« 映画「ツレがうつになりまして。」を見て | トップページ | NHKラジオ「今週の明星」と「ひるのいこい」のテーマ »

2012年8月26日 (日)

「幸せな最期とは 延命至上主義に転機」

先日の日経新聞の「医療再建」というコラムにこんな記事があった。曰く・・・

幸せな最期とは 延命至上主義に転機
 名古屋市近郊の住宅地にあるロッジ風の建物。外観はペンションだが、住人は寝たきりの高齢者ばかりという賃貸アパートだ。入居できるのは「要介護4、5で経管栄養の方」のみ。腹に小さな穴を開け、外から胃に管をつないで栄養を送る「胃ろう」の人が多い。
 寝たきりの住人の世話は在宅介護サービス、医療は訪問看護などで支える。施設の責任者は「入居者の家族のため」を強調する。身体の弱った認知症の高齢者に口から食事させると、誤ってのみ込み肺炎を起こすリスクがある。胃ろうはその心配がなく、介護者の負担は小さい。
 厚生労働省の昨夏の発表によると、胃ろうの高齢者ばかりを集めた有料老人ホームは全国に10カ所。有料老人ホーム以外の施設も多く「氷山の一角」とされる。介護疲れからこうした施設を頼る家族は少なくない。
 全国で胃ろうの患者は40万人とも50万人ともいわれる。本人は意思を示せないため家族の判断で胃ろうを始める場合が多い。回復の兆しが見えなくても、いったん始めた胃ろうを外すのは難しい。
 「それは父の望んでいた最期ではない」。東京都世田谷区の関屋利治さん(48)は2年前、末期がんの父親(当時84)に胃ろうを作る手術を拒んだ。少し延命できるかもしれなかったが、父親自身が「無理な治療は要らない」と話していた。父親は「ありがとう」と言い残し、自宅で家族に囲まれて亡くなった。
 日本老年医学会は今年、11年ぶりに終末期医療の基本見解を見直した。「患者の尊厳を損なったり苦痛を増やしたりする場合は治療の差し控えや撤退も選択肢」と延命一点張りを戒めた。とりまとめた飯島節・筑波大教授は「延命を追求しすぎると患者の利益にならないこともある」と語る。 関西の中堅病院で患者の家族に延命措置として胃ろうを説明し、希望されれば胃ろうを作る内科医は「自分は絶対に胃ろうは嫌」と話す。どんな状態でも長く生きたいと願う人もいれば、そうでない人もいる。100人超の国会議員でつくる「尊厳死法制化を考える議員連盟」(増子輝彦会長)は延命措置をとらなかったり中止した医師の免責を定めた法案を検討中だ。
 財政破綻した夕張市。171床の総合病院は19床の診療所に縮小し、約100人に増えた在宅療養の患者を医師の森田洋之さん(40)らが往診する。森田さんはかつて九州の病院で胃ろうを作る手術を繰り返していたが、そんな医療に疑問を感じ、夕張へ移り住んだ。
 今は肺炎ワクチンなどによる予防医療に力を入れる。入院しないことを目指す医療で「夕張市は死亡率が下がり、医療費も減った」(森田さん)。5年前に全国並みだった1人当たりの高齢者医療費は、全国より年10万円安くなった。
120826irou  厚労省によると、生活に制限のない「健康寿命」は女性が73.6歳、男性は70.4歳。平均寿命との差である「不健康な期間」は女性が12.8年、男性は9.2年になる。人生最後のままならぬ月日をどう過ごすか。判断力を失ったらどうするか。問われているのは私たちの生き方そのものだ。」(2012/08/18付「日経新聞」p5より)

「平均寿命」はよく聞くが「健康寿命」とは・・・。それが79歳だという。それ以降は不健康状態!?
こんな話を聞くと焦る・・・。これを“マジメに”捉えると、自分はあと“たった5年”しかない・・・。たった5年だぜ!?
足腰が動くウチに、やりたい事をやっておかなければ・・・

カミさんにこの話をしたら、「人それぞれ違うので、気にするだけバカバカしい・・・」って。そりゃそうだ。寿命と同じで、確かに人それぞれ・・・
でもそれがいつかは別にして、体が動くウチに、やりたい事はやっておかなければ。
では何をする?・・・海外旅行?・・・体力を使う事でやりたい事ってそんなに無いな・・・。

先日、21時のNHKニュースで放送していたが、最近、森林墓地が注目されており、都の樹林墓地の初の抽せん会は16倍の競争率だったとか(ここ)。
つまり、子どもたちに先祖のお墓の継承という負担を与えないため、先祖代々の墓を処分して自分たちは森林墓地を選ぶ人もいるとか・・・。
一方イギリスでは、全身がまひ状態となり安楽死を望みながら裁判所に訴えを退けられた男性が、みずから食事を拒否するようになって死亡して、安楽死の是非を巡る議論が高まっているとか・・・(ここ)。

誰でも、人生で与えられている時間は段々と少なくなって行く。それで、充実した毎日を送っていますか??・・という議論。
何?聞く前に自分はって??もちろん自分の毎日は充実しまくっているのさ・・・!?(たぶん・・・。恐らく・・・。今日だって「あなたへ」という映画を見て来たし・・・。トホホ・・・)


« 映画「ツレがうつになりまして。」を見て | トップページ | NHKラジオ「今週の明星」と「ひるのいこい」のテーマ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画「ツレがうつになりまして。」を見て | トップページ | NHKラジオ「今週の明星」と「ひるのいこい」のテーマ »