« 「母におくれて」 | トップページ | 日本で1年間に落ちる雷の量は、全国の5時間分の電気 »

2012年8月 5日 (日)

六本木ヒルズの展望台に行った

昨夜(2012/08/04)は、カミさんの“思い付き”で、六本木ヒルズの展望台、及び屋上の「スカイ・ドリーム・デッキ」に行ってきた。今日はその写真集である。

彼の有名な六本木ヒルズも、我々が行くのは初めて・・・・。夕方6時過ぎ、日比谷線の六本木を降りて、地下通路を行くと、六本木ヒルズにつながっていた。家を出る時は曇っていたが、着く頃には青空も・・・・。正面の東京タワーが日に光る・・・。
展望台行きの入場券を買う。Netで見た時に、入場料が500円で、随分安いな・・と思っていたが、とんだ勘違いで、森美術館とセットの入場料が1500円で、そこから屋上のスカイ・ドリーム・デッキに登るのが、別に500円とのこと。まあそんなもの・・・
エレベータは52階までノンストップ。ガラス張りの窓際に寄って息を飲む!?(・・・はオーバー??) 正面に東京タワーが鎮座し、眼下に無限に広がるビル群と家々・・・。スカイツリーも遠くに見える。日が暮れる前なので360度、展望がきいて良く見える。

P10001921 P10001971 P10002041

程なく、日が暮れていく。雲があるが、西の空が夕焼けに暮れていく・・・。手前の皇居の向こうに新宿副都心のビル群が遠く見える。
この52階の展望台を一回りしてから、屋上の「スカイ・ドリーム・デッキ」に別のエレベータで行く。何と、携帯と手持ちカメラ以外は、屋上には持って行けないという。それで無料のコインロッカーに荷物を入れて、エレベータで54階の上に。エレベータを降りると、殺風景な通路。まるで工事現場を歩くよう・・・。しかし屋上に出てみて、納得。そこはヘリポートだった。屋上のヘリポートで、周囲の見物をするわけ・・・。
ここでも、ビューポイントでカメラマンがシャッターを押してくれるという。展望台と同じく、備え付けのカメラで写真を撮られ、その後に手持ちのカメラで撮ってくれる。もちろん写真は買わなかったが・・・。いつも不思議に思うのだが、ほとんどの人は買わない。それで採算が取れると言う事は、写真一枚が相当安いということ・・・・

P10002111 P10002131 P10002331

高さのわりには風がないものの、それでも結構吹いている・・・。でも夏はそれが心地よい。日暮れと共に、夜景が浮かび上がってくる・・・・。遠くに花火が見えた。屋上を一周する間に、あっちでもこっちでも遠く花火が見える。その数、10カ所?はオーバーか・・・。その中にはデズニーランドの花火も見えた。ちょうど土曜日。それにしても、日本人は花火好き・・・(写真はクリックで拡大)

P10002491 P10002551 P10002631 

今日はどこも全体的に空いていた。今夜は、オリンピックで男子サッカーの対エジプト戦。それで空いているだろう・・というのがカミさんの見立て・・・。それで屋上の警備員にカミさんが聞いてみたら、普通そんなもんだ・・とこのと。別にサッカーをしていなくても、それほど混んでいないのだ・・・。

調べてみたら、この六本木ヒルズの屋上は、238m。東京タワーの展望台は、120mと223m。スカイツリーはさすがに350mと450mなので遠く及ばないが、でも240mの高さで風に当たるれるのは貴重。それだけに、HPでは登れるかどうかを常に知らせている。たぶん風でも雨でも、登れないのだろう。

ともあれ、人の目が皆スカイツリーに行っている時だが、初めての六本木ヒルズだった。帰りに食べたレストラン街は、やはり肌が合わなかったけど・・・。
帰りの電車の中で、唯一のメル友に「今、六本木ヒルズの展望台からの帰り・・」と返事したら、「この暑いのに良く行くね・・】との返事。
マ、お疲れさま。

(付録)
P10001841 この記事とは関係無いけど、写真は我が家の玄関に飾られた、カミさんが作った「アジサイのリース」・・・。今年は庭にアジサイがたくさん咲いたが、いつの間にか終わってしまった。その花を乾燥させて、こんなものにバケた・・・・。


« 「母におくれて」 | トップページ | 日本で1年間に落ちる雷の量は、全国の5時間分の電気 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「母におくれて」 | トップページ | 日本で1年間に落ちる雷の量は、全国の5時間分の電気 »