさんが「普賢菩薩がない・・」と言い出す。普賢菩薩は自分の守護神で、それが目的だという。聞くと一旦建物の外に出て、別棟にあるという。行ってみると、小さなお堂に普賢菩薩がいた。これが本堂。ここにも女性の解説員。聞くと、このお寺は、普段は公開していないという。

P10008721 P10008701 P10008681

カミさんが、自分の好きな所にも行って良いと言うので、「東寺」「京都タワー」と言った。しかし結局疲れて行けなかった。つまり今回の小旅行で、自分のリクエストは実現しなかった・・・。まあ所詮、自分は鞄持ちサ・・・
P10008781 京都駅に戻ったら、ローソクの形をした京都タワーがライトアップでキレイ・・・
また来よう・・・という話に・・・。
今回はたまたま洛北だったが、京都の東西南北を順に一回りしてみたい。しかし次はいつになることやら・・・。でも京都駅やデパートの混雑を見るにつけ、日本はまだまだ元気・・・と思う。なお、携帯内蔵の歩数計は17,774歩であった。
(市内のお寺は、撮影禁止でほとんど撮れなかった)

(関連記事)
京都小旅行(1/2)


« 車を競争入札で高く売った話 | トップページ | 日本からの技術流出~新日鉄住金・ポスコ訴訟 »

コメント

奈良も京都も拝観料が高すぎますね。
3日ぐらいで1万近くかかっちゃいます。
それでゆっくり見られないほど人が多いのだから嫌になります。
で、年末か2月に行くのです。
年末は大掃除で見られないところもありますけどね。
2月は寒ささえ堪えれば空いています。
貴船に行くと骨の髄まで凍えます(笑)

【エムズの片割れより】
あの寒い京都に2月に行くのですか・・・。豪傑ですね! いや“お若い”ですね!

投稿: 通行人 | 2012年11月 8日 (木) 10:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 車を競争入札で高く売った話 | トップページ | 日本からの技術流出~新日鉄住金・ポスコ訴訟 »